ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

トラックドライバーと運送業界の将来性は明るいの?

かつて、お風呂にも入れないような労働条件や、昼夜問わずの長距離運転など、過酷とされてきた運送業界でのお仕事ですが、今の現状とは?過去の経緯とともに現状、そして働くメリットを調べてみました。トラックドライバーの将来性を気にしている方は是非参考にしてみてください。

昔の運送業界の労働条件は確かにキツい内容だった

運送業界でのドライバーの仕事は、不規則な勤務形態、昼夜休日祝日問わずの長距離運転など、ゆっくりお風呂に入ったり、横になって睡眠をとるのが難しいと言われてきており、過酷な労働条件があったことは間違いありません。

また、約束の期日通りに物を運ぶことが絶対という厳しい条件のため、簡単にお休みすることができないお仕事でもあります。もちろん、過酷すぎる労働条件を行っていたのはごく一部の会社ではありましたが、とはいえ、今日は体調不良なので、納期を守れませんと簡単に言える仕事ではないため、例えば体調不良のときでも長期運転をこなさなければならない等の厳しい状況はあったというのは事実でした。

今の運送業界の問題点はドライバーの人手不足

そもそも、たくさんのドライバーが業界にいれば、長距離運転や、夜間の移動も、身体に無理のない範囲のシフトで行えるはずです。やはり、根っこにある問題は、ドライバーの人手不足といえるでしょう。昔から人手不足といわれていた業界ですが、昨今のネット通販などの増加により、ますます運送業は忙しくなり、より一層人手不足は深刻化してきています。つまり、一人当たりのドライバーが担当すべき業務が急増しているということです。運送業全体としては、順調に拡大している業界ですので、人手の確保が業界全体として急務といえるでしょう。

将来に向けて運送業界の働き方改革は始まっている

そんな現状を打破しようと、平成27年に「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」というものが立ち上がりました。

トラック運送業界におけるいわば、働き方改革の一環として国が提言したもので、賃上げ交渉がしやすくなる等の役割を担っていくと考えられています。また、高卒者へのトラック関連の運転免許資格取得支援であったり、女性のドライバー増加を狙ったプロジェクトなども立ち上がってきており、人手不足の解消に向けて、多数の動きが起きています。

今後のトラックドライバーの将来性は明るくなってきそう

先に述べたように、人手不足が大きなネックとなり過酷な労働条件になりがちな業界。昨今の様々な動きによって人手不足が解消していけば、労働環境もどんどんよくなっていくと考えられます。

また、運送業界の再配達に対する会社の対応策などもどんどん出てきていますし、あまりにも過酷な労働環境の会社は国の取り締まりも入っていきます。

とはいえ、ドライバーはやあり体力勝負であることに間違いはありません。ドライバーの経験をつみつつも、将来の体力を見据えたキャリアプラン。例えば、管理者側に回るなど。も視野に働くことが長期的に活躍するためには重要なのではないでしょうか?

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる