みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
セールスドライバー

クロネコヤマトのセールスドライバーがきついという評判は本当か?

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事とは

日本を代表する大手運送会社であるヤマト運輸の宅急便ことクロネコヤマトですが、その主な仕事内容としてはセールスドライバーが挙げられます。

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事内容としてはトラックによる個人宅や企業への荷物の配達や集荷、そして料金回収を行います。

ヤマト運輸は全国の地方に営業所を構えている事から、地域密着型の仕事となり、地域のお客様相手に接客を行う事になります。その事からドライバー業としては仕事を行うエリアが狭いのが特徴になります。

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事の評判

ヤマト運輸の宅配便であるクロネコヤマトのセールスドライバー業ですが、その評判には良い点・悪い点も含め様々な口コミを聞きます。

良い評判として過去の経歴関係なく昇進がしやすく風通しの良い職場、日中は忙しいものの休日はしっかり取る事ができる、といった良い評判が多く挙がります。

しかし売上至上主義で仕事は激務極まる、様々なノルマが課せられるといった悪いネット上の評判も一部あるようです。

クロネコヤマトのセールスドライバーがきついと言われる理由

業務の幅が広い

クロネコヤマトのセールスドライバーは業務の幅が広く、器用に様々な仕事をこなさなくてはならない点がきついと言われています。

まずドライバーとして安全に荷物の運搬を行う為の高い運転技術、そして配達や集荷の時は重い荷物を運ぶ事も多々あるので、体力と腕力も求められます。その上で料金回収や営業業務も行うので、ドライバー職の中でも高い会話力・コミュニケーション能力が必要になり、ドライバーには多方面に優れたスキルが要求されます。

繁忙期はとても忙しい

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事の中でも、繁忙期の仕事は特に激務できついと言われています。繁忙期は主に贈り物を盛んに人に渡すお中元やお歳暮等が該当しますが、この時期の荷物の配達や集荷の案件は急激に多くなります。

その事から繁忙期のドライバーは膨大な仕事量に忙殺され、勤務時間も長くなり残業が慢性的に発生するようになります。そうなると体力的にも精神的にも大きな負担が掛かってくるようになります。

ノルマがきつい

クロネコヤマトのセールスドライバーには様々なノルマが課せられる点がきついと言われています。具体的には残業を抑制する事で労働時間を減らすノルマ、特産物等の物販ノルマ、そして新規顧客の獲得ノルマ等が挙げられます。

これらのノルマを課せられる事で、ドライバー側には大きなプレッシャーに晒される事になります。さらにはノルマを達成できなかった場合は、ドライバー側には何かしらのペナルティーを課せられる事も過去にあったとの噂があります。

体力的にきつい

クロネコヤマトのセールスドライバーは体力的にもきついと言われています。重い荷物を運んだりする仕事を日に何回も繰り返す上、運転時間も長い事から体へは大きな負担が掛かります。

そしてこの仕事では、膝や腰への負担が特に大きく、慢性的な腰痛や筋肉痛になる事が日常茶飯事となり、腰痛の予防等を行わなければ徐々仕事をこなせない体になってきます。

再配達の手間がしんどい

集配ドライバーとしては、再配達は大きな手間と言えます。さらにクロネコヤマトは大手ネット通販のAmazonの宅配を請け負っている事から、特に再配達が多く大変だと言われています。

再配達はドライバー側からすれば1度届けた荷物を何度も配達するはめになり大きな負担となります。また突然再配達の案件が舞い込む事で余計な仕事が発生してしまう場面もあります。

クレーマー対応がつらい

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事としてはクレーマー対応もきつい業務の1つと言えます。

主なクレーム内容としては配達が指定時間通りではない又は配送した荷物が破損していた、等が挙げられます。しかし中にはかなり理不尽な内容のクレームを言うお客様もいるようで、このようなお客様に謝罪する瞬間はドライバーにとっても苦い瞬間だと言えます。

時間に追われる

クロネコヤマトのセールスドライバーの配達は常に時間に追われてしまいます

配送する荷物の到着時刻は、お客様の指定時刻通りに到着する事が前提になります。そして日に130個以上の荷物の配送を行う事から、いかに効率よく案件を処理するためのスケジュールを組んで仕事を行う為、時間に追われるきつい場面が多々あります。

交通事情や天候で仕事の能率が下がることもある

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事をしている中で遭遇するトラブルといえば、交通事故や悪天候による渋滞が挙げられます。

配送スケジュールが組まれている中、渋滞で晒される事で配送スケジュールが大きく乱れる又は遅れてしまい、残業が発生してしまう事もあります。しかもこれらの渋滞の発生は予測が難しい点もきついと言えます。

独自の配達ルールを設定している建物も存在する

配送先の建物には、その建物の管理人によって荷物の運搬のルールが定められている場合があります。例えば荷物の運搬に台車の使用を禁じていて手で重量物を運ぶことが強いられる、マンションの宅配ボックスが満杯なら直に配送先の部屋まで運ぶ、等が挙げられます。

クロネコヤマトのセールスドライバーにとってこれらの配送先ごとの独自のルールを強要されるのはきついと言えます。

事故を起こすとその後の指導が厳しい

クロネコヤマトことヤマト運輸は安全確保の為に様々な取り組みをしており、安全面については特に厳しいと言われています。

例え年2回に行われる「事故0運動」と言われる期間があり、この期間中に仕事とプライベート問わず交通事故、或いは違反を起こした場合、厳しい指導が行われます。

またこの時、場合によってはドライバー職を左遷させられ、仕分け作業の仕事あてがわれる事もあるようです。こうなるとドライバーよりも立場も低くなり、給料も安くなってしまいきつい状況に陥る事になります。

セールスドライバーのきつい部分を減らすコツ

接客術を磨く

セールスドライバーは配送業の中でも特にお客様と接する場面が多い職種になります。そしてクロネコヤマトのブランディング力を維持する上でもドライバーの接客力は重要なポイントになってきます。

接客の時にはお客様に不快感を抱かれないように、笑顔で接しながらもある程度の会話力が必要になり、不慣れだとなかなか苦労する事もあります。そのため仕事のきつさを減らすためには、コミュニケーション能力を磨く事が必要不可欠になってきます。

接客力を磨くために、人と話す事が得意な人の話し方等を参考にしてみる、もしくはプライベートで接客のプロフェッショナルといえる飲食関係者の方と話してみるのも1つの手になります。

体を鍛える

クロネコヤマトのセールスドライバーは接客業でもありながら、体に大きな負荷が掛かる肉体労働の側面も持ちます

多くの荷物を運ぶこの仕事を、効率よくこなしたり、疲れを感じさせない接客をするためにも、体を鍛え体力を付ける事は必須になります。普段のきつい仕事をするだけでもある程度体は鍛えられますが、できれば休日にジムに通ってトレーニングをする、走り込みをするといった形で鍛えるとより効果的と言えます。

安全運転を心がける

セールスドライバーは配送業である以上事故を起こす危険が常に付きまといます。

しかしクロネコヤマトは様々な安全への取り組みを行っており、安全指導長が荷物の集配時に添乗指導を行う等、徹底した安全教育を行っています。最初はきついと感じるかもしれませんが、仕事は安全第一である以上、安全運転を行う技術を身に着けてしまえば、確実な仕事を行えるようになります。

トラブルも落ち着いて対処する

クロネコヤマトのセールスドライバーの仕事をしていると様々なトラブルの対応に追われ、きついと感じる瞬間もあります。

主なトラブルとして配送スケジュールの遅れやクレーム、時には事故などが挙げられます。しかしこういう時こそ冷静になって適切な対処を行い、確実に仕事を行えるようにする事が重要になってきます。

作業を効率化してスピーディにこなす

クロネコヤマトのセールスドライバーは集配案件と再配達が多く、仕事量的にはきついという声を聞きます。しかしこれらの案件の処理が効率良く捌けるようになれば、だんだんと仕事が楽になると思われます。

例えば配送時の最短ルートを把握しておく、渋滞に巻き込まれないように常にナビ等で交通状態を把握しておく、効率よく再配達の案件を処理するための工夫を凝らす、等々様々な方法で仕事の時間を短縮する事に繋げられます。

仕事ができる人の真似をする

セールスドライバーとしての仕事のスキルアップの近道としては、まず自分より経験があって仕事が出来る人の動き方や考え方を真似する事にあると思われます。

クロネコヤマトの社内研修や仕事で出会った上司等の指導中、時にはプライベート等で飲みに出かけきつい仕事を上手くこなすコツを教えてもらったりするといった事で仕事の上達に繋げる事ができます。

モチベーションを保つ

ただ何も目的もなく仕事をしているとモチベーションは下がる一方です。そこでセールスドライバーとしての目標を持って仕事をしてみるのも、メリハリを保つためには必要になってきます。

具体的にはクロネコヤマト特有のきついノルマをあえて達成するといった事でも、給料良くしてもらい欲しい物を買う、等々でモチベーションを維持するのも一手になります。

クロネコヤマトのセールスドライバーのメリット

安定した収入を得られる

ヤマト運輸のセールスドライバーは安定した収入を得やすい点が魅力であると言えます。

社員の平均月収は30万円以上と言われています。なかなかの高額な給料を得られる理由としては、ドライバーに課せられる物販のノルマを達成する事でインセンティブが与えられたり、多彩な手当がある事でこれだけの給料を得る事ができるようです。

様々なスキルが身に付く

ヤマト運輸のセールスドライバーの仕事をこなしていくと、様々な技術を身に着ける事ができます。具体的にはトラックの運転技術から肉体労働をこなすための鍛えられた肉体、そしてお客様に喜ばれる接客術等を会得する事が出来ます。様々なスキルを身に着ける事では、社会人としてより重宝される能力を養う事も大事であると言えます。

福利厚生などの待遇が充実している

ヤマト運輸は福利厚生はとても充実していると言われています。まず扶養手当が挙げられますが、子供がいた場合は家族手当を貰う事もでき最低でも月3万円は貰えると言われています。加えて出産や結婚の祝い金を貰える事もあります。

これら手当がある事でセールスドライバーの基本給にかさ増しされ、悪くない収入を得られています。

しっかり休みもとれる

ヤマト運輸のセールスドライバーは日々の業務が忙しいものの、休日はしっかり取る事できると言われています。

毎月8~10の休日は取得出来るようで、シフト制である事から自分好きな日に休日を取れる点も魅力であると言えます。

他に連続7日の休日を取れるリフレッシュ休暇の制度等もあり、休暇の待遇についてはかなり充実しているようです。

お客様からの感謝の声を直接聞ける

ヤマト運輸のセールスドライバーとしての最大のやりがいは、荷物を届けた時のお客様からの声を聞ける事にあると言えます。日々の仕事は大変でもこの感謝の言葉を聞ける事は、仕事をしている中でとても励みになります。

キャリアアップの可能性もある

ヤマト運輸ではキャリアアップのチャンスが豊富である事も特徴に挙げられます。

ヤマト運輸の配送業務は主に正社員のセールスドライバーが行いますが、契約社員のスタッフも働いています。そして契約社員として仕事を続ける事で、約2年後には正社員としてそのまま登用される事も多いようです。

正社員になりセールスドライバーとして活躍する事で、仕事の難易度は上がりますが、その分収入がより安定するようになります。

未経験からでも働ける

ヤマト運輸のセールスドライバーの求人は未経験可となっており、前職や経歴を気にする事なくドライバ―業に就く事できます。

そもそもセールスドライバーの多くが中途採用で前職は別の職業に就いていたという人に方が多いと言われています。加えて昨今のドライバー不足の影響もあるので、就職自体は比較的しやすい状況にあります。

ヤマト運輸は労働環境の改善を進めている

かつてヤマト運輸のセールスドライバーは、激務で働きにくいといったマイナスの評判が横行していました。過剰な残業の上に残業の未払いが日常茶飯事で、おまけに様々な物販ノルマを課せられる等の要因で過酷な労働環境と言われていました。

しかし昨今の働き方改革によって運送業界全般の労働環境の見直しが図られており、ヤマト運輸も働き方改革に関する様々な取り組みが行われています。

その取り組みの内容としては、勤務時間の改善といった抜本的な内容もありますが、特徴的な内容としアンカーキャストの導入が挙げられます。これは午後や夜間の配送業務を担う、午後勤務のドライバーの事です。一方で午前中の時間は自由に過ごす事ができます。

そのためアンカーキャストなら仕事と生活の両立を行いやすいと言えます。例えば育児や家事そして介護をしながら、或いは自分の時間や趣味も大事にしながらも働くといった生活をする事もできます。前述の観点からもアンカーキャストは働き方の多様化のニーズに合わせた制度と言えます。

クロネコヤマトのセールスドライバーのきつい評判まとめ

確かに過去のクロネコヤマトのセールスドライバーはきつい業務内容で、評判が悪かった時期もあります。しかし近年は労働環境の改善で、働きやすくなってきていると言われています。

またヤマト運輸は最大手の運送会社なだけあって、福利厚生や給与面の待遇は充実しており、そのような恵まれた環境の中でセールスドライバーとして活躍し、お客様から感謝の言葉を聞く事のできるこの仕事は、十二分に魅力的だと言えます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー