ドライバー(運転手)の給料と働き方

長距離ドライバーと宅配ドライバーの1日はどんな生活?

トラックドライバーといえば、深夜や長時間・長距離の運転、大量の荷物の積み込みなど、きつい仕事もありますが、日勤やシフト制、フォークリフトでの積み込みなど、自分が好きなスタイルで働くこともできます。また、短距離や中距離であれば、9時から17時までというような、一般的な会社と同じような時間で働けることもあります。

1日の流れは、会社や距離、荷物やその量、シフト等により変わります。お客さまのもとへ直接配達する、センター間の輸送などかにより、時間や仕事内容も変わります。ここでは人気の長距離ドライバーと宅配ドライバーの生活スケジュールを紹介します。

長距離ドライバーの1日の働き方と疑問にお答え

長距離ドライバーの1日のスケジュール

  • 会社に出勤

点呼し、貨物や積み込み・積み下ろしの場所の確認、アルコールチェックやトラックの点検を行います。

  • 積み込み先へ出発
  • 積み込み先に到着

荷物の積み込みになっていますが、仕事内容により、積み下ろしの場合もあります。荷物の量にもより変わりますが、積み込みには時間がかかります。

  • 積み下ろし先へ出発
  • 積み下ろし先に到着

多くの場合、積み下ろしのほうが時間がかかりません。

  • 次の仕事の確認

次の積み込み先に向かい、そこから積み下ろし先に向かうこともあれば、荷物を載せたら会社に戻ってくることもあります。

長距離ドライバーは一日中、運転するの?家に帰れるの?

現在、1運行につき144時間と定められています。そのため、次の場所、次の場所と、何週間も家に帰れないということは、きちんと守っていればありません。1週間に1回は家に帰れるはずです。

運転時間や連続運転時間も定められています。運転時間は2日間の平均で1日9時間、連続運転時間は4時間以内です。4時間走ったら、30分以上の休憩をしないといけません。運転時間に関しては、あくまで2日間の平均であり、1日に15時間走ることもできます。その場合、次の日または前日は、3時間までになります。

長時間の労働や運転は疲労がたまり、事故の危険性が上がります。また、労災や過労死のおそれもあります。ドライバーが少なく高齢化している今、ドライバー業界でも、運転手の負担を減らす取り組みに力を入れています。

宅配ドライバーの1日の働き方と疑問にお答え

宅配ドライバーの1日のスケジュール

  • 営業所に出勤

積み込みだけでなく、営業所に届いた荷物を大型トラックから積み下ろす、仕分けをすることもあります。

  • 荷物を積み込み

また、荷物の仕分け、積み込みはドライバーも行いますが、軽作業員が行うこともあります。

  • 午前便の配達

お客様のもとに届けます。一般的な家に届ける、会社に届けるなどさまざまです。

  • 営業所に戻る

昼食や休憩を取ります。

  • 午後便の配達&集荷

午前や午後だけ配達する場合もあります。ドライバーによりけりです。午後に配達しない場合は、集荷をすることもあります。お客様の荷物を直接受け取るサービスを、利用したことがある人もいるでしょう。個人や定期の契約をしている所から集荷します。

  • 営業所に戻る

集荷した荷物があれば、大型トラックに積み込みます。不在だったお客様から、再配達の依頼があれば、再度配達します。夕方や夜は営業所に戻っており、荷物の積み込みや伝票整理をしているので、集荷中や午後の配達中に再配達を依頼すると、届くのも早いかもしれません。依頼されなくとも、午後や翌日に在宅であれば、再配達することもあります。

  • 再度営業所に戻る、本日の業務終了

伝票整理や報告書の提出、点呼をします。

宅配ドライバーが何時に帰れるかは、その日次第

不在や再配達が多ければ、それだけ勤務時間が長くなります。特に、再配達の荷物はお客様が指定するため、時間が遅いときもあります。さらに、翌日に再度配達となれば、その分翌日の勤務時間が増えます。また、会社や荷物等により、スケジュールや作業も変わります。当然ですが、宅配ドライバーだけの問題ではありません。

ドライバー労働時間や運転時間は決まっている

労働時間や運転時間が定められているものの、実際に守られているかどうかは怪しいです。むしろ、時間を短く申告している会社が多いとの予想があります。また、荷待ち時間も拘束時間になりましたが、荷待ち時間を休憩とする会社もあります。本当はだめです。ちなみに、運転中の仮眠や休憩は拘束時間内です。

どちらも、一日中働いていることになり、定められている時間や休憩時間そのものも、一般的な仕事に比べると長い・短いと考える人が多いのではないでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。