ドライバー(運転手)の給料と働き方

トラックの距離(短距離~長距離)によるドライバー給料・年収の違い

一昔前までは、高収入の仕事のひとつにトラックドライバーの仕事が入っていました。ですが、最近ではそのようなイメージを抱く人も少なくなったためか、ドライバーになりたいと思う人も減り、業界全体が人手不足に悩まされているのが現状です。では、実際どの程度の収入が得られるのか見ていきましょう。

長距離トラックドライバーの年収とメリット

長距離トラックドライバーの平均年収・給料

長距離ドライバーの平均年収は約400800万円となっています。運送業ですので走れば走るだけ運賃が高くなるので収入も増えることになります。関東地方から九州地方、四国地方から東北地方など、日本を縦断する毎日です。まとまった休暇でもない限り、毎日のように家にいるということはすくないでしょう。基本給は高いですし、特別な手当てもつくこともあるのでやりがいのある仕事と言えるでしょう。

長距離トラックドライバーのメリットとデメリット

長距離ドライバーのメリットは毎日のように旅をしている雰囲気を味わえるということです。サービスエリアでご当地グルメの昼食をとり、旅情あふれる景色に身をおいて運転することは、ドライバー冥利につきるのではないでしょうか。

一方で、拘束時間が長くなるデメリットもあります。移動距離が長いため、渋滞に遭う確率が高いとも言えます。運行が深夜や早朝に及ぶこともあります。

会社の規則によって、距離や時間によって休憩時間が設けられているため、道が空いているからといって延々と走り続けることはできません。運行記録を記し、安全運転に努めなければなりません。

また、会社によっては、高速道路や燃料の支払いがなかったり、一定額の支給になっていることもあるので、低燃費走行も重要です。長距離であればあるほど、支出面も考慮にいれた、総合的な走行を心がける必要があります。

昔の長距離の大型トラックドライバーはどのくらい稼げていたの??

トラックドライバーが高い収入を得るために人気のある職業だった時代に具体的にいくら稼げていたかというと、現在では信じられないでしょうが、大型トラックのドライバーの中には月収80万円近く稼ぐ人がいました。勤務時間も長く重労働だったトラックドライバーですが、短期間でも多く稼げる職業として特に若い世代を中心に人気があり、大きな魅力があったのも事実です。

映画などでもトラックドライバーを主役にしたものも多くあり、当時の若者に人気になったことも大きかったといえ、また、デコトラと呼ばれたペイント塗装やマーカーランプなどの電飾装備、メッキ加工された外装で彩ったトラックもそのカッコ良さから大流行となり、当時は街中でもデコトラが良く見かけられました。デコトラをさらに格好良く、また内装を豪華にすることなど、魅力の多いデコトラに乗って仕事することはひとつのステータスでもあり、そのためにより多く稼ごうとした人も多くいました。それだけ実際に高収入を得られた好奇心旺盛の若者にはとても人気の職業でした。

中距離トラックドライバーの年収とメリット

中距離トラックドライバーの平均年収・給料

実は、最も仕事とオフとのバランスが良いと言われているのが、この中距離のドライバーの仕事です。主には4tの中型トラックが使用され、特定拠点で荷物を積み、届け先に届けることを繰り返したり、複数ヵ所で荷物を積み、その後複数ヵ所に届けるケースなど様々な形態があります。走行距離は、4tで100km前後、10tでは100km~200km走行することもあります。

中距離トラックドライバーのメリット

給与は業種にもよりいろいろなパターンがありますが、合計で25万円以上稼ぐことも可能で、基本給にプラスして乗務手当や無事故手当とよばれる各手当が支給される場合が多いです。また、休日も比較的確保できるため、このあたりが最もバランスの良いドライバー職と考えられている要因といえるでしょう。

また、これも業界にもよりますが、仕事の多い繁忙期に30万円以上稼げることも珍しくなく、勤務時間は近距離よりも長くなりますが、賃金体系はより好条件で多く稼ぎたい人にはおすすめです。

近距離同様トラックを自己保有する場合も、雇用されたドライバーよりも多く稼ぐことができます。さらに中距離のドライバーは、近距離よりも荷物も多いため、さらに高い収入を得ることができます。沢山稼ぐことを前提に適度の休日や時間的余裕があればという人には最適なライフスタイルといえるかもしれません。

短距離トラックドライバーの年収とメリット

短距離トラックドライバーの平均年収・給料

近距離を走るトラックは、交通量や道路の幅などにもよりますが小型トラックで仕事をするが多く、街のオフィス街や市内などその会社の近辺などを主に運送することになります。依頼のあった拠点で必要な量の荷物を積み、届け先に運送し、場合によっては台車などに使い荷物を届けることを繰り返し、業務を遂行していきます。

短距離トラックドライバーのメリットとデメリット

仕事の受注の仕方は、運送会社から下請けとして業務を請け負って仕事をする場合が多いです。この場合、給与は月給制がほとんどで月20万円前後であることが多く、荷主からの運賃の変動はあまりないため安定した収入を得ることができます。また、年間の休日も100日を超えるケースも多く、好条件の待遇と考えて良いでしょう。しかし、休日の確保や日々の時間的ゆとりのある生活よりも「お金を稼ぎたいっ!」と考える人は月給制ではなく日給制で働ける会社に勤務することで、数万円程度のより多い収入を得ることも可能です。基本的に労働時間と休日のバランスも良く生活面でのリズムも組みやすく、地の利を活かした環境で働くことができるのであれば、更に魅力のある仕事のひとつとなるでしょう。

短距離トラックドライバーとして請負契約をする選択もあり

また、より多くの収入を得るためにリスクはありますが、別の手段を選択する方法もあります。それは、近距離用の小型トラックを自費で購入して、運送会社と請負契約をすることです。うまく仕事が回れば、通常の雇われドライバーよりも非常に多くの収入を得ることができます。しかし、収入は大きく跳ね上がるものの雇用契約と比べるとリスクが大きいのも実情で、トラックの維持費から整備代・ガソリン代など出費も多く、経営する上でのマネジメント能力も少し必要となりますが、より仕事の質を深め働く喜びを得られるとしたら、有効なステップアップの手段とも言えるでしょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる