ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手が楽な仕事というのは本当?気楽と考える人の理由がまるわかり

Contents

トラック運転手が楽な仕事と考える人の理由

対人関係の悩みが少ない

トラック運転手は人間関係の悩みが少なくて楽だと考える人は多いです。実際に、事務所のスタッフや荷主、配送先の相手とやりとりする機会はあるものの、挨拶や報告のみであることが多く、1日のうちごくわずかな時間しか費やさないことがほとんどです。業務時間の大部分は1人で運転しているので、人間関係で悩む心配は少ないでしょう。

仕事中は一人なのでマイペースでいられる

トラック運転手は運転中1人なのでマイペースでいられるイメージがあります。上司や同僚の様子をうかがう必要がなく、好きなタイミングで休憩をとったり運転中に好きな音楽をかけたりできるのはトラック運転手ならではのメリットです。周囲に気を遣う仕事が向いていないと感じる人にとって、トラック運転手の仕事は楽で魅力的に映るでしょう。

休憩中に昼寝ができる

駐車場でトラック運転手が昼寝している姿を見かけたことがある人は、トラック運転手は楽そうで羨ましいと感じているかもしれません。休憩時間だからといって昼寝することが叶わない職業の人も世の中には多くいます。車内でゆっくりと休めるのはトラック運転手の利点と言えます。

運転の間の休憩時間が長い

トラック運転手が連続して運転できるのは4時間までと定められており、それ以上運転するためには休憩時間を30分以上挟む必要があります。休憩時間が長くて楽だと思う人もいるでしょう。

ただし好きなだけ休憩できるわけではありません。1日の拘束時間は13時間までと定められています。例外として1日16時間まで延長することも可能ですが、1日15時間を超える時間拘束できるのは1週間に2回以内のみです。

運転が上達して1人前になるまでが早い

トラック運転手は一人前になるまでが早いです。最初は先輩運転手と一緒に行動し仕事を教わるものの、1ヶ月程度で独り立ちします。通常1年も経てば運転も上達し、運転手として最低限のことはこなせるようになります。他の業種では一人前になるまで何年もかかることを思えば、トラック運転手は楽な仕事だと言えるでしょう。

長距離トラックだと仕事でいろいろな場所に行ける

トラック運転手は仕事でいろいろな場所に行けて楽しそうだと考える人もいます。特に長距離トラックの場合は日本全国に行く機会があります。

内勤の仕事をしている人の場合、勤務時間中に職場を離れる機会は多くありません。そのような人からすれば、あちこちの土地を運転できるトラック運転手の仕事は魅力的に映るでしょう。

長距離トラックドライバーは全国の名産品が食べられる

トラック運転手は全国の名産品が食べられることも魅力です。長距離トラックは高速道路の走行が多いことから、SA・PAを利用する機会は多いです。SA・PAではその土地ならではの料理を提供していることが多く、仕事をしながら旅行気分を味わえます。地元の銘菓なども多く取り扱っており、お土産にも困りません。これらのことから、遊び半分で働けて楽そうだというイメージを持つ人もいます。

トラックドライバーの平均年収は高い

トラック運転手の平均年収は449.4万円です。世の中の平均年収が441万円であるのと比較するとトラックドライバーの給料は高いと言えるでしょう。大型トラックやけん引免許の必要な大型車両の運転手であれば、さらに高い収入が見込めます。楽で給料も悪くないとすれば、トラック運転手を羨ましく感じるのも納得がいきます。

待機時間にも給料が支払われる

荷主が荷物を準備している時間や、荷降ろし場所で自分の順番が来るのを待っている時間は、トラック運転手にとっては待機時間です。トラック運転手はこの待機時間にも給料が支払われます。何もしていないのに給料をもらえるなんて楽で良いと思う人は多いでしょう。

働いた分だけ歩合で給料が上がる

トラック運転手の給料は固定給と歩合給との組み合わせとなっていることが一般的です。毎月固定の金額にプラスして、売上や走行距離に応じた金額が支払われます。多く走ればそれだけ給料も上がるので、稼ぐ方法が分かりやすくて楽だと思われやすいです。特に固定給のみの給与形態で働いている人からすれば、努力次第で収入を増やせるトラック運転手の給与形態は羨ましく思えるでしょう。

免許や資格を取ると給料が上がる

トラック運転手は給料を上げる方法が明確な点も楽な仕事だと思われる理由の一つです。

大型免許やけん引免許を取得すれば乗れるトラックの幅が広がります。また、フォークリフトなどの関連資格も有効です。フォークリフトを利用した荷物の積み降ろしに対応できるようになり、高収入の仕事に就ける可能性が高まります

手積み・手降ろしが必要な仕事は減っている

トラック運転手の大変なところとして荷物の手積み・手降ろしを挙げる人は少なくありません。サイズの大きなトラックほど荷物量も多く、体力が必要とされます。

しかし、手積み・手降ろしが必要な仕事は減少の傾向にあります。女性・高齢者ドライバーの活用や業務効率化を目的として、フォークリフトやカートなどの利用が増えているためです。体力が必要とされない楽な仕事と思われる日も近いでしょう。

働きやすい環境づくりが出来てきている

トラック運転手は人手不足が深刻であり、国をあげて改善の取り組みが進められています。

まず、ホワイト物流推進運動では待機時間や荷物の積み下ろし時間を短縮し、生産性向上と女性や高齢者が働きやすい労働環境の実現を目指しています。また、女性トラック運転手をトラガールと名付けPRするなど、女性活用の動きも高まりつつあります。これらの点からトラック運転手を楽な仕事だと思う人もいます。

実際のドライバーの声「トラックドライバーの楽なとこと、辛いとこ」

Yahoo知恵袋ではドライバーの休みの時間と拘束時間の長さが挙げられています。

自分の場合は

楽)
だいたい
お昼御飯を11時30分ぐらいに食べる
(お店が空いてるし、注文した物が早く出てくる)
そして、トラックでお昼寝、1時間は取る~至福の時

辛い)
拘束時間が長い事でしょうか

あと、荷かな?
今日は新品硝子のショーケースを運んでいました
高さ1メートル50cm(キャスター付き)
壊したら弁償!ラッシングベルトもキツク掛けれない代物
ハンドル切る度に硝子ショーケースがゴロゴロ動く(@@)
直線でも50km以上出さなかった

下ろした時に破損無く(当然なんだけど)
へたへたに神経すりへっとる
ホッとして腰が今に成って痛いです。

トラック運転手の中でも楽だといわれる仕事

かご輸送のドライバー

トラック運転手の中でもかご輸送のドライバーの仕事は楽だと言われます。商品を積み込んだキャスター付きのかご(カゴテナ)を押して運ぶことができるため、積み降ろしの際に荷物を持ち上げる必要がなく、体力の消耗が少なく済みます。

配送先はコンビニやホームセンターが中心です。かごを利用する以外に、台車に荷物を積んで運搬することもあります。かごをトラックに乗せる際はテールゲートリフターと呼ばれる昇降装置を利用するのが一般的であり、やはり体力的な負担は少ないです。

パレット輸送のトラック運転手

パレット輸送のトラック運転手も、体力がそれほど必要とされない楽な仕事と言えます。パレットとは荷物の下に敷く荷役台のことです。荷物を積み降ろしする際は、パレットの側面の開口部にフォークリフトのフォーク部分を差し込み、その状態で持ち上げて運搬します。

トラック運転手が荷物を直接持ち運ぶ必要がなく、フォークリフトのみで運搬作業をこなせることがメリットです。またフォークリフトを利用することで手作業よりも一度に多くの荷物を運ぶことができ、作業効率が良くなる効果もあります。

ルート配送のドライバー

ルート配送のドライバーはコンビニやスーパーなどあらかじめ決められた配送先を巡り時間通りに荷物を届けます近距離への配送がほとんどであり、配送時間も決まっていることから、トラック運転手としては勤務時間が短く楽な仕事だと言われます。

普通免許で運転できるトラックを利用することが多く、サイズの大きなトラックと比べて運転の難易度は低いです。就職のために中型や大型の免許を取得する必要もありません。いつも同じコースを回るため、道を覚えやすいというメリットもあります。

海上コンテナのトレーラドライバー

海上コンテナ(海コン)のトレーラードライバーも楽な仕事と言われます。トレーラーを運転するためにはけん引免許と大型免許が必要とされますが、その分、給料水準が高いのが魅力です。港湾近くに倉庫を設ける企業が多いことから比較的近距離の配送が多く、体力面での負担も少なく済みます。

一般的な海コンは長さ約6mや約12mと大きく、重さは最大30t以上にもなります。そのため、荷積みの際はクレーンを利用するのが一般的です。トラック運転手自身による手積み・手降ろしが必要なく、女性や高齢者でも比較的働きやすいという特徴があります。

トラック運転手はどんな部分が気楽なのか

運転中に音楽が聴ける

トラック運転手は運転中に好きな音楽を聴けるので気楽だと考える人は多いです。多くの職場では音楽はないか、もしあったとしても自分の趣味とは異なることが多いでしょう。好みの曲をかけてリラックスして運転できるのはトラック運転手ならではです。

タバコが好きな時に吸える

多くの職種では、仕事中に自由にタバコを吸うことはできません。周囲にタバコが苦手な人がいることも珍しくなく、吸うためには周囲への配慮が必要です。その点、トラック運転手は車内に自分1人だけなので、誰にも気兼ねせずにタバコを吸うことができて気楽です。

日勤や夜勤など自分のスタイルに合う仕事がある

トラック運転手は自分の生活スタイルに合わせて様々な仕事を選べるのも気楽な点です。身体に負担をかけずに働きたい人や、家族との時間を大切にしたい人は日勤で働くことで希望を叶えられます。稼ぎたい人や昼間の時間を有効に使いたい人には夜勤が適しているでしょう。夜間であれば道路も比較的空いており、運転のストレスが少ないのも魅力です。

服装や髪型のルールが少ない

トラック運転手は服装や髪型のルールが少なく気楽でいられます。中には制服着用が必要な会社もありますが、そうでないところも多いです。制服がない場合は作業服やTシャツを着用するのが一般的です。茶髪や長髪も比較的許容されやすく、好みのヘアスタイルを楽しめます。

荷物量増加で仕事がなくなることがない

トラック運転手が気楽な理由として、仕事がなくなることがない点は大きなポイントです。近年はネットショッピングが一般的となり、配送が必要な荷物量は年々増え続けています。

この傾向は当面の間変わらないと考えられるため、トラック運転手としてのスキルさえ身につけていれば食べていくのに困ることはないでしょう。

人材不足でいつでも転職できる

トラック運転手はいつでも転職できる点でも気楽と言えます。多くの企業がドライバー不足に悩まされており、未経験者にも広く門戸を開いています。経験者であれば喜んで採用したいという企業は多いでしょう。

そのため、就職先が合わないと感じたらいつでも他社に移ることが可能です。また、転職先によっては現在よりも良い待遇のもとで働けることも期待できます。

トラック運転手の楽ではないところ

長時間の運転が必要

トラック運転手の楽ではないところとしては、まず長時間の運転が必要なことがあげられます。特に長距離トラックの場合、運転手は車内での仮眠のみで何日も運転が必要なこともあります。

トラックを安全に運転するためには集中力や注意力を要します。また、長時間座りっぱなしだと肩や腰にも負担がかかります。トラック運転手は疲弊した状態でも走り続けることを求められる厳しい仕事だと言えるでしょう。

指定された時間厳守で責任感が必要

トラック運転手にとって荷主から指定された時間は絶対です。配達時間が少しでも遅れればクレームにつながる可能性があるため、責任感を持って取り組める人でなければ務まりません。

渋滞に巻き込まれるなどのトラブルがあっても時間厳守できるよう早め早めの行動が必要なのはもちろんのこと、早く着き過ぎた場合は近隣で時間をつぶすことも多いです。このことからも、トラック運転手の仕事は楽ではないと分かります。

荷積み荷降ろしがあると体力がいる

トラック運転手は体力勝負の仕事だと考えている人もいます。これは必ずしも全員に当てはまることではありませんが、荷積みの際に手積み・手降ろしが必要な業務に就いているドライバーにとってはその通りです。いくつもの荷物を持ち運ぶのは体力を消耗するため、体力に自信がなければ継続的に働くことは難しく、決して楽ではないと言えます。

渋滞や天候や荷主の都合で拘束時間が長くなる

トラック運転手の楽ではない点として拘束時間が長いことは外せません。長距離輸送で運転時間が長くなるのは仕方のないことですが、運転以外の時間が長くなるのは避けたいという人がほとんどでしょう。

トラック運転手は道路を走行する都合上、雨や雪などの天候要因や渋滞、事故といった理由で到着時間が遅れることは避けられません。また、荷主の都合で荷積みが遅れたり、配送先でトラックが混雑しているために順番待ちが必要なこともあります。これらはトラック運転手が長時間労働を強いられる大きな原因となっています。

楽なトラックドライバーの仕事を見つける方法

トラックドライバー仲間のツテを使う

トラック運転手が楽な仕事を見つける際に、ベテランドライバーであればトラックドライバー仲間のツテを使う方法があります。トラック運転手はさまざまな場所に出入りするため、同業他社のドライバーと話をする機会も多いです。楽な仕事を知っている相手から口添えしてもらい転職するのはよくある方法です。

ドライバー人材紹介サービスを使う

トラック運転手が楽な仕事を見つけるために有効なのが転職エージェントなどの人材紹介サービスです。

求職者は完全無料で仕事を紹介してもらえるだけでなく、履歴書の書き方を教わったり本人の代わりに応募先企業と条件交渉をしてもらうなど、転職を成功させるために必要なサポートを受けることができます。

ドライバー職に特化したサービスが増えてきているため、ベテランドライバーでなくても希望通りの仕事を見つけてもらえることが期待できるでしょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー