みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
セールスドライバー

セールスドライバーとは?営業・集配ドライバーの仕事内容/給料/免許がまるわかり

Contents

セールスドライバーとは?セールスドライバーの意味を解説!

セールスドライバーとはトラックドライバーの職種の一つで、その意味はその名が示すとおり、営業マンを兼ねたトラック運転という事になります。

セールスドライバーの仕事の幅は広く、

  • 荷物の配達のほか、荷物の集荷作業を行う集配ドライバーとしての業務
  • 料金回収や営業活動を行う営業ドライバーとしての業務

があります。

またセールスドライバー仕事内容には大きく分けて、

  1. トラックを運転して、個人宅の配達、集荷をメインとした一般顧客向け(BtoC)の仕事
  2. 企業向けの荷物の配達、集荷をメインとする企業間取引(BtoB)の仕事

があります。

セールスドライバーの営業の仕事とは

セールスドライバーが他のトラックドライバーの仕事と比較して決定的に異なるのは、ドライバーでありながらも営業マンとしての役割もあるという点です。

セールスドライバーの営業の仕事とは、主に商品の販売活動や、配達プランの提案などです。商品の販売活動とは、顧客に対して自らの会社が扱う日用品や食品などの幅の広い商品の販売になります。配達プランの提案とは、新規の顧客獲得はもちろん既存のお客様に対して効率的など配送プランの提案を行ったりする事です。

セールスドライバーの具体的な仕事内容

配達の仕事

配達はセールスドライバーにとって基本の仕事です。トラックに乗務して自分が担当するエリア内の個人宅や企業に荷物配達を行います。

荷物の大きさや配達する件数はエリアによって異なってくるため、その配送ルートに合った効率的なルートを構築していくことが、配達時間の短縮につながり、セールスドライバーの腕の見せどころになってきます。

集荷の仕事

セールスドライバーの仕事は配達の他に、顧客の荷物を預かって物流センターに集める集荷の仕事があります。この集荷はインターネットや電話などで予約されたお客さん(個人や企業)の元へ指定された時間に直接荷物を引き取りにいく場合や、コンビニなどの取次店舗に預けられた荷物を引き取りにいくケースなどがあります。

料金回収の仕事

セールスドライバーには荷物の配送料をお客さんから集金したり、着払いなど、送り主に変わって代金の集金を行う料金回収の仕事もあります。

代金決済の方法は現金やクレジットカード、電子マネーなどさまざまあり、現金の場合は小銭が必要になるため、いつでも対応できるよう準備しておかなくてはなりません。

セールスドライバーの仕事の一日の流れ

  • 6:30 出社:営業所に集められた荷物をトラックに積み込みます。
  • 8:00 配達:積み込みが完了したら配達に出発します。午前中は配達業務が中心になります。
  • 12:00 営業所帰社:午前中の配達が完了したら営業所に戻ります。午後便の荷物が到着していた場合は荷物の積み込みを行います。
  • 12:30 休憩・昼食:休憩時間に昼食をとります。繁忙期には満足に休憩が取れない場合もあります。
  • 14:00 集荷業務:午後は主に集荷業務になります。個人や企業、また取次店などの依頼を受けて荷物の引き取りに向かいます。
  • 15:30 営業活動:新規取引につなげる営業活動、自社が扱っている商品の販促活動を行います。
  • 16:30 再配達:夕方から再配達を行います。
  • 18:30 営業所帰社:営業に戻ったら集荷した荷を降ろします。
  • 19:30 事務処理:引継ぎなど
  • 20:30 帰宅

セールスドライバーの朝はゆっくりですが、再配達などあるため帰りは遅くなりがちです。

セールスドライバーはどこで働くのか

セールスドライバーは地域密着型の仕事です。セールスドライバーは営業マンの一面もあるため、担当エリア内の顧客や地域の住民とのコミュニケーションを大事にする必要があります。そのためセールスドライバーの働く場所の多くは、担当エリア内にある営業所、もしくは物流センターになります。

セールスドライバーのつらいところとデメリット

近年のインターネット通販の爆発的な普及により、セールスドライバーの仕事はトラック運転手の中でも大変忙しい職種になっています。

特に繁忙期には満足に休憩をとる事ができずに、トラックを運転しながらおにぎりやサンドイッチを食べたりといったつらい状況もあります。

さらには再配達や集荷が夜遅くにまで及んでしまい家でゆっくり休息をとる事ができなかったりという状況も起こり得るのです。

またセールスドライバーの仕事は売り上げのノルマがあるため、マイペースでのんびり仕事、と言うわけにはいかない事情もあります。自身の成績が収入に反映される事になりますので、競争意識の低い人にとってセールスドライバーはつらい仕事になってしまうかもしれません。

そのほか営業職でもあるセールスドライバー顧客対応も自分で行わなければなりません。荷物についての問合せやクレーム対応、中にはタチの悪いクレーマーの相手をしなければならないのもセールスドライバーのデメリットになります。

セールスドライバーのやりがいとメリット

努力した分だけ稼ぐことができる

セールスドライバーは歩合制で仕事をしているため、本人の頑張りが給料や賞与に反映されやすいといったメリットがあります。

日本の企業の多くは年功序列を重視した給料体系を採用しているため、いくら実力があっても長く勤めている人に給料面では報われないといった現状があります。

ところがセールスドライバーの仕事は歩合制の実力主義の世界です。固定給と違い本人の努力や実力がそのまま収入に反映されますので、そういった事にメリットを感じてセールスドライバーの仕事を選択する人は多いです。

夜勤が少ない

セールスドライバーの仕事は個人や企業を相手にする仕事ですので、基本的に夜勤が少ない仕事になります。

もちろん繁忙期などでは労働時間が長くなって帰りは遅くなりがちですが、朝出勤の夕方退社が基本ですので生活のリズムは取りやすく、セールスドライバーの仕事は健康に良い労働環境であると言えるでしょう。

デスクワークがほとんどない

セールスドライバーの仕事は基本、を使った体育会系の仕事になります。荷物の積込作業と配達が基本ルーティンになりますので、伝票の作成、整理以外のデスクワークはほとんどありません。

外仕事が中心になるセールスドライバーの仕事はデスクワーク特有のストレスがほとんどない事がメリットになります。

直接お客様からの感謝の声を聞くことができる

セールスドライバーの仕事はラストワンマイルの仕事になります。お客さんに荷物を直接届けるセールスドライバーの仕事は物流の最後の部分を担う仕事であり、人と人を結ぶ重要な役割を果たしています。

お客さんの感謝の気持ちや要望を直接聞ける事がセールスドライバーにとってのモチベーションのアップとやりがいにつながっているのです。

一人での運転が多く、人間関係上のストレスが少ない

セールスドライバーの仕事は1人での運転の時間が多く人間関係のストレスが少ない仕事です。

セールスドライバーという仕事の性質上、お客さんとのやり取りは発生します。それでも一般的な仕事にありがちな職場の人間関係はないに等しく、ストレスの溜まりにくい労働環境である事がセールスドライバーのメリットになります。

セールスドライバーの雇用形態

セールスドライバーの募集の多くは正社員としている会社が多いですが、会社によっては契約社員で募集をかけているところもあります

当然、福利厚生、収入面を考えれば正社員で入社する事をお勧めしますが、会社によっては一旦契約社員で採用して、ある程度の期間が経った後に正社員として登用する場合もあります。

契約社員は待遇面で敬遠されがちですが、適性を図るためにあえて期間を設けて契約社員としている会社もありますので、事前に採用面接などで確認する必要があるでしょう。

セールスドライバーの給料・年収

セールスドライバーの給料・年収は一般的なサラリーマンのような固定給制ではなく、売り上げや生産性が給料に反映される歩合制になっているため基本給は低く設定されている場合が多いです。

その分、人の頑張りや能力が歩合制として反映されるために、セールスドライバーの給料、年収は個人によって大きく開きがある傾向にあります。一部、大手企業のセールスドライバーは完全固定給制の会社もありますが、そういった会社は賞与で頑張りや能力に応じた手当てをつけています。

セールスドライバーの平均の給料は能力や経験、年齢によって変わってきますが、月収で25万円〜40万円、年収で300万円〜550万円程度になります。

セールスドライバーの休日

セールスドライバーは基本的には年中無休である事が多く、週末に必ず休めるといった職種ではありません。そこで多くの企業はシフト制でセールスドライバーに月に6日〜9日の休日を与えています。

盆休みや年末年始もセールスドライバーは働かなければならない場合も多く、つらいところではありますが、その一方で年間休日は105日〜120日としっかりある企業が多く、有給の取得はもちろん、育児休暇や介護休暇などの休暇制度も充実している点も注目です。

セールスドライバーの福利厚生

セールスドライバー福利厚生に関しては企業によりさまざまですが、多くの企業が交通費や残業手当はもちろん住宅手当、家族手当といった手当てをつける事で福利厚生の充実に努めています。

ただやはり大手企業のセールスドライバーの方が待遇面や福利厚生の面では有利な傾向にあり、各種手当てはもちろん自動車保険の割引制度や財形貯蓄制度、会員制スポーツクラブの利用など手厚い待遇でセールスドライバーをバックアップしてくれます。

セールスドライバーになるために必要な免許・資格

セールスドライバーの仕事は学歴不問で特に難しい免許や資格も必要ない事がほとんどです。セールスドライバーが乗務するトラックは2トントラック、もしくは4トントラックになりますので最低でも普通免許さえあれば誰でもセールスドライバーを目指す事ができます。

もちろん準中型免許や中型・大型免許があればできる仕事の幅も広がりますし、採用面接も有利にはなります。ですが企業の資格支援制度などを利用して入社後にそういった上位資格の取得を目指すことも可能です。

セールスドライバーの求人例

佐川急便のセールスドライバー

仕事内容 佐川急便のセールスドライバーとして担当エリアの集荷・配送業務を行う
雇用形態 正社員
給料 【月収例】28万円6千円〜40万3千円 ※60時間の残業手当、諸手当含む
昇給・賞与 【昇給】評価制度あり(年2回)【賞与】業績反映給(年2回)
勤務時間 7:00〜16:30
休日・休暇 月9日休日、有給休暇、特別休暇、育児・介護休暇、慶弔休暇あり
待遇・福利厚生 任意保険加入(全車両)、自社教習所あり、社会保険完備、制服貸与、退職金制度、共済会制度、(慶弔見舞金、入学祝い金など)
資格 未経験者歓迎、普通自動車免許(AT限定可)※取得後1年以上経過

※最近情報は佐川急便の採用ページを確認してください

ヤマトのセールスドライバー

仕事内容 クロネコヤマトのセールスドライバーとして担当エリアの個人・企業のお客様へ荷物の配達・集荷を行う仕事になります。
雇用形態 正社員
給料 【月収例】34万4千円〜年齢30歳・勤続3年・残業35時間・扶養家族(配偶者+子1人の場合
昇給・賞与 【昇給】年1回(5月)【賞与】年2回(7月/12月昨年度実績6ヶ月)
勤務時間 シフト制・8:00〜19:00/8:00〜13:00など
休日・休暇 月9日−11日、年間休日118日、慶弔休暇、育児・介護休暇、特別休暇、年次有給休暇、リフレッシュ休暇
待遇・福利厚生 社会保険完備、ヤマトグループ保険制度、扶養手当、地域手当、退職金制度、財形貯蓄制度、会員制スポーツクラブ、制服貸与、
資格 未経験者歓迎、普通自動車免許(AT限定可)※取得後1年以上経過

※最近情報はクロネコヤマトの採用ページを確認してください

セールスドライバーとして働くための会社を選ぶ際のポイント

どのような会社があるのか

セールスドライバーが働く会社はさまざまあり、業務内容や待遇などは会社によって大きく違ってきます。

一般的に有名な企業は、宅配大手のヤマト運輸、企業向けの配送に強い佐川急便、岐阜県に本社を置く西濃運輸などがあります。

これら大手の会社は規則に厳しく、自由がないといったデメリットはありますが、福利厚生や待遇面、安全に対する取り組み方など、セールスドライバーが安心して働く事のできる環境が準備されているといった点でおすすめの会社です。

会社を選ぶ際に注意するべきこと

セールスドライバーの労働環境は働き方改革の影響もあり、大手企業を中心にかなりの部分改善されてきています。ですが残念な事に一部劣悪な労働環境でドライバーを働かせている企業もあり注意が必要です。

そこでまずは、セールスドライバーの会社を選ぶ際には雇用形態をチェックしましょう。

会社によってはセールスドライバーをアルバイトドライバーや契約社員でまかなっている場合があり、その場合正社員に比べて待遇には大きな違いが出てきます。アルバイトや契約社員の場合、雇用が不安定で給与が低く設定されている場合も多く、健康保険や休暇、手当てなど福利厚生や待遇面の期待もできません。

セールスドライバーの雇用形態は正社員がベストです。また、福利厚生や待遇面、雇用形態などの情報を入手するには転職サイトの口コミ情報を見るのがおすすめです。口コミでは実際に現場で働いている人の生の声を聞く事ができる事から、大変参考になります。

志望動機や面接の対策

セールスドライバーの面接の際、企業の採用担当者は志望動機や身なり、言動で入社希望者の適性を判断します。

そうしたことから、志望動機にはなぜセールスドライバーという職種を希望しているのか、入社してどういった事がやりたいのかを明確に書く事が大事になります。志望動機を書く際のポイントは以下のようになります。

  • なぜセールスドライバーの仕事を志望したのか
  • 自分の持っている能力がどのように会社に貢献できるか
  • 入社した後、自分がどのようになりたいかのビジョン

以上に加え、セールスドライバーの仕事は営業マンの役割も担っています。面接では清潔感のある服装を心がけ、受け答えもハキハキと笑顔で応対するようしましょう。

セールスドライバーとして活躍するためのコツ

接客の技術を身につける

セールスドライバーはトラックの運転業務はもちろん、営業職的な役割もあればサービス業的な役割もある仕事です。そんなセールスドライバーの世界で活躍するためには、運転技術の他に接客の技術も身につける必要があります。

現在では接客マナーについての本も多数出版されているので読んで勉強するのも良いですし、YouTubeなどで接客マナーのレクチャーを行っている動画もありますので見て勉強するのも良いでしょう。

他のトラックドライバーの仕事では人と関わる事が少ないため、職人気質で無口な人が向いていると言われますが、セールスドライバーの仕事はコミュニケーション能力がなければ勤まりません。常に笑顔を忘れず、誠意を持ってお客様と接する事がセールスドライバーとして活躍するコツになります。

体を鍛える

セールスドライバーは体が資本の体力勝負の仕事になりますので体を鍛える事がとても大事になります。セールスドライバーは自らの足で住宅街やオフィス街を走り回るといった事が日常茶飯事で体力を使ううえに、重い荷物の持ち運びや長時間の運転で腰にも負担がかかるため、腰痛対策も大事になります。

日頃からストレッチなどの運動を心がける事や、ジムに通うなどして体を鍛え、丈夫な体を作る事がセールスドライバーとして長く活躍するためのコツになります。

トラブルが起きても冷静に対処する

セールスドライバーはトラックの運転はもちろん、お客様との接客対応や集金など、その業務内容は多岐に渡ります。それにともない事故やクレームなどのトラブルも起こりがちです。

そういったトラブルが起きても冷静に対処できる知識や対応力、心の余裕を持つ事がセールスドライバーとして活躍するためのコツになります。

作業を効率化していく

セールスドライバーの仕事はただ決められたルートの配達をすれば良いという単純な仕事ではありません荷物の再配達や道路の渋滞などの障害をいかに避けて、効率の良いルートを構築するかが自身の成績に直結するといって良いでしょう。

優秀なセールスドライバーは常日頃から配達方法などを工夫して、自らの失敗の経験も糧にして作業を効率化していく事ができます。それができる人とできない人とでは雲泥の差がついてしまうのがセールスドライバーという仕事です。

仕事ができる人を見習う

セールスドライバーとして長く活躍していくためには自分より仕事のできる人を見習う事がとても大事になってきます。経験豊富な先輩ドライバーは効率的なルートや作業方法をよく知っているものだからです。

そういった先輩ドライバーの仕事の仕方、作法を盗んで真似する事が、できるセールスドライバーになる最短ルートといって良いでしょう。

モチベーションをキープし続ける

セールスドライバーの仕事はドライバーとしての業務の他にお客さんとの営業活動もある大変忙しい職種です。そんなセールスドライバーの世界で長く活躍していくのにはモチベーションの維持がとても重要になってきます。

そこで月の売り上げ高や新規の顧客獲得数など具体的な目標を掲げる事をお勧めします。そうする事でモチベーションをキープし続けられる事はもちろん、自身の仕事の評価をあげる事にもつながります。

セールスドライバーに向いている

コミュニケーション能力が高い人

セールスドライバーが扱う荷物にいろいろな種類や大きさがあるように、おさんもまたさまざまです。優しく感じの良いおさんもいれば、些細な事でクレームを入れてくる気難しいおさんなどいます。そういったさまざまな人、に対して常に良好な関係を保つ事がセールスドライバーには求められます。

セールスドライバーは荷物を送る側と受け取る側と直接やり取りするラストワンマイルの仕事になります。そんなセールスドライバーに必要なものは難しい資格や技術ではありません。セールスドライバーにとって一番大事なのは顧客に対して笑顔で明るく接客する事ができるコミュニケーション能力になります。

誠実な人

セールスドライバーの仕事は荷物と一緒に真心も運ぶ仕事と言われています。顧客から預かった荷物を確実に運び届けて、集金や営業活動も行うセールスドライバーはお客さんに対して常に誠実でなければ信用を得る事ができません。信用を得る事ができなければ、顧客の新規開拓などもスムーズに行う事は難しいでしょう。

勤勉な人

セールスドライバーは学ぶ事を怠らず、自分を成長させていかなければ、長く第一線で活躍する事ができません。なぜならセールスドライバー仕事は競争の激しい歩合制の仕事だからです。

常に効率の良い業務、ルートを開拓していかなければ生き残っていく事が難しい仕事だからこそ、勤勉で真面目で努力を惜しまない人がセールスドライバーに向いている人になります。

運転が好きな人

セールスドライバーの仕事は運転してナンボの世界です。いくら人と接する事が大好きでコミュニケーション能力が高くても運転が嫌いではセールスドライバーの仕事を続けていくのは難しいかもしれません。トラックの運転が苦にならず、楽しいという人がセールスドライバーに向いているのは間違いありません。

たくさん稼ぎたい人

セールスドライバーの仕事は歩合制で、一般的なサラリーマンのように昇給を前提とした固定給の給与体系ではありません。そういった事から、実力さえあれば入社後、比較的早い段階で高い給料を稼ぐ事も可能です。

セールスドライバーの仕事は歩合制で競争が激しく厳しい面もある仕事ですが。明確にたくさん稼ぎたいという意志があればセールスドライバーとして一線で活躍する事ができますし、そういった方がセールスドライバーに向いているといえるでしょう。

セールスドライバーとは?営業・集配ドライバーの仕事内容/給料/免許がまるわかりのまとめ

セールスドライバーの仕事はただ決められたルートをまわって配達するだけの単純な仕事ではなく集金や営業活動もある難度の高い仕事といえます。再配達やクレーム対応などつらい面がある事も確かです。

また歩合制のため給料を稼ぎたい人には良い面もありますが、それゆえにドライバー同士の競争が激しく、また近年ではインターネット通販の拡大、送料無料などのサービスの激化ドライバー不足もあり大変忙しい職種になっています。

そういった環境にやり甲斐を感じる事ができるのであればお勧めの職種ですが、マイペースでのんびり仕事がしたいという方にはあまりお勧めできる仕事とはいえません。そういった方には毎日のコースが決められていて自分のペースで仕事ができる給食の配送ドライバーなどはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー