みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
セールスドライバー

セールスドライバーはきついし激務?集配ドライバーが大変できつい理由もまるわかり

Contents

セールスドライバーとは

セールスドライバーとは集配ドライバー業の職種の1つになります。

仕事内容としては、トラックを運転し荷物の配達と集荷も行うと同時に、集荷先の企業や個人宅等からの料金回収や新しい営業先を開拓するといった営業ドライバーとしての意味も持つドライバーの職種形態と言えます。

セールスドライバーが主に運転するトラックとしては2tトラックや4tトラックになります。

仕事柄、高い運転技術だけでなく、配送先のお客様と円滑な会話を可能にする高いコミュニケーション能力も必要になってきます。

セールスドライバ―は数あるドライバー業の中でも人気職とは言われていますが、肉体的にもきつい仕事内容である上、接客対応もしなくてはならず、残業時間や勤務時間が多い事から、厳しい仕事と言えます

セールスドライバーがきついと言われる理由

繁忙期は大変

セールスドライバーの仕事における荷物の配達件数と集荷件数は時期によってバラつきがあります。特にお歳暮やお中元といった時期は、配達・集荷案件の数が一般的な時期と比べ非常に多くなり、このような時期はセールスドライバーにとっての繁忙期になり、残業も多く発生します。

案件が多いという事は、その分多くの荷物を配達或いは集荷を長時間に渡って行う、体力的にもきつい状況になります。そして配送スケジュールもより過密になるため、効率良く案件を処理していく事が、現場で求められるようになります。

残業が多い

トラックドライバ―業は他の産業と比較しても残業の多い職種と言われています。そしてセールスドライバーの残業の原因としては、案件の確保がお客様ありきであるため、タイムスケジュールを非常に組みにくく、効率よく案件の処理がしにくい点にあると言えます。

さらにお中元やお歳暮等の繁忙期は残業が多くなります。加えて個人宅からの再配達の依頼が来る事で突然仕事が増えて残業になるきつい場面もあります。

重い荷物がつらい

セールスドライバーは荷物の配達や集荷がある以上、荷台への荷積みや荷下ろしといった作業も行いますが、これらは肉体的、特に腰への負荷が大きい作業になります。

その中でも重い荷物の持ち運びや、荷積み・荷下ろしは特にきついです。重い荷物を悪い姿勢でもち続ける事で、慢性的な腰痛や筋肉痛の原因にもなります。

業務の幅が広い

セールスドライバーはドライバー側に様々な仕事をこなすスキルが要求される職種になります。

まず配達や集荷等の運搬業務といったきつい肉体労働をこなす事から体力に優れている事が重要になります。もちろん事故を起こさない為の運転技術や集中力も必要になります。

それらを踏まえた上で配達や集荷先の企業や個人宅への料金回収や営業業務といった接客の場面もありますので、コミュニケーション能力も必要になってきます。

再配達の手間がしんどい

荷物の配達や集荷先が不在の場合は、再配達となりますがこれは集配ドライバーにとって大変な手間となります。

単純に1度で済むはずの配達を何度も繰り返す事になるので、ドライバー側にとっては大きな負担になります。時には午前中だけで20個以上の荷物が、再配達になってしまうという状況になる事もあるそうです。

クレーマー対応がきつい

荷物の届け先のお客様からのクレームを言われその対応に追われる事も、セールスドライバーがきついと言われる要因になります。

具体的には「配送が遅い」といった事から、「届けた荷物が破損していた」といった内容が挙げられます。中にはドライバーへ難癖をつけて苦情を訴えてくる厄介な人物もいるようで、対応には高い会話能力が必要になってきます。

時間に追われる

セールスドライバーが荷物の集荷や配達先へ到着する時間は、お客様の指定時間通りに到着する事が前提になります。そのためスケジュールや交通状況によっては、セールスドライバー達はきつい時間に追われながら仕事をする事になります。

指定時間に間に合わないようなら、休憩時間や昼食の時間を削ってまで配送を行う事になるので、このように逼迫とした状況をきついと感じるドライバーもいます。

交通事情や天候で仕事の能率が下がることもある

天候状態や渋滞といった予測の難しいトラブルに晒される事も、セールスドライバーにとって仕事がきついと感じる点に挙げられます。

雨天や雪、或いは交通事故による渋滞に巻き込まれるといったトラブルで、能率が下がる事で配送案件を上手く処理する事ができず、配送のスケジュールに大きな遅れや狂いが生じてくるようになります。

夜間の勤務もある

セールスドライバーの荷物の配送先には、深夜営業または24時間営業の小売店等も含まれている事もあり、このようなお店への配送は主に夜間に行われます。

夜間で配送を行わなければ、夜が明けた頃には商品がない状態に陥りますので必要な事と言えますが、やはり夜間にドライバー業のような重労働はきついと言えます。

独自の配達ルールを設定している建物もある

マンションやビルといった建物の管理人が、建物内での荷物の運搬にルールを設けている場合があります。例をあげるなら宅配ボックスが埋まっているなら直に部屋に届けに行く事や、台車での運搬を禁止している場合があります。

特に都心など建物が多い場所では建物ごとのルールを把握する必要がある上に、それらの厄介なルールを押し付けられる点はセールスドライバーにとってきつい点と言えます。

事故がトラウマになっていてつらい

セールスドライバー含む運送業は、常に交通事故を発生させるリスクを背負いながら仕事をしています。そして事故を起こしてしまった場合、その時の光景がトラウマになり運転ができなくなるケースもあります。

特に人身事故や死亡事故は加害者側にも大きな精神的ダメージ負う事もあり、ドライバー側にとってもきつい状況に陥る事もあります。

セールスドライバーの人たちの実際の声

Aさんの場合

セールスドライバーの仕事をやってみてきついと感じる事としては、肉体労働として単純に疲れる仕事でもあり、そしてお客様に接しなくてはならない接客業の側面も持っているので、多くの事をこなさなくてはならない点だと感じています。

配達に関しては、予期せぬ渋滞に巻き込まれて仕事を効率良くこなせなかったり、指定の配送時刻に到着する必要からプレッシャーを感じストレスが溜まる瞬間もあります。

他にも重い荷物を抱えて配達先へ届ける事で疲労も溜まり、その上でお客様には不快感を抱かれないように疲れを見せず接客したり、時にはクレーム対応に追われる等、最初はきつく感じる場面も多く苦労の連続でした。

でも長く続ければこの状況に慣れて要領も分かってきて、苦痛と感じていた仕事もなんとかこなせるようになりました。

Bさんの場合

セールスドライバーの仕事はきついと感じる場面もありますが、私は大変やりがいのある仕事だと感じています。

大変だと感じる場面といえば配達業務では重い荷物を抱えて体や腰への負担が大きく疲れる上、常に交通事故に合う危険性もあるので慎重に運転をしなければならない事もあります。そしてお客様第一の仕事なので丁寧な接客を心がけ自分や会社の信用を落とさないように、お客様に気を配らないといけない事もあります。

しかしそれだけの苦労を越えて、お客様に必要な荷物を配送し感謝の言葉を言われる場面は大変やりがいを感じる瞬間です。そして少しでも多くの荷物を届ければ給料として成果に反映され、この努力すれば努力しただけ稼げるという感覚も面白いと感じていて、今でもセールスドライバーという仕事を続けている理由になっています。

Cさんの場合

私はセールスドライバーの仕事をしていますが、1回転職をしていて前の会社では中小の運送会社でに所属しそこでもセールスドライバーを勤めていました。

前の会社では1人あたりの配送や集荷の案件が異常なほど多く日常的に残業が発生していました。仕事量の多さから精神的にも肉体的にきつい時期でした。その事から仕事量が安定していて、条件も良さそうな大手の運送会社へ転職する事を決意しました。

そして無事大手運送会社へ転職を果たして、改めてセールスドライバーとして働く事が出来るようになりました。その結果人数も多い事で1人の仕事量も安定していて、ドライバ―として苦労する場面はあっても前の会社よりもきついと感じる場面が少なくなりました。気持ちに余裕が出来た事で、この仕事の面白さに気づき楽しめるようになりました。

セールスドライバーのきつさや激務を軽減するためのポイント

接客術を身に着ける

セールスドライバーは運送業の中でも、特に人に接する機会の多い接客業の側面も持ちます。主な接客の機会としては集荷や配達、そして集金時に配送先拡大のための営業等が挙げられます。

この時に相手をするお客様には色々なタイプの人がいます。普通に問題なく接する人から、高圧的な態度をとったり、理不尽な要求をしてくる問題のある行動をとるお客様もいます。

しかし接客業である以上は、どのようなお客様でも常に気を配り笑顔を絶やさず冷静にコミュニケーションをとって対処していく事が求められます。セールスドライバーの激務を軽減するために、プライベートで飲食関係者から接客テクニックやコツを習ってみるのも一つの手になります。

体を鍛える

セールスドライバーは1日にこなす配送案件数は100件を越えると言われています。扱う荷物の中には重い物もあり、重い物を抱えた上でビルの最上階まで届けるといった場面もでて来るなど、体力的にもきつい仕事になります。その事から、日常的に筋力や体力を鍛えておくと仕事をこなしやすいと言えます。

また仕事上、筋肉痛や腰痛になりやすいので、腰痛対策として仕事終わりに腰のマッサージを受ける、またはストレッチを行う事で、体のケアを行う事が推奨されます。

トラブルも落ち着いて対処する

仕事をしていると様々トラブルに晒されますが、セールスドライバーの仕事として起こりうるトラブルとしては、渋滞に巻き込まれて商品の配達が遅れる、事故を起こしてしまう、お客様からクレームが来るなどが挙げられ、慌ててしまう場面もあります。

しかし冷静にトラブルを処理する為にもセールスドライバーは常に冷静になって、対処法を考え確実に問題を解決していくようにする事が大事です。

作業を効率化して素早くこなす

どのような仕事もある程度経験を積む事で、どうすれば効率良く仕事をこなせるようになるかといった、工夫を考えられるようになってきます。

セールスドライバーとしては、荷物をどのように運べば楽になるか、確実に指定時刻に荷物を配送するためにはどの最短ルートを使えばよいか、再配達の案件を手早く片づける方法はないか、といった工夫を常に思いつくレベルになると効率が上がります。

仕事を手早く処理できれば、時間や精神的にも余裕が生まれ全体的に負担が軽減されます。

仕事ができる人の真似をする

自身より経験があり、仕事を上手くこなしている先輩社員の動き等を見習うのも、仕事を上達させるためには、必要になってきます。

セールスドドライバーは、先輩社員から接客術からトラブルに遭遇した時の対処法等を見習ったり、教えてもらったりして、真似をしてみると良いでしょう。

モチベーションを持ち続ける

ただ惰性で仕事を続けていてもモチベーションは下がる一方なので、自分なりの目標を持って仕事に取り組んでみるとメリハリがでてきます。

セールスドライバーなら、新しい営業先を開拓する、配送案件を100件以上こなせるようになる等の目標がよいでしょう。他にも欲しい物を買うためにより稼げるように仕事を頑張ってみる、といった形でモチベーションを維持するのも一手になります。

良い会社を選ぶ

運送会社の中には1人あたりの仕事量が極端に多くきつい状況が続いたり、不当に残業をさせるといったブラック企業に該当する所もあります。

セールスドライバーとして働くなら少しでも労務管理がしっかりしていて、1人あたりの負担も少なく、福利厚生も充実していて、良い条件を提示してくれる運送会社に就職する事が望ましいと言えます。

セールスドライバーの大変さは会社によって異なる

会社によって環境や条件は全く違う

扱う商品や、荷主のタイプ、社員の数から給料に福利厚生と運送会社によってそれぞれ労働環境や勤務条件は異なります。よって、運送会社によってつらいと感じる内容と種類も異なってきます。

社員が少なければ1人の仕事量が激務であったり、企業を対象としたセールスドライバ―ならお客様から高圧的な態度を取られる等で顧客対応がきつい、といった事もありそれぞれの大変さがあります。

しかし仕事がつらい理由が、単に所属している会社がブラック企業であり職場の質が悪いだけだったというパターンもあるので注意しましょう。

悪質な会社はすぐに辞める

仕事をする上で就職した会社が悪質なブラック企業だと気づいた時は、すぐにでも辞める事が望ましいと言えます。

ブラック企業とされる判断材料としては、残業代を払わない、給料を滞納または遅配が常習化している、業績が怪しく社員も少ない、国に定められたトラックの安全点検をしっかり行わない等が挙げられます。

このような企業でセールスドライバーとして働いていたとしても損をするだけなので転職を考えた方が賢明と言えます。特に最近は、運送業界全般がドライバー不足である事から良い条件のドライバー業の求人も増えてきていてます。

セールスドライバーが運送会社を選ぶ際のポイント

じっくり時間をかけて会社を選ぶ

転職サイト等でセールスドライバーの仕事の就職先を探す時には、焦らず少しでも時間を掛けて自分に合った条件の会社を探す事が重要になります。

条件として雇用形態や給与の条件、福利厚生に休暇日数はどの程度あるのかといった事が挙げられ、これらは職場を選ぶ上での判断材料になりますので、しっかりと確認しておく事が推奨されます。

少しでも働きやすい環境や条件の会社を見つける事が今後のドライバー業を続けていく上で必要になります。

セールスドライバーとして実際に働いている人の話を聞く

セールスドライバーとしての就職先を探し、転職サイトや会社のHPを調べても表向きに掲載されている情報は基本的に見栄えの良い情報のみで、実際の所はどんな会社なのか分かりにくい事があります。

そこで実際に働いているセールスドライバーに聞いてみて、会社の良い所のみならず大変な点や仕事は激務で大変であるかといった、マイナスな情報も拾えるように行動するのも一手になります。

業績のいい会社を選ぶ

セールスドライバーとしての就職先を探す時の判断材料として、その会社の業績も挙げられます。

業績が不安定、もしくは業績が悪い会社であると、業績を回復させようとして社員の仕事内容が激務であったり、残業代を払わなくなったり、最悪会社が倒産するといった場合もあり、仕事をする上で良い環境に恵まれる可能性は低いと考えられます。

良い職場を選ぶためにも、確かな業績を示している運送会社に就職する事が長くセールスドライバーを続けるためには望ましいと考えられます。

求人の頻度が高すぎる運送会社には注意

求人の頻度が高すぎる企業というのは、ブラック企業である可能性が高く注意が必要な会社と考えられます。求人の頻度が高い会社というのは、多くの人が辞めていくか、社員の定着率が低い企業と判断できるためです。

人が定着しないという事は、それだけの理由がその会社にあり、仕事が激務であったり、不当な条件で働かせているといった環境である事が予想されます。セールスドライバーとして就職する時にはそのような会社の求人は避けていく事が望ましいと言えます。

佐川急便とクロネコヤマトのセールスドライバーは激務できついのか

クロネコヤマトのセールスドライバー

クロネコヤマトのセールスドライバーは激務と言われていて、仕事がきついという評判が上がる事があります

仕事が激務である要因としては、再配達が多い事や勤務時間が長いといったよくある要因に加えて、様々なノルマが課せられるといった点や、残業時間の抑制をしている点が挙げられます。

残業時間の抑制というのは聞こえは良いものですが、仕事量そのものは変わらないので、むしろ短時間でより多くの仕事をこなさなくてはならない事から、仕事のきついという評判により輪を掛けていると言えます。

佐川急便とセールスドライバー

佐川急便のセールスドライバーも労働環境がきついという声が出る運送会社の1つになります。

その理由としては、販売ノルマを課せられる点が挙げられます。もしノルマを達成できない場合は自腹を切る場合もあるとの声がネット上にもあがっているようです。

そして早朝に出勤し仕事量も多く激務である事から帰るのは夜中になる等、拘束時間が長いという意見もあります。加えて、上下関係が厳しく上司の言う事は絶対であるといった、体育会系の職場である事も、仕事がきついと言う評判に輪を掛けています。

しかし近年は運送業界の労働環境の見直しの影響もあるのか、前述の内容よりも佐川急便のセールスドライバーの労働環境は大分改善されて、きつくなくなったとの声もあります。

セールスドライバーのやりがいとメリット

努力すればするほど、たくさん稼げる

セールスドライバーの魅力は、努力して少しでも多くの荷物を配送すればするほど稼げる点にあると言えます。

セールスドライバーの給料は固定給の運送会社もありますが、会社によっては歩合制の割合が大きく設定されています。歩合制は一定の配送ノルマを達成出来なければ給料が低くなってしまうデメリットもありますが、成果をあげればその分稼げるため、努力が給料にそのまま反映される事がドライバーとしてのモチベーションの維持にもつながります。

まさにこのあたりはセールスドライバーの醍醐味でもあり仕事のやりがいと感じる部分とも言えるでしょう。

基本的に夜勤が少ない

コンビニ等の24時間営業の小売店等が配送先である場合は夜勤になる事もありますが、セールスドライバーの仕事の多くは個人宅への荷物の集荷や配達・集金を行う以上、昼間に行う事が多く、運送業界の職種の中では夜勤は少ない職種と言えます。

夜勤があると昼夜逆転の生活を送る事になり体への負担が重くなりますが、セールスドライバーなら比較的健康な生活が維持しやすいと言えます。

デスクワークがほぼない

セールスドライバーの仕事の多くは、トラックの運転や荷物の運搬といった体を動かす肉体労働がメインであり、デスクワークをする場面はあまりないと言えます。

肉体労働は時にきついと感じる事はありますが体を鍛えられるメリットもあり、1日中座りっぱなしでパソコン作業をし続けるデスクワークよりはセールスドライバーの仕事は健康なを維持しやすいと考えられます。

お客様から直接感謝の声が聞ける

セールスドライバーのやりがいとしては、お客様に荷物を届けたりする場面等で直接感謝の言葉を聞ける点がよく挙がります。場合によっては言葉だけでなく、差し入れをもらう事もあります。

直にお客様と接する事ができ、感謝の言葉を貰える事そのものが、仕事のモチベーションの維持に役立つ事もありこの仕事の魅力と言えます。

人間関係上のストレスがほぼない

セールスドライバーは接客業の側面上お客様との人間関係や、会社によっては上下関係に悩まされる事はあります。

しかし、トラックの運転時間がメインとなるセールスドライバーは1人の時間も長く、人と接する事によるストレスは比較的少ない職業である点も仕事の魅力に挙げられます。そういう意味では1人の時間が好きな性分の人には合っている職種とも言えます。

セールスドライバーのきつい部分まとめ

確かにセールスドライバーの仕事は総じてきついと感じる点は多々あります。

肉体労働と接客業の側面をもち、体力的に大きな負荷が掛かかりつつも、対人スキルも求められる仕事と言えます。さらに会社によっては上下関係やその会社特有のノルマを課せられる事でより一層、仕事をより良くこなすのが、大変だという事もあえります。

しかし、こうしたきつい部分やマイナス面を越えるメリットがセールスドライバーの仕事にはあります。むしろ、仕事を効率よく仕事を処理できる技術さえいったん身に着けてしまえば、肉体的な健康を維持しながらも、人からは感謝され、さらに努力した分だけ給料をもらえる魅力的な仕事ではないのかなと言えます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー