みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ルート配送・配達

セールスドライバーの志望動機の書き方と例文、職務経歴書の例や面接対策まるわかり

セールスドライバーの仕事とは

セールスドライバーの仕事は、主に2トントラックや4トントラックを使用して宅配の荷物、企業向けの荷物を配達、集荷する仕事です。その仕事内容は多岐に渡り、配達・集荷はもちろんの事、料金回収や営業も行う事が、セールスドライバーと呼ばれる由縁になります。

近年ではインターネットの爆発的な普及により需要が急拡大しており、人手不足が問題視されている職種でもあります。セールスドライバーになるために必要な免許は普通免許から大丈夫ですが、中型・大型免許があれば仕事の幅が広がり、収入アップも狙えます。

セールスドライバーの給料は歩合制のところが多く、年収ベースで350万〜500万程度になります。

企業が志望動機や職務経歴を聞く目的とは

セールスドライバーの仕事は、荷物をただ運べば良いというものではありません。セールスドライバーの仕事は料金回収や営業などの運転以外の能力も求められる高度な仕事であるといえます。

当然、採用する企業側としては面接希望者がどういったスキルや考えを持っているかを知りたいと思っています

企業が志望動機や職務経歴を聞く目的は、面接希望者の能力をはかる重要な目安となるのが志望動機や職務経歴であるからです。

セールスドライバーに求められる資質とは

体力がある

荷物を持って住宅地やオフィス街を走りまわるセールスドライバーを見かける事はよくあると思います。そのイメージ通り、セールスドライバーの仕事は体力勝負の仕事と言えます。

ですからセールスドライバーに求められる資質も、まず体力がある事です。体力がある事はセールスドライバーの面接を受ける際の立派な志望動機にもなりますので、積極的にアピールしましょう。

コミュニケーション能力がある

トラックドライバーの仕事は、一般的には人と関わる事の少ない気楽な仕事というイメージがありますが、セールスドライバーという職種はそうではありません。

セールスドライバーの仕事は、接客対応がとても大事になりますし、営業マンとしてのサービス精神も重要になってきます。

人と関わる事が好きでコミュニケーション能力がある方がセールスドライバーに向いています。それはセールスドライバーとしての高い資質であり、立派な志望動機になるでしょう。

誠実で勤勉である

セールスドライバーの仕事の多くは歩合制であり、本人の成績が給料や賞与に直結します。優秀なセールスドライバーは業務成績を上げるために、効率的な配達方法や接客マナーなどの勉強を欠かせません。

勤勉で誠実である事はセールスドライバーにとって大事な資質であり、志望動機を書く際のアピールポイントになる事は間違いありません。

安全意識が高い

いくら配達が早く、接客対応がしっかりしていても、事故が多く、安全に対する意識が低いのでは、セールスドライバーとして失格です。安全運転は全てのトラックドライバーに共通する基本です。

安全意識の高さはセールスドライバーにとって、何ものにもかえがたい資質であり、立派な志望動機になります。

普通免許を持っている

トラックドライバーの仕事は長距離トラックやルート配送の仕事などあり、その中には、大型免許や中型免許が必要な仕事もあります。

その中でセールスドライバーの仕事は普通免許があれば目指す事ができ、頑張り次第でトップセールスドライバーとして高収入を得る事も可能です。

セールスドライバーの仕事では普通免許を持っている事は立派な資質であり才能でもあります。

セールスドライバーの職務経歴書の書き方の例

セールスドライバーの職務経歴書の書き方は下記のサンプルを参考にしてください。

職務経歴

  • 20XX年4月〜現在 株式会社XX倉庫
  • 事業内容:荷物の保管・管理・請負業務
  • 資本金:XXXX万円
  • 売上高:XX億円(20XX年現在)
  • 従業員数:XXXXX人

職務内容

  • 20XX年4月〜現在/リフトマン及び現場リーダとして勤務
  • 大手部品メーカーの製品の入庫・出庫、管理業務を行っておりました。また担当部署のリーダーを任されており、部下や新入社員の安全教育、指導も行っていました。

自己PR

  • 若い頃から車の運転が好きで日頃から安全運転を心掛けております。またスポーツが好きで、現在もフットサルを趣味でやっており、体力には自信があります。

志望動機

  • 人と関わる事が大好きで社交的な性格ですので、御社の募集しているセールスドライバーという業務内容にマッチし、業績にも貢献できると思い応募しました。

※職務経歴や前職で担当していた業務、また自己PRや志望動機などを職務経歴書に項目を立てて記載する事で分かりやすくなり、信頼感も得られます。

セールスドライバーの志望動機を書く際のポイント

会社が求めている人物像を参考にする

セールスドライバーの志望動機を書く際は、まず会社が求めている人物像を参考にして志望動機を書くようにすると良いでしょう。

会社が求めている人物像がわからないといった場合には、志望する会社のホームページや求人広告をみてみましょう。そのホームページや求人広告に掲載されているモデルやキャラクターが会社が求めている人物象を表している事が多いからです。

その人物像をもとに企業のニーズにマッチした志望動機が書ければ、面接先の採用担当者の目に留まるはずです。

自分の強みをアピールする

職務経歴書を書く際には、自分の強みとなる部分を積極的に志望動機として書くようにしましょう。例えば社交的な性格であるなら、セールスドライバーにとってとても強みになりますし、前職で無事故、無違反を継続していたであるなら、それは採用担当者からみて、安心感につながります。

職務経歴にそういったご自身の強みとなる部分があるのなら、志望動機に書く事で絶好のアピールになりますし、それは採用担当者に良い印象を与える事に繋がる事になるでしょう。

セールスドライバーの志望動機に書くべき内容

会社を選んだ理由

セールスドライバーの志望動機を書く際には、なぜその会社を志望しているかの理由を必ず書くようにしましょう会社の採用担当者は面接希望者が、なぜウチの会社に面接希望を出しているのかを第一に知りたがっています

採用担当者は面接希望者が入社してしっかり会社で働いてくれるか、またセールスドライバーとして適性があるかどうかを志望動機から判断します。その一つの判断基準になるのが、会社を選んだ理由になるためです。

セールスドライバーをやりたい理由

セールスドライバーの仕事は運転技術の他に営業マンとしてのセールストークも求められます。そういった向き不向きがある仕事ですので、採用担当者は面接希望者の適性を志望動機から判断します。

セールスドライバーをやりたい理由を具体的に記載すれば採用担当者は適性の有無を判断しやすいですし、採用担当者の目にも留まりやすくなります。

持っている資格や経験

セールスドライバーの仕事は配達や集荷、決済や営業活動とさまざまなスキルが求められる仕事です。もちろん未経験者の募集もありますが、経験者や資格保有者が優遇される傾向にあります。

保有資格は運転に関係のない資格であっても志望動機に書くようにすれば、向上心のある意識の高い運転者として好感度アップにつながる可能性があります。

またセールスドライバーの経験者なら自身の前職での経験や無事故歴などを書く事で運転技術の高さをアピールする事ができますし、採用担当者に安心感を与える事につながります。

自分のアピール

志望動機には、自分の特技や性格など長所になる部分を積極的に自己PRしましょう運転技術の高さや、道に詳しいといった技術的な部分に関する事はドライバーとしてのスキルになりますので、アピールすべきです。

それに加え、社交的で誠実な人柄などセールスドライバーにとって大事な性格的なスキルも自己PRする事ができれば、それは採用担当者に好印象をもたれるポイントになります。

セールスドライバーの志望動機を書くときの手順

結論から書き出す

人の印象はほぼ第一印象で決まると言われています。志望動機の中でいちばん始めに目にする書き出しのところに、『OOだから御社を応募しました』といった『結論』を冒頭に持って来ることが印象的な志望動機を書くコツになります。

セールスドライバーの志望動機を書くときは、なぜこの会社に入社したいのかについて、冒頭に『結論』から書き出す事が採用担当者の目に留まる志望動機を書く第一歩になります。

文章の構成を確認する

セールスドライバーの志望動機を書く際には、文章の構成を項目立てて書いていくと書きやすく、相手に伝わりやすい志望動機にすることができます

なぜこの会社に入社したいか、まず『結論』から書いていき、次にその『理由』について書き出します。最後になぜその会社を選んだのかについての『必然性』を書いていく構成で、効果的な志望動機に仕立てる事ができます。

読み直して再度チェックする

セールスドライバーの志望動機が書けたら、その本文に不自然な部分がないか、また、構成に合った内容になっているかなどを再度チェックしましょう。

また志望動機は、なぜその会社に入りたいのか、できるだけ具体性のある内容を書くように心がけるようにし、自己PRは長文になりすぎて自慢と捉えられないように注意して書くと良いでしょう。

セールスドライバー志望動機の例文

セールスドライバーの志望動機は先述した、なぜこの会社に入社したいかについて『結論』『理由』『必然性』の順に意識して文章を書く事で採用担当者の目に留まる志望動機を作成しやすくなります。

結論:私は前職でも配送の仕事をしておりまして、その経験を活かせる会社を探していましたところ、御社のセールスドライバーの求人を拝見して、すぐに応募させていただきました。
理由:前職は人とのコミュニケーションがあまり必要のない仕事でした。そんな仕事に常々疑問を感じており、この度転職を決意しました。御社のセールスドライバーの仕事ならば、人とのつながり、また社会貢献ができ、人の役に立つやりがいのある仕事ができると感じたのが応募のきっかけです。
必然性:御社は安全と接客マナーにとても力を入れており、レベルの高いセールスドライバーが多くいるイメージがあります。私も前職の配送の仕事では安全運転を心がけており無事故無違反を継続しております。また配送先のお客さんとのコミュニケーションも大事にしていました。そういった経験とスキルが御社でも存分に活かせると自負しています。

セールスドライバーの志望動機のNG例

ネガティブな内容を書いてしまう

志望動機を書く際に気をつけたいのが、ネガティブな内容を書いてしまう事です。例えば、『私は人と関わる事が苦手ですが、運転手に興味があり、セールスドライバーの仕事に募集しました』といった内容などです。

そんな事を馬鹿正直に志望動機に書く必要はありません。志望動機に、苦手、好きでない、やりたくない、得意ではない、などのネガティブな言葉はNGになります。

利己的な印象を与える内容を書いてしまう

セールスドライバーの志望動機では利己的な印象を与える内容を書いてしまわないように気をつけましょう

例えば、露骨に『給料が〇〇円あるから志望した』『休日が〇〇日あるから志望しました』といった事を志望動機に書いてしまうのはNGになります。採用担当者にこの人は待遇以外に興味がないのかと、やる気を疑われる原因になってしまいます。

セールスドライバーの面接に呼ばれたとき注意すべきポイント

マナーに気をつける

セールスドライバーの仕事は単なる運転手ではなく。地域の営業マンとしての役割があります。そこで重要視されるのは、運転技術に加えて、マナーでありコミュニケーション能力になります。

面接では当然、面接希望者のマナーや身なりなどの印象をチェックされる事になりますので、意識して面接にのぞむようにしましょう。

愛想よくハキハキと答える

採用面接で受け答えの声が小さい、モゴモゴして何を言っているかわからないでは、セールスドライバーの適性に疑問をもたれ、採用担当者に良い印象を与える事ができません。

面接では採用担当者に対して愛想よくハキハキ答える事が大事になります。面接ではセールスドライバーとしての接客能力を、受け答えを通じて試される事になるからです。

積極的に自分をアピールする

採用面接では自身の長所や強みを積極的にアピールする事が大事になってきます。採用担当者は面接という短い時間で面接希望者がセールスドライバーとして適性があるかどうかを判断しなければなりません。

その短い時間の中で自分をアピールし採用担当者の興味を引く事ができれば、他の面接希望者よりも有利に採用を勝ち取る事ができるでしょう。

セールスドライバーの会社を選ぶポイント

慎重に会社を選ぶ

セールスドライバーの仕事を行っている会社は多くあり、ホワイトな環境の会社がある一方、労働環境のよくないブラックな会社もあります。

現在では、求人広告だけでなく、良質な転職サイトが数多くあり、そういった転職サイトで慎重に会社を選ぶ事が転職成功のポイントになります。

転職サイトでは給与や雇用形態、勤務時間について詳しく紹介されていますし、休暇や福利厚生についての情報も豊富に記載されています。必ずご自身の条件に合った会社を見つける事ができるはずです。

実際に働いている人の声を聞く

採用担当者は仮に自分の会社の業務内容が激務で大変なブラックな職場であっても、教えてくれない事がほとんどで、そこから真実は見えてきません。

真実は現場に落ちているものですから、セールスドライバーとして実際に働いている人に声をかけて、仕事内容や待遇について聞いてみるのも良いでしょう。

業績のいい会社を選ぶ

セールスドライバーの仕事選びでは、業績の良い会社を狙っていく事をお勧めします。業績の悪い会社は労働環境も悪くなるケースが多く、そういった運送会社はブラックな労働環境である可能性が高いからです。

セールスドライバーの仕事選びでは業績の良い、できれば大手の運送会社を選ぶ事がもっとも確実な転職方法といえるでしょう。

求人の頻度が高すぎる会社には要注意

セールスドライバーの仕事選びでは、求人を頻繁に行っている会社に注意が必要です。労働環境の良いホワイトな会社は人の定着率が高く社員が辞めないため、めったに求人を出さないものです。

全てに当てはまる訳ではありませんが、求人を頻繁に行っている会社は社員が定着しない何らかのブラックな事情がある事が考えられます。

その他にも若い人ばかりで、年配のセールスドライバーの少ない会社や、トラックが汚く整備がしっかりされていない会社にも注意が必要です。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー