ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

ドライバーの採用単価・費用を下げる方法(採用担当者向け)

Contents

ドライバーの採用方法とは

ドライバーの採用方法

ドライバーの採用方法は一般の採用方法と変わりません。通常は企業ホームページの採用サイトや、看板などに求人募集の案内を出したり、ハローワークに求人票を提出することから始まりますが、最近は人材不足で有効求人倍率(求人数÷求職者数)が高止まりしているため、これだけで十分な数の人材の応募・採用を期待することはかなり難しい状態です。

そこで、大手か中小企業かを問わず、民間の採用サイトや求人サービスにお金を払って必要な数の採用をすることが一般的となっています。

なかでも最も有名なのは、indeed、タウンワーク、ドラエバーなどの毎月費用が発生して求人広告を掲載する月額掲載課金型の『求人広告型サービス』と呼ばれるものと、もう1つがドライバーズジョブのような内定にコミットする成果報酬型と呼ばれる『人材紹介サービス』です。

人材紹介を使った採用方法

ドライバーの採用方法として最近注目されているのが人材紹介サービス(有料職業紹介)で、国の許可を受けた企業のみが実施しています。

人材紹介は成果報酬型や成功報酬型と呼ばれ、通常は内定や採用が発生するまで企業側にお金がかかることがありません。こうした、無駄な費用支出のリスクがない点が人気です。

また、広告掲載したらその後の担当者とのやり取りがほぼなくなってしまう求人広告型サイトと比較すると、人材紹介サービスの場合は採用が発生するまで、細かく企業担当者とやりとりをすることが可能です。

そのため、「採用の求人広告にはお金をかけているけど良い人材の応募が集まらないのでお金がもったいない」といった場合に人材紹介サービスを使ったり、「とにかくすぐに人材を採用したい」という場合に求人広告と人材紹介サービスを併用することも当たり前となってきています。

ドライバーの採用単価とは

人材紹介を使った場合の採用単価

人手不足の運送業界では、ドライバー一人の採用にかかるコストは平均30万円~50万円といわれます(入社して勤務開始にいたるまで)

これには、企業の採用ページやドライバーのツテなどで無料で採用出来たドライバーや、求人広告、人材紹介サービスなど様々な採用手法で獲得した人材を含めた平均の金額です。

ただし、この金額には求人広告や自社サイトでの採用の場合には、採用にかかった人件費や経費などが含まれていない点について後述します。

次に、採用のあらゆるサポートをしてもらえる人材紹介サービスです。

人材紹介サービスを使う場合の採用単価(成功報酬)は『理論年収の30%~35%』が一般的です。

ドライバー人材紹介の場合はまだ人材紹介サービスの認知度がさほど高くないために、これよりやや低いパーセンテージとなっていたり、固定金額で『50万円~100万円』などに設定されていることもあるようです。

なお人材紹介サービスでは、働き手を求める企業が人材紹介会社に求人を依頼し、紹介会社側が企業側の要望とマッチする人材を探してくるといったサービスの流れです。採用が決まってから企業は手数料を払う仕組みで、採用が決まらなければ契約が続いていてもお金はかかりません

以上から、人材紹介サービスは求人広告などと比べると、お金をかけても採用できなかったという状況が起こらない分、採用単価を抑えられるサービスとして人気が出てきています。

求人広告を使った場合の採用単価

求人広告サービスはドライバー人材紹介と異なり、紙やWEB上の求人媒体における広告枠を企業が購入して、月額でお金を払うサービスとなっています。

基本的には初期費用と月額の広告費を企業側が払いますが、多くの求人広告は最低利用期間が3か月~と定められています

また、求人誌の場合は大きな広告を出したり、また求人サイトの場合は検索上位に表示させるために追加でオプション料金を払うことが一般的です。

たとえば東京都で運送業を営んでいてタウンワークを使った場合、ドライバーの求人情報を出すなら2週間で18,000円~スタートとなります(インターネットのみで紙媒体には掲載されないケース)。これにオプション料金が加わります。

求人広告の利用料は月額料金で5万円~12万円程度が平均とみておくとよいでしょう。(初期費用がかかる場合を除く)

よって広告掲載をした結果、応募が集まらなかったり、人材の質が低くて入社に至らなかった場合でも、かかったお金の成果はゼロとなります。その場合、求人広告の追加掲載費を払う必要も出ます。

他方で、大手運送会社で給与や福利厚生などが圧倒的に魅力的な場合であったり、営業所を多数もっていて大幅なディスカウントを受けられる物流企業にとっては、こちらの方が採用単価が抑えられるときもあります。

ドライバーの採用単価の平均は本当に30万円なのか

30万円には採用の手間などの人件費や経費が含まれない

ドライバーの採用単価の平均は30万円~と述べましたが、この金額には求人票の作成・面接の調整・面接の時間・条件交渉・新入社員の受け入れに動いた人たちの人件費や経費が反映されていないことに注意が必要です。

ドライバー人材の採用コスト・採用単価の内訳や計算方法は様々ですが、求人広告サイトの利用料・人材紹介手数料だけで見積もっている運送会社もあれば、採用担当者人件費や応募してくれた人への交通費などを含めて計算している会社もあります。

ただし忘れてはならない点としては、ドライバー一人の応募集めに時間がかかればかかるほど社内人件費や経費は膨らみ、また面接に来た候補者の質が低くて何人も面接すればするほど同様にコストが跳ね上がる部分です。そうなったときに、「本当に30万円程度で自社は採用できているのか?」というのは、しっかり計算してみるべきです。

人件費は固定費だから社内の人間が働いた人件費分は採用単価に含めないというのは間違っています。なぜなら、その人たちが同じ時間を別の作業に使うことも出来るためです。ここまで考えることによってはじめて、採用単価を下げてコストを低く抑えた採用が可能になります。

30万円は紹介などで無料で採用できた社員も含む平均に過ぎない

採用単価の平均額である30万円は様々なケースを含めて平均化したデータに過ぎません。例えば、たまたま知人関係にあった人を採用すれば採用単価は無料です。その次に来た人を採用単価60万円で採用していれば、計算上は平均単価が60万円÷2名=30万円ということになります。

ただし、だからといって、ドライバーが必要な場合にタイミングよく次の人材を知人のツテですぐに採用出来る訳ではありません。また、上述したように、これには採用にかかった人件費や経費などが含まれていない可能性も大きいのです。

ドライバーの本当の採用単価とは

人事・総務・採用担当者や面接官の人件費と経費

ドライバー採用には、採用担当者の人件費や、新しい働き手の受け入れまでの経費計算も含める必要があります。

採用単価に含めるべき費用

  • 求人票の作成にかかる人件費
  • ホームページに掲載するのであればホームページ修正費用
  • 求人サイトに掲載するのであれば営業担当者と話して契約書などを交わして、実際に掲載するまでの人件費
  • ドライバー求職者の履歴書などをチェックする人件費
  • 面接の調整にかかる人件費
  • 面接にかかる人件費
  • 条件交渉や内定・受け入れにかかる人件費

また、社長が面接している場合は、本来であればもっと売上貢献できる時間を採用の工数にとられてしまうため、無駄な面接はなるべく避けたいと思うでしょう。

ドライバーの教育費用

新しい人材の採用後における教育費用も必要な経費として計算しましょう。新しいドライバーを採用できても、戦力になれるよう教育体制が整っていなければ、人財が定着しない可能性があるからです。

採用単価を30万円程度に抑えられても、受け入れたドライバーが長続きしなかった結果、教育費や再三にわたる採用コストが増えてトータル費用が100万円を超えるケースも見られます。

研修担当を導入するなら、教育者の人件費も経費に含まれます。コストをかけすぎない意識は大切ですが、新しく来た人がなじみやすいよう丁寧に仕事を教えることも重要です。

早期離職者にかけてしまった費用(時間と手間)

採用しても職場になじめず早期離職者になってしまう人材もあり、時間と手間が無駄になるリスクも想定が必要です。

本当の採用単価ドライバー人材の採用単価+ドライバーが一人定着するまで早期離職などで余分にかかった費用
※採用単価には人件費や経費も含める

ということを覚えておきましょう。

つまり、トータルでかかった費用(定着単価)をどこまで抑えられるかが大切です。離職者が多いと、その人に対してかけた時間と手間、コストなどは無駄とみなすしかありません。

採用からすぐに離職する人が多いほど無駄な経費も膨らむので、こうした採用リスクのコントロールも人事担当者にとっては大切です。

ドライバーの採用単価の相場と平均

ドライバーの人材紹介会社を使う場合の相場

ドライバーの採用単価相場は平均30万円~とされていても実際には人件費や経費が追加でかかっている点は先述しましたが、この費用は人材紹介会社を利用することで抑えられる可能性があります。

まず、人材紹介サービスは採用まで利用費用がかからず、人材の受け入れが決まってから紹介手数料を支払います。また、人材紹介サービスの採用単価となる紹介手数料の相場は「企業と採用者で契約合意した理論年収の30~35%」というのは先ほど説明しました。なお、理論年収とは月収12ヵ月分相当に、想定ボーナスを含めた金額です。

ただし、ドライバーの人材紹介会社の場合、理論年収の30%~35%という成功報酬だけではなく、一律80万円としていたり、大型免許や2種免許を持っていた場合は+20万円、など固定金額になっている場合もみられます

またキャンペーン期間中だと、最初の1名は50万円などというケースもあります。人材紹介会社は利用するだけで採用しなければ費用はかからないので、複数の人材紹介会社を比較して同時に全部使ってみるのも一つの手です。

さらに、人材紹介サービスの場合、希望や条件に合った求職中のドライバーのみを紹介してくれるため、面接などで無駄な人件費をかけなくてよいため、これらも採用単価の計算には含めて考えるべきでしょう。

ドライバーの求人広告を使う場合

企業がトラックドライバー向けの求人広告を出す場合、募集広告枠の購入だけで費用がかかります。

求人サイトや転職サイトには一部掲載のみなら無料としている求人広告もありますが、そうしたサービスの大半は追加オプションを払わないと上位に表示されないため、最終的にはそれなりの費用がかかってきます

その結果、ドライバーの採用に求人広告を使った場合の採用単価は30万円以上となることが相場です(通常は複数月にわたって掲載するため)。なお、これは求人広告にかかった費用だけで30万円をオーバーしているわけであり、人件費などは除いています。

たとえばドライバー求人サイトであるドラEVERに広告掲載すると3ヵ月で45万円かかります。しかし人気がなかったり、広告内容を気にいる人がいないと45万円を有効活用できず、採用単価がアップする原因になります。

人材紹介サービスと違い、採用前の投資が功を奏すと限らないことが求人広告の難点でしょう。

採用単価が高くなってしまう例

また、求人広告に広告にお金はかけたものの、求職中のドライバーに魅力的な条件を提示できなかった結果、なかなかよいドライバーが集まらずにドライバーの採用単価が100万円以上かかった企業もあります。

このように人材を引き入れる戦略がうまくいかないと、ドライバーの採用単価相場は30万円を大きく上回ってしまいます。

採用単価が低く抑えられている例

採用単価を30万円程度に抑えた例ももちろん存在します。

関東の某企業(従業員100名以上、複数拠点あり)では、週休1日で貨物配送担当のトラックドライバーを応募しており、月給30万円以上などが条件でした。

労働内容の忙しさを踏まえ、給料などの条件を恵まれたものにするなど、求職者の気を引きやすい内容を求人内容に取り入れました。その結果、多くの応募が来たため採用単価が30万円以下で済んだそうです。

しかし、この企業では応募者に高齢の方や未経験者が多く、業務内容のイメージと違ったことなどから採用者の3分の1が早期離職にいたっています。結果的にドライバー人材一人が定着するまでの単価に100万円以上を要したそうです。

以上のことから採用単価だけを見るのではなく、新しい働き手の教育などの対応も大切であることがわかるでしょう。

採用単価は低いが人材が足りていない例

採用単価の低さにこだわりすぎると人材を集められないリスクも考えられます。

首都圏の某企業(従業員~100名)、取引先からの約20名の増員希望もあり採用活動に踏み切りました。中型4トンドライバーを募集しており、月給30万円弱、週休2日制など恵まれた条件を求人に盛り込んでいます。

結果として採用単価は20~30万円クラスに抑えましたが、採用に至ったドライバーの数は8名だけでした。必要求人数の割に採用数が少なすぎたせいで、それ以降希望者の数も頭打ちです。

経費を抑えこむなどして採用単価の節約にこだわりすぎると、狙いどおりに人材を受け入れられない例でしょう。

採用単価を抑えながら人材が集まっている成功例

採用単価を抑えるだけでなく、バランスの取れた戦略で必要な人材を集められた例を紹介します。

北関東の某企業(従業員100名~)では、月給28万円、週休2日制という好条件で中型4トンドライバーを募集していました。このときは従業員が何名も諸事情や定年退職などで立て続けに会社を去っており、補充が必要な状況だったそうです。

ハローワークや民間求人媒体を利用しましたが応募に恵まれず、最終的にコネクションのある運送会社から勧められた人材紹介会社の活用に踏み切りました。

ただし、紹介会社の成功報酬手数料は高く感じられたため、まずはドライバー1名だけお試しで採用してみようと思ったようです。

その結果、30~40代の経験者を複数含む5名を受け入れ、採用単価を抑えられただけでなく定着単価も50~80万円で済むなど満足な結果が得られたようです。

このように人材紹介会社を効率よく活かすことで採用単価を抑えるだけでなく、求職者と企業のミスマッチも最小限に留められる可能性があります。

ドライバーの採用単価を下げるためには:採用時

費用のかからない採用方法でまずは応募を集める

採用単価が高くなるのを防ぐなら、まずはお金のかからない採用手法を試しましょう

ハローワークなら求人情報を載せるのにお金がかかりません。一部の格安求人広告なら掲載費用無料で、かつサイト側の求職者スカウトなどで採用が決まっても成功報酬費用を払う必要が出ません。

加えて自社ホームページやブログ、Twitterなどでも求人情報を紹介することで、多くの人に見てもらえる可能性があります。たまたまネットを見ていたトラックドライバーがSNSなどから求人情報に気づき、応募してくることも想定されます。

人材紹介で無駄な手間暇とコストをなくす

人材紹介を有効活用することで、求人広告に支払うコストだけでなく、求人票作成や無駄な書類選考、そして面接などの手間を省けます

希望条件をはっきりと伝えて、人材紹介会社から企業の条件に合いそうなドライバーをマッチングしてもらいましょう。

ちなみに多くのドライバー人材紹介サービスでは、採用したドライバーが早期退職した場合に返金制度を設けています。これによって入社数か月で離職してしまった場合にかかる費用もある程度削減できます。

さらに、人材紹介も専任のアドバイザーが担当するため、ミスマッチ対策に有効で、無駄な面接にかかる時間コストがなくなります

面接の末に採用が決まれば、人材紹介会社に成功報酬を支払う必要がありますが、求人広告よりもスムーズなプロセスにより最終的な採用単価を低く済ませることも可能です。

真の採用単価が安くなる人材紹介サービスを使う

人材紹介サービスは限られた費用支出で確実な採用効果を引き出しやすく、自社で採用活動をするよりもドライバーからの応募が集まりやすいです。

紹介されたドライバーが企業とミスマッチばかりなら採用者ゼロになり紹介企業に手数料を支払う必要もありませんし、それ以上に書類選考や面接などにかかる人件費が大幅にカット出来るため、真の採用単価は低く抑えられます

そのため、目先の利用料金や成功報酬だけでなく、必要な数を集められそうか、トータルの採用コストは安いか、早期退職にかかる費用も計算に含めているか、などを総合的に判断しましょう。

人材紹介サービスの採用単価を交渉する

企業が人材紹介サービスに相談する際は採用単価の交渉もできます

正確にはドライバーの採用確定時の手数料を紹介人材の年収に対する35%から30%という風に、パーセンテージを減らす形で経費を削ることが考えられます。

以上のような値引き交渉も成功すれば、最終的な採用単価も企業が想定した以上に抑えられるかもしれません。ただし手数料を下げたことで、業者によってはマッチングの優先順位を落とされる可能性などに注意しましょう。

費用対効果の良い求人広告を使う

求人広告を使う場合はコストパフォーマンスに恵まれたところを利用しましょう。現在は求人広告掲載サイトのあり方も多様化しています。

ドライバーの採用に特化した求人サイトを使えば、ドライバーに関心の低い応募が減るため、採用単価抑制につながるでしょう。

採用コストの最小化を意識するなら、掲載料や成功報酬がなるべく安い求人広告を使ってみましょう。ただし安い予算で求人広告をインターネットに出すなら、有料オプションなどのサービス内容もチェックしながらサイトを選ぶことが大切です。

給料や条件を良くして応募数を増やす

活用媒体に限らず求人内容の充実も大切です。ドライバーの求職者にとって一目で好印象を受けられるような魅力ある条件を提示すれば、応募数も増え、採用単価を抑えやすくなります。

休日の設定、恵まれた給与だけでなく、女性や未経験者の働きやすさのアピールも大切です。固定残業代に労働時間やその範囲を超えた場合の追加支給にあたる内容などを示すなど、長時間労働の不安を和らげる対策なども広告に盛り込むことが考えられます。

働く人の気持ちを多角的に分析し、それに応える形で広告内容を本格的に仕上げましょう。

大量採用や多数の応募拠点があるなら求人広告を使う

ドライバーの大人数採用が目標であったり複数の事業所など応募拠点が多かったりするなら、求人広告の積極活用が考えられます

タウンワークなどは掲載課金型の求人広告媒体ですが、応募や採用の数に制限がかからないため、営業所が複数ある運送会社であれば大量採用の機会を活かしやすいです。

企業に受け入れる人材の数が多いことで、採用単価を割安にする効果も期待できます。

ただし求人内容がドライバーの目に留まらなければ、狙った採用数を満たせません。一人あたりや事業所あたりの費用がかさむだけでコストパフォーマンスが悪くなることもあるので注意しましょう。

手間暇をかけてしっかり求人広告の求人票を作る

求人広告の求人票は費用を抑えることにとらわれず、丁寧な作り方が大切です。ドライバーが魅力を感じる求人内容は、業界が働く人の事情を複数の観点から見つめ、当事者たちの気持ちに応えられる充実したものです。

会社の魅力を伝えるだけでなく、ドライバーにとっての働きやすさも給与や休日の設定、労働環境などの情報から感じてもらうことが大切です。時間をかけて求職者想いの広告を作れば、応募者も増え、採用単価も抑えられるでしょう。

ドライバーの採用単価を下げるためには:採用後

効率のいい教育制度をつくる

採用したドライバーがすぐに職場を去らないためには、効率に優れた教育制度が重要とされます

特に採用から離職までの時期が早期化している会社は教育制度を見直しましょう。

ドライバーに即戦力として役立ってもらうには、本人を鼓舞するだけでなく、事業者側でも充実した教育制度を作って働く人になじみやすくしてもらうことが大切です。採用単価を抑えることだけにとらわれず、受け入れた人がその職場で長続きするしくみが重要です。

即戦力になるドライバーを採用する

ドライバーの採用単価だけでなく定着までの単価も低く済ませたい場合は、採用時に即戦力になりそうなドライバーを見極めることが大切です。

未経験者を一から教育するには手間がかかるため、人手不足を解決するためにはある程度経験者の存在が大切でしょう。採用者にすぐ本格的な仕事ができる経験者がいると、事業の効率性アップにもつながります。

定着率を上げて離職率を下げる

採用したドライバーがすぐに辞めてしまうことに悩んでいる企業は、定着率を上げる努力が重要とされます。

離職率が高いなら、自社で多く見られる退職理由を見極めながら、労働環境や教育体制などを見直しましょう。

採用単価を抑えられても、定着率が低いと結果的に人材にかけた経費の大部分が無駄になりかねません。

そのような事態を回避するには、企業の風向きを変えることが大切です。忙しい状況にあっても労働環境を少しずつ変えていくことが、採用した人材が長続きしやすくなるきっかけになります。

人材紹介サービスのホントに上手な使い方

これはあまり知られていませんが、人材紹介会社を上手に使っている企業にはあるテクニックを持っています。

ドライバー求人募集に限った話ではありませんが、人材紹介サービスは何社と契約しても、それだけではお金がかからないのです。このメリットを最大限に使うには、複数社と契約して、一度に多くの人材紹介会社にドライバーを探してもらい、数多くの応募者の中からベストな人を選ぶという方法があります。

Indeedは本当に採用単価の低い求人広告なのか?

Indeedはここ最近広告やCM活動にも活発で非常にメジャーな求人広告です。しかし、この広告はクリック課金制度という特殊な費用課金制度をとっているため、固定の月額利用料という支払方法ではありません。

具体的には、自社が出した広告が、そこから応募に至っても至らなくても、1度クリックされるたびに料金が請求されます。そのため、使い方に慣れていないと、採用単価は高くなってしまうおそれもあります。

ドライバーの採用単価の安い人材紹介サービス

手前みそではありますが、ドライバーズジョブの人材紹介は初回キャンペーン中なので、もっとも紹介手数料の安い転職サービスとなっております。

是非一度ご覧になってみてください。

ドライバーの採用単価の安い求人広告

現在はドライバー専門の求人広告がそもそもあまり存在していないため、単純な月額利用料だけで考えるのであれば、タウンワークのWEB版が最安といえるでしょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー