みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
タンクローリー

タンクローリードライバーの年収/月収/給料/手取りについてまるわかり

Contents

タンクローリードライバーの仕事とは

タンクローリードライバーは、ガソリンやガスのような、一般のトラックでは運搬できない液体や気体を運搬します。

危険物やガスを管理する資格が必要であったり、タンクローリーの運転自体に牽引免許が必要であったりする分、高い給料で仕事が募集される傾向にあり、一般的なトラックドライバーに比べて高い年収を得られます。

タンクローリードライバーの仕事の種類

粉粒体運搬車ローリー

積載物が小麦粉や石灰、ポリエチレンや飼料といった粉粒体のタンクローリーを粉粒体運搬車ローリーと呼びます。

粉粒体運搬車ローリーのドライバーは、積載物の性質上、工場や農場などへの運搬が多いです。またドライバーがフォークリフトを使って積み下ろしを行うこともあります。

危険物ローリー

消防法で指定される石油や劇薬類が積載物のタンクローリーが、危険物ローリーです。

危険物ローリーには、ガソリン、軽油などをガソリンスタンドへ運搬する仕事や、化学薬品を納品先へ運搬する仕事などがあります。積載物が液体のため、タンクローリードライバーが行う積み下ろしは、タンクとホースを繋ぐだけになります。

高圧ガスタンクローリー

積載物がLPガスやLNガスなどであるタンクローリーを、高圧ガスタンクローリーと呼びます。

高圧ガスタンクローリーの仕事は、可燃性ガス、酸素、毒性ガス、液化石油ガスなど、様々なものを納品先へ運搬します。積載物が気体や液化ガスのため、ドライバーは手積み手下ろしをするのではなく、タンクとホースを繋げて積み下ろしを行います。

タンクローリードライバーは給料水準が高い

一般的なタンクローリーは大型や牽引自動車であり、小型、中型トラックドライバーなどと比べて高い年収が得られる傾向にあります。

またタンクローリードライバーの仕事では、積載物の種類によって、危険物取扱者や高圧ガス移動者講習修了などの資格が必要になります。そうなると、一般的なトラックドライバーよりも採用や人材確保が難しいため、給料水準が高くなりがちです。

タンクローリードライバーは季節によって給料が変わる

タンクローリードライバーの中には、季節によって給料が変わる仕事もあります。特にストーブなどに用いられる灯油の運搬を行うタンクローリードライバーは、夏場と冬場で輸送量が大きく変動するため、給料が大きく変わってしまいます。

年収に比べて月の給料が少ないこともあるので、月々の支払いなどには注意が必要です。

種類別タンクローリードライバーの給料(平均年収/月収/手取り)

粉粒体運搬車ローリードライバーの年収/給料

積載物が小麦粉や飼料などの粉粒体運搬車ローリードライバーの月収は25万円から40万円とされていることが多く、平均年収はおおよそ400万円ほどとなります。

月収25万円では手取りが約21万円月収40万円では手取りが33万円が、おおよその手取り給料目安になります。

タンクローリードライバーの仕事は、運転するタンクローリーの大きさや走行距離などが会社によって異なるため、給料も会社によって大きく違います。

危険物ローリードライバーの年収/給料

ガソリンや石油などを積載物とする危険物ローリードライバーの月収は、35万円前後とされていることが多いです。したがって平均年収は450万円から500万円ほどとなります。

また月収35万円だと、手取りでは約29万円です。

危険物ローリーは、タンクローリーを運転する免許に加え、積載物に対応した危険物取扱者の資格が必要になるため、他のタンクローリーの給料よりも高めに設定されています。

高圧ガスタンクローリードライバーの年収/給料

積載物がLPガスなどである高圧ガスタンクローリードライバーの月収は、20万円から50万円と会社によって給料が非常に大きく異なります。

平均では月の給料の総支給額を30万円から35万円としている企業が多く、手取りでは約25万円から29万円年収は400万円から450万円ほどとなっています。

高圧ガスの運搬には、高圧ガス移動者講習修了が必要のため、一般のタンクローリーよりも給料が高額となる傾向があります。

タンクローリードライバーの求人例と給料

求人例・給与例①

石油製品を運搬する、宮城県のタンクローリードライバーの求人は、繁忙期の月収を32万円から36万円繁忙期以外の月収を30万円から32万円としています。

さらに賞与も年2回あるため、年間の給料は約360万円から400万円にボーナスを加えた金額になります。

また勤務時間は8時から16時50分で、大型免許や牽引免許、危険物取扱者の資格が必要ですが、それらの取得に対して助成金の支給や補助を行うなどの手当があります。

求人例・給与例②

LPガスを配送する、愛知県のタンクローリードライバーの求人は、試用期間2ヶ月の月収が約20万円以後の月収が21万円から35万円です。

賞与は年2回深夜手当や休日手当などもあり、入社2年目での年間の給料例は450万円から550万円となっています。

勤務時間は基本的に7時から16時ですが、早出や残業があります。ただし冬期の繁忙期以外、残業は少なめです。また仕事には、大型免許や高圧ガス移動監視者の資格が必要になります。

タンクローリードライバーの仕事のメリット

重い荷物の積み下ろしがない

タンクローリーに多い荷物である液体や気体の積み下ろしは、タンクローリーのタンクと納品先のタンクをホースで繋いで行います。ホースが大きかったり長かったりすると、ホース自体が重たくなることはありますが、一般的なトラックドライバーのように重い荷物を何度も何度も積み下ろしすることはありません。

重い荷物の積み下ろしがないことが、タンクローリードライバーのメリットであり、腰痛持ちの人や女性でも満足に仕事をすることが可能です。

長距離輸送ではない仕事もある

一般的なトラックドライバーの仕事は、大型トラックだと長距離輸送をすることが多くなりますが、タンクローリードライバーは大型でも長距離輸送以外の仕事が豊富にあります。

タンクローリーでの地場ドライバーの仕事は、主に県内や、日帰り可能な近県への運搬であり、長距離輸送が得意ではないドライバーでも仕事が探しやすいです。

人間関係上のトラブルは少ない

タンクローリードライバーの1日の配送件数は、会社にもよりますが2件から4件としているところが多いです。トラックでのルート配送のように1日40件ほどの配送を行うドライバーよりも、人と関わる機会が非常に少なく、その分人間関係上のトラブルが発生しにくくなっています。

人間関係のトラブルが少ないことも、タンクローリードライバーの仕事のメリットの一つです。

タンクローリードライバーの仕事のデメリット

運転の危険度が高い

タンクローリーは危険物を積んでいることが多いため、事故が大惨事に繋がる可能性が他の車両に比べて高いです。

またタンクローリーにはセミトレーラーが多いですが、トレーラーはトラックに比べて運転の難易度が非常に高く、さらに積載物が液体だと、固体の積荷に比べて重心が移動しやすいため、一つの操作ミスで横転してしまう危険性もあります。

タンクローリーの運転の難易度、危険度が高いことは、タンクローリードライバーの仕事のデメリットと言えます。

要求される資格の取得難易度が高め

タンクローリーで石油製品や高圧ガスなどを運搬するためには、ドライバーが危険物取扱者の資格や高圧ガス移動監視者の資格を持っている必要があります。

しかしどちらも試験に合格する必要があり、高圧ガス移動監視者講習は講習を受けた上での合格率が85%ほど、危険物取扱者は合格率が40%ほどと、取得難易度が高めになっています。

タンクローリードライバーに必要な資格

大型免許

タンクローリーには軽自動車規格から中型、大型まで様々な大きさがありますが、多くの企業が大型のタンクローリーを用いているため、タンクローリードライバーには大型免許が必要です。

ただし企業の中には、免許の取得支援を行っている企業もあるため、就職に必ずしも必要というわけではありません。しかし大型免許の取得には、普通免許や中型免許を既に取得しており、その期間が通算して3年以上、という条件があるため、注意が必要です。

牽引免許

タンクローリーにはセミトレーラー型の車両も多くあります。したがってタンクローリードライバーには、トレーラーを運転するための牽引免許が必要な場合が多いです。

企業によっては免許の取得支援を行っており、入社後の取得が可能な場合もありますが、予め牽引免許を取得をしておくと就職の際には有利となります。牽引免許を教習所に通って取得した場合、10万円以上の費用が発生することも多いですが、牽引運転者は大型運転者などに比べても、給料が高い傾向にあります。

危険物取扱者の資格

ガソリンや灯油といった製品は危険物に分類されます。したがって石油製品を積載物とするタンクローリードライバーには、対応した危険物取扱者の資格が必要になります。

タンクローリードライバーが運搬する危険物の多くは、ガソリンスタンドなどへ納品する石油製品です。石油製品は甲種、乙種4類、丙種の3つの危険物取扱者の資格の内、いずれか1つでも所持していると、運搬可能になります。

資格取得の補助を行っている企業もありますが、予め取得しておくと、就職の際に有利です。

高圧ガス移動監視者の資格

LPガスなどを積載物とする仕事に就いた場合、タンクローリードライバーには高圧ガス移動監視者の資格が必要になります。

高圧ガス移動監視者取得のための講習は年4回開催されており、2日間で法令の3時間の講義、学識と保安管理技術の11時間の講義を受けます。

取得している人は多くないので、持っていると就職の際に有利です。

毒物劇物取扱責任者の資格

アンモニアや塩素など、毒物や劇物をタンクローリーの積載物とする場合、毒物劇物取扱者の資格を持つ業務上の責任者を設置し、都道府県知事に届け出る必要があります。

運搬するタンクローリードライバーに、必ず必要な資格ではありませんが、所持しておくと就職の際や仕事の際にも有利に働きます。

毒物劇物取扱者の資格試験の実施回数や日時は各都道府県によって異なりますが、工業高等学校、または同等以上の学校で応用科学に関する学課を修了している場合、既に劇物取扱責任者の資格を所持していることになります。

タンクローリードライバーが年収/給料をあげるには

様々な資格を取得する

タンクローリードライバーが年収、給料を上げるためには、大型免許や牽引免許、危険物取扱者などの様々な資格を取得する方法があります。

一般的にトラックドライバーは、中型車両よりも大型車両の方が給料が高く、牽引免許が必要なトレーラーが最も高い年収を得られます

またタンクローリードライバーの場合は、危険物取扱者や高圧ガス移動監視者などの資格を取得していないと就けない仕事もありますより給料の高い仕事を選ぶためにも、資格は必要です。

ドライバーとしての経験を積む

タンクローリードライバーとして経験を積むことで、昇給し毎月の給料が増加したり、稼ぐ効率の良いルートを任せてもらえるようになったりと、年収や給料が上昇します。これもタンクローリードライバーが年収を上げる方法の一つです。

またタンクローリードライバーにも無事故手当があるため、ドライバーとして経験を積んで安全運転ができるようになることでも、給料を上げることが可能です。

仕事ができる人の真似をする

タンクローリードライバーの仕事は、主に1人で行なうために、他のドライバーとの交流は少ないですが、仕事ができる人の真似をすることは、全ての職種において仕事の上達のために重要なことになります。

タンクローリードライバーの仕事は、運転のルールが難しく、また運転自体も非常に難しいです。自分だけで一人前になるには時間がかかります。そのため早く仕事を上達し年収や給料を上げたい場合には、仕事ができる人の真似をすることは大切です。

働くモチベーションを高める

目的もなく仕事をしていると、モチベーションは下がる一方で、仕事の能率なども悪くなり、タンクローリードライバー自身の評価も下がってしまいます。したがって年収や給料を上げるためには、ドライバー自身の評価を下げないよう、目標を持ちモチベーションを高めて働くことが大切だと言えます。

良い会社で働く

タンクローリードライバーには、年収が200万円から300万円の仕事もあれば、年収500万円以上の仕事もあるなど、給料は会社によって大きく異なっています。

したがって高い給料や年収を得たい場合には、給料の良い会社を選ぶことも大切です。また良い会社で働くために、大型免許や牽引免許、危険物取扱者の資格などを取得しておき、選べる裾野を広くしておくことも重要です。

タンクローリードライバーに向いている人

高い年収、給料を望む人

タンクローリーには大型やセミトレーラー型のものが多い上に、仕事のために資格が必要なことも多いため、他の一般的なトラックドライバーに比べて給料が高い傾向にあります。またタンクローリードライバーの仕事の中には、歩合制を用いている会社もあり、仕事をすればするほど給料を上げることが可能です。

したがって高い年収、給料を望む人に、タンクローリードライバーは向いています。

体力的にきつくない仕事をしたい人

タンクローリードライバーには、重たい荷物を何度も積み下ろしするといった作業はなく、体力的にきつくない仕事をしたい人にも向いた仕事です。

多くの場合、積み下ろしはホースを繋げるのみで、飼料の納品などの場合にはフォークリフトを使用することもありますが、ドライバー自身が手積み手下ろしをすることはありません。

ドライバー経験が豊富な人

タンクローリーに多いセミトレーラー型は一般的なトラックに比べて運転が非常に難しく、ジャックナイフなどトレーラー固有の特殊な挙動も多くあります。またタンク内の積載物が液体だと、ブレーキやカーブなどで重心ずれやすく、車両のコントロールが困難になります。

事故を防止する意味でもドライバー経験が豊富な人が、タンクローリードライバーに向いています。

慎重な人

ガソリンを誤って灯油のタンクに納品するというコンタミ事故を起こした場合、その灯油をストーブに使用すると火災が発生する可能性があります。

タンクローリードライバーのミスは、人命に直結するミスとなるため、絶対にあってはいけません。したがって慎重な人がタンクローリードライバーには向いています。

責任感が強い人

危険物を運搬するタンクローリードライバーは、絶対に事故を起こしてはいけません。タンクローリーでの事故は、商品を駄目にしたり、会社の信用を失ったりするどころか、命を失う大事故に容易く繋がってしまいます。

そのため責任感が強く、運転中に気を抜くことがないような人が、タンクローリードライバーに向いています。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー