みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラック運転手が学歴不問の理由や低学歴でも成功できる事情がまるわかり

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事内容は配送に使うトラックの大きさや種類によって異なります

まず、短距離の配送をメインとする小型トラック運転手の仕事内容は、宅配便など個人宅への配送が主な仕事となります。これには主に2トントラックが使われることが多いです。

小型トラック

中型トラックの仕事内容にはコンビニやスーパーといった小売業者に決まったルートで決まった時間に配送するルート配送の仕事などがありますが、ここでは主に3~4トンに分類されるトラックを運転することになります。

中型トラック

大型トラックの仕事内容は300km以上の長距離を運転して荷物を配送する仕事が中心となり、10トン以上の大型トラックを使用します。扱う荷物は大口のものが多く、メーカーの工場間輸送や倉庫への配送が主な例として挙げられます。

大型トラック

トラック運転手の給料

トラック運転手の給料は運転するトラックの種類によって収入の大きさが変わります。

例えば、求人サイトのindeedを見ると、2トントラックの運転手の平均月収は20~30万円に対して、4トンや10トン以上のトラックは30~40万円となっています。

また、トラックドライバーの仕事は学歴による給料の優劣は少なく、たとえ大卒であったとしても高卒や中卒と同じ扱いになる場合が多いでしょう。

トラック運転手の求人の募集要件はゆるい

トラック運転手は学歴不問でも募集している

トラック運転手の仕事には学歴が求められていることが少ないです。転職求人サイトでトラック運転手の求人を検索してみても学歴を採用条件としている企業はあまり見受けられません。

トラック運転手は年齢不問の仕事も多い

学歴同様にトラック運転手の採用条件に年齢制限を設けている企業は少数です。求人サイトの募集要項などを見ても「年齢不問・シニア大歓迎」などと年齢の枠を取り払っている企業も少なくはありません

トラック運転手は未経験可の仕事も多い

今までにトラック運転手を経験したことがない未経験者でも積極的に採用している企業も多く見られます。普通自動車免許といった最低限の免許を要求される場合が多いですが、応募者の経歴まではあまり重要視されません。

しかし、大型トラックドライバーといった比較的専門性が高い仕事については、免許だけではなく運転経験を求めている企業もあるようです。

トラック運転手は学歴不問の求人が多い理由

トラック運転手の仕事に高学歴・低学歴は関係ない

トラック運転手の求人に学歴不問が多い最大の理由は机上で勉強した知識があまり必要とされないからです。

トラック運転手は勉強した知識よりも健康状態や体力といったところで評価されることが多いです。運送業界はどちらかというと頭よりも体を動かす場面が多いので、評価基準は自分の体力や人間性といったポイントになります。そのため、トラック運転手には高学歴も低歴も関係ないのです。

しかし、トラック運転手からステップアップする場合は学習をする場面もあります。例えば、ドライバーを管理する運行管理者の資格を取得するためには試験を受けなければなりませんので、学習に対する意欲はある程度必要になります。

体力とやる気と責任感があればできる仕事

トラック運転手にとって学歴は重要ではありませんが、その代わりに自分の体が最大の資本になります。荷物の積み下ろしや長時間の運転でたくさんの体力を使う仕事なので、自身の健康管理も重要になります。

また、トラック運転手は基本的に一人で仕事を完結させるので、荷物の積み込みから運転、納品に至るまで、細かい部分は全てドライバー自身で考え、判断しなければなりません。そのためトラックドライバー職は大きな責任感が伴う仕事でもあるのです。

ドライバー不足とドライバーの高齢化が進んでいる

トラック運転手の採用に学歴不問が多い理由の一つに昨今のドライバー不足が挙げられます。人材確保が急がれる運送業界において、なるべく採用の難易度を低くして多くのなり手を増やそうとする意図があるのです。

少子高齢化の影響もあり、運送業界でもドライバーの高齢化が進んでいます。

多くの若い人材を確保するため「準中型免許」が新設されたりと国全体でバックアップしようとする動きもあります。更に、仕事への定着率アップや運送業界のイメージ向上のために、福利厚生を充実させたり、働き方を改善する企業が増えてきているのも事実です。

トラック運転手の業務にコネは重要ではない

トラック運転手になるためにはコネや知人などによる紹介は重要ではありませんドライバーの求人は多く、そもそも狭き門ではないため、紹介や推薦があれば有利になることはあれど必須条件ではないのです。

気になった会社があったら、自ら問い合わせをしてみるのが良いでしょう。

学歴よりも資格や免許が大事

トラック運転手は学歴よりも、運転やトラック車両に関する知識とそれに関連する免許や資格を持っているかどうかが重要視されます。ドライバーはトラック車両の運転に加えて、荷積みなどでフォークリフトやクレーンといった様々な機械を扱う場面も多く、それぞれには免許や資格が必要とされます。

そのため、トラックドライバーでステップアップしていくためには、仕事に必要な免許や資格を持っていることが重要とされているのです。

企業がトラック運転手を低学歴でも採用する事情

給料が大卒よりも安い

低学歴の人でも企業が採用する理由は給料を高く設定しなくてもよいからです。一般的に大卒の給料よりも高卒や中卒の給料の方が低い傾向にあります。専門的な勉強知識が必要とされないトラック運転手の仕事は高学歴・低学歴は特に関係ありません

また、中小の運送会社になると下請けの仕事が多くなり利益も出づらくなっています。そのため給料も抑えざるを得なくなり、ドライバーの人件費もなるべく低くしている実情があるのです。

他に行く場所がないので簡単に転職しない

トラック運転手は低学歴であっても正社員として働くチャンスが多い仕事ですが、高卒・中卒だと他の職種で正社員として働く機会は限られてくるでしょう。

そのため、トラック運転手は同業他社にいくことはあっても、全くの別業種に転職する人が必然的に少なくなる傾向にあるのです。つまり、一度その企業に就職した場合、そのまま離職せずに長く続けている人が多いということになります。

とにかく人手不足と高齢化を解消する必要がある

運送業界はこれから更に人手不足になると言われています。その背景には物流量の増加とトラック運転手の高齢化が挙げられます。

今日ではECサイトによるネット通販の取引量が増大し、モノの移動が更に増え続けています。そのため、物流インフラの一つであるトラック輸送の需要も増えていますが、その仕事を担う人材が不足しているのが現実です。

少子高齢化などの理由で多くの運送会社で次世代を担う人材が増えていかないため、企業もあの手この手で人を増やそうと躍起になっているのが実情です。たとえ応募者が低学歴であっても、やる気と人間性が評価されれば、正社員として採用されるチャンスは多いでしょう。

トラック運転手は中卒でもなれるのか?

学歴が関係のないトラック運転手は中卒でもなることができます

一定の条件が揃っていれば、正社員としても採用されることも十分ありえるでしょう。その条件とは必要最低限の免許と人間性の2点です。

まず、必要最低限の免許とは『普通自動車免許』のことです。しかし、企業によっては採用時に『中型免許』や『大型免許』を保持していることを条件としていることもあります。

次に人間性ですが、これはトラック運転手は一人で仕事を完結することが多いからです。そのため、多くのことを自分で判断して最後まで仕事を完遂する責任感が必要なのです。

企業もいくら人手不足だからと言って全ての応募者を採用するわけではありません。企業にとっても利益を追求することは必要なので、しっかりと仕事を任せられる人を採用したいと思うのは必然です。

トラック運転手は底辺というネットの不満は無視すべし

ネットやSNSの書き込みをみると、たまに『トラック運転手は底辺のクズ』というような書き込みを目にすることはありますが、これらの書き込みは無視してください。このような書き込みをする人はトラック運転手を経験していない人たちによるものが非常に多く、何も根拠はありません

確かに低学歴でもなれるトラック運転手は底辺に見られることもありますが、実際の仕事は日本の経済を下支えする仕事です。運転手はそのような実感はありませんが、実際は一人一人が大きな力となっているのです。そのため、トラック運転手が底辺だという認識はただの偏見でしかないのです。

学歴不問のトラック運転手の求人の探し方

学歴不問のトラック運転手の仕事を探す方法はいくつかあります。まずは企業の採用サイトから直接募集要項などを探すという方法です。お住まいの地域内で近くの会社を探すときに有効です。

次にインターネット上の求人サイトで探す方法です。求人サイトの良いところは自分の希望にあった会社を一覧で見れるところです。募集要項に学歴に関する項目を設けているところもあります。

最後は転職を斡旋してくれる人材紹介サービスを使うという方法です。ここでは一人一人に合った求人を紹介してくれるので、学歴はもちろんのこと、自分の希望に沿った仕事を見つけやすくなります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー