みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラック運転手の手取り給料の平均がまるわかり

トラック運転手の給料平均はどれくらい?

トラック運転手の給料の平均額は33万円です。

ドライバーの給料賃金は運転するトラックの大きさや働き方によって異なります。

男性ドライバーの給料平均(月給ベース)

給料 給料(賞与含む)
小型運転者 27.8万円 30.8万円
準中型運転者 28.9万円 32.3万円
中型運転者 30.9万 円 35.4万円
大型運転者 40.1万円 44.7万円
けん引運転者 36.9万円 40.8万円
平均 32.9万円 36.8万円

女性ドライバーの給料平均(月給ベース)

給料 給料(賞与含む)
小型運転者 26.3万円 29.5万円
準中型運転者 25.0万円 28.8万円
中型運転者 25.2万円 28.4万円
大型運転者 31.6万円 33.9万円
けん引運転者
平均 27.0万円 30.1万円

男性の方が女性より賃金水準は高いのは、男性の方が比較的労働時間が長く、歩合や手当の金額が大きいためと考えられます。

大型運転手の平均給与が高い理由は、車両が大きくなるにつれて必要な免許の保有ドライバーが少なくなるために、給与水準も高くなる傾向にあることが要因とされます。

給料の額面と手取りの差

給料の額面金額から引かれる項目とは

手取り給料とは、額面上の給与から社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)、労働保険料、税金(所得税・住民税)などを差し引いた給与金額です。

  • 額面上の給料:基本給に加えて歩合・手当など(時間外労働手当、超過勤務手当、資格手当、住宅関連手当、出張手当、通勤手当など)
  • 給料から天引き控除される項目:健康保険、介護保険、厚生年金、労働保険、所得税、住民税など

企業に勤めるドライバーの場合は会社が自動的に天引き控除を行った金額が支払われ源泉徴収)、内容が給与明細に記載されることとなっています。

また、会社によっては加入している組合費や退職金の積立分なども差し引かれるため、組合費の金額や各種積立金の積立額によっては、額面金額と手取り金額が予想以上に大きくなるため注意が必要です。

給料の額面と手取りはどれ位違うのか

トラック運転手の額面上の給料と手取りの差はおよそ20%~25%となります。つまり、額面金額の75%~80%程度が手取りの給料となります。

ただし、同じ額面上の給料でも、扶養人数や前年の年収など様々な項目によって税金を計算するための控除金額が異なるため、手取りの割合は変わってきます。

さらに所得税は累進課税(給与が上がると税率も高くなる制度)となるため、額面上の給料が高くなればなるほど税金の負担額が上がっていきます。そのため、年収が1,000万円を超える人などは手取りが75%を切ることもあります。

額面上の給料 社会保険料 労働保険料 税金 手取り給料 手取り率
300万円 46万円 1万円 17万円 236万円 79%
400万円 61万円 1万円 26万円 312万円 78%
500万円 73万円 2万円 38万円 387万円 77%
600万円 89万円 2万円 51万円 458万円 76%
700万円 105万円 2万円 68万円 525万円 75%
800万円 115万円 2万円 92万円 590万円 74%
900万円 120万円 3万円 118万円 659万円 73%
1,000万円 125万円 3万円 144万円 728万円 73%

トラック運転手の手取りはどれくらい?

小型トラックドライバーの手取り金額の平均

小型トラックドライバーの手取り給与金額の平均は22.2万円程度となります

小型トラックの運転手の月収は額面金額で約27.8万円が給与平均となるため、これに80%をかけて計算すると、約22.2万円 となります。

準中型トラックドライバーの手取り金額の平均

準中型トラックドライバーの手取り給与金額の平均は23.1万円程度となります

準中型トラックの運転手の月収は額面金額で約28.9万円が給与平均となるため、これに80%をかけて計算すると、約23.1万円 となります。

中型トラックドライバーの手取り金額の平均

中型トラックドライバーの手取り給与金額の平均は24.7万円程度となります

中型トラックの運転手の月収は額面金額で約30.9万円が給与平均となるため、これに80%をかけて計算すると、約24.7万円 となります。

大型トラックドライバーの手取り金額の平均

大型トラックドライバーの手取り給与金額の平均は40.1万円程度となります

大型トラックの運転手の月収は額面金額で約40.1万円が給与平均となるため、これに80%をかけて計算すると、約33.0万円 となります。

トレーラードライバーの手取り金額の平均

トレーラードライバーの手取り給与金額の平均は29.5万円程度となります

トレーラードライバーの運転手の月収は額面金額で約36.9万円が給与平均となるため、これに80%をかけて計算すると、約29.5万円 となります。

トラックドライバーで手取り30万を稼ぐためには?

トラックドライバーが月に手取りで30万円を稼ぐためには平均で約37.5~40万円の額面上の給料が必要になります。

これは普段の基本給に加えて、残業をある程度コントロールして、長距離輸送(県外)や中距離・近距離ドライバー(県内の配送など)を中心に業務をこなせば、小型運転者でも案外容易に達成できます。

あとは残業を増やすなり、資格手当などつけていけば、もっと手取りを増やすことができます。

トラックドライバーで手取り40万を稼ぐためには?

トラックドライバーで月に手取りで40万円を稼ぐには額面上の給料が約50~53.3万円必要になります。

これは年収で表すと賞与も計算に入れて約750万円ほどの給料になります。

トラックドライバー1本でここまで稼ごうと思うと中々難しい数字になってきます。一番給料水準の高い大型運転手が長距離、中距離専門の大型運転手が残業も45時間から60時間まで頑張って、会社自体の手当も相当厚ければ、達成できる数字であるとは思いますが、そのように好条件が揃った会社を探すのも大変な作業です。

トラックドライバーで手取り50万を稼ぐためには?

トラックドライバー1本で月に手取り50万円を稼ぐには額面上の給料が約62.5~66.6万円必要になります。

これは年収で表すと賞与も計算に入れて約1,000万円近くの給料になります。

今の時代、一番給料水準の高い大型運転手でもかなり難しい数字になります。長距離、中距離専門の大型運転手で、会社自体の手当も相当厚く、残業も80時間近くギリギリまでして、達成できるかなといった数字ですが、その前に体が持たないと思いますので、やめておいた方が無難です。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー