みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラックドライバーの平均年収(小型~大型)と給料アップの方法がまるわかり

Contents

トラックドライバー(運転手)の年収

トラックドライバーの平均年収

トラックドライバーの平均年収は約450万円です(一般のドライバー444万円、特積のドライバー464万円、全日本トラック協会賃金データの男性1か月賃金)。

日本の平均年収は440万円程度国税庁では報告されているため、トラックドライバーは一般的なサラリーマンよりも収入の高い職種といえます。

トラックドライバーの月収(賃金・賞与)の平均

トラックドライバーの平均月収は34.0万円です(一般のドライバーは34.2万円、特積のドライバーは33.9万円、男性の場合)。

日本の平均月収は27万円のため、比較するとトラックドライバーの月収は世の中の平均よりも7万円も多いのです。

また、ドライバーの月収賃金に年間ボーナス金額を12か月で割って月収に加えると、平均月収は37.4万円となります(一般は37.0万円、特積は38.7万円、男性の場合)。

トラックドライバーの歩合・手当の相場

トラックドライバーの月給のうち、変動給となる歩合・手当は17.2万円が平均相場で、このうち金額的な割合が大きくなるのが運行手当と時間外手当です。

運行手当 歩合給 時間外手当 その他 合計
変動給 8.5万円 3.6万円 5.9万円 1.8万円 19.8万円
  • 運行手当とは運行した場所に応じて一運行ごとに支払われる手当で、運行距離が短い場合は手当も少なくなります。
  • 時間外手当とは所定労働時間を超えた労働に対して支払われる手当です。時間外手当がきちんと支払われる会社かどうかは、残業に対しての取り決めを確認しておく事が大切です。

トラックドライバーの給料の種類(基本給・手当・歩合)

トラックドライバーの年収の推移

トラックドライバーの年収の推移を比較すると、ドライバーの賃金はどんどん上昇傾向にあることがわかります。

これは、ドライバー不足による賃金の高騰によるものと考えられます。

そもそもトラック運転手の給料は、世の中一般と比較しても高いため、これからトラックドライバーを目指す方にとっては将来性のある魅力的な給料が待っているといえるでしょう

2009年(平成21年) 2010年(平成22年) 2011年(平成23年) 2018年(平成30年)
トラックドライバーの平均年収 412万円 431万円 422万円 449万円

固定給(基本給)とは

トラックドライバーの給与は、固定給(基本給)+変動給となることが一般的です。

固定給とは、ドライバーが日給や月給など一定の時間や日数を働く事で、固定的に受け取る事が出来る給与のことです。つまり、欠勤などをしない限りは毎月必ずもらえる給料と考えてください。

変動給(歩合・手当)とは

トラックドライバーの変動給は、会社によって内容・名称や金額が異なりますが、歩合や諸手当などがそれに含まれます。

成果・出来高に対して支払われる給料が歩合です

また、会社によって名称は異なりますが、手当には通勤手当や住宅手当や残業手当などがあります。

トラックドライバーの場合は、一般的な職種と比べて月収賃金のうち変動給の割合が大きくなっていることが特徴です。

みなし残業代とは

トラックドライバーは、仕事の性質上、何時まで仕事をしていたか確認する事が難しい業種です。こうした業種には、あらかじめ定めた時間分を残業したものとみなして、それを給与に含めておくことで残業を支払わなくてもいいとする『裁量労働等(みなし労働時間)』という制度があります。

これは一般的にみなし残業とよばれ、使用者と労働者の間でこの時間を定める事が出来ます。

よって、みなし残業に定められた時間内であれば、既に給与には残業代が既に含まれているため、残業代を請求する事は出来ません。ただし、この時間を超過した場合は残業代を請求する事が出来ます

小型トラックドライバー(1~1.5トン)の給料・年収

小型トラックドライバーの平均年収

小型トラックドライバーの年収の平均的な相場は381万円です。(女性のトラック運転手の平均年収は344万円)

小型トラックドライバーは、普通運転免許さえあれば誰でも業務が出来る分、ドライバーの数も多く、中型や大型のトラックドライバーよりも平均年収は低くなっています。

小型トラックの仕事は、大型トラックでは小回りがきかずに効率が悪くなってしまう都市部での宅配や、中距離輸送まで、様々な業務形態があります。

輸送する荷物は手で運べる荷物が多く、積み下ろしの業務もドライバーが担うケースが多い職種です。

小型トラックドライバーの平均月収(基本給/歩合・手当)

小型トラックドライバーの月収は26万円~29万円が平均的な相場です。

基本給(固定給) 歩合・手当(変動給) 合計
男性 18万円 11万円 29万円
女性 18万円 8万円 26万円

トラックドライバーの給料は、働けば働くほど増えていきやすい歩合給の部分で大きく変動します。男女の変動給で3万円の差が開いた要因は、体力や労働時間などの差が男性と女性の違いとして出ていることが考えられます。

小型トラックドライバーの賞与

小型トラックドライバーの賞与の平均的な相場は31.7万円です。(女性のトラック運転手のボーナス金額の平均相場は27.8万円)

日本の平均的な賞与の金額は38.4万円です(平成30年の厚生労働省調べ)。

トラックドライバーの仕事は全体的に賞与金額が低いとされますが、これはドライバーの仕事は働いた分だけ稼ぐといった歩合制の考え方が強いためと考えられます。

小型トラックドライバーの賞与額は大型と比較すると男性で11万円(女性で7万円)の差があり、運転するトラックの種別でボーナスは大きく差が出るといえます。

小型トラックドライバーの時給・日当の平均

小型トラックドライバーの時給・日給を求人サイトの全国の求人情報から調べると下記のようになります。

  • 小型トラックドライバーの時給:950円~1,500円
  • 小型トラックドライバーの日給:7,000円~13,000円

アルバイト求人情報サービス「an」調べによると、全国の平均時給は1,045円です。

トラックドライバーの時給はアルバイトとしては平均を上回っていますが、運転免許を必要としている事や業務内容を考えると、人によっては物足りないと感じることもあるかもしれません。

準中型トラックドライバー(2トン)の給料・年収

準中型トラックドライバーの平均年収

準中型トラックドライバーの年収の平均的な相場は382万円です。(女性のトラック運転手の平均年収は351万円)

準中型トラックドライバーが主に運転する2トントラック・4トントラックは、免許制度改正前であれば普通運転免許で運転出来るためか、年収は小型トラックドライバーと大差はありません。

仕事内容では、小型トラックドライバーのような都市部の宅配業務の仕事から、大型トラックが物流センターに輸送した荷物を各所へと配送する仕事まで、あらゆる業務を担います。

準中型トラックドライバーの平均月収(基本給/歩合・手当)

準中型トラックドライバーの月収は27万円~30万円が平均的な相場です。

基本給(固定給) 歩合・手当(変動給) 合計
男性 17万円 13万円 30万円
女性 15万円 12万円 27万円

準中型トラックドライバーの平均月収は、小型トラックドライバーとそれほど差がありません。ただし、これはあくまでも平均値のため、実際はこれより月収の高い案件も準中型トラックの仕事には存在します。

また、準中型トラックドライバーの歩合・手当の金額は男女でそれほど差がみられません。

準中型トラックドライバーの賞与

準中型トラックドライバーの賞与の平均的な相場は29万円です。(女性のトラック運転手のボーナス金額の平均相場は26万円)

準中型トラックドライバーの年間賞与の金額も、小型トラックドライバーとほぼ同様となっています。

つまり、基本給についてもボーナスについても、小型と準中型では、平均相場でみるとそれほど差が出ないといった結論になります。

準中型トラックドライバーの時給・日当の平均

準中型トラックドライバーの時給・日給を求人サイトの全国の求人情報から調べると下記のようになります。

  • 準中型トラックドライバーの時給:1,000円~1,600円
  • 準中型トラックドライバーの日給:7,500円~17,000円

時給や日給に関しても、準中型トラックと小型トラックの運転手で大きな差はありません。

中型トラックドライバー(4トン)の給料・年収

中型トラックドライバーの平均年収

中型トラックドライバーの年収の平均的な相場は407万円です。(女性のトラック運転手の平均年収は361万円)

中型トラックドライバーの仕事内容は宅配業務が殆ど無くなり、物流センターへの輸送業務が多くなります。運ぶ荷物も重量物が多くなり、手で運ぶ事もあれば、フォークリフトで積む事もあります。

また中型トラックのボディ形状は、ショート、ワイド、ワイドロング、ウイング車など様々なバリュエーションがあり、使われる用途も様々です。また、4トントラックだけでなく、6トンや8トンの増トン車なども、中型に区分されます。

中型トラックドライバーの平均月収(基本給/歩合・手当)

中型トラックドライバーの月収は27万円~31万円が平均的な相場です。

基本給(固定給) 歩合・手当(変動給) 合計
男性 16万円 15万円 31万円
女性 16万円 11万円 27万円

中型トラックドライバーの場合、小型や準中型よりも少しづつ月収が高くなってきますが、大幅な違いまではありません。

この理由としては、旧型の普通免許だと一部の中型トラックまでを運転することが出来る点と関係がありそうです。(大型トラックは旧型普通免許でも運転できず、大型ドライバーの給料は一気に高くなるため。)

また、歩合・手当の額で男女間の金額に差が開いていることも特徴的ですす。

中型トラックドライバーの賞与

中型トラックドライバーの賞与の平均的な相場は43万円です。(女性のトラック運転手のボーナス金額の平均相場は33万円)

基本給では中型トラックと準中型・小型トラックでそれほど差がありませんでしたが、ボーナスだと10万円近くの差がついてきます。

ただし、仕事の内容や必要となる運転免許が変わることを考えると、もう少し差があっても良いはずと感じるドライバーの方も多いかもしれません。そうした場合は、大型免許を取得すれば一気に歩合が上がって給与アップが可能となります。

中型トラックドライバーの時給・日当の平均

中型トラックドライバーの時給・日給を求人サイトの全国の求人情報から調べると下記のようになります。

  • 中型トラックドライバーの時給:1,500円程度
  • 中型トラックドライバーの日給:9,500円~18,000円

時給・日給でも中型トラックドライバーは小型や準中型よりも比較的高額な案件が増えてきます。また、仕事は1日あたり6~7時間程度の案件が目立ちます。

大型トラックドライバー(10トン)の給料・年収

大型トラックドライバーの平均年収

大型トラックドライバーの年収の平均的な相場は482万円です。(女性のトラック運転手の平均年収は414万円)

大型トラックドライバーの年収は、トラックドライバーの中で最も高い部類に入ります。

小型トラックドライバーの平均年収が381万円、中型トラックドライバーの平均年収が407万円であることと比べると、非常に稼げる仕事であることが明らかです。

これは、昨今のドライバー不足の中、大型免許を保有しているドライバーの人数が少ないことが強く影響していると考えられます。

大型トラックドライバーの平均月収(基本給/歩合・手当)

大型トラックドライバーの月収は31万円~37万円が平均的な相場です。

基本給(固定給) 歩合・手当(変動給) 合計
男性 17万円 20万円 37万円
女性 16万円 15万円 31万円

大型トラックドライバーでも基本給の金額では男女で大差がありませんが、変動給では男性が5万円も女性を上回っています。これも男性の方が仕事量が多く、歩合の金額が大きいためと考えられます。

大型トラックドライバーの賞与

大型トラックドライバーの賞与の平均的な相場は43万円です。(女性のトラック運転手のボーナス金額の平均相場は35万円)

月給(固定給・変動給)では大きく差があった大型トラックと中型トラックですが、賞与金額の平均については中型トラックドライバーと大差はありません。

つまり、トラックドライバーは歩合で稼いでなんぼの職業とも言えるかもしれません。

大型トラックドライバーの時給・日当の平均

大型トラックドライバーの時給・日給を求人サイトの全国の求人情報から調べると下記のようになります。

  • 大型トラックドライバーの時給:1,300円~3,000円
  • 大型トラックドライバーの日給:10,000円~21,000円

大型トラックドライバーになると、日当・時給とも大幅に額が増えています。

トレーラードライバーの給料・年収

トレーラードライバーの平均年収

トレーラードライバーの年収の平均的な相場は516万円です。(女性のトラック運転手の平均年収は440万円)

大型免許に加えてけん引免許が必要なトレーラードライバーは、大型トラックドライバーを上回ってトラックドライバーの中でも最高額の年収です。

トレーラーは免許だけでなく、全長が長く運転スキルが要求されるため、ハードルの高さが年収の高さにも表れています。特に海上コンテナのトレーラードライバーは人気の高い職種です。

トレーラードライバーの平均月収(基本給/歩合・手当)

トレーラードライバーの月収は35万円~39万円が平均的な相場です。

基本給(固定給) 歩合・手当(変動給) 合計
男性 20万円 19万円 39万円
女性 22万円 13万円 35万円

トラックドライバーの中で最も稼げる大型トラックドライバーと月給の比較をしても、トレーラードライバーの方が、男性で約2万円、女性は約3万円も高くなっています。

トレーラードライバーの賞与

トレーラードライバーの賞与の平均的な相場は48万円です。(女性のトラック運転手のボーナス金額の平均相場は26万円)

男性の場合はトレーラードライバーのボーナスは大型トラックドライバーよりも6万円ほど平均金額が高いものの、女性のトレーラードライバーは変動給とボーナスが大型トラックドライバーを下回っているようです。

トレーラードライバーの時給・日当の平均

トレーラードライバーの時給・日給を求人サイトの全国の求人情報から調べると下記のようになります。

  • トレーラードライバーの時給:1,300円~1,600円
  • トレーラードライバーの日給:11,000円~20,000円

時給、日当ともに大型トラックドライバーより高いですが、時給制の仕事案件数はトレーラードライバーの方が圧倒的に少ないことが特徴的です。

トラック運転手の年齢別の給料

小型トラックの運転手

平均 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~64歳 65歳以上
小型トラックドライバーの給料 32万円 23万円 31万円 33万円 34万円 33万円 25万円 22万円

小型トラックドライバーの給料(男性)を年齢別にみると、40歳代をピークに徐々に下がっているのが分かります。これは体力の衰えと共に歩合が減っていることが原因の可能性があります。

65歳以上になると20歳未満の給料とほぼ変わりません。

準中型トラックの運転手

平均 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~64歳 65歳以上
準中型トラックドライバーの給料 32万円 25万円 31万円 33万円 34万円 32万円 28万円 25万円

準中型トラックドライバーの給料(男性)についても小型トラック同様に、40代が給料のピークとなります。また、50~59歳代の給料以外は、すべての世代で小型トラックドライバーの給料を上回っています。

中型トラックの運転手

平均 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~64歳 65歳以上
中型トラックドライバーの給料 34万円 31万円 34万円 35万円 34万円 28万円 24万円

現行の普通免許では業務が出来ない中型トラックドライバーであっても、小型トラックや準中型トラックと同様に年齢によって給料に大きな差はみられず、60歳台を境に20万円台へと落ち込んでしまっています。

大型トラックの運転手

平均 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~64歳 65歳以上
大型トラックドライバーの給料 40万円 36万円 40万円 42万円 41万円 33万円 28万円

大型免許が必要になる大型トラックドライバーになると、中型トラックドライバーと比較したときに年代別給料の平均値で比較して6万円も高いです。また大型トラックの運転手のピークとなる40歳~49歳の年収は42万円となり、中型トラックドライバーのピークの35万と比較すると7万円もの違いが出てきます。

よって、年収を上げる為に運転免許を取得するのであれば、中型運転免許より大型運転免許を取る方が良いでしょう。

さらに年代別に給料をみると、30歳~39歳、40歳~49歳、50歳~59歳ともに、約30年間もの間変わらずに40万円台の月収を維持し続けています。この理由としては、長距離運行の多い大型トラックドライバーでは、体力の衰えによる影響を受けにくいため、といった理由が考えられます。

トレーラーの運転手

平均 20歳未満 20~29歳 30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~64歳 65歳以上
トレーラードライバーの給料 43万円 35万円 42万円 44万円 45万円 35万円 31万円

けん引免許が必要なトレーラードライバーは、大型トラックドライバーの年代別の給料平均値と比較しても3万円ほど高く、小型トラックと比較した場合は約11万円も差をつけています。

ピーク時の50歳~59歳の月給は45万円にもなり、これにボーナスも加えるとトレーラードライバーの平均年収は600万を越えてくることも普通です。

さらに、全トラックドライバーの中で唯一65歳以上で月収が30万円代を超えているのはトレーラードライバーです。

トラックドライバーの仕事内容

小型トラックドライバーの仕事内容

小型トラックドライバーの仕事は、1t、1.5t、2tのトラックを運転し、近距離~中距離までの輸送が中心です。

積載可能なものであれば、大きいものから小さいものまで、運ぶ物はダンボールから手で運べる範囲の重量物まで、荷主も個人宅から商店までと多彩です。

中型トラックドライバーの仕事内容

中型トラックドライバーの仕事は主に4tトラックでの輸送になり、小型トラックのようにダンボール、パレットに載った重量物まで輸送します。そのため、フォークリフトの免許を必要とする場面も多くなります。

小型トラックのように個人宅への配送が少なくなります。配送センターで荷受けする割合が高くなり、業種によっては大型トラックドライバーのように長距離運行する事もあります。

大型トラックドライバーの仕事内容

大型トラックドライバーの仕事は10tトラックでの輸送になります。ドライバーの業種の中でも長距離の割合がもっとも高く、トラックの中で仮眠をとる事もあります。

勤務形態で言えば、小型、中型トラックドライバーのように多彩ではなく、荷揚げと荷卸し間の輸送がメインの仕事になります。運ぶ荷物をフォークリフトで積む事も多く、自分で積み下ろしをする場合は、フォークリフトの資格が必要になる事もあります。

トレーラードライバーの仕事内容

トレーラードライバーの仕事は、トレーラーで荷物をけん引して輸送します。海コン(海上コンテナ)や、建設重機など、重量物の輸送がメインになります。

大型トラックと並んで長距離運行の割合が高く、トラックの中で仮眠をとったり、深夜に運行する事もあります。

トレーラーで貨物を連結させて輸送したり、手で運ぶ事が出来ない重量物などを輸送する事が多いので、積み下ろしの作業自体が無い場合もあります。

ドライバー/運転手の年収・給料ランキング

業種別年収ランキング

トラックドライバーやトレーラー運転手の業種別年収ランキングは下記のようになります。

1位:【年収660万円】長距離・大型トラックドライバー

2位:【年収590万円】海コン輸送・トレーラードライバー

3位:【年収470万円】近・中距離・中型トラックドライバー

4位:【年収450万円】ルート配送・小型トラックドライバー

大型トラックドライバー、トレーラードライバーが群を抜いて年収がトップとなっています。

地域別給料ランキング

地域別のトラック・トレーラーの運転手の給料を比較すると下記のようになります。

1位:【給料37.2万円】中部エリア

2位:【給料36.2万円】関東エリア

3位:【給料35万円】近畿エリア

4位:【給料33万円】北陸信越エリア

5位:【給料33万円】四国エリア

トラックドライバーの給料ランキング上位では東京、愛知、大阪の三大都市圏エリアや、その周辺に偏っているのが分かります。

年収別のトラックドライバーの仕事例

年収300万円台のトラックドライバーの仕事

トラックドライバーの仕事で、年収300万円台を目指す場合はとくに難しい事はありません。普通免許だけでも、年収300万円台の仕事はたくさんあります。

平均年収が低い小型トラックドライバーであっても、平均月収29万900円で、年収が380万7600円となっていました。

【年収例】1tトラックで工場への配送:年収350万円/月給27万円~34万円/各手当

といった募集であれば、賞与が少なかったとしても年収300万円台になります。

年収400万円台のトラックドライバーの仕事

トラックドライバーで年収400万円台の仕事は、中型トラックドライバーの男性平均年収で406万円と辛うじて400万円台に到達しているので、中型以下のトラックドライバーでは厳しくなってきます

【年収例】4t近距離配送:年収450万円/月給35万円~/賞与+各手当

4tトラックドライバーでも待遇の良い会社でないと、年収400万円台へ到達する事は難しくなっています。

年収500万円台のトラックドライバーの仕事

トラックドライバーの仕事で年収500万円台へ到達するためには、少なくとも大型自動車免許を取得しておくことが望ましいでしょう。これにフォークリフトや危険物取扱者の資格などをとり、運行手当や歩合がつくことで達成の可能性が上がります。

【年収例】大型中距離ドライバー:年収550万円/月給43万円/賞与+各手当

月給で考えると、40万円台前後が何とか500万円台へと到達が出来るかどうかの境目です。

年収600万円台のトラックドライバーの仕事

年収600万円台を目標とするトラックドライバーであれば、大型、もしくはトレーラーでなければ困難です。

【年収例】大型長距離ドライバー:年収600万円/月給53万円/賞与+各手当

実際に600万円台の求人案件となると、殆どの仕事が大型トラックドライバーでの長距離輸送となってきます。

年収700万円台のトラックドライバーの仕事

トラックドライバーで年収700万円を超える仕事となると、募集案件を探す事自体が難しいでしょう。また、トラックドライバー側としても経験が浅かったりすると採用されなかったり、入社するための年齢などの条件や制限が厳しくなります。

【年収例】大型長距離ドライバー:年収700万円/月給45万円+歩合/賞与+各手当

大手運送会社のドライバーの年収

ヤマト運輸のドライバーの年収

ヤマト運輸と言えば、“頑張り次第で高収入になる”という噂を聞いた人も多いのではないでしょうか。巷では様々な平均年収の情報が出回っていますが、公式サイトでは『平均年収650万円も』と記載されているので、逆を言えば頑張って歩合給を稼がなければ650万円は難しいと受け取る事が出来ます。

ヤマト運輸公式サイト、トラックドライバー求人募集の一例

  • 給与:月給19.3万円以上(各種手当)
  • 仕事内容:軽自動車、ワンボックスを用いた宅急便の固定エリアでの配送業務
  • 採用資格:18歳以上、学歴不問、未経験者可、免許取得1年以上の方
  • 年収:231万円+歩合+賞与

福山通運のドライバーの年収

こちらもヤマトと同じく、歩合給が高い事で有名な福山通運です。ヤマト運輸は小回り出来るバンタイプの車両が印象深いですが、福山通運と言えば緑のカラーに赤のラインが入った箱ボディトラックです。

福山通運公式サイト・トラックドライバー求人募集の一例

  • 給与:19.8万円(2018年度の新卒採用初任給実績)
  • 仕事内容:集配運転者(車両についての詳細は不明)
  • 採用資格:高卒以上
  • 年収:238万円+歩合+賞与

日本通運のドライバーの年収

物流だけでなく引越しまで手掛ける大手物流会社の日本通運です。前記の二社程は歩合給のイメージは定着していませんが、実際の給料形態はどのようになっているのでしょうか。

日本通運某支店の求人情報・トラックドライバー求人募集の一例

  • 給与:20.4万円以上
  • 仕事内容:2tトラックによる運転手
  • 採用資格:高卒以上、普通自動車免許
  • 年収:245万円+歩合+賞与

トラックドライバーで年収600万を稼ぐには?

トラックの運転手が年収600万円を稼ぐことは現実的に可能です。

ただし、トラックの種類別の給料でみると、年収が高いトラックドライバーの多くは大型トラックドライバーやトレーラードライバーが中心となっています。

ですから、年収600万円以上を目指すのであれば大型運転免許などを取得する事が前提となります。

トラックドライバーで年収1000万は可能か?

いくら大型トラックドライバーや長距離ドライバーの年収が高いとはいえ、年収1000万円以上を稼ぐ事は難しいでしょう。

歩合給を多く稼ぐにも限界があり、運行時間にも制限があります。ただし、独立やトラック持ち込みなど、雇用の枠から外れた場合は可能性はあります。

大型10トントラックドライバーでたくさん給料を稼ぐには

10トントラックドライバーの収入はなぜ高いのか

大型10トントラックドライバーの収入が高い理由は、大型運転免許を持っている人材が少ないという事が原因です。

平均年齢の高いトラック業界において、旧型普通免許を取得している人であれば一部の中型トラックまでは運転可能でも、大型トラックを運転するためには大型免許が必要です。そのため、年代を問わず必要となる大型免許ですが、これを持っているドライバーが業界全体ではそれほど多くありません。また、高齢のドライバーの方は既に引退されている場合もあります。

トラックドライバー業界全体も人手不足が問題になっており、大型運転免許が必要となる10トントラックドライバーは収入が高騰しています。

大型トラックのドライバーになるには

大型10トントラックドライバーに必要な大型免許を取得する費用は、現在所持している免許の種類によって違いますが、教習所で取得する場合は20万~40万円程度の費用がかかります。

高額な費用を軽減するために、休暇をとったり休職中などの期間に合宿で取得する人もいます。会社によっては資格取得支援制度などもあるので積極的に活用しましょう。

また、免許センターでの一発試験の場合、手数料8,650円(別途取得時講習料22,000円)で済ませる事ができますが、ハードルはかなり高いです。

年収の高いトラックドライバーの仕事の探し方

ドライバー仲間のツテで下がる

元同僚が転職先で年収が上がっている事を知った場合、仕事関係の人から紹介など、トラックドライバーの仕事に従事していると、今よりも待遇がいい就職先を紹介してもらえるチャンスがあるかもしれません。こういったツテを使って転職する、という方法もあります。

人材紹介サービスで探す

トラックドライバーに特化した人材紹介サービスがあり、所持している運転免許、勤務形態などあらゆるニーズで仕事を探す事が出来ます。利用している企業としては、繁忙期で人員が必要になっているケースが多く、その分報酬が高くなる傾向があります。

派遣を仲介する企業に属さず、運送会社と労働者が直接雇用契約を結ぶので(利用する人材紹介サービスによります)、転職の際に利用する事も出来るので、高い年収を目指すのに利用してみるのもいいでしょう。

求人広告で探す

オーソドックスな方法ですが、転職する際に求人情報を見て探すという方法もあります。

メジャーなところでいえば、タウンワーク・はたらいくなどですが、トラックドライバーに特化した求人情報などもオススメです。募集欄に年収例を記載しているところもあり、参考にして探す事も出来ます。

ドライバーが年収アップさせるための方法

歩合制の割合が大きなドライバーの仕事に転職する

トラックドライバーは走った分だけ歩合給が増えて稼げる可能性が広がる仕事です。

この歩合給は距離や運んだ荷物の量などで決まるため、年収アップを狙うのであれば積載量の多い大型トラックドライバーになったり、長距離と走るトラックドライバーになるのが近道といえます。

他にも、歩合給の割合が高い会社や、報酬の高い長距離の案件を探すことも効果的です。

大手企業に転職する

大手企業への就職は年収が高くなるというメリットの他に、福利厚生がきちんとしていたり、年収以外の面でも待遇が良くなる傾向があります。

ドライバーとして今後もやっていく場合は年収も大切ですが、福利厚生が充実しているかも重要です。

ドライバーが年収を上げるために有利な資格

フォークリフト・クレーンの資格

大型運転免許とセットで取得していると、ドライバーとして需要が高まる資格を取得しておく事でも年収が上がります。

メジャーなものはフォークリフトで、採用資格にも必要である旨が記載されている企業も多く見受けられます。

業種によってはクレーンや玉掛けなどが必要になる事もあり、大型トラックと関連性の高い資格は、大型運転免許と比べても安価で容易に取得が可能なため、取得しておいてもいいでしょう。

危険物取扱者の資格

トラックドライバーに関連性の高い資格は、フォークリフトやクレーンだけではありません。タンクローリーで危険物を移送する際は、危険物取扱者の資格が必要になります。タンクローリーで危険物を移送するドライバーも年収が高くなる傾向があります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー