みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラック運転手の結婚事情を独身ドライバーのために調査した結果は!

Contents

トラック運転手と結婚したがる女性が多い理由

トラック運転手は給料が良くて稼げる

世の中の一般的な給料について、ボーナスや時間外手当てなどを除いた男性一般労働者の賃金の平均年収は402万円です。

これに対して、男性トラック運転手の賃金の平均年収は407万円であり、トラック運転手の方が一般平均よりも給料収入は高いと言えます。特に長距離を運転する大型トラックドライバーの給料はトラック運転手の中でも高く、賃金は439万円となっており他業種に比べても大きく稼ぐことが可能です。

またトラック運転手の中には、給与形態を歩合制に変更していたり、独立開業していたりなどで、トラックドライバーの平均よりかなり高い年収を稼いでいる方もいます

結婚相手を選ぶにあたって収入は非常に重要なものであるため、トラック運転手と結婚したがる女性が多い理由の一つになっています。

定年がないので長く働き続けられる

トラック業界の有効求人倍率は全業種平均の約2倍と、人手不足が年々深刻化している背景もあり、トラック運転手は定年を越えても働き続けることが可能です。

例えば、トラック運転手の求人には60代でも応募できるものが多くあります。また宅配などを行う配送ドライバーは、荷物を持ち上げて運ぶなど体力が必須の仕事であり、高齢の方には不向きですが、長距離運搬を行う大型トラックドライバーなどは、荷物をフォークリフトやクレーンを使って積み下ろしするので高齢の方に向いています。

年金問題などで将来に不安があっても、トラック運転手は働き続けることができるため、安心して結婚することが可能です。

トラックドライバーは体力があって男らしい

配送ドライバーなどは、素手で荷積みや荷下ろし、宅配をするために体力が必須となります。また引越しドライバーなども重たい家具や家電を運ぶため、筋力がついていることが多いです。

さらに積荷をフォークリフトなどで積み込むトラック運転手も、数日間に渡って大型トラックを運転するために、デスクワークをする職業に比べ体力や筋肉があり健康的で、たくましいと言えます。

そういった面で頼りがいを感じさせてくれて男らしいという印象を与えるので、トラック運転手と結婚したがる女性が多いようです

責任感があって真面目な人が多い

トラック運転手の仕事は、ほとんどの場合で時間厳守が求められます。長距離運搬ドライバーならば何時までにここに到着する、集配ドライバーなら何時までにここに荷物を届ける、そういった綿密なスケジュールを守らなければならないため、トラック運転手には自然と真面目な人が多くなります

また仕事に遅れが生じると、それがそのまま荷主に迷惑をかけてしまうことにも繋がるため、責任感が強い人も多いです。

不良だった人が就いたり粗暴なドライバーが多いという印象は過去のものとなってきており、トラック運転手は結婚生活を長く続けるにあたって必要な、真面目さと強い責任感を持ち合わせています

佐川男子などのさわやかなイメージがある

トラック運転手のイメージには、派手好きで荒っぽいなどというものもありますが、実際は縁の下の力持ちのような存在であり、荷主とも直接やりとりすることが多いことから礼儀正しく、自分の仕事に誇りを持っています。そのため、そういった実直さや誠実さから、佐川男子といったさわやかなイメージが生まれました。

重い荷物を軽々運べるような力持ちでありながら礼儀正しく、ルールを守るといったギャップがあり、結婚相手にトラックドライバーを選ぶ女性も多いようです

大きなトラックを上手に運転するのがかっこいい

大きなトラックを運転するには非常に高い技術が必要であり、トラック運転手は必然的に運転が上手くなります。その結果、大型トラックでも細い道をスイスイすり抜けていくことなどができるようになりますが、そうしたドライバーの姿は運転が苦手な人から見れば、かっこいいものに映ります

またトラックドライバー達は、事故を起こさない安全運転を常に心がけています。無理な運転は決してせず、同乗していても安心感があります。

マイカーで一緒にどこかへ出かける時などでも、上手に運転する姿はかっこいいもので、トラック運転手と結婚したがる女性が多い理由の一つになっています

ドライバー不足で仕事が安定している

近年のネットショッピングの発展によって、トラック運転手の仕事は増加していますが、ドライバーの数はその増加に追いついていません。そのためトラック業界ではドライバー不足が深刻な問題であり、現在トラック運転手は仕事に追われる状態となっています。

しかしその分、仕事がないという状況が少なく、運送会社は常に安定した売上が期待でき、トラック運転手の給料も安定しています

どの業界にも不況の恐れはありますが、トラック運転手にはその心配があまりなく、安定した結婚生活を求める女性がトラック運転手と結婚したがる理由となっています

トラック運転手と結婚することを不安に思う人がいる理由

浮気や不倫の心配をしてしまう

トラック運転手の仕事には、真面目さや責任感といったものが必須であるため、続けているドライバーは真面目で責任感が強いですが、トラック運転手のイメージの中には、昔はヤンチャだった、昔は遊んでいた、などといったものがあります。そのため結婚後、浮気や不倫をされてしまわないかと心配する人もいます

またトラック運転手の中には、数日間家に帰れない仕事をしているドライバーや、出社時間や帰宅時間が一定でないドライバーが多くいます

そのように出先で何をしているのか分からないことも、浮気や不倫を心配してしまう原因の一つで、トラック運転手と結婚することを不安に思う人がいる理由でもあります

家にいないことが多いので不安で寂しい

大型トラック運転手の中には、一週間の内ほとんど家に帰って来られないような長距離の運搬を行うドライバーもいます。またそこまでとはいかずとも、長距離の運搬の仕事をしていれば、一旦仕事に行くと二日から三日は帰って来られなくなります。

さらにトラック運転手は拘束時間が長かったり、渋滞に巻き込まれたりすることもあるので、長距離運搬に関っていないドライバーも、帰って来るのが遅いことや、帰って来られないことがあります

トラック運転手の家族になったときのこうした理由から、不安や寂しさを感じてしまうために、トラック運転手と結婚をためらってしまう人もいます

深夜配送など生活リズムが合わないときがある

トラック運転手との結婚を不安に思う人の中には、深夜配送や早朝配送などの仕事によって、生活リズムが合わないことを心配する人もいます

深夜や早朝配送の仕事に従事するドライバーは、家族が学校や仕事に出かけたタイミングで家に帰り、反対に帰ってくるタイミングで仕事に出かけることになるので、家族と顔をあわせることが難しくなります。

休みの日であっても生活リズムを急に戻すことは難しいので、家族サービスはし辛く、そういった仕事をするトラック運転手は、結婚相手や子供などにも寂しい思いをさせてしまう可能性があります

休みが不定期で家族の時間が取りづらい

トラック業界は深刻な人手不足であるために、ドライバーは非常に忙しいです。そのため前日に仕事を頼まれることもあるなど休みも不定期であり、結婚後も家族の時間をあまり取ることができない場合もあります。

また長距離運搬のドライバーや深夜配送のドライバーなどは、特に休みを家族と合わせることが難しく、休日の家族サービスはおろか、育児の手伝いなどに参加することも中々できません。

トラック運転手と結婚する場合には、あまり家に帰って来ないことを覚悟する必要があり、そのせいで結婚生活に不安を感じてしまう人もいます

トラック運転手は離婚率が高いという噂がある

平成27年の調査では、運輸・清掃・包装等従事者の離婚率は、人口千人に対し12.3人と、十一の職業の平均の19.5人を大きく下回っています。

また一番多いのはサービス職業従事者であり38.1人、二番目は建設・採掘従業者の34.5人で、運輸・清掃・包装等事業者の12.3人を大きく上回ります。そのためトラック運転手の離婚率が高いというようなことは、実際にはありません。

しかし平成7年に行われた調査では、九つの職業の中で三番目に高い離婚率だったため、そういったイメージや噂が未だにあり、ドライバーとの結婚に不安を覚える人もいます。

トラック運転手が結婚できないと言われる理由

歩合制で収入が不安定なので結婚に踏み切れない

トラック運転手の中には、給料形態が歩合制のドライバーも多くいます。歩合制のドライバーの方が、頑張り次第で多くの給料を貰うことができますが、その反面、仕事が少ない場合には給料が下がってしまうなど、貰える給料は不安定であると言えます。

月々の給料が定まっていないと、何かと出費が嵩む結婚生活では先々の見通しがたたないので、結婚をためらってしまう人もいます

またなんらかの事情があって、仕事があまりできなくなった際も給料が下がってしまうため、それを不安に感じることもトラック運転手が結婚できないと言われる理由の一つです。

一人で仕事をしている時間が長いため出会いがない

トラック運転手は運転中はもちろん、積荷の上げ下ろしなども全て一人で行います。仕事中のほとんどの時間がドライバー一人での業務のために、他の職業のように同僚や取引先との交流はほとんどなく、あっても非常に短い時間のみです。

そのためドライバーは仕事中に女性と出会うことがあまりなく、男性人口千人に対しての婚姻件数が、就業者全体では17.9件なのに対し、運搬・清掃・包装等従事者は7.2件となっているなど、トラックドライバーは婚姻率が世の中一般の半分以下という、結婚が難しい現状にあります

職場や事務所に若い女性が少ないので出会いがない

自身の職場の事務員や納品先の事務所で荷物を受け取る事務員、それから女性トラックドライバーなど、運輸業でも女性は活躍しているために、出会う機会が全くないわけではありません。

しかし運輸業・郵便業における女性割合は約20%と、平均の約45%に比べると非常に少ない数字になっており、若い女性に限るとさらに少なくなります。そのためトラック運転手が女性と出会う機会は、他の業種に比べると多くありません。

そういった理由から、トラック運転手には出会いがないため、結婚ができないとされています。

女性と付き合っている時間がない

トラック運転手が結婚できないと言われる理由の一つには、女性と付き合っている時間がないことも挙げられます。

トラック運転手は非常に忙しく、毎日の拘束時間も長いです。また拘束時間は交通渋滞によってさらに伸びるので、一日のほとんどを仕事で終えることもあります。それ以外にも、ドライバーによっては仕事の時間帯が早朝や深夜であったりと、生活リズムが合わないこともあるので、トラック運転手の多くは、女性と付き合う時間を確保できません。

さらにトラック運転手には休みもあまりなく、繁忙期にはそれ以上に忙しくなるために、会いたいと言われても断るしかないこともあります。

交通事故が心配

トラック運転手との結婚にあたって、多くのドライバーと多くの女性が不安を抱くことが、仕事中の交通事故です。

毎日運転する以上、事故の危険は常につきまとい、トラック運転手が安全運転をしていたとしても、事故に巻き込まれる可能性があります。

また人身事故の加害者となってしまった場合などには、会社や保険会社が保障してくれず借金を背負ってしまったり、運転免許証を失い勤めることができなくなったりするなども考えられます。

ある日突然人生が狂ってしまうかもしれない、ということを考え結婚をためらってしまうことも、トラック運転手が結婚できないと言われる理由の一つです。

トラック運転手が結婚する相手に知って欲しいこと

トラックドライバーという職業は体力勝負な大変な仕事であること

トラックドライバーは、毎日のようにトラックを長時間に渡って運転し、また早朝深夜問わずに働きます。しかし体調を崩すと事故の原因になるため、体調は崩せません。

さらにトラック運転手の中でも引越しや配送ドライバーは重たい荷物を一日に何度も何度も持ち運ぶために、腰痛を患っている人も多くいます。それほどまでに、トラックドライバーという職業は体力勝負な大変な仕事です。

そのため家族の理解や協力がなければ、トラックドライバーを続けていくのが難しいということを、結婚する相手には知って欲しいと思います。

トラック運転手は良い人も多いこと

トラック運転手のイメージの一つとして、昔ヤンチャだった方がいる、というイメージがあります。実際にそういった方が全くいないわけではありませんが、トラック運転手は真面目さや責任感、礼儀がなければ務まらない仕事です。

そのためトラック運転手を長く続けている人には良い人が多く、昔ヤンチャだったとしても、自然とそういった性格に変わっていきます。それもまた、ドライバーが結婚する相手には知っておいて欲しいことです。

トラック運転手が独身を抜け出すためには

勤務時間や休みの安定した運送会社・仕事を選ぶ

独身のトラック運転手が、独身を抜け出すためには、勤務時間や休みの安定した運送会社や仕事を選ぶことが重要になります。

勤務時間や休みが不安定だと、例えばデート一つとっても正確な約束が不可能であり、指定した時間に行けない可能性も出てきます。そうしたことが頻繁に起こる相手と結婚する女性は少なくなってしまうため、独身のトラック運転手はなるべくそうならないよう、労働環境や勤務時間が安定した働き方を目指すことが望ましいといえます。

積極的に出会いの場に行く

トラック運転手が独身を抜け出す方法の一つとして、街コンなどの出会いの場に、積極的に行くことが挙げられます

トラック運転手は、職場や仕事先に女性が少ないため仕事中の出会いが中々ありません。そのためプライベートの時間を利用して積極的に出会いの場にいくことが、結婚する可能性を大きく上げることになります。

ただしトラック運転手は忙しく仕事の時間も不安定なので、街コンなど日時が決まっているものに申し込む場合には注意が必要です。

結婚相談所やアプリを使う

結婚相談所やアプリは、街コンなどのように出会いの場へ赴く必要がありません。登録をすれば、後は空いた時間に携帯でやり取りをするだけでデートの約束が可能です。

そのため忙しいトラック運転手にも向いており、独身のトラック運転手が結婚する方法として結婚相談所やアプリを使うことは非常に有効になります。

男性人口千人に対しての運搬・清掃・包装等従事者の婚姻件数は7.2件と就業者全体から見れば半分以下であり、トラック運転手は自ら動かない限り結婚が難しい現状にありますが、これらを使うことで、独身を抜けだす可能性を上げることができます。

独身のトラック運転手が出会う場所

物流センターや会社の事務所

独身のトラック運転手が異性と出会う場所としては、物流センターや会社の事務所が挙げられます。

運輸業・郵便業における女性割合は約20%であり女性は少ないですが、運輸業界に限ればトラック運転手のほとんどが男性であるために、物流センターの受付や会社の事務員などの事務方には女性が一定数います。

そのためトラック運転手としての仕事が忙しく、プライベートの時間がほとんど持てない場合でも、そういった場所で独身を脱却できる出会いがある可能性があります。

飲み会など

トラック運転手の中には、居酒屋の店員さんと結婚した方もいるなど、独身のトラック運転手にとっては飲み会に行くことも女性と出会う大切な方法になります。

また飲み会に限らずとも、イベントやレジャーには出会いが多いです。就業時間が不規則なトラック運転手では、予定を立ててどこかへ赴くことは難しいですが、時間が空いた時には積極的に外に出て出会いを探してみることが大切です。

長距離運転手の結婚事情

長距離ドライバーとの結婚することの良い点

大型トラックに乗る長距離運転手の平均賃金は約439万円と、世の中平均の402万円を大きく越えています。そのため長距離ドライバーと結婚することのメリットとして稼ぎが良いことが一つ挙げられます。また定年がなく歳をとっても稼げることも大きなメリットです。

さらに長距離運転手は、遠く離れた納品場所に決まった日時で積荷を届けるため、計画性に優れた真面目な人が多く、事故にも人一倍気をつけるために、どこかへ一緒に出かける時や生活の中でも安心感があります。

そして一旦仕事に出かけると、数日間帰ってきません。女性が趣味などで一人の時間を大切にする方の場合にはそれもメリットと言うことが可能で、長距離ドライバーは結婚相手として最適な相手となります。

長距離ドライバーとの結婚することの悪い点

一旦仕事に出かけると数日間帰ってこられない、というのは、一人が寂しいと思う女性にとってデメリットになります。

また長距離運転手は事故に人一倍気をつけているものの、絶対に事故を起こさない、巻きこまれないわけではないので、リスクもあります。心配性な方ならば、長距離運転手と結婚すると毎日不安を覚えることになってしまうため、デメリットは大きいです。

そして長距離ドライバーと結婚することの悪い点としては、非常に体力勝負な仕事であるため、休日の家族サービスが難しいところも挙げられます。早朝に帰ってくることや深夜に仕事へ行くといったことも多くなるため、生活時間自体が合わない可能性もあり、そちらもデメリットと言えます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー