ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラックドライバーの派遣の仕事内容と給料・メリットがまるわかり

トラックドライバーの派遣とは

派遣の仕組み

労働者派遣法にもとづく雇用形態となる、トラックドライバー派遣の働き方の特徴は、労働者と派遣先企業との間に雇用関係がないことです。

厚生労働省のサイトにしたがってトラックドライバー派遣のポイントを解説すると、

  • 労働者と雇用契約を結んでいるのは派遣会社であり、労働者は派遣会社の社員として企業に派遣され業務に従事します。
  • 企業は派遣会社と人材派遣契約を締結し、スタッフを派遣してもらうのと引き換えに派遣料を支払います。
  • 労働者が派遣として働く場合、指揮命令権は派遣先企業にありますが、給与や福利厚生などは派遣会社から提供されます。

派遣先企業にとっては、派遣は直接雇用より割高ではありますが、社員が不足する期間の穴埋めなど期間を限定して人材確保できるのがメリットです。また、採用活動や給与計算、福利厚生など社員を雇用するための事務手続きも必要ありません

派遣先企業は派遣スタッフの勤務時間に応じた派遣料を支払うだけで良く、簡単に人材不足を解消できます。

派遣ドライバーとして働く流れ

派遣ドライバーとして働くには、複数ある派遣元となる会社の中から自分にあった仕事条件を見つけて登録し、その後、派遣先の会社が決まれば、そこから派遣元からの雇用が開始されます。

派遣ドライバーになるステップ

  1. 派遣会社を検索する
  2. 複数ある派遣会社の中から自分にあった条件を選び申し込む
  3. 申し込んだ派遣会社に履歴書と職務経歴書を持って面接にいく
  4. 面接で自分の希望を伝え登録をする
  5. 派遣会社より派遣先となる会社を紹介される
  6. 派遣会社の方と派遣先の会社と面談する
  7. 職場環境に問題なければ派遣先が決定される
  8. 勤務開始日を決め、雇用開始

トラックドライバーの派遣/請負/契約社員/アルバイトの違い

アルバイトと派遣の違い

アルバイトドライバーの場合は勤務先企業に直接雇用されます。業務指示や給与の支払い、福利厚生はすべて勤務先企業から提供されます。

これに対して、派遣ドライバーは派遣先企業と直接の雇用される関係にありません業務指示を行うのは派遣先企業ですが、派遣スタッフの雇用主は派遣会社であり、給与や福利厚生は派遣会社から提供されます。

雇用関係

  • 派遣:派遣会社→派遣社員→働き先の会社
  • アルバイト:アルバイト者→働き先の会社

また、アルバイト(パートタイム労働者に雇用期限はありませんが、派遣社員は1つの派遣先で働けるのは3年までとされています。

契約社員と派遣の違い

契約社員(有期労働契約)ドライバーと派遣ドライバーの違いとして、契約社員は勤務先企業に直接雇用されるのに対して、派遣は派遣先企業と雇用関係はありません派遣会社が派遣スタッフを雇用し、派遣先企業の業務に従事させます。

次に、契約社員と派遣とはどちらも雇用期間が定められています契約満了となったとき、契約社員は自分で1から職探しが必要ですが、派遣の場合は派遣会社から次の仕事を紹介してもらえる可能性があります

そして、派遣が基本的に時給制なのに対して、契約社員は月給制とする企業が多いです。契約社員は派遣社員よりも給与が低いイメージがありますが、短期間で高スキルを必要とする仕事を行う場合など正社員よりも高い給与となる場合もあり、一概に優劣はつけられません。

また、契約社員の場合は頑張り次第で正社員登用される可能性があるのも魅力ですが、派遣社員の場合は紹介予定派遣などでない限りは、正社員雇用の可能性はあまり高くありません。

最後に、仕事や作業内容にも違いがあります派遣社員では派遣先と派遣会社で契約した条件での仕事内容がメインとなります。一方で、契約社員では、契約する仕事内容が期間によって忙しさが分野毎に変わるので、荷物を積んだり降ろしたりする作業が増えたりすると、そちらの方に作業内容が変わることがあります。

派遣と請負の違い

派遣と請負どちらも労働者が勤務先の企業に直接雇用されるのではない点で共通しており、派遣会社の社員もしくは請負会社の社員として顧客企業の業務を遂行します。

2つのもっとも大きな違いは指揮命令権がどの企業にあるかです。

派遣の場合は顧客企業が労働者に業務を直接指示します。請負の場合この方法は認められず(偽装派遣・偽装請負になる)、業務の進め方を決めるのはあくまでも請負会社であり、労働者は請負会社の指示のもと業務にあたる必要があります。

ドライバー派遣は増加中

昨今は人手不足で、トラックドライバーの派遣は増加の傾向にあります。

近年、ネット通販の拡大に伴い荷物の量が大幅に増えました。これまで以上にトラックドライバーが必要とされているのにも関わらず、運送業は人材不足が問題とされています。

理由としては、高齢化による労働力の不足のほか、運転免許制度改正により普通免許で乗れるトラックの幅が狭まったこと、賃金の低推移などがあげられます。

こうした状況の中、トラックドライバーを増やすため国をあげた取り組みも進められていますが、また十分な人手確保には至っていません。

そこで、自社だけでは不足する人手を補うために利用されるようになったのがドライバー派遣です。派遣は人件費が割高であることから、もともと小規模事業者にとっては敷居が高いものでしたが、人材不足の深刻化に伴って小規模事業者の利用も増えてきています。

ドライバー側としては、派遣会社を通すことで自分にあった業務時間や休日の確保など、自分のスタイルでのドライバー業の仕事につくことができることもあり、派遣会社に登録している方も増えています。派遣会社としても期間を決めて雇用できるので、繁忙期などに決まった期間で仕事をしてくれう方を重宝しています。お互いにWin-Winの関係となり増加しているのです。

また、派遣であれば繁忙期や正社員のドライバーが不足する期間に限定して短期雇用できるのもメリットです。

トラックドライバーの派遣は禁止されていない

トラック運転手に選任できないケースとは

正社員以外に契約社員やアルバイト、そして派遣であってもトラックドライバーになることは可能です。

ただし、貨物自動車運送事業輸送安全規則により、下記の条件に当てはまる人はトラックドライバーとして選任することができないとされています。

  • 日々雇い入れられる者。
  • 2 月以内の期間を定めて使用される者。
  • 試みの使用期間中の者(14 日を超えて引き続き使用されるに至った者を除く)。

すなわち、日雇い2か月以内の短就労禁止されていますが、逆にいえば、この運転禁止条件さえ満たしていれば、雇用期間3か月の派遣であってもトラックドライバーとして勤務することが法律上可能です。

また試用期間中も運転ができない点にも注意が必要です。先輩ドライバーと一緒に乗務するなど、運転以外の業務にのみ従事する必要があります。

ドライバー派遣で働く注意点とデメリット

休日手当や残業手当が期待できない

派遣トラックドライバーは休日手当や残業手当は期待できません

派遣時給制であり、勤務時間に応じて派遣料が発生します。費用削減のため派遣先企業はシビアに勤務時間を管理します。休日出勤残業をさせると割り増し手当が発生することから、それらの仕事は賃金に融通を利かせやすい正社員を中心に担当させ、派遣には定時の時間内しか働かせないことが多いです。

気軽に働きたいドライバーにとってはメリットですが、賃金を多く稼ぎたい方にとっては注意が必要です。

労働時間が短くて稼ぎにくい

派遣トラックドライバーは定時の時間内しか勤務しないことが大半で残業は少ないです。

長時間労働をすることが多い一般的なトラックドライバーと比較すると労働時間は短く、その分稼げないというデメリットがあります。

派遣での働きですと、最初に契約内容を決めて、それに従い派遣先では労働時間が決まります。それ以上の労働時間を超えての依頼をすることが出来ませんので、派遣として働く方にとっては労働時間が短く思っていた以上に稼げないということにもなります。

契約が切れると会社を変える必要がある

トラックドライバーは契約期間が2か月を超えていれば派遣で働くことができます。他方で、自分のスタイルにあった作業現場や環境であっても契約期間が切れると派遣先の会社を変えなければいけません。

ドライバー派遣の場合、契約を更新して継続的に働ければ良いですが、繁忙期を過ぎたり社員が補充されるなどして打ち切りになることも珍しくありません。また、契約が更新されたとしても1つの会社で3年を超えて就業することはできません。職場環境がよく長く働くたいと思っても働くことができないのがデメリットでもありますので、そこを考慮して上で働かなければいけません。

契約が切れたら次の会社を探さなければならず、求職期間中は収入が0になる恐れがあることは、安定して働きたいトラック運転手にとってはデメリットと言えるでしょう。

派遣のトラックドライバーの給料

小型トラックドライバーの派遣の給料

小型トラックドライバーの派遣の給料は時給1,150円~1,700円です(東京の場合)。

残業や割増賃金などを含めた、派遣ドライバーの日給は6,200円~21,300円月間21日~25日出勤した場合の月給は155,000円~470,000円となります。

中型トラックドライバーの派遣の給料

中型トラックドライバーの派遣の給料は時給1,150円~1,750円です(東京の場合)。

残業や割増賃金などを含めた、派遣ドライバーの日給は9,700円~21,300円月間21日~25日出勤した場合の月給は223,000円~502,000円となります。

大型トラックドライバーの派遣の給料

大型トラックドライバーの派遣の給料は時給1,170円~1,700円です(東京の場合)。

残業や割増賃金などを含めた、派遣ドライバーの日給は8,970円~20,300円月間21日~25日出勤した場合の月給は218,000円~527,000円となります。

派遣トラックドライバーに向いている人

運転をすることが苦にならない人

長時間運転しても苦にならないのはドライバーの最初の条件です。混んでいる道路や平坦でずっと景色が変わらない道路など、様々な条件の道路で荷物を運ぶのが仕事となるドライバーにとっては、何よりも車の運転が好きで苦にならないことは必須です。

派遣のトラックドライバーであっても基本は運転です。長時間の運転が苦にならない人にはドライバーの仕事は向いていると言えるでしょう。

正社員のドライバーと異なり、荷積み荷降ろしは専任スタッフが行う仕事も多いため、労働者は運転のみに集中することができます。

色々な会社で働きたい人

派遣ドライバーが1つの会社で就業できる期間には限りがあります。契約期間が終了すれば別の会社へ勤務先が変わるため、さまざまな仕事に挑戦したい人に向いていると言えます。自分に合った仕事を見つけ、その職種で正社員としての就職を目指すこともできるでしょう。

また多くのドライバーと知り合えるチャンスがあることから、人脈を築きたい人にもぴったりです。

いろんな業種で働きたいも該当しますが、いろんな会社で働きたい方にとっては派遣で働くことが向いています。中にも同じ会社でずっと働きたいという方もいますが、いろんな会社の職場環境や人との関わりを増やしたい方にとっては、派遣という働き方に向いているといえるでしょう。

ワークライフバランスを重視したい人

派遣ドライバーは残業が少なく、多くの場合は定時であがることが可能です。

勤務時間が限られることは収入が低くなることにもつながりますが、収入よりワークライフバランスを重視したい人には派遣のドライバーが向いていると言えるでしょう。

仕事や会社に縛られず、ある程度自由に働きたい方にとって派遣ドライバーは向いています。やはり生活として自分の好きな趣味や家族との時間を最優先にしたい方にとっては、派遣での働き方だと労働条件として融通がきくことが多く向いているといえます。

派遣トラックドライバーの仕事を探すのにおすすめの派遣会社

ドライバー派遣ドットコム

ドライバー派遣ドットコムはドライバー専門の派遣会社であるエクスプレス・エージェント社が運営する派遣・求人情報サイトです。関東・関西・東海方面のドライバー派遣の仕事を中心にしている派遣会社です。

都道府県や市町村を限定して検索できるエリア検索をはじめ、所有資格や希望する勤務時間、勤務期間などを指定して検索できるので、理想の仕事を見つけられる可能性が高いのが特徴です。

また、メールでの問い合わせは24時間受付ていて電話でのキャリアサポートなど気軽に相談出来るのも魅力のひとつです。

フルキャストホールディングス

フルキャストホールディングスは日雇いや短期の求人を多く取り扱っており、自分のペースで働けることが魅力です。

特にドライバー派遣については、ドライバー派遣ポータルというドライバー派遣特化の求人サイトを運営しています。「ルート配送 コンビニ」や「スポット配送 一般家庭」など、業務内容や配送先の条件を指定して求人情報を検索できるのが大きな特徴です。

ランスタッド

ランスタッドは1960年にオランダで設立され、39か国に展開している世界的な人材派遣会社です。首都圏を中心に東海エリアなど幅広い地域で仕事を探すことができます。

通常のトラックドライバーのほか、テストドライバーなど幅広い仕事があるのが特徴です。

どうしても派遣先でのトラブルなどは多少なりとも発生するのですが、ランスタッドではその部分も自社の役割として素早く解決してくれます。働きやすい環境を求めている方におすすめです。

シグマロジスティクス

CMで女性のドライバーを起用し初心者でも安心して働けるを掲げている会社です。

働く方も幅広い年齢層の方が働いているので、ドライバーとして初心者でもおすすめです。派遣社員ばかりではなく正社員の募集も行っているのでまずは派遣として働き環境がよければ正社員として働く道もあります。

シグマロジスティクスは関東を中心に物流サービスのアウトソーシング事業を展開しています。派遣スタッフとして就業できる仕事を幅広く取り扱っていることが特徴です。また前給制度があることから、必要な時に必要なお金を用立てることが可能です。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー