ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラックドライバーの仕事は楽しい!トラック運転手の楽しい理由がまるわかり

トラックドライバーの仕事が楽しい理由

運転が楽しい人にはトラックドライバーの仕事は最高

ドライブが好き、あるいは運転席から色々な景色を見るのが楽しいという人にとって、トラックドライバーの仕事はまさに天職と言えます。

トラックの中でも大型・中型・小型トラックに分かれており、仕事内容も多岐にわたっていますが、基本的には安全運転で荷物を目的地へ運ぶという使命は共通しています。つまり、どんなトラックに乗ったとしても、運転する時間は長いので、純粋に運転が楽しくて大好きな人にとっては最高の仕事になり得るでしょう。

トラックドライバーは給料が高い

運転が楽しいと感じる人にとってトラックドライバーは最高の仕事であるとお伝えしましたが、その他に給料面でも劣っているわけではありません。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、全ての業界における一般労働者の平均年収は306万円という結果が出ています。

一方で、全日本トラック協会「賃金・労働時間の実態」によると、男女合計したトラックドライバーの平均年収は400万円前後となっています。

つまり、世の中の平均年収よりもトラックドライバーの平均年収が高いということがデータからでも正しいといえることがわかります。

大型トラックドライバーはもっと稼げる

さらに、大型トラックドライバーの仕事における給料はトラック運転手の中でも特に高いです。楽しいという要素の中にもたくさん稼ぐことができるという面もあるので、初心者トラックドライバーの多くが目指すところでもあります。

大型トラックドライバーにおける平均月収は約37万円前後であり、年収に換算すると445万円前後となります。

大型トラック運転手の給料が高い理由はいくつかありますが、歩合制によって給料を決めている運送会社も少なくはないようです。つまり、たくさんの荷物を積んで運べる大型トラックのドライバーは、基本給プラス走行した距離に応じてインセンティブのようなものがたくさん加算されるのです。また大型免許の保有者が少ないというころも大きな理由です。

ゲート付きトラックの手積みなしルート配送は楽

トラックドライバーの仕事の中でも、トラックに積む荷物を一つずつ手で積み込む作業もありますが、ある程度まとまった荷物のみを配送する仕事もあります。

写真のようなロールボックスと呼ばれるものにある程度荷物をまとめ、トラックの後方に付いているゲートと呼ばれる自動昇降機でトラックの中へと転がして運びます。これは主にカゴテナ配送と呼ばれルート配送でよく使われる方法になっています。

ゲート操作で荷積み荷下ろしをするので、力仕事が少なく、女性でも楽しく仕事に従事することができます。

ロールボックス

ホワイト企業が増えて労働環境が改善されてきている

昨今のトラック事故の増加や人手不足により、昨今では業界全体で労働環境の改善が急がれています。そのため、働く人の確保と業務の効率化を目的とし、『ホワイト物流推進運動』という運動も国土交通省・農林水産省・経済産業省主導のもと始まっています。

また、大手物流企業を中心に『資格取得支援制度』などを設けて、トラックドライバー初心者でも安心して楽しく仕事に従事してもらえるよう、福利厚生の充実に努めている企業が増えています。

今までは大変で辛いブラックなイメージがあった運送業界も、ホワイト化が進んでこれからは働きやすさが徐々に改善されていくことが期待されます。

人々の生活に役立っている実感がある

物流業界は人手不足とはいえ、物流は経済を支える大きな柱であることには変わりありません。物流インフラはお金のようなもので、荷物が届かないと経済も回らないのです。

直接的に『ありがとう』と感謝の言葉を言われることは少ないトラックドライバーの仕事ですが、大きな荷物を運んでいることに対してやりがいや楽しさを感じる場面は多くあります。

人間関係のストレスが他の仕事よりも少ない

特に長距離輸送の大型トラックドライバーの仕事は一人で仕事をしている時間が多くなります。その状況を楽しいと感じるかは人それぞれではありますが、チームで仕事をするわけではないので、一人で運転しているときは人間関係でストレスを感じることは少なくなります。

しかし、一人で仕事をする時間が多いということは、仕事の流れも自分一人で考えなければいけないので、責任感を持って業務に取りかかる必要があります。

好きな音楽を聴きながら仕事ができる

運転中は一人の時間なので、人によっては眠気覚ましも兼ねて、音楽を聴きながら楽しく運転するトラックドライバーもいるでしょう。

しかし、最近では多くのトラックにドライブレコーダーが付いている関係で、運転席を映すカメラも設置されていることがあります。場合によっては、運行管理者から注意されることもあるので、はじめのうちは運転上の注意点などを先輩や運行管理者に確認しておくと良いでしょう。

休憩時間を好きな時にとれる

多くのトラックドライバーの場合、決まった時間に休憩をとる必要はありません。業務の流れやタイミングを見て、どの時間帯に休憩をとるのかドライバー自身が決めます。自分の裁量で休憩時間を決めることができるのは、楽しく感じるポイントの一つと言えるでしょう。

しかし、いくら忙しかったり早く仕事を終えたかったとしても、決められた時間の長さで休憩を取得しなければなりません。一人で仕事をしているとはいえ、トラックの運行記録にも残されるので、欺くことはできません。

ドライバー不足なのでクビになることがめったにない

物流企業全体でドライバー不足が深刻化しているため、多くの企業が採用難で頭を抱えているのが事実です。そのため、会社に所属するトラックドライバー一人一人が貴重な存在になるので、仕事の需要があるうちは退職を迫られることは少ないでしょう。

しかし、ひとたび重大な事故を起こしてしまうとドライバーの信頼が一気に失墜してしまうので、楽しくも気を張って仕事にとりかかることが大切です。

動画:名スピーチ「トラックドライバーのやりがい」

トラック運転手の仕事をもっと楽しくするために

免許や資格をとって給料アップをねらう

トラックの運転資格のほかに、仕事に付随する様々な資格を取ることで、給料・年収アップだけでなく、やりがいや楽しさアップへとつながります。

例をいくつか挙げると、大型免許やけん引免許などがあります。運転技術が必要とされる大型トラックやトレーラーを運転する際に必要となるため、トラック運転手にとっては給料アップへの近道なのです。

その他にも、パレットの積み下ろし作業で重宝するフォークリフトの免許や建設現場で使う資材をクレーンへと縛り付ける玉掛作業者の資格などがあります。

フォークリフト

運転スキルを上げて荷主に好かれるドライバーになる

荷主に好かれる仕事ぶりを見せることで、信頼を積み上げることになり、長期的に継続した受注へとつながります。

トラックの運転スキルを磨いて安全に荷物を運ぶのはもちろんのこと、時間厳守で積み込み先、納品先に到着できるようになると荷主からも評価されます。

また、トラック運転手は荷主との楽しく何気ない会話の中からも業界の情報を得ることができるので、日々の作業の中で信頼を積み重ねるようにしましょう。

自分のトラックがあるならカスタムしてみる

大手物流企業の場合は自分専用のトラックを与えられることが少ないですが、中小企業の場合は各ドライバー専用のトラックを与えられる場合があります。

その際は法律の範囲内でトラックをカスタムすることができます。人によってはきらびやかに装飾するデコトラにしてしまうドライバーもいます。トラック運転手が個性を出すところでもありますので、楽しく遊び感覚で試してみても良いでしょう。

年ととったら運行管理者などにステップアップをねらう

運転が好きで楽しいと思っていても、高齢になるにつれて現場での作業も辛くなってきます。トラック運転手は全く体力を使わないわけではないので、早めのステップアップの決断も求められてきます。多くの場合は、運行管理者資格を取得してドライバーを管理する立場へとステップアップします。

その後、運転手の経験や運行管理者としての経験を生かして、会社の管理職になるという道もあります。

長距離トラックドライバーが楽しい理由

全国の色々な名所にいける

長距離ドライバーは基本的に全国を走り回る仕事が多いです。そのため、仕事の合間ではありますが、時間を見つけて各地の名所に行くことも可能です。また、本州と北海道を行き来する場合はトラックごとフェリーに乗船するので、ちょっとした旅感覚を味わうこともできます。

忙しい業務の中にも楽しいと感じる場面や束の間の休息があるのも長距離トラックドライバーの魅力でもあります。

移動先で名産品を食べられる

一人で仕事をすることの多い長距離トラックドライバーは、食事の時間も楽しい時間の一つです。行く先々の休憩所などで名産品を食べることができるのも、長距離ドライバーにとってはリラックスできるひとときです。

歩合によってかなり稼げる

走行した分だけインセンティブとして給料に反映される歩合制を採用している運送会社もあります。つまり、ドライバーは移動距離の長い仕事をこなせばこなすほど、自分の給料が多くなるのです。

そのため、運転することが苦ではなく、楽しいと感じる長距離トラックドライバーにとっては走れば走るほど稼げる歩合制は都合の良いシステムとなっています。

トラックドライバーに向いていて仕事を楽しめるタイプ

運転が好きな人

純粋に運転を楽しめる人はトラックドライバーに向いていると言えます。しかし、人それぞれ運転には良くも悪くも特徴があるので、適性検査などで自分の運転のクセを把握しておくことがポイントです。

責任感が強い人

一人で仕事をこなすことが多いトラックドライバーは自分を律する心や責任感が求められます。安全に運転し、時間内に特定の場所に荷物を届けるという使命がある以上は、主体的に業務に関わっていける人が向いていると言えるでしょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー