ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
セールスドライバー

セールスドライバーの年収(平均年収)や月収などの給料事情がまるわかり

セールスドライバーの仕事内容

セールスドライバーは宅急便の配送を行うドライバーのことで、配達や集荷をはじめ、料金回収や営業などを行う仕事です。

  • 配達業務では、2トントラックや4トントラックで担当エリアの企業や一般家庭などのお客様のもとへ荷物を届けます。
  • 集荷業務では、お客様からの電話やインターネットからの依頼を受けて、指定された場所まで荷物を預かりに行きます。
  • 料金回収は、着払いの料金の受け取りや、支払方法に代金引換を利用したお客様に荷物を届けた際に、送り主に変わって商品代金を受け取るといった業務を行います。
  • 営業では、自社で取り扱っている梱包資材や新しい配送サービスなどの提案を行います。

ひと言にドライバーと言っても、セールスドライバーの場合はこのように様々な仕事内容があるため、ただ配達だけしていればいいという訳ではありません。

セールスドライバーの給料体系

固定給の場合

固定給とは月々支給される給料の額が決まっている給与体系のことです。固定給のいいところは、歩合給と違って成果に関係なく毎月決まった額が入ってくるため、過度なプレッシャーがなく安心感があるという点です。

セールスドライバーの大手企業である佐川急便やヤマト運輸では、固定給に別途歩合給が支払われる給与体系を取り入れています。

歩合給を導入している場合

歩合給とは一定の成果をあげることで、その成果の中から定められた一定割合の額が給料に反映される給与体系です。

セールスドライバーの場合、企業によって固定給に歩合給を取り入れているところもあれば、完全歩合制を採用しているところもあります。

歩合給は成果によって毎月の給料に変動があるため、固定給と違って安定という点では劣りますが、自分のがんばり次第で大幅に給料アップをすることができます

セールスドライバーの平均的な月収

セールスドライバーの平均的な月収は23万円から25万円程度となっています。

40万円以上稼ぐドライバーもいますが、全体的に見ると月収20万円から30万円のあいだが多く、民間給料調査データだと全体の約7割を占めています。サラリーマンの平均月収が約30万円なので、それに比べると少ない水準となっています。

セールスドライバーの平均的な年収

セールスドライバーの平均年収は330万円から380万円程度となっています。

大手企業であれば平均年収が500万円前後とかなり高い水準の会社もありますが、中小企業を含めた全体的な平均年収となると400万円を切ってしまいます。サラリーマンの平均年収が約430万円なので、それに比べると少ないと言えます。

セールスドライバーの年齢別平均年収

荷物の積み下ろしや運搬など、体力が必要とされるセールスドライバーは20代から40代の比率が多くなっています。

年代別の年収に関しては、経験が浅く新人の多い20代が300万円から350万円となっていて、経験を積んだ30代になると350万円から400万円ほどとなっています。

ベテランドライバーが多い40代から50代に関しては給料が高く、年収は400万円以上となり、500万円以上を稼ぐドライバーもいます。

大手企業のセールスドライバーの平均年収

ヤマト運輸の場合

ヤマト運輸のセールスドライバー平均年収は約500万円となっており、セールスドライバーの中でも高い給料水準となっています。

給与体系は固定給に歩合給を取り入れているため、がんばり次第で稼げるのが特徴で、成果ややりがいを求めてたくさん稼ぎたいという人には良い環境と言えます。

月給も30万円以上稼ぐことが可能で、30代で40万円以上を稼ぐ人もいます。

ボーナスは各営業所の成績で決まるため配属先の営業所の業績次第となっていますが、6か月分を支給している営業所などもあります。

佐川急便の場合

佐川急便のセールスドライバー平均年収は420万円から500万円ほどとなっています。

佐川急便では2017年から週休3日制を採用していて、休みの多さによって給料も変わり、週休2日制の場合だと34万円から41万円ほどで、週休3日制の場合だと28万円から34万円ほどとなっています。

昇給は年2回あり、ボーナスに関しても年2回の支給となっていて、金額については営業所の成績にもよりますが、50万から100万円をもらう人もいます。

西濃運輸の場合

西濃運輸のセールスドライバー給料は25万円から33万円ほどで、これにプラスして年2回のボーナスが支払われるので、合計すると平均年収はおよそ440万円となっています。

大手企業の中でもヤマト運輸や佐川急便と比べると少し低くなっていますが、それでもセールスドライバーの平均年収に比べれば高い水準となっています。

セールスドライバーは学歴によって年収は変わるのか

セールスドライバーの年収については学歴は関係ありません個人のがんばり次第で成果をだしていけば、しっかり歩合給として給料に反映されていきます。

求人情報にも学歴や経験を不問としていることがほとんどで、昇給などは社員のがんばりや実績が評価の対象となっています。

ですので、セールスドライバーは学歴よりもいかに仕事を早く覚えて効率よく業務をこなしていき、売上をあげていけるかが重要となってきます。

稼げるセールスドライバーになるためには

接客術を磨く

セールスドライバーとして年収アップを狙うには、コミュニケーション能力を高めて接客術を磨くことが大切です。セールスドライバーには営業も仕事に含まれるので、お客様とのコミュニケーションを上手くとることでサービスの交渉も円滑にすすめられ、それが売上にもつながり、給料に反映されます。

対人関係が苦手という理由でドライバーの道を選ぶ人もいますが、そういう人には向いておらず、稼ぎたいのであれば接客術は必ず磨く必要があります。

体を鍛える

セールスドライバーは1日の配達件数も多く、積み込みや積み下ろし作業といった体力を使う業務もあるため、日頃から体を鍛えておく必要があります。日々の業務に耐えれるだけの体力をつけておけばこなせる仕事量も増えるため、年収アップにもつながります。

作業を効率化する

セールスドライバーは、配達や集荷、料金回収や営業など仕事の作業内容が多く大変な仕事ですが、これらの作業を効率化し、こなせる仕事量が増えれば収入アップにつながります。セールスドライバーとして年収をあげていくためには、どうしたら効率よく仕事ができるようになるかを試行錯誤しながら効率化ていくことが大切です。

仕事ができる人の真似をする

セールスドライバーとして年収を上げるためには、身近にいる仕事ができる同僚や上司の真似をすることが近道です。給料が高いということはそれだけ仕事ができるという評価をされているわけですから、日頃からそうした人たちの行動を見て真似することが大切です。また、見るだけでなく積極的に質問をして教えてもらうのもおすすめの方法です。

モチベーションを保つ

セールスドライバーは一日の仕事量も多く、営業所によっては労働時間も長くなったりと気力も体力も使うため、モチベーションの維持が大変です。

ですが、良い仕事をするためにはモチベーションを保つことが大切で、日々、仕事に対して試行錯誤しながら取り組むことで結果も生まれるようになり、そういった小さな積み重ねが年収アップにもつながっていきます。ですので、大変な時こそ将来を見据えてモチベーションを保ちながら仕事に取り組むことが大切です。

大手で働く

セールスドライバーは中小企業と大手の年収を比べると100万円単位で変わってきます。同じような仕事量をこなし、成果をあげてもやはり大手に比べると給料面で中小企業は劣ってしまいます。

ですので、ドライバーとして稼ぎたいと考えている人はまず大手の求人から探して応募するのがおすすめです。セールスドライバーは人手不足で、普通免許からでも始められるので未経験であってもチャンスはあります。

都心部で働く

セールスドライバーとして稼ぎたいのであれば、田舎よりも都心部で働くことをおすすめします。理由は単純で、都会のほうが田舎よりも人口が多いからです。人口が多いということはそれだけ宅配便の利用者も多いということなので、必然的に仕事量も多くなります。

そうすると、歩合給を採用している会社であれば成果もあげやすくなるため、給料にも直結しやすくなります。仕事量が多くなるというのは大変ではありますが、その分年収アップには期待ができます。

セールスドライバーは福利厚生などの待遇が良い会社も多い

セールスドライバーの大手企業であれば年収500万円以上を稼げたりと、給与面に関してかなり待遇の良い会社もありますが、このような大手企業は他にも福利厚生が充実しているなど、給与以外でも待遇が良い場合があります。

例えばヤマト運輸では、会員制のスポーツクラブが利用できたり、映画割引やディズニー割引、宿泊施設割引といった娯楽施設を格安で楽しむことができます。

また、佐川急便では全国の保養施設やリゾート施設を低料金で利用できたり、海外研修の機会を設けていたりと様々な待遇が用意されています。

福利厚生に関しては会社によって違いがあるので、求人情報を見る際にはこういった給与以外の待遇についても細かくチェックしてみてください。

セールスドライバーの需要が高まっている

ネットショッピングの普及によって宅配便を利用する人が増えたため、セールスドライバーの需要は年々高まっています。

ドライバー不足のため求人数も増えているため、大手企業へ入るチャンスも大きく、ドライバーに興味がある人にはおすすめです。

大手企業だと、自分の努力次第で高い年収も目指せるので、たくさん稼ぎたいと考えている人はセールスドライバーを選択肢の一つに入れておくのもいいかと思います。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー