ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラックドライバーに向いてる人・向いてない性格が一発診断まるわかり

トラックドライバーに向いている性格

運転が好きな人

トラックドライバーに向いている性格として挙げられるのは、第一に運転が好きである事です。

運送業の仕事では通常トラックドライバーの運転は長時間になるため、法律上における連続運転時間でも4時間が上限と定められています。

長時間の運転でも苦に感じない位の運転好きな人は、トラックドライバーに向いている人と言えます。

ストレス耐性がある人

ストレスに強い事もトラックドライバーに向いている性格の1つに挙げられます。

ドライバー業は労働時間も長い仕事でストレスに晒される事も多くあります。その中で予期せぬ渋滞に巻き込まれたり、荷主の指定した場所に指定の時刻までに到着しなくてならないプレッシャー、そこからの荷待ち時間等などがあります。

そのようなストレスがあっても耐えれる人は、トラックドライバーに向いている人の要素になります。

体力がある人

トラックドライバーに向いている人としては、体力がある事が挙げられます。

配送業の荷積みは場合によっては手で行う重労働になり、その仕事をこなした上で長時間の運転を強いられます。加えて拘束時間の長い仕事でもあり、その疲労の最中、事故なく仕事をこなすのに向いている人の適性として体力は必須と言えます。

給料をたくさん稼ぎたい人

トラックドライバーの職種の中でも長距離配送や大型トラックの給料は世の中の平均年収と比較して高額であり、稼ぎたい人に向いている仕事と言えます。

また、稼ぎたいという金銭欲がある人は、やる気を維持するという意味でもドライバーに向いている人と言えます。月収を上げて稼ぐためには多くの配送の案件を確保したり、新たな資格や免許の取得が推奨されます。そういった行動の原動力として金銭欲が活きていきます。

辛抱強い人

トラックドライバーに向いている人の性格としては、辛抱強い事も挙げられます。

配送の途中では予期せぬ渋滞に巻き込まれる、積み地に到着しても長時間の順番待ちで足止めを食らう、等のトラブルもあり、何もできずにただ待たされるだけという場面にも遭遇します。

辛抱強く我慢のできる人はトラックドライバーに向いていると言えます。

正社員で働きたい人

トラックドライバーは配送業の需要の高さに対して、人材の高齢化等の影響で深刻なドライバー不足の状態にあります。その現状から、ドライバー業は正社員として就職しやすい状況下にあり、正社員を目指すのならドライバー職には向いている人と言えます。

加えて近年のドライバー不足の影響から労働環境の見直しが行われており、ホワイトな職場で正社員を目指している人にとっても、向いている職種になります。

一人の仕事が好きな人

トラックドライバーの仕事は運転等で、長時間一人で過ごす事になります。よって孤独が平気である、一人が好きだといった性分の人に、向いている仕事と言えます。

同時に他人との協調やチームワークの中仕事をするのでははなく、一人で仕事をやり遂げたい、という個人主義な性格の人も、トラックドライバーに向いている人になります。

時間をきちんと守れる人

配送業務のスケジュールは、荷主から指定の場所への到着時間を指示され、その時間によって決まります。その時、トラックドライバーは必ず指定の時間に到着する事が求められる事から、時間にルーズではない人はこの仕事に向いていると言えます。

他にも時間を守れる、すなわちスケジュール管理や自己管理もできる人もトラックドライバーに向いている人材と言えます。

責任感が強い人

トラックドライバーの仕事は一人作業となる場面が多いので、確実に仕事をこなそうとする責任感が強い人が向いていると言えます。

一人だと仕事において手を抜きやすくなります。。だからこそ、その最中でも法定速度を超えないよう安全運転を行い、正確に約束の到着時間を守り、荷物を届けるには強い責任感と意思が重要になり、そういった性格の人はこの仕事に向いている人と言えます。

注意力や慎重さがある人

トラックドライバーにおける重大なミスとしては、交通事故か誤配が挙げられます。どちらにせよ所属する会社の信用が落ちる事に繋がります。

注意力がある人は運転の最中に安全確認を徹底する事からこの仕事に向いている人の性格と言えます。また、配送先の確認等を2、3重にチェックするような慎重な人もトラックドライバーの仕事に向いています

きれい好きな人

きれい好きな性分の人はトラックドライバーに向いていると言えます。

荷物の受け渡しをする時はドライバーにも清潔感がある事が重要になります。またトラックの車内、外装の清掃を行えば、他所の企業の方から見ても良い印象を与えます。

きれい好きな性分の人は整理整頓も上手である事が多く、荷台の荷物を上手に配置する事に役立ち、この仕事に向いている人と言えます。

単調な作業に飽きない人

トラックドライバーの仕事は単調作業に飽きない人が向いているとされます。

ドライバー業の仕事の基本は、荷物を梱包し積んで荷主へ届ける、と単純な作業の繰り返しになります。このような単純作業の方が複雑な作業より好き、こういった作業に飽きる事なく黙々と取り組める、そういった性分の人はトラックドライバーに向いている人と言えます。

年間休日が100日以上欲しい人

トラックドライバーの仕事は休日が少ないイメージを抱かれがちですが、短・中距離配送配はシフトが組みやすく年間休日も100日を越える事から、休日がほしい人に向いている職種になります。

他にも大手運送会社も福利厚生の充実さと人手の数から、休日を会得しやすくトラック運転手に向いている人ならおすすめできる職場と言えます。

長距離のトラックドライバーに向いている人

長距離トラックドライバーの仕事は、1運行の平均距離が2618㎞と言われ。距離にしても2日~1週間はかかる仕事と言われています。加えて大型トラックの操縦もする事から高い操縦スキルが要求されます。

総じて運転が好きでセンスがある、ストレス耐性に強い等の、トラックドライバーとして高い適性要素を複数兼ね備えている人が、長距離トラックドライバーに向いていると考えられます。

そして、長距離配送の魅力は、様々な場所や土地を仕事で訪れることが出来ることです。多くの土地を見たいという人も長距離ドライバーに向いている人と言えます。

トラックドライバーに向いてない性格

気が短い人・キレやすい人

短気でキレやすい人はトラックドライバーには向いていない人に挙げられます。

仕事現場では渋滞に巻き込まれる、荷主の指定場所に到着しても荷待ち時間が発生する、拘束時間も長いといった多くのストレスになる要因があります。

短気な性分の人はちょっとした事でイライラしキレる事で、ミスや重大な事故を起こしやすい事から、ドライバー業に向いていないと言えます。

時間にルーズな人

時間のルーズな人はトラックドライバーに向いていない人と言えます。

ドライバー業は荷主に決められた配送先へ到着時刻丁度にたどり着く事が求められます。そのため到着までの運転スケジュールのペースを守り、途中の休憩も必要以上に取る事はできません。指定時刻より遅くとも早くとも到着すれば、所属する会社の信用を落とす事になります。

よって時間を守れない人はトラック運転手に向いていないと言えます。

コミュ二ケーションが苦手な人

コミュニケーションが苦手な性格はトラックドライバーに向いていないと言われています。

ドライバ―業は一人で仕事を行う場面は多いものの、同僚との連携、荷待ち時間の時の倉庫業との人と社交的に話し仲良くなる事でより早く荷待ち時間を終わらせてもらえる事もあります。

その事からコミュニケーションを得意としない人はトラック運転手に向いていない人と言えます。

運転が苦痛な人

トラックドライバーの主な仕事はトラックの運転ですので、転をすることが苦痛な人は致命的に向いていないとされます。トラックの操縦自体も一般的な乗用車と比較し難易度が高く、加えて長時間の運転をする事になります。

よって運転が苦手、運転が苦痛な人はこの仕事には向いていない人と言えます。

人と協力しながら作業をしたい人

人と協力しながら作業をしたい人もトラックドライバーに向いていない人と言えます。

荷積みや荷降ろし作業などの協力作業が必要な場面もドライバーにはありますが、一人で運転をする場面や時間の方が相対的に長くなります。その事からチームワークでいつも仕事をこなしたいと考える人には、この仕事は向いていないとされます。

マナーやモラルの程度が低い人

マナーやモラルがない人は、トラックドライバーに向いていない人とされています。

荷物の配送先の指定された到着時刻を平気で守らない、寝坊をしてしまう、荷物を丁寧に扱わない、法定速度を平然で越える等、モラルがないドライバーはまず信頼される事はないと言えます。

また、取引先や配送先のお客様への挨拶等、最低限のマナーを取れない性格の人は、この仕事に向いていないとされます。

トラックドライバーの向き不向きの診断方法

トラック適性診断とは

トラックドライバーになるため運送会社に就職、或いは転職する時に独立行政法人NASVAが執り行う適性診断を受ける事が必要とされています。

この適性診断によって運転手の運転の特徴から良い点、悪い点を明らかにし適切な指導を行う事で、交通事故の防止に繋げるというものになります。決してドライバー業が向き不向きかを診断するものではないとされています。

受診する際はインターネットや電話による事前申し込みを行い、最寄りの事業所に立ち寄り診断を受ける事ができます。診断内容自体はシュミレーターを用いた検査や身体検査が行われます。

そして診断にも種類があり、カウンセリングを行うものや、死亡事故等を起こした人向けの内容もあります。

NASVAとは

NASVAとは、独立行政法人自動車事故対策機構の英訳での略称になります。活動内容として、トラックドライバーの等の運転職の診断を行い向き不向きを明らかにして適切な指導を行ったり、事故被害者の救援活動を行っています。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー