ドライバー/運転手関連の仕事一覧

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事がまるわかり

通販での買い物がとても身近になった昨今、宅配サービスのお世話になることも多くなりました。この、私たちの多くがお世話になっている荷物の物流を支えているのがセールスドライバーです。セールスドライバーに関心をお持ちの皆さんに、その仕事の中身をご紹介します。

Contents

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事内容

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事内容まとめ

世の中を流れている荷物の、最終引き渡しに関わるのがセールスドライバーの仕事になります。

それは、注文されたお客様のご自宅までであったり、販売店までであったりしますが、荷物の発着場所である倉庫や製作所から、荷物を実際に使う場所まで届ける作業がセールスドライバーの主な業務となります。

運ぶ品物によって、使う車も運び方も様々となりますが、共通するのは、荷物を送り主に変わって大切にお客様のもとにお届けする業務という点です。

セールスドライバーは、荷物そのものと搬送方法に関するプロフェッショナルですので、お客様や荷主様の必要に合わせたアドバイスをすることまでできます。

そういった営業までがセールスドライバーの仕事に含まれます。

セールスドライバー(営業ドライバー)とは?

セールスドライバーは主に、荷物の集配業務を行います。

有名なところでは佐川急便やクロネコヤマトのように、送り主から注文者の元まで荷物を配送します。

あるいは、コンビニへの納品作業や、共同購入、例えば生活協同組合のようなある一定のルートに沿って荷物を配達する業務もあります。

荷主が荷物を営業所やコンビニなどに持ち込み、それをセールスドライバーが運ぶこともありますが、セールスドライバーが荷物を直接荷主の元へ受け取りに行く集荷作業もこの業務に含まれます。

常に、荷物や荷物の動きに密着しているので、どんな荷物がどのように流れているのかに精通している、物流のプロフェショナルとも言えます。

そのため、必要に応じて荷主にアドバイスを行うこともできます。

例えば、時期に応じて、多く流通している品物に関する情報や、時期に応じて変化する、配送先や配送物に応じた所要日数もかなり正確に伝えることができます。

時間に正確に安全にドライビングできることはもちろんですが、品物や配送経路への精通度合いが、荷主からの信頼につながる仕事です。

セールスドライバー(営業ドライバー)の具体的な仕事内容

具体的な業務内容は、出社後、当日の使用車両の準備から始まります。

出庫前点検、日常点検や事務処理を終えた後、当日分の配送品の積み込みを行います。

午前中分の配達を終えた後、昼の休憩を挟み午後の積み込みとなります。

配達業務であれば、夕方から夜にかけては再配達依頼が増えるので、通常配達に加えて再配達分も組み込んだ予定づくりが求められます。

業務に営業が求められる場合、多くの会社では、忙しい午前中ではなく取引先にもゆとりができる午後からの業務に営業活動が組み込まれます。

当日分の配達が終わると、洗車や積荷の整理を含めた、車の片付けを行い、当日分の事務処理をして業務終了となります。

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事はこんな人に向いてそう(歓迎されるタイプ)

基本的なこととして、ドライビング業務ですので、運転スキルは求められます。事故を起こさないことはもちろんですが、交通法規を守った正確で安全な運転ができなければなりません。

尚且つ、時間通りの配達が求められるため、スピーディーな運転とともに、状況に合わせた経路選択もできるように、配達経路に精通していることも求められます。

これらの条件を満たすためにも、道を覚える勤勉さや、気持ちのおおらかさ落ち着きなどの人間性も求められます。

特に、営業成績を伸ばして収入アップを望むのであれば、運んでいるのが物ではなく、お預かりする商品であるという高い意識が必要です。

ただ、車が好き運転が好き、体力に自信があるというのではなく、お届け先や荷主様との関係を大切にできるほどのプロフェッショナルな取り組みが求められます。

セールスドライバー(営業ドライバー)の平均的な給料・年収

セールスドライバー(営業ドライバー)の平均的な給料・年収まとめ

セールスドライバーは、ドライビング業務の中ではオーソドックスな部類に入るため、長距離ドライバーや特殊車両ドライバーに比べると、平均的な給料は特別高額というわけではありません。

ある程度の大きさの会社であれば、年二回の賞与が付く形が一般的ですので、通常の給料に賞与を加えたものが年収となります。

基本的に受け取れる給料は特別高額ではありませんが、セールスドライバーの特徴として、給料にインセンティブが影響するする点が挙げられます。

ドライバー個人のルートあるいは顧客が持てますので、道に精通したり、荷物の扱いの習熟により集配の速度が変わり、集配荷物の増加に伴って収入も増加していきます。

また、荷主の評判が上がり注文が増えればそれだけ給料も増加していきます。

セールスドライバー(営業ドライバー)の平均的な給料・年収

平均的な月額給料は15〜30万円前後です。

一般的には、集配に使用する車が大きくなるほど基本給は上がっていきますが、バイク便などの特殊性があるものは、乗り物の大きさに関わらず前述以上の収入が見込めます。

ここに年2回の賞与が加わり、年収250〜400万円ほどが平均的な収入となります。そこにさらに手当が諸々付きます。

年収 250〜400万円程度
月収・月給

※賞与は別

15〜30万円程度 (手取りベースの月収は16〜20万円程度)
日給 1万円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 1,200円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

セールスドライバー(営業ドライバー)の手当(深夜・残業など)・賞与

基本的には残業手当や深夜手当に加えて、繁忙期手当などが支給されるのが一般的です。

ドライビング業務ですので、無事故手当をつける会社もありますが、全く逆の考えとして、無事故が当たり前で、事故を起こした場合に減給などのペナルティーを課すことになっている会社もあります。

賞与に関しては、前年の実績に基づいた額が年2回給付される形が一般的です。

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事でたくさんお金を稼ぐには?

集配が基本業務ですので、より正確に早く集配ができればそれに伴って収入も増加していきます。集配スピードを上げることには、荷物の積み方が大きく関係してきます。集配を逆算した効率的な積み込みを行うことが、荷物を探したり、出し入れの手間を最小限にし、全体の集配時間の短縮を生みます。

同様に、経路に精通することも、地図を確認する時間、遠回り、渋滞に巻き込まれる時間などの余分を最小限にし、より効率的な集配を生みます。

もう一つの基本業務が営業ですので、こちらの成績を上げることが収入の増加に直結します。

それは単に売り込みが上手ということではなく、常日頃の経路や顧客お一人お一人のとの良い関係づくりから始まります。運転マナーなども思わぬところで見られており、そうしたものも信頼関係に影響しますので、総合的な人間性の良さが、顧客増加につながり、結果的に収入増加につながります。

セールスドライバー(営業ドライバー)の働き方

セールスドライバー(営業ドライバー)の働き方まとめ

セールスドライバーの働き方は非常に多岐に渡ります。

日中がメインとなる集配もありますし、午後から夕方にかけての集配もあります。都内近郊の車での移動よりも足を使った集配が主になる業務もあれば、郊外の、車での集配がメインとなる業務もあります。

そうした集配の基本業務の前後に、積み込み作業や伝票整理などの事務作業が加わり、新たなルート開拓や、荷主との話し合いといった営業業務も加わります。

セールスドライバー(営業ドライバー)の勤務形態

勤務時間・休憩 勤務時間は8時間〜10時間ほどで、その間に1時間の休憩があるのが一般的です。
運送・配送エリア 配送エリアはそれほど広くないのが一般的です。特に住宅密集地では狭いエリアを1日に3回ほど回る形が一般的です。
移動距離 1日の走行距離が10〜200キロと幅があります。住宅密集地では車での移動はわずかで、階段の上がり降りや、集合住宅の中での集配になります。

一方で、集配エリアが郊外の場合は移動距離がさらに伸びます。

通勤方法 一般的に通勤方法を自由としている会社が多いですが、通勤時の事故を敬遠してバイク通勤を不可としている会社もあります。
研修の有無 基本的には、経験者の同乗トレーニングがあるのが一般的です。まずは、経験者の作業を見て覚える期間、その後に、経験者に作業を見てもらう期間、それら二つが研修となります。
その他 セールスドライバーの勤務形態は幅が広く、早朝から昼間のみ、夕方から夜間まで、など勤務時間も様々です。

勤務地ごとで集配の移動距離も大きく異なります。

セールスドライバー(営業ドライバー)の雇用形態

セールスドライバー(営業ドライバー)の一般的な雇用形態まとめ

セールスドライバーの雇用形態は正社員としての雇用が一般的です。

研修期間をしっかり設け長期で勤務することを求められます。それに伴い、福利厚生をしっかり付け、各種手当もつくのが一般的です。

ただし、一定年齢を超えている場合には、契約社員としての雇用となることもあり、その場合は5年毎や1年毎などの契約更新となっています。

年間を通じての需要が多い業種ですが、特に繁忙期にはアルバイトや派遣社員などで集配力の一時的増強をするのが一般的です。

セールスドライバー(営業ドライバー)の一般的な雇用形態一般的な雇用形態

形態: アルバイト 契約社員 派遣社員 正社員 業務委託
募集: あり あり あり あり あり

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事でで使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験その他

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事でで使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験まとめ

基本的には普通自動車免許が必須資格となります。

使用する車種が、軽トラックから中型トラックまでと幅広いので、すでに持っている経験値に応じた業務を割り振られるのが一般的です。集配車にAT車も含めている会社が多いので、もしも普通免許がAT限定だとしても、問題ないことが多いです。

運転の実績に関しても、入社後の上達を求めるところが多く、未経験者でも問題なしとしているのが一般的です。

学歴に関しても雇用条件の多くが高卒以上としているため、求められているものはそれほど高くはありません。

とはいえより多くの資格、例えば中型車、大型車、フォークリフトなどの免許があれば、雇う側としても即戦力と見なし受け入れやすいでしょう。

また、経験、資格の有無に関わらず事故は許されないドライビング業務がメインとなることから、ドライバー本人としてもある程度の運転経験があったほうが安心して業務に臨めます。

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事で使用される車種

車種: 原付 バイク 軽貨物 バン トラック バス
使用有無: あり あり あり あり あり なし

 

車種: 普通車 中型車 大型車 特大車 特殊車両 その他
使用有無: あり あり あり なし なし 2輪車

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事に必要な資格・免許・経験

原付免許 二輪車免許 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
必要性 場合によりあり 場合によりあり あり あり 稀にあり 特にはなし

 

その他必要な免許 特になし。荷物の積み込みがフォークリフトで、フォークリフト免許所持者を優遇する会社もあります。
免許以外に必要な資格 特になし。
必要な経験 特になし。

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事に必要な資格をもっていない場合はどうする?

普通免許がない場合、業務形態からして雇用して貰うことは難しいです。

しかし、中にはまずは荷物管理業務から始め、その間に普通免許取得を待ってくれる会社もあります。

普通免許さえあれば、AT限定、未経験などは問題にならないことがほとんどです。必要な研修が備えられています。中型免許が含まれない普通免許の場合は、中型免許取得の補助がつく会社が多く、その他の必要資格の取得に関してもかなりの応援プログラムを採用している会社が多いです。

資格ではありませんが、セールスドライバーを擁する会社は、ドライバー業務を運送業務というよりも接客業務と考えています。そのため、対人関係、特に荷主や顧客に対する態度や人間性、荷物に対する意識などは高いものが要求されます。

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事に就職・転職するための求人募集を探すには

セールスドライバー(営業ドライバー)の仕事に就職・転職するための求人募集を探し方まとめ

通販での買い物が主流になった現代、セールスドライバーの仕事の需要は非常に大きいので、この業種への求人募集を探すのは非常に容易です。

求人フリーペーパー、web上の求人サイト、ハローワーク職業安定所など、一般的にみなさんが活用する求人情報を扱う場所では、この業種の求人情報が量としても大抵上位にあります。

また、お歳暮お中元、年末年始などは臨時のセールスドライバーを必要とする場所が多くなるため、この業務に関心があって少し経験してみたいという方などは、それらの時期の臨時求人を狙ってみるのも一つの方法です。 

セールスドライバー(営業ドライバー)の求人の募集掲載情報の探し方

街中、駅やコンビニなどに置かれている求人フリーペーパーにはセールスドライバーの求人が間違いなく載っています。web上の求人サイトも同様です。もちろん職業安定所に行けば、この業種の求人を複数紹介してくれることでしょう。

セールスドライバーの求人自体は非常に多くあります。

その中から、より環境が良く働きやすい求人を見つける方法があります。

基本的にセールスドライバーの業務は、荷物を集配することです。移動距離は仕事に費やした時間は大切ではありません。そうした理由から、受け持つ集配エリアが狭く、集配先が密集しているほど効率良く仕事ができることになります。当然再配達に行くことも容易ですし、道に迷う、渋滞に巻き込まれるなどの余計なロスも最小限に抑えることができます。

直接集配に行く時だけでなく、常にこちらが見られるエリアで毎日業務を行うため、顧客に認知されることも増え、より緊密な関係を築きやすくなります。顧客個々の距離も近いため、新しいお客様を紹介して貰えたり、新しい顧客の開拓が容易だったりします。

車に乗る時間が減り、自らの足で動く必要が大幅に増えますが、セールスドライバーの本業が集配であることを考えると担当地域は狭いほど効率よく働けるということになります。

セールスドライバー(営業ドライバー)の転職サイトに登録・検索・応募する方法は?

上述した通り、セールスドライバーの求人は求人情報の中でも特に情報量の多い業種です。そのため、求人情報会社大手の転職サイトなどでは、容易に情報を集めることができます。

例えばYAHOO JAPANや Facebookのアカウントを使っての簡単な会員登録から、必要な情報を通知してもらう機能があったりします。その他の有名求人サイトも、会員登録をしておけば、希望のジャンルの求人情報の最新版をメールで知らせてくれます。

中には、コーディネーターによるアドバイスも合わせて知らせてくれるサービスもあるので、より必要にあった情報を集めることが容易です。

サイト内には、業務内容や求められることがかなり具体的に記載されているため、自分の必要にあった会社に応募ができます。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる