みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラック運転手の種類と仕事内容がまるわかり

Contents

軽貨物配送ドライバーの仕事

軽貨物配送ドライバーの仕事内容

軽貨物配送ドライバーの仕事内容は主に、軽貨物車を使っての個人宅や企業への宅配、そしてコンビニやデパートへのルート配送です。

宅配に関しては荷物の大きさが決まっているため、軽い荷物を扱うことが多く、また納品場所までの距離は荷主にもよりますが、一日に多くの場所に荷物を配送する都合上、長距離を運転することはありません。そのため身体的な負担が軽い仕事内容となります。

軽貨物配送ドライバーの勤務形態は求人サイトの情報によると、自分の車を持ち込み業務委託の契約を結んで働くものか、運送会社の下請けとして働くものが多いです。中には運送会社に正社員として勤める求人もありますが、数はあまり多くありません。

軽貨物配送ドライバーの給料

軽貨物配送ドライバーの給料は月給40万円以上の仕事が多いです。しかし業務委託や請負が多いため給与形態はほとんどが歩合制であり、労働時間や仕事内容によって大きく異なるため、個人事業主の軽貨物配送ドライバーの給料は年収99万円以下から900万円以上まで幅広いようです。

年収99万円以下 15.5%
年収100~199万円 10.8%
年収200~299万円 18.6%
年収300~399万円 23.2%
年収400~499万円 12.4%
年収500~599万円 8.2%
年収600~899万円 7.2%
年収900万円以上 4.1%

軽貨物配送ドライバーに必要な免許

軽貨物車を運転する軽貨物配送ドライバーに必要な免許は普通自動車運転免許のみです。またAT限定免許でも軽貨物車は運転可能ですが、MT車も多いので可能であれば限定解除をしておいた方が仕事の幅が広がるでしょう。

小型トラック(1t~2t)ドライバーの仕事

小型トラックドライバーの仕事内容

バンボディを使った仕事

バンボディはバンタイプとも呼ばれ、荷台部分が箱型になっており、運送に特化したタイプのトラックです。そのため小型トラックのバンボディが行う仕事は、運搬やルート配送、集配や宅配など様々な業務になります。

勤める運送会社や荷主によっても違いますが、中型トラックや大型トラックによって運ばれてきた積荷を、各エリアへ運送することが小型トラックの仕事であるため、納品場所までの距離は比較的短いことが多いです。

幌車の仕事

幌車はバンボディとは違って、荷台部分が幌と呼ばれる布でできています。その分軽量化されており、バンボディよりも積載量に優れています。ドライバーの仕事や、納品場所までの距離は、バンボディと同じになります。

冷凍冷蔵車の仕事とは

冷凍冷蔵車は冷凍機を荷台に装備しており、荷台の温度を下げることが可能です。そのため生鮮食品やアイスといった食品配送の仕事に向いています。冷蔵冷凍車のドライバーの求人も食料品の配送が大半です。

保冷車の仕事

保冷車は冷凍冷蔵車と違って冷凍機を積んでいませんが、クーラーボックスのように保冷することが可能です。そのため保冷車のドライバーは、スーパーなどへの食品のルート配送が主な仕事となります。

ルート配送の仕事とは

ルート配送とは、予め配送の道順などを決めておき、そのルートに従って配送を行う仕事のことを言います。コンビニやデパートなどへの配送を主としており、毎日同じ目的地に向かうため、ドライバーは知らない道を走ることがあまりありません。

小型トラックドライバーの給料

小型トラックドライバーの給料は、月給の平均が29万円、年収の平均が381万円です。賞与を含めた場合の一ヶ月の平均月給は31万円になります。小型トラックドライバーの給料は中型とはそれほど変わりませんが、大型とは大きな開きがあります。

小型トラックの特徴

小型トラックの特徴としては運転のしやすさが挙げられます。小型トラックは小さなものだだと荷台幅1500mm程度と、幅の狭い道路でも左右を気にすることなく余裕をもって通ることが可能です。駐車場にもあまり困ることがありません。

小型トラックドライバーに必要な免許

小型トラックドライバーに必要な免許は免許取得時期によって違います。

平成29年3月までに普通自動車免許を取得した場合車両総重量5t未満かつ最大積載量3t未満の小型トラックを運転できました。

しかし普通免許を平成29年3月以降に取得した場合、車両総重量3.5t未満かつ最大積載量2t未満のトラックしか運転することができないため、2トン小型トラックを運転するためには準中型自動車免許などを取得する必要があります。1トン小型トラックであれば普通免許でも運転が可能です。

中型トラック(4t)ドライバーの仕事

中型トラックドライバーの仕事内容

バンボディ・ウイングボディを使った仕事

バンボディとウイングボディは共に運送に特化したトラックです。特にウイングボディはバンボディの両側が開くために、積荷の荷下ろしに優れています。

そのため仕事は食品などのルート配送から、家具や精密機械類の運搬まで様々なものがあります。またフォークリフトを使わなければ載せなければならないような大型の積荷を運ぶこともあるなど、荷主や勤める会社によってドライバーの仕事内容や働き方も大きく異なります。

納品場所までの距離も同様に、荷主や会社によって大きく異なっており、日帰りが不可能な場所である場合もあります。

平ボディを使った仕事

平ボディは荷台がフラットな形をしており、バンボディに比べて荷台が軽く、積載量が多いです。

中型平ボディのトラックドライバーの仕事はバンボディ同様、荷主や会社によってルート配送から運搬まで様々なものがあり、納品場所までの距離も様々ですが、バンボディよりもクレーンやフォークリフトでの積み下ろしがしやすいために、それらを使う仕事が多くあります。

貸切チャーター便ドライバーの仕事とは

貸切チャーター便は、荷主と契約してトラックを貸し切ってもらい、その荷主の積荷だけを輸配送する、専属輸送とも呼ばれる仕事です。

荷主によって積荷やドライバーの仕事方法は異なるために、配送から運搬まで様々な仕事をすることになります。

中型トラックドライバーの給料

中型トラックドライバーの給料は、月給の平均が30万円、年収の平均が407万円です。また、賞与を含めた場合の一ヶ月の平均月給は34万円になります。

中型トラックの特徴

中型トラックの大きな特徴は増トン車の存在です。増トン車とは6t車や8t車とも呼ばれ、積載量が4t車よりも多くなっている中型トラックです。

大型トラックは維持費が高く、仕事量によって採算が合わないこともありますが、増トン車はその中間であるため、現在の経済状況に合ったものを選べます。

また中型トラックはバンボディや平ボディといった形状も種類が豊富で、仕事に合わせてトラックの車種を選ぶことになります。

中型トラックドライバーに必要な免許

中型トラックドライバーに必要な免許は免許取得時期によって異なり、平成19年6月までの普通自動車免許であれば中型トラックを運転可能です。

しかし平成19年6月以降に取得した場合は、運転可能なトラックが車両総重量5t未満かつ最大積載量3t未満となり、普通免許では4トン中型トラックを運転することができないため、中型自動車免許を取得する必要があります。

大型トラック(10t)ドライバーの仕事

大型トラックドライバーの仕事内容

バンボディ・ウイングボディを使った仕事

バンボディもウイングボディも運送に特化したトラックであるために、ドライバーは運搬の仕事を主に行うことになります。

運搬する積荷は荷主によりますが、納品場所は日帰りが不可能な遠方地であることが多く、長距離を運転しなければいけません。また大型の積荷を運搬する場合は、フォークリフトの操作などもドライバーの仕事になります。

平ボディを使った仕事

平ボディを使った大型トラックドライバーの仕事は、荷積みや荷下ろしの際にフォークリフトを使用する仕事が多いです。またバンボディの仕事と同様、納品場所までの距離は遠く、ドライバーは車中泊をしなければならない場合がほとんどです。

ただし中には日帰りのみの仕事や、フォークリフトを自分で操作する必要のない仕事もあるなど、荷主や会社によってドライバーの仕事は全く違うので、希望の仕事内容がある場合は事前に確認することが重要です。

キャリアカーを使った仕事

キャリアカーとは車載専用車や積車とも呼ばれる、車両を運搬するためのトラックです。そのためキャリアカーを使ったドライバーの仕事は、自動車や建設車両を運搬するものになります。

またトレーラータイプのキャリアカーは、750kg以上のトレーラーを牽引するため牽引免許が必要になります。キャリアカーを使った仕事を選ぶ際には注意しなければいけません。

タンクローリーを使った仕事

タンクローリーとは主に石油やガスなどを運搬するために使われるトラックです。ドライバーの仕事もそれらや固形アスファルトなどの運搬がメインになるために、荷主や納品場所が工場になることが多いです。

またタンクローリーには大型トラックタイプの他に牽引タイプがあり、そちらを運転するにはドライバーが牽引免許を取得している必要があります。

長距離ドライバーの仕事とは

長距離トラックドライバーの仕事は、往復に2日から5日かかるような遠方地への運搬になります。その間は車中泊といった形でしか睡眠をとれないため、身体的にかなりきついです。

また同じ姿勢でずっと運転したり、重い積荷を持ち上げることで腰を痛めてしまうことも多く、丈夫な肉体と体力が必要な仕事といえます。

しかし長距離トラックドライバーは給料が高く、特にトラック持ち込みで仕事をしている人は給与形態が歩合制であるため、仕事量を増やせば増やすほど高い給料を得られるようになっています。

ターミナル間輸送ドライバーの仕事とは

ターミナル間輸送ドライバーは、ターミナルと呼ばれる様々な地域から荷物が集められた施設同士を、10トントラックで行き来し荷物を輸送する仕事です。

ターミナルは運送会社の持ち物であるため、荷主と顔を合わせて仕事をすることはほとんどありません。

大型トラックドライバーの給料

大型10トントラックドライバーの給料は、月給の平均が37万円、年収の平均が482万円です。また、賞与を含めた場合の一ヶ月の平均月給は40万円になります。

大型トラックの特徴

大型トラックの特徴は小型トラックや中型トラックに比べて給料が高い点にあります。しかしその分、大型トラックの運転技術や日をまたぐ長距離運行に耐える体力、フォークリフトの操作など、大量のスキルが求められます。

大型トラックドライバーに必要な免許

大型トラックの運転には大型自動車免許が必要となりますが、大型自動車免許取得には普通免許などの取得期間が3年以上必要です。

また牽引を行う場合には牽引免許の取得も必要になります。

トレーラードライバーの仕事

トレーラードライバーの仕事内容

トレーラーには、石油やガスなどを運搬するタンクローリーや車を運搬するキャリアカー、土砂を運搬するダンプトレーラーなど様々な種類があります。

そのためトレーラードライバーには海上コンテナを運搬するものを始めとして色々な仕事があり、仕事内容は会社や荷主によって大きく異なっています。

トレーラーの積荷は、ほとんどが人力では動かせない重い荷物であるため、ドライバーが持ち上げて積むことは少なく、クレーンやフォークリフトなどの機械を操作して積み込みます。身体的な負担はその分少ないですが、大型トラック同様、納品場所が遠方地であるため、車中泊が強いられるなどの負担があります。

トレーラードライバーの給料

トレーラードライバーの給料は、月給の平均が39万円、年収の平均が516万円です。トレーラードライバーの賞与を含めた一ヶ月の平均月給は大型トラックよりも高く、平均43万円となっています。

トレーラーの特徴

トレーラーには、セミトレーラーやフルトレーラー、ポールトレーラーなど様々な形状があります。そしてそれぞれに特徴があり、運転の仕方が異なります

  • セミトレーラーは車輪が後部にしかついておらず、自立することができないトレーラーで、長いために内輪差が大きくなります。
  • フルトレーラーは前後に車輪がついていて自立することが可能ですが、牽引するトラクターに積載可能なものを選ぶことが多いため、積荷の量は増やせますが車両全体が長くなり運転が難しくなります。

トレーラードライバーに必要な免許

大型トレーラーでない場合は、準中型免許や中型免許での運転が可能です。

しかし一般的にトラックドライバーとして大型トレーラーを運転する場合には、大型免許が必要で、トレーラーの重量が750kg以上の場合は牽引免許も必要になります。

運転手の種類別の仕事の特徴

トラックドライバーは一人の時間が多い

トラックドライバーは荷積みから荷下ろしまで全て一人で行うため、必然的に一人の時間が多くなります。

特に遠方を納品場所とする長距離トラックは、到着までの数日間ずっと一人で仕事をしなければいけません。また荷物の受け取りや納品場所への到着は時間厳守であるために、数日間かけての運行スケジュールを自分一人で管理しなければならず、精神的な負担は大きくなります。

さらに荷待ち時間のような、長時間その場で待機していなければならない時間もあります。残業とみなされるようになって減少しましたが、何もすることがない時間は精神的につらいです。

しかしその反面、他人に気を遣うことや面倒な人間関係に巻きこまれることは少なく、そういった面での精神的負担は少ないです。

タクシードライバーは勤務形態が豊富

タクシードライバーの勤務形態は、昼勤、夜勤、隔日勤務といった三つの働き方があります。それぞれで働く時間や収入が違ってくるため、自身に合った勤務形態を選択することが可能です。

しかし昼勤や夜勤の始業就業時間は勤める会社によって大きく異なるため、夜を自由に使いたい、夕方から働きたいといった希望がある場合には、後々トラブルにならないよう求人に記載されている時間に注意が必要です。

隔日勤務とは、一日に2日分働くという働き方で、一日の拘束時間が20時間ほどにもなります。その代わり次の日が休みになりますので、月の半分を休日として過ごすことが可能です。

タクシードライバーの労働時間は一日の拘束時間を原則として13時間以内、延長する場合でも最大16時間と定められ残業が少なくなり、ノルマを設けている会社も減少しています。ただし給与形態は歩合制となっていることがほとんどであるため、稼ぐためには多くのお客様を乗せる必要があります。

またタクシードライバーには法人と個人があり、個人タクシーでは自由な時間に好きな分だけ働くといった働き方も可能です。

バスドライバーは安定した仕事

バスドライバーには路線バスや観光バス、高速バスなど様々な仕事がありますが、歩合制よりも固定給の仕事が多いため給料は安定しています。

また60歳以上のバスドライバーの割合は、平成24年で6人に1人になっているなど、高齢になっても働き続けることができるため、大型トラックドライバーからバスドライバーへの転職事例もあります。

さらにバス業界では4週間を平均した1週間当たりの拘束時間は原則65時間を限度とするなどして残業時間を減らすといった、労働環境の改善も進んでいます。

バスドライバーになるためには、乗客を乗せることから二種免許が必要になります。公道を運転する際はどんな車であっても慎重に運転しなければいけませんが、特にバスドライバーは一つの油断で大事故に発展するため、より慎重な運転が求められます。

送迎ドライバーの仕事

送迎ドライバーは主にお客さんを乗せて目的地まで送迎する仕事を行い、空港送迎や通院送迎、介護送迎など様々な種類があります。短距離や決まったルートを走ることが多いため、長距離を運転する肉体的負担はかかりません。

会社によって運転する車が違い、大型免許が必要なこともあるので、会社を選ぶ際には注意が必要です。またお客様を送迎することから、二種免許は必ず必要になります。

回送ドライバーの仕事

回送ドライバーは主に、乗り捨てレンタカーやトラックを営業所に戻す仕事を行います。

乗客はいないため二種免許は必要ありませんが、トラックに対応した免許やトレーラーの場合には牽引免許が必要になります。

給料形態は歩合制や日給制など様々なものがあるため、自分の持っている免許や空いている時間帯、欲しい給料などから、仕事を選ぶ必要があります。

バルク車の仕事

バルク車とは粉粒体運搬車のことを言い、粉粒体の運搬を行います。そのため家畜の飼料や化学薬品、セメントなどを運搬する仕事が多いです。

バルク車は大型免許だけで運転可能ですが、中にはセミトレーラータイプもあり、それは牽引免許がなければ運転できません。セミトレーラータイプを採用している会社は多く、牽引免許を持っていない場合、会社を選ぶ際には注意が必要になります。

ミキサー車の仕事

ミキサー車は生コン車などとも呼ばれる、生の固まっていないコンクリートを運ぶ車です。そのため仕事も工場から現場へ生コンを運ぶ作業になります。

生コンが固まるまでに現場に辿り着かなければならないため、長距離の運転はありません。また現場で荷物の積み下ろしをする仕事もないため肉体的な負担は大きくありません。

ゴミ収集・廃棄物収集のドライバーの仕事

ゴミ収集・廃棄物収集のドライバーは主に、平ボディやアームロール車、パッカー車を使って資源ゴミ収集や企業の廃棄物収集の仕事を行います。

決まったルートを回りゴミを収集していくことが多いため、知らない道を運転することはありません。勤務時間が一定で残業がほとんどないことも魅力的です。

なお、収集作業後に事務所などに戻ってから行われるゴミの選別も、ドライバーの仕事になります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー