ドライバー/運転手関連の仕事一覧

回送ドライバーと回収・運搬の仕事がまるわかり

ドライバーのお仕事と一言でいっても、実に様々な種類があり、必要になる免許も違ってきます。今回は、主に2種免許は必要としない回送・陸送ドライバー及び廃棄物運搬ドライバーについてのお仕事内容をご紹介します。

Contents

回送ドライバーと回収・運搬の仕事内容

回送ドライバーと回収・運搬の仕事内容まとめ

回送や回収・運搬のドライバーは、積載車に車両を積み、指定の場所に届けます。

出社から退社までの間、比較的ほとんど人と触れ合わずに、黙々と取り組めるお仕事です。

その為、他の職種と比べてストレスフリーで、やりがいあるお仕事といえます。

回送、陸送、収集、運搬って何?

まず陸送ドライバーは積載車等、車を積載できる車両を用いて車両を運ぶドライバーの事です。

つぎに回送ドライバーは目的地まで出向いて、自走で車を走らせて現場まで届けるお仕事です。

廃棄物などの運搬ドライバーは、不要になったゴミ(廃棄物)を大型・中型・普通の収集車を用いて、現場からゴミ処理場まで運搬するお仕事です。1つの現場からゴミ処理場までを1日に複数回往復する運搬と、廃棄物を1回でルート回収していく方法があります。

回送ドライバーと回収・運搬の具体的な仕事内容

回送/陸送ドライバーの具体的な仕事内容

回送や陸送ドライバーは、まず所属する事務所に出向き、積載車に車を積み込む場所まで走らせます。

到着すると、その車を積載車に積み込み、指定された場所まで車を届けるというお仕事になります。車を積載車に積み込む際は、細心の注意が求められます。最初は先輩の方が、教えてくれるので、よく見ながら覚えるようにします。積み込みがあれば、勿論積み下ろしもあります。積み込み積み下ろし、いずれの場合も周囲の安全をよく確認することが大切です。

車を届ける先は多々あり、一般家庭や車屋等の店舗、建設工事現場、道路工事を行っている現場等があります。大型積載車での陸送は一度に4台~5台の新車中古車を運ぶこともあります。また大型積載車でも、1台の車両や重機を積み込んで陸送をする場合もあります。また、中型の積載車は1台のみ積載して目的地まで運びます。そして時には2輪車を積載して運ぶこともあります。

また、回送ドライバーには自走回送というお仕事もあります。仕事内容は、公共交通機関を用いてレンタカーが乗り捨てられた所まで出向き、その車を自走で営業所まで運ぶというお仕事です。自走回送は同じ都道府県内の中で仕事をする場合もありますが、場合によっては都道府県外の長距離での自走回送もあります。様々な車種に載ることができ、プチ旅行感覚で仕事ができるのも魅力ですが、経費の立て替えがあるのが特徴です。乗り捨てレンタカーを営業所まで戻す際に、少し燃料を足さないと戻りにくい場合は、一時的に自分で燃料を給油した上で、営業所に戻す形になります。また、立て替え分はすぐに戻ってくるのではなく、しばらく待つ場合がほとんどです。具体的には立て替えしてから、1週間2週間前後待った後で、戻ってくるような形になります。

廃棄物運搬ドライバーの具体的な仕事内容

そして、廃棄物運搬ドライバーのお仕事は、まず営業所に出向きます。

次に指定された場所に行き、ゴミを収集車に積み込みます。この時に、指定された場所が営業時間外だったりすると、しばらく近くで待機が必要な場合もあります。待機は車内で行います。また、指定場所での廃棄物積み込みは、ドライバー自らが重機(ショベルカー)で積み込むこともあれば、先方のスタッフが積み込んでくれる場合もあります。

収集車に廃棄物積み込み後、ゴミ処理場まで運び廃棄物を降ろします。廃棄物を積み込み→降ろしを、1日に複数回繰り返します。順路は指定した場所とゴミ処理場の往復なので、慣れてくるとスムーズにこなせるようになります。また、ルート回収の廃棄物運搬のお仕事は、営業所から回収車(主に普通・中型)で廃棄物が出ている場所を1つ1つ回って回収して行きます。回収にはドライバー1人だけで行う場合もありますが、2人1組でルート回収をする場合もあります。回収場所には、地域によっては番号がつけられており、その番号を目印に、回収していくようになります。最初の頃は、回収の場所を1つ飛ばしてしまう等もあるかもしれませんが、こちらも慣れるとスムーズに回収できるようになります。

またこれらのドライバー職は、近年は特に飲酒問題に厳しくなっている企業が多いです。お酒を飲んで業務に携わると、スムーズな業務ができませんし、周囲にも良い影響を与えません。その為、企業によってはアルコールチェッカー等で飲酒の有無を調べて、もし飲酒している場合はその日は、業務は休むように指示が出る場合もあります。とはいえ、前日の会社帰宅後に少し飲酒した程度であれば、朝の出勤時にはアルコールは残っていないのであまり神経質になる必要もないといえます。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事はこんな人に向いてそう(歓迎されるタイプ)

回送・陸送ドライバーに向いている方は、運転好きで車好きの方が特に向いています。この職種はお仕事上様々な車両を運ぶことがあります。

知っている車種もあれば、発売されて間もない新車、年代物の中古車、また見たこともないレアな車他、様々な車を間近で見ることのできる魅力があります。さらに、それらを安全に目的地まで届けることが求められるので、運転がとても好きで得意という場合には、楽しくやりがいのあるお仕事といえます。とはいえ、お仕事ですので、プラベート時のドライブ感覚というわけにはいきません。納期があるので、車両はその納期に必ず間に合うように届けることが求められます。同時に安全運転で届けることが大切ですので、ルールを守れるドライバーがやはりいつの時代も重宝されています。

また、自走回送ドライバーのお仕事は、日帰りで業務を行うこともあれば、泊まりで遠方まで出向いて業務を行うこともあります。様々な車種の車を自走回送で運転できる楽しみもありますが、出先で宿泊した際に、その地域のお料理等を楽しむこともできるのが魅力です。運転好きで、色々な地域に行ってみたいという好奇心旺盛な方には、向いているお仕事です。

また、廃棄物運搬ドライバーに向いている方は、比較的大きな車体の運転が好きな方、トラック好きの方、また多くの人と接するよりは、単独で黙々と仕事に取り組みたい方に、適しているといえます。

最初の頃は廃棄物独特の香りがする場合もある為、慣れない事もありますが、ほとんどの方は、すぐに慣れるようになります。また、最初は向いていないと思っていても、仕事をこなすうちに結構自分に向いていることに気づく場合もあります。その為、働き始めて向いていないと感じても、最低3ヶ月位は続けてみるのが良いといえます。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の平均的な給料・年収

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の平均的な給料・年収まとめ

回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバーの平均的な給料は17万~38万円、年収204万~450万といった所です。

他業種同様に手当てや賞与は支給されることが、ほとんどです。また会社によっては上記の額を上回る年収になることもあれば、逆に下回ることもあります。

賞与はほとんどの企業が基本的に年2回支給されることが多いですが、稀に賞与なしで寸志程度の額が支給される事もあります。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の平均的な給料・年収

年収 204万~450万円程度
月収・月給

※賞与は別

17万~38万円程度 (手取りベースの月収は17万~38万円程度)
日給 7千円~1万円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 850円~1100円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の手当(深夜・残業など)・賞与

回送・陸送ドライバー手当の有無は、会社により異なります。

大手の陸送会社に勤務する場合は、入社時の特別手当、深夜手当て、残業手当ては支給されることがほとんどで、賞与も年2回ほど支給されます。

しかし、会社によってはこれらの手当てを支給されないこともあるので、陸送会社に求人応募をする場合は、手当ての有無を事前に把握しておくことが大切です。各手当がつくのとつかないのでは、かなり差が開いてくるので、賢く働く為にも手当ての有無は確認しておきたいですね。

また自走回送ドライバーの場合も、各手当は支給されることがほとんどで、賞与も支給されます。

また、廃棄物収集やルート回収のドライバーも各手当がつきます。

トラックに廃棄物の積み込み作業を行った場合は、作業手当てがつき、その他に運転手当、また常に安全に運搬作業を行えた場合は能力手当て、残業時には残業手当等がつきます。また、賞与の方も年2回支給されます。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事でたくさんお金を稼ぐには?

回送・陸送ドライバー職でより多くお金を稼ぎたい場合は、大型免許を所得する等が効果的です。

中型免許でも勿論お仕事は可能ですが、大型免許を持っていると、中型では扱えない様々な車両を扱えるようになるので、給料もアップします。

他には、真面目に勤続をすることで、昇給が見込めるので、特別なことがない限りは休んだりせずには働くことも大切ですね。

また自走回送の場合も、普通免許のみよりは中型・大型免許を持っていたほうがより多くのお金を稼げます。普通免許のみですと。回送の際に普通車しか扱えませんが、中型、大型免許があると、それに見合った車両も扱えるようになるといえます。

会社によって給料が多い所と少ない所があったりもするので、働く事前に、各会社の給料を把握しておくことも大切ですね。

また、廃棄物収集・ルート回収ドライバー職で多くお金を稼ぎたい時は、作業時に重機を扱えるように、重機の資格がある給料アップにつながります。

また勤続に応じて、昇給することがほとんどなので、他業種同様に、真面目に勤務を続けるということが求められます。

そして、上記ドライバー職は、立場が上がることでよりスムーズに給料をアップする場合もあります。真面目な勤務態度、業績が評価された結果、社内で平社員より上の役職に就けると、毎月のお給料も当然アップします。様々な方法で、お金を稼ぐことができますが、全てに言えることは、仕事への意欲は忘れずに勤めることが大切です。

お金は多く欲しいけれど面倒と思うと、効率良く稼ぎにくいので、常に仕事への意欲は高めていきたいものです。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の働き方

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の働き方まとめ

回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバーの働き方は、一般的には8時~17時や

9時~18時といった所です。また夜勤もありで、夜8時始業で翌11時頃終業の場合もあります。

会社によっては別途残業が必要な場合もあります。また業務で移動するエリアは都道府県内での移動もあれば、都道府県外の移動もあります。

移動距離としては、最も距離が遠い場合でも600キロ未満といった所です。

また、マイカー・バイク通勤OKの会社がほとんどです。業務を覚えるための研修期間は、3日~10日ほど要する場合もあります。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の勤務形態

勤務時間・休憩 8時~17時 9時~18時 20:00~翌11:00 昼休み(60分)
運送・配送エリア 都道府県内・都道府県外
移動距離 600キロ未満
通勤方法 マイカー・バイク他
研修の有無 有(3日~10日程度)
その他 無し

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の一般的な雇用形態

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の一般的な雇用形態まとめ

回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバーの雇用形態は、一般的にはアルバイト・派遣社員、正社員、また自走回送ドライバーの場合は、業務委託契約の場合もあります。

また嘱託での雇用形態もありますが、かなり稀な例といえます。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の一般的な雇用形態・

形態: アルバイト 契約社員 派遣社員 正社員 業務委託
募集: あり まれにあり あり あり あり

回送ドライバーと回収・運搬の仕事で使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験その他

回送ドライバーと回収・運搬の仕事で使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験まとめ

回送・陸送ドライバーのお仕事で使用する車種は軽貨物車やバン、重機、トラックや稀にバスといった所です。原付やバイクの運転をすることはありません。

また廃棄物運搬ドライバーの場合は、主に普通、中型、大型のトラックを使用することが一般的です。

上記ドライバーのお仕事で必要な免許は、普通免許・中型免許・大型免許といった所です。二輪車の免許は取得していなくてもお仕事は可能です。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事に使用される車種

車種: 原付 バイク 軽貨物 バン トラック バス
使用有無: なし なし まれにあり あり あり まれにあり

 

車種: 普通車 中型車 大型車 特大車 特殊車両 その他
使用有無: あり あり あり なし まれにあり なし

回送ドライバーと回収・運搬の仕事に必要な資格・免許・経験

原付免許 二輪車免許 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
必要性 なし なし あり あり あり あり

 

その他必要な免許 重機免許(ショベルカー)
免許以外に必要な資格 なし
必要な経験 なし

回送ドライバーと回収・運搬の仕事に必要な資格をもっていない場合はどうする?

回送・陸送ドライバーには廃棄物運搬ドライバーは普通免許・中型・大型免許があれば開始できる仕事なので、その他の資格は必要ありません。

しかし、ショベルカー等の重機免許はあった方が有利です。

ですが、入社直後は所得していなくても、現在は資格取得補助制度があるので、入社後に免許を取得することができます。また、普通免許しか持っていない場合でも同様に、免許取得補助制度があるので、経済面でも安心して中型や大型免許を取得することができます。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事に就職・転職するための求人募集を探すには

回送ドライバーと回収・運搬の仕事に就職・転職するための求人募集を探し方まとめ

回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバーに就職する際は、職安や求人雑誌からの応募、またネットの求人サイトから検索して応募する方法があります。

転職希望の場合は、転職サイトに登録して、こちらから求人に応募したり、スカウトが来るのを待つという方法があります。

回送ドライバーと回収・運搬の求人の募集掲載情報はどうやって探す?

回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバ-の求人を探す場合は、最寄の職安(ハローワーク)で探す方法と求人広告や雑誌の掲載欄から応募する方法があります。

他にもネットの求人サイトでドライバーと入力すると、様々なドライバーのお仕事が検索結果に出てくるので、希望の求人があればネット上から応募する方法もあります。

またこれらドライバー職の求人件数は、人口が多い地域の方が、より多く求人募集をしています。具体的には東京や大阪、福岡といった地域です。勿論、その他の地域でも、募集件数は若干少ないものの募集はしています。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事の転職サイトに登録・検索・応募する方法は?

今現在別のお仕事をされている場合で、回送・陸送ドライバーや廃棄物運搬ドライバーに転職したいという場合は、転職サイトの利用も良い方法といえます。

登録は名前やネット上やメールアドレスや職歴・学歴などを指定の欄に入力することで登録ができます。登録後、転職サイトから希望の求人を検索して応募という流れになります。また、転職サイトによっては、スカウト機能というサービスもあります。これは、こちらから応募するのではなく、先方の企業が応募者の職歴などの詳細を見て判断した結果、当社で働いてみませんか?という感じでスカウトが来るというものです。

回送ドライバーと回収・運搬の仕事まとめ

回送・陸送ドライバー及び廃棄物運搬ドライバーは、現在でも需要があるお仕事といえます。以前に比べると、少し賃金が安くなったという声もありますが、会社によっては毎月安定の収入を得ることは十分可能です。

お仕事で車両を扱う場合は、プラベートと違い、時間を守らなければという理由で、急ぎがちになることもあります。しかし、急ぐとスムーズに業務をこなしにくいので、必ず余裕を持って出発することが大切といえます。業務を開始される場合は、安全運転と時間に余裕を持つこと、そして仕事全体への意欲を忘れずに行いたいものです。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。