ドライバー/運転手関連の仕事一覧

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事がまるわかり

長距離トラックは、昼夜を問わず日本各地を走り回っています。これから長距離トラックのドライバーを目指している人は、長距離トラックのドライバーがどのくらい稼いでいて、どんな生活をしているかなど疑問に思うことも多いはずです。それでは長距離トラックの仕事について、見出しごとに分けて詳しく解説していきます。

Contents

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事内容

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事内容まとめ

長距離トラックの車両には種類があり、運ぶ荷物についても無数の種類が存在します。一つの車両、一つの荷物について覚えることは多いですが修得してしまえば今後、長距離トラックの運転手として活躍するための糧になります。

また勤務形態にも『フリー便』と『定期便』の二種類があります。

仕事をしながら色々な土地に行ってみたいのであれば、フリー便の募集のある会社を探し、道を覚えるのが苦手ならば定期便の募集のある会社を探せば効率良く自分に合った仕事を見つけることができます。

自分の好きな車両に乗り、自分の好きな荷物を運んだりできるのも長距離トラックの運転手の醍醐味です。

長距離トラックの種類

長距離トラックにはさまざまな種類がありますが、長い距離を運転する点では同じなので、一体何が違うのかわからない人も多いと思います。それでは長距離トラックの種類について、詳しく解説していきます。

まず、大きな違いは使用する車両が違うということです。

中型トラックや大型トラック、トレーラーなどがあります。また形状の違いもあり、箱形の『ウイングボデー車』や荷台がアオリで囲われている『平ボデー車』、活魚を運ぶために架装された『活魚車』などがあります。これらは運ぶ荷物によって使い分けられるため、会社によって使用する車両が特定のものだったりします。そのため会社ごとに『ウイングボデー車』のみ保有している場合や、数種類の車両を保有している場合もあります。

長距離トラックの種類におけるもう一つの違いは、積載する荷物が違うという点です。

ですが、あまりにも多くの種類が存在するため全てを紹介することはできませんが、比較的代表的なものとして雑貨や生活必需品などがあります。パレットの上に乗せてフォークリフトで積み降ろしを行うこともありますが、基本的には手作業で積み降ろしを行うことがほとんどです。

このように長距離トラックの運転手にはさまざまな種類があるので、仕事を探すのも楽しくなります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の具体的な仕事内容

長距離トラックの運転手の仕事は大きく分けて二種類あります。

フリー便の具体的な仕事内容

まず一つめが、『フリー便』と呼ばれる一運航ごとに行き先や運ぶ荷物が違う勤務形態です。そのため、一度も行ったことのない場所に行くことが多いので、実務経験を通じてその土地の主要道路や幹線道路を覚えなければなりません。ですが、トラックにカーナビを設置している企業もあるので記憶力に自信がなかったり、道に迷う不安があるのであればそういった会社を探してみるといいです。

定期便の具体的な仕事内容

二つめは毎回行き先が決まっている『定期便』といわれる勤務形態です。定期便の場合はフリー便と違い、使用する道路も毎回同じなので一度覚えてしまえば問題なく運行できるようになります。そのうえ、運賃の変更などのよほどの事がない限り給料の変動もありませんので毎月の収入が把握しやすくなります。

このように、二種類の勤務形態に分かれるため自分の生活スタイルに合った働き方を選ぶことができます。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事こんな人に向いてそう(歓迎されるタイプ)

長距離トラックでの仕事は長い距離を走るため、普段から遠くに出掛けたり日本の色々な場所に行ってみたいと思っている人に向いています。なぜなら、お金を稼ぎながら色々な場所にいけるのでそういった人にとっては一石二鳥になるからです。

また、企業としては早く仕事を覚えて即戦力として活躍してほしいと思っていますので、道を覚えるための記憶力が優れている人はとても歓迎されます。また勤務時間が昼夜を問わない事が多いので、早朝や深夜からの勤務でも寝過ごさない人や、時間通りに起きれる人も長距離ドライバーに向いています。

しかし、道を覚えるのも苦手で寝過ごさない自信のない人もいると思います。ですが、それにはあまり固執する必要もなく、ドライバー生活や経験と共に必ず慣れてきますので諦める必要はありません。

長距離トラックのドライバー(運転手)の平均的な給料・年収

長距離トラックのドライバー(運転手)の平均的な給料・年収まとめ

長距離ドライバーの給料は『基本給+運行手当て+その他手当て』になることがほとんどです。

運行手当てに残業代や深夜手当てが含まれるのは、法律の定める最低賃金以上になります。そのため時給換算したときに最低賃金を割ることはまずありません。

ですので会社や自分の体と相談して、いつもより長い距離を走ったり、運行の回数を増やしたりすれば毎月の収入を増やすことができます。

ほとんどの企業では相談をすれば、運行回数を増やしてもらえたり稼ぎたい金額に合わして配車を組んでくれます。

結果的に走行距離や運行回数の差が、400万円~650万円といった幅の広い平均年収に表れているのです。

長距離トラックのドライバー(運転手)の平均的な給料・年収

年収 400万円~650万円程度
月収・月給

※賞与は別

35万円~50万円程度 (手取りベースの月収は30万円~40万円程度)
日給 20,000円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 2,500円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

長距離トラックのドライバー(運転手)の手当(深夜・残業など)・賞与

長距離トラックの運転手にとって欠かせないのが手当てです。

まず運行手当てというものがあります。これは一運航ごとの行き先によって変動するもので、基本的には走る距離が長くなればなるほど金額も上がり、月の運行回数が増えれば増えるほど金額も多くなります。

また深夜手当てや残業代などは全て運行手当てに含まれています。また、その他手当てとして出先での食事手当てなどがあります。これらを踏まえると全収入の内訳は『基本給+運行手当て+その他手当て』ということになります。

賞与についてですが、こちらは会社次第になってきます。中小運送会社だと賞与がまったくない会社もありますが、大手運送会社になると支給されるケースが多いです。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事でたくさん稼ぐには?

手当てについてご紹介しましたが、運行手当てが給料のほとんどの割合を占めていることがお分かりいただけたと思います。ですので、たくさん稼ぎたいのであれば長い距離を走るか、乗務する回数を増やすことで収入を増やすことができます。

細かい話になると、勤めている会社が荷主から運賃をいくら貰っているかでも従業員の給料に影響を与える場合もあります。こちらは会社の規模にもよりますし、行き先によってあらかじめ固定の金額が定められている場合もありますので各企業ごとへの確認が必要です。

長距離トラックのドライバー(運転手)の働き方や生活

長距離トラックのドライバー(運転手)の働き方や生活まとめ

長距離トラックの運転手の休みは、週に一日か二日程度です。

出先で睡眠をとる場合は勤務時間外の休息時間や、4時間につき30分の休憩の際にとることができます。

車内にはベッドがある備え付けられているため、出先では基本的に車中泊することになります。また内装や装備も充実しているので、走行中や休憩中でも過ごしやすい設計になっています。

運送エリアは日本全国になるので、長い距離だと往復で2000㎞~3000㎞くらい走らなければならないこともあります。そのため採用されてすぐはベテランドライバーの指導で道を覚えたりするので、初心者でも十分に一人で運行できるようになります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の勤務形態

勤務時間・休憩 勤務時間は1日あたり13時間~16時間ほどで、休息時間は8時間+αになるので10時間程度になります。
運送・配送エリア 日本全国
移動距離 1000㎞~3000㎞程
通勤方法 バイク、車など基本的に自由
研修の有無 基本的に有り
その他 トラックの車内で過ごすことが多いため、休息時間や休憩時間があいまいになると思われがちですが、全て記録されているので勤務時間と休憩時間のメリハリをつけることができます。

長距離トラックのドライバー(運転手)の休みと睡眠

長距離トラックの運転手の休みは週に一回のところが多いです。

また平日が休みになる場合もあるため、少し他の業種と比べると変則になっています。

法律では休日の規定が、休息時間の8時間と休日とされる24時間を足した時間を下回ることは違法になっています。そのため最低でも32時間を下回ることはなく、連続した時間でなければならないとの規定もあるため、しっかりと休むことができるようになっています。

また、運行中は出先で休息を取らなければならないことになっています。法律では一日の勤務時間は16時間までと定められており、15時間を越える勤務は週に二日まで決まっています。また、連続走行にも限度があり4時間につき30分の休息が定められています。

ですので、勤務時間以外はトラックの中で仮眠をとったり、飲食店で食事をしたり自由に過ごすことができます。

長距離トラックの車内や内装はどうなってるの?

長距離トラックの車内は、長時間の運転でも疲労が軽減されるように設計されています。

内装は休息時間に睡眠をとるための簡易ベッド完備されており、シートの後ろに装備されている車両と、キャビンの上に装備されている車両の二種類があります。

キャビンの上に備え付けられている場合は、はしごをつたって登り降りができるようになっており、空調が行き渡るようダクトが完備されています。その他にもカーテンで車内を覆い隠すことができるため、日中でも十分に睡眠をとることができます。

機能については車種や年式によって、オートクルーズやアイドリングストップ機能が装備されている車両もあります。またエアサス搭載車には、運転席から車高の調整ができるリモコンも完備しており、ボタン一つで操作が可能です。

長距離トラックのドライバー(運転手)の雇用形態

長距離トラックのドライバー(運転手)の一般的な雇用形態まとめ

雇用形態は正社員での採用がほとんどです。

なぜなら給与形態が運行手当てが主になっているため、時給や日給換算することが難しくなっているためです。

また一般貨物輸送の場合一年を通じて運ぶ荷物があるため、アルバイトなどの短期間だけの採用も必要がありません。

例外として特定の荷物だけを運んでいる運送会社の場合は、時期によって荷物の多さが変わることもあるので、そういったケースでアルバイトや契約社員での募集がある場合もあります。

業務委託の場合は収入が増え自由がきく反面、リスク管理が必要になります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の一般的な雇用形態・契約

形態: アルバイト 契約社員 派遣社員 正社員 業務委託
募集: なし まれにあり なし あり あり

長距離トラック運転手の求人では、まれに契約社員での募集を見かけることがあります。

契約社員とは基本的に、半年や一年毎に契約を交わす必要があります。そのためもし契約の更新がされなかった場合は、その時点で退職ということになるので正社員と比べると将来的に不安な部分があります。

ですが、契約社員から正社員になることもできるためもし、正社員として働きたいのであれば入社前にそのような制度があるのか確認する必要があります。

その他にも、業務委託を受ける勤務形態もあります。

この場合は個人的にトラックを購入しなければならない場合がほとんどなので、最初に費用がかかります。また、その後のメンテナンス費用も自分で賄わなければならないため、万が一の備えが必要になってきます。

ですが、会社との主従関係がないため、雇われるよりも自由の幅が広がりますし、収入自体は多くなります。そこからメンテナンス費用や車検代を抽出することになります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事で使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験その他

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事で使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験まとめ

長距離トラックの運転手の仕事をするために必要な資格は、『中型自動車運転免許』以上の資格があれば、基本的な採用基準を満たしていることが多いです。

さらに『大型自動車運転免許』を取得していれば尚よいです。

これらの資格を取得しており他社での乗務経験があれば、採用の可否を決める際にかなり有利になります。

また、その他の資格については会社によって必要な資格と必要でない資格がありますので、事前に確認することが必要になります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事に使用される車種

車種: 原付 バイク 軽貨物 バン トラック バス
使用有無: なし なし なし なし あり なし

 

車種: 普通車 中型車 大型車 特大車 特殊車両 その他
使用有無: なし あり あり なし なし あり

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事に必要な資格・免許・経験

原付免許 二輪車免許 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
必要性 なし なし あり あり あり あり

 

その他必要な免許 運送会社によってさまざまですが、代表的なものとしてフォークリフト運転技能講習、玉掛け運転技能講習、小型移動式クレーン技能講習などがあります。
免許以外に必要な資格 免許以外で必要な資格はあまりありません。強いていうならばクレーン運転5t未満特別教育などがあります。
必要な経験 4tトラック以上の乗務経験があればかなり優遇されます。長距離輸送の経験があれば、研修もなく入社後すぐに一人立ちさせてもらえることもあります。また運ぶ荷物によってフォークリフトの経験が重要視される場合もあります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事資格をもっていない場合はどうする

資格は最低限でも中型自動車運転免許以上は必要になります。

万が一、何も資格を持っていない場合でも条件付きで会社負担にて資格を取ることができることもあります。その際はそれが可能なのか面接の際に確認が必要です。

また、自動車免許に限らず『フォークリフト運転技能講習』や『小型移動式クレーン運転技能講習』を取得させてもらえることもあります。もし会社負担で資格取得が難しいといわれた場合は、勤務しながら自己負担にて資格取得が可能か聞いてみるといいです。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事に就職・転職するための求人募集を探すには

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事に就職・転職するための求人募集を探し方まとめ

長距離トラックの仕事を探すためには一般的に『インターネット』、『求人情報誌』、『職業安定所』を利用する方法があります。

その他の方法として運送業に関わったことがあるのであれば、運送関係者からの紹介や知り合いの運転手などからの情報をつてに探すこともできます。

またインターネットを利用して求人検索するとさまざまなサイトが見つかります。

トラック運転手の専用求人サイトも増えてきているので、数多くの求人を検索することができます。

そのうえ応募の際のサイトへの登録が不要なので手軽に応募することができます。

長距離トラックのドライバー(運転手)の求人の募集掲載情報を探す方法

長距離トラックの運転手の仕事を一から探す時は、ネット検索が最も手軽で効率的です。

運送業界では人材不足が問題となっているため常に募集がある状態です。そのためインターネットで調べれば数あるサイトから多くの求人掲載情報を探すことができます。

また、求人情報誌や職業安定所からでも探すことができるので、足を運べるのであればそういった方法も視野にいれて探してみるといいです。

現在トラック運転手として働いている、又は働いていたという場合は勤めていた会社の同僚や、他社の運転手からの求人情報が入ってくることがあるため、そういったルートから転職することもできます。この場合だと紹介という形になるので、詳しい業務内容や給料形態を知ることができますし、採用される可能性も高くなります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事転職サイトに登録・検索・応募する方法

転職サイトにはさまざまな業種を扱っているサイトと、トラック運転手の求人のみ扱っているサイトがあります。

まず、さまざまな業種を扱っているサイトの中には会社の求人ページと連携していて、リンク先のサイトから応募するといった流れになっています。この場合、応募する際はリンク先から登録をしなければならないため、同時に二社以上応募する場合は各サイト毎に登録が必要になることがあります。ですが、さまざまなサイトの求人が掲載されているため検索した際の求人の数はかなり多いです。

トラック運転手専用の求人サイトもたくさんあり、実際に掲載されている求人も好待遇かつ保有台数の多い企業が多いです。

最近の転職サービスは登録不要なので応募したい企業に対しては、応募フォームからの入力だけで応募することができます。

また、無料登録すればお得なポイントが貯まったりする特典があったり、24時間365日対応で応募したい企業への連絡を行ってくれたりするものもあります。この場合、応募先から直接連絡がくるので、今後の流れのやりとりを行うといった形になります。

長距離トラックのドライバー(運転手)の仕事まとめ

長距離トラックは24時間365日、日本全国を走り回っています。日本の物流がこの仕事を担っている長距離ドライバー達によって支えられているのです。

現在では、荷物やトラックの台数に反比例するようにドライバーの数が減少しています。少しでも悪い波を絶ちきるための改善がされていますが、資格取得の費用だったり経験の有無などの壁があり、簡単には打破できていないのが現状です。

この記事を通して長距離トラックの運転手を目指している人達が少しでも多くの情報を取り入れて、今後運送業界の立役者となり活躍できる日を心待しています。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。