ドライバー(運転手)の給料と働き方

稼げるトラックドライバーになって年収を増やす方法

トラックの運転手は、運転中は自分の空間ですごせるうえに、各地を移動しているので、昼食や休憩なども選択肢が広がり、毎日の仕事を自由に設計できる魅力のある仕事のひとつと言えるでしょう。そんなトラック運転手の給与と稼ぎ方に迫ってみました。

トラックドライバーは実は稼げる仕事

年収1000万以上を稼ぐトラックドライバーもいる

日本を北から南まで走っているドライバーの中には、年間で1,000万円を超える収入を得ている人もいます。

短距離、中距離ドライバーなど仕事の内容はさまざまですが、軽作業の工場や、単純な入力作業をしている事務職などと比べると、給与は高いと言えるでしょう。運転免許をもっていればドライバーになれますし、大型免許や特殊免許の試験を受けることで高収入を目指せます。「士業」と言われる弁護士が数年間をかけて勉強して難関試験に挑むことと比べると、就業しやすい業界と言えるでしょう。

トラックドライバーの給料は働き方次第でもっと稼げる

トラックドライバーの平均年収はおよそ350500万円程度です。都市部や農村部では忙しさも違うので給与の水準も異なりますが、全国平均では年収の平均が約390万円と言われています。あくまで平均値なので、この数値よりも低い人も高い人もいます。大型トラックの運転手の場合、平均年収は約450万円(月収換算約37万円)となっています。また、小中型トラック運転手の場合は、平均年収は約400万円(月収換算約33万円)となっています。

統計によると、足元では平均年収は10数万円程度の範囲内で変動しているため、継続的な需要のある業界だと言うことができます。平均勤続年数10数年となっていることから、働き甲斐のある職種であると読み取ることもできます。

さらに、女性の活躍も目覚ましいため、運送業界に活力が溢れています。日本全国でトラックが走っていない日はないでしょう。

働き方によっては平均年収の23倍の収入を得ることも、1,000万円の収入を得る可能性もあるのがトラックドライバーなのです。

独立して稼げるドライバーになる方法もある

また、運送会社に就職して何年も勤めあげたあとに独立するという希望を持ってこの業界に飛びこんでくる人もいるので、可能性の広がりのある職業とも言えます。ネットショッピングの活況や、公共工事、住宅の新築やコンビニ、飲食店の出店などは絶えることなく続くので、毎日のようにたくさんの資材や荷物が流通しています。

トラックドライバーの有効求人倍率はここ数年では2倍を超えており、人材が求められている傾向にあると言えるでしょう。

トラックドライバーとして収入アップするためには

これは平均値ですので、年齢や就業年数によってさまざまですので、さらなる収入アップが可能です。収入アップの可能性を見極めるには、どのような荷を受けて輸送するのかを知る必要があります。基本的に配送する距離が長く、積載量が重くなるほど給与があがる傾向だと言えます。

また、食品のルート配送や米・麦などの穀物の配送、建設用資材の輸送、といったように、郵送する品目によっても収入は異なり、前者の方が安く、後者のほうが高いと言えるでしょう。

運送会社によって取引先も違いますので、応募要項を見る際には、輸送する荷物はどんなものになるのか、その会社の取引先を調べておくと、さきざきの年収アップの可能性を見いだせるかもしれません。

会社によって働き方はさまざまですので、安定した収入を得るのか、年収アップを追及するのかを比較検討してください。

トラックドライバーとしてもっと給料を稼ぎたい!

トラックドライバーの業務内容の注目ポイントのひとつに、運転手が積荷の上げ下ろしを行うかどうかということがあります。一般的に、長距離ドライバーは荷下ろしの機会がすくなく、短距離ドライバーは運転手自ら荷下ろしをする傾向にあります。

長距離や歩合給が出る会社に転職して稼ぐ

長距離ドライバーは長い間運転しているだけなので運転が好きな人にとっては魅力的かもしれません。しかし、現地で積荷の上げ下ろしで待たされることもあるようです。体力の消耗はありませんが、拘束時間が長くなる場合があるので注意が必要です。

建設用資材など、大型トラックに乗せる荷物は、現地で重機の免許を持った取引先の担当者が荷物の積み下ろしすることが多いようですが、米穀などの輸送ではフォークリフトを使っていることもあります。トラックドライバーが、フォークリフトや重機を動かせる特殊免許を持っていれば、そういったルートの仕事も任されるようになって、収入アップに繋がる可能性があります。

短距離ドライバーは、食品のルート配送やネットショッピングなどのちいさな荷物の配送が多いので、運転手は集荷場で荷物の積みこみを行い、配送先までお届けするまでが仕事です。荷物の個数によって歩合給が出る場合もあるので、効率よく地域を回ることが重要です。

速達や深夜早朝の仕事で稼ぐ

荷物の速達や、弁当の配達など、配送する荷物によっては、速達や深夜早朝便もあるため、そういった仕事に携われば収入アップが見込めます。

いずれの仕事の場合でも、早朝深夜かつ長距離で、自分が特別な資格を持っていると、より収入が高くなると言えるでしょう。

運送するものを変えて稼ぐ

また、加工食品、生鮮食品、建材、液体など輸送品目はさまざまです。就職する会社によって、根本的な働き方が違ってきます。ひとくちにトラックドライバーといっても種類によって収入もさまざまです。給与面だけではなく、輸送品の事や、一日、一週間の仕事の全体像を把握して、より自分に合った仕事を見つけましょう。

歩合給と固定給のメリットとデメリット

稼げるイメージの強いトラックドライバーですが、給与形態は会社や仕事内容・契約内容により異なります。「固定給」「歩合給」それぞれの長所と短所を説明していきましょう。

歩合給のメリット・デメリット

歩合給とは個人の売上や業績に合わせて金額が変動する方法です。

歩合といっても、「基本給+歩合給」という制度を採用している会社では、最低ラインの給与は保証され、出来高に応じた金額が上乗せされていきます。伸びしろがあるため、固定給と比べると、基本給の部分が低めに設定されています。

固定給が一切ない「完全歩合制」もあります。ただし、業務委託にのみ許されている方式です。会社に雇用されている関係だと違法となりますので注意してください。

成績や売り上げに応じて給料が上がる歩合給は、なんといってもやりがいを感じられるのが良いところです。「ドライバーは稼げる」というイメージは、この歩合制から来ているものと思われます。

高いモチベーションで仕事に取り組めますし、効率よく仕事をしようと工夫・努力することで仕事の能力も向上していけます。頑張る気力と体力のある方や、自分の技術・経験に自信のある方には打ってつけのシステムです。荷物の配送量が多く、一運行あたりの運賃が高額な長距離ドライバーは、特に歩合給の恩恵が大きいと考えられます。

ただし、業績が上がらなければ、収入にダイレクトに響いてきます。悪い言い方をすると不安定です。また、仕事を多くこなすために長時間働いたり、休憩を疎かにしてしまうなど、つい心身に負担をかける働き方になりやすいです。もし体調を崩して仕事量が減ってしまっては元も子もありませんよね。無茶をしないように健康管理には気を付けなければなりません。

固定給のメリット・デメリット

固定給とは基本給+各種手当で構成されており、毎月金額が決まっている給与形態で、固定給のもっとも良いところは「安定感」です。

もし仕事が少なかったり、ケガや病気をしてしまったり、思うように働けなかった場合でも、決まった額が入ってくるのは安心です。

2017年に厚生労働省で行われたトラックドライバーの平均給与に関する調査によると、年収が最も高い年代は40台後半で、その後はだんだんと収入が下がっていく傾向にありました。年齢を重ねるにつれて体力的に厳しくなり、仕事量を減らした結果、収入も落ちてしまうと考えられます。

しかし、固定給であれば、仕事量を減らしたとしても金額が大きく変わらず、一定の給与が保証されます。家計や人生設計を考える上では安心感がありますね。

働き方の改善に取り組んでいる大手企業に多い給与形態で、運賃があまり変動しない定期便の担当ドライバーに採用される方式のようです。

なお、ボーナスや退職金は基本給をベースに計算する企業が多い傾向にあります。基本給の額は要チェックです。

その一方で、せっかく熱心に働いて会社に貢献しても、分かりやすく給与に反映されにくいのが固定給の残念なところです。

昇給や昇格、手当の増額などによって収入が上がる可能性はありますが、成果が形になるまで時間がかかります。自分の仕事ぶりに自信がある方にはあまり向いていないかもしれません。

トラックドライバーの給料は安定してるのか

みなさんは、長距離運転手は給料がいいはずだ、月に100万稼いでそうなど、高給取りのイメージを抱いていませんか?確かに一昔前、それこそバブルの時代まで遡るとそのように高額の給料を稼いでいる方はザラに居たと思います。しかし、今の時代はそうは行きません。昔とは違い、燃料代、人件費など、必要経費が多くかかる時代になってしまいました。でも、安心してください。稼げますよ。移動距離により差は生じますが、サラリーマンと比べると稼げるはずです。

・近距離運送業

月収18万〜22万ほどでしょうか。移動距離がそれほどでもないのでガッツリは稼げませんが、条件提示、会社を選ぶ、福利厚生を活かし得をするなど工夫することによって満足する収入に近づく事ができるでしょう。

・中距離運送業

月収22万〜28万。繁忙期は40万超も夢じゃないです。休日もそれなりにあるので、忙しい時とまったりの時のメリハリがあり、働く世代の方にはもってこいだと思います。

・長距離運送業

月収30万以上。一昔前に3桁稼いでいた人達は長距離でした。今でも必死になって働けば70万は貰えるそうです。しかし、やはり休日が少なくなり、体への負担もきつくなってきます。そうならない為にいろいろ決まりが変わってきています。

稼げる仕事を探そう!運送業界の求人状況

運送業界では過去数年の求人倍率が2倍を超えるなど、人材が求められている状況です。荷物の積み下ろしの待ち時間が生じるなど業界特有の問題もありますが、ネットショッピングの影響などもあり、全国各地で荷物が活発に輸送されています。

トラックドライバーの仕事は運転をしていればいいというわけではありません。

営業拠点では乗車前の準備があります。会社によって取り決めはさまざまですが、乗車前に呼気から飲酒確認する場合や、運行記録などの管理簿を携帯する必要もあるでしょう。先方で折り返しの荷物を積む場合もあるので、一日の仕事の流れをしっかり確認しましょう。

荷物の積み込みを行う際は、取り扱い間違いのないように注意しなければなりません。

小物を配達する物流ドライバーの場合、品物の天地無用の有無や、割れ物注意など、荷物に配送時の注意点が記されているものがあります。

また、生鮮食品の場合、要冷蔵か要冷凍かによって収納場所が異なります。誤った取り扱いをすると、顧客に迷惑をかけるだけではなく、会社に対して負担(損害賠償請求)が生じるおそれがあるので注意しましょう。

拠点によってはフォークリフトなどを使用する場合もあります。資格を取得しておくと、そういったルートも任され、給料アップに繋がります。

さらに、クレーン免許や牽引免許などの特別な資格を持っているとさらに高収入を目指せます。現在取得していなくても、社員のレベルアップを推進している会社もあります。募集要項にはそこまで記載されていないので、会社のホームページや説明会などで、会社の社員教育方針を確認してみるのも良いでしょう。資格取得のサポートがあるかどうかによって、五年後、十年後の目標が明確になるのではないでしょうか。

積荷の受け渡しの際は、相手方の会社や個人宅など、人に接してお届けする機会が多いので、適度なコミュニケーション能力も必要です。印象良く受け渡しをすることで、継続的に仕事を任されるでしょう。

荷物の扱いが酷いドライバーが動画撮影されてSNSで拡散され、会社から注意を促されるような事態も発生しているので、運転中やお届け中、人に接していないときも荷物を大切に取り扱うことが重要です。

運送会社はインターネット上で直接募集している会社もあれば、求人サイトに委託して掲載している会社もあります。地元に密着した企業は、ハローワークでの求人や新聞広告で人材を求めています。これらはリアルタイムでの求人ですので、気になったらすぐに連絡すると良いでしょう。お話を聞いて、縁があればよいですし、今回折り合いがつかなくても、自分自身にとっては、会社選択の勉強にもなります。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる