ドライバー/運転手関連の仕事一覧

重量物や大型荷物の配送ドライバーの仕事とは

大型トラックを運転する重量物の運送ドライバーは、トラックドライバーの中で年収が高い方だといわれています。それゆえに、就職を希望する人も多い職種です。しかし仕事内容はキツいというイメージが強く、就職活動に二の足を踏んでいる人もいるようです。

そこで、重量物運送ドライバーの仕事の特長や注意点をご説明していくので、就職活動に役立ててみてください。

重量物の配送ドライバーに必要な免許

重量物の配送に主に使われる大型トラックとは車両総重量が11t以上、最大積載量が6.5tのトラックをいい、運転するのには大型免許が必要になります。

学歴や経験は特に必要ないとされることが多いですが、「大型自動車第一種免許」が必須となります。

大型免許を取得するには、21歳以上であること、普通自動車免許を取得してから3年以上経過していること、という条件を満たす必要があります。

重量物の運送ドライバーに求められる人材

スケジュールや納期に合わせて動く必要がある仕事なので、早朝や深夜に運転することも多い重量物運送ドライバー。

土日に出勤しなければならないことも多く、出勤日数を守るために体調管理をしっかりとできる人が求められます。

長距離を運転する機会も多く、体力勝負の重労働です。トラブルにも動じず、責任をもって仕事を全うすることができる、真面目で冷静な人材が求められています。

重量物の運送上の注意

とにかく求められるのは安全運転です。トラックは荷物を積んでいるため走行中のバランスを保つのが難しく、場合によっては荷物が放り出されてしまうことも。大事故につながることもあり、細心の注意を払わなければなりません。

運転が荷物の状態を左右することもあり、常に荷物を意識した運転をしなければなりません。

特に注意しなければならないのが、荷物を積んでいるときと積んでいないときの違いです。普通乗用車でも荷物の有無で運転感覚が変わりますが、荷物が重量となるとその違いは歴然です。

重量物の配送ドライバーになるとき採用でみられるポイント

年齢や性別、学歴も必要ないとする企業が多く、大型免許さえ取得していれば採用されやすい職業と言えますが、就職活動を有利に行うためにアピールすべきポイントを紹介します。

まず重要となってくるのが経験の有無。重量物ではなくてもその他のドライバーとしての経験があれば十分なアピールポイントとなります。

ただし、未経験であっても免許を取得してまでなりたいという熱意を伝えれば、企業の採用担当者の目に留まる可能性は大いにあります。

さらに、学歴が必要とされない代わりに人間性は重視される傾向にあります。

体力勝負の仕事であるため、スポーツの経験があれば体力があることをアピールしたほうがいいです。部活動で培った忍耐力や精神力の強さもアピールポイントになります。

ハードな仕事だけに、健康で体力のある人材が求められるので、それを強くアピールして就職活動を有利に行ってください。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる