ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手の出会いとモテるトラックドライバーになる方法がまるわかり

Contents

トラック運転手に出会いはあるのか

自分から探しにいかないと基本的に出会いはない

男性トラック運転手は、職場内で女性と接する機会が少ないです。職場に女性の数は多くないですし、仕事中は車中で1人でいる時間が大半のため、自分から探しにいかない限り、出会いがない場合がほとんどです。

女性と接点を持ちたいトラック運転手は、日頃から女性との出会いを意識し、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。口下手だからと、コミュニケーションに消極的な人は、挨拶から始めてみましょう。

積極的に出会いに行けばある

トラック運転手は、自分から積極的に行動し出会いを探す必要があります。

職場での出会いはもちろん、合コン・街コンへの参加など、自分が取れる行動を欠かさないようしましょう。

よく遊ぶ友人から女性を紹介してもらうのも、いいきっかけになります。口下手な人も、共通の友人がいればスムーズに会話しやすいです。

また、マッチングアプリを利用することで、普段なら接点がない女性と出会う機会を作れます。職場外での出会いの場を作るために、自分から行動を起こすことが大切です。

トラック運転手に出会いはどこにあるのか

職場の事務所や同僚・同業者のトラガール

トラック運転手の職場にはドライバー以外に、経理や総務などの事務仕事を担当している人がいます。それらの仕事は女性が担当している場合が多いので、職場で女性と出会いたい人はアプローチしてみましょう。こういった女性は、同じ職場の事務所で働いているので、こちらの仕事への理解がある場合も多く、そのため、仕事の拘束時間の長さや不規則な勤務時間が原因のすれ違いを避けやすいです。

また、トラガールと呼ばれる女性のドライバーも増えています女性ドライバーも、互いの仕事内容を理解しやすいので、家庭内でのトラブルに発展しづらくおすすめです。同僚や同業者に女性がいる人は積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。

コンビニやガソリンスタンドの従業員

トラック運転手は、仕事中に、コンビニやガソリンスタンドを利用する機会が多いため。そういった業務中に利用するお店も出会いの場になりますいつも利用するお店の店員と顔なじみになり、その後、関係が発展するケースもあります。

これら以外にも、高速道路のサービスエリアの売店やレストランでも女性との出会いはあります。こういった機会を逃さないようにしましょう。

荷受け先のスタッフ

トラック運転手は、トラックを運転して荷物を目的地にまで運ぶのが仕事です。そのため、必ず荷受け先や取引先のスタッフとの出会いがあります

荷受け先の企業の事務員や担当者と接する場合は多いので、自然と話す機会が多くなり、仲良くなるケースもあるでしょう。

これらの職業についている女性は、トラック運転手という職業についての理解がある場合が多いです。積極的にコミュニケーションを取りましょう。

合コン・街コンやマッチングアプリ

職場でなかなかいい女性と知り合えないトラック運転手は、職場以外での出会いを見つける必要があります。そういった人は、合コンや街コンに参加しましょう。1人で参加するのは億劫だという人は職場の同僚や友人と一緒に参加するのがおすすめです。そういった場では、積極的に発言し、自分から女性にアプローチするのが大切です。

また、仕事の休憩時間や食事中のちょっとした空き時間などを使って、マッチングアプリを利用するのもおすすめです。職業別の出会い系アプリも存在するので、そこに登録し、トラック運転手と知り合いたい女性を見つければ、スムーズに関係を発展させやすいです。

トラック運転手には出会いがないとされる理由

労働時間・勤務時間が不規則で予定が安定しない

トラック運転手は労働時間が長くなる機会が多く、スケジュールを把握するのが難しい職業です。取引先が遅延していて待機する必要があったり、渋滞で目的にへの到着が遅れるといったことが珍しくありません。そのため、仕事以外の予定を入れられないといったケースが多くあります。

また、勤務時間も不規則で、休みが不定期な場合も多いです。勤務時間が決まっておらず、朝早くから出発する場合があり、休みの日に仕事を頼まれるケースもあります。そのため、女性との出会いの場への参加が難しくなってしまいます。

男社会であり職場に女性が少ない

トラック業界は男社会で、女性の割合が少ないです。そのため、仕事中に女性と接する機会はほとんどなく、女性と出会いの場自体がない点が、トラック運転手に出会いがない理由としてあげられます。

女性トラック運転手も増えてきましたが、全体の割合では男性トラック運転手が大多数です。あとは、荷受け先の担当者や事務所の事務員に女性がいた場合にしか女性と話す機会がありません。そのため、出会いにつなげるのが難しい環境になっています。

一人で運転している時間が長い

ラック運転手に出会いがない理由として、仕事中に1人で運転している時間が長い点が挙げられます。

特に長距離ドライバーは、1人で何時間もトラックを運転し続ける必要があり、トラックの中で1日を過ごす場合も少なくありません。

また、荷物の積み下ろし作業なども1人で作業することが多く、女性との接点を持つ機会がない場合が多いです。そのため、女性との出会いと無縁な生活になってしまいがちです。

トラック運転手がモテる仕事とされる理由

給料が高くて稼げる仕事だからモテる

トラック運転手がモテる理由として、給料が高く収入が良い点が挙げられます。

多くの職業は年功序列で、若い間の賃金は低いのが一般的です。ですが、トラック運転手は、歩合給の割合が高いので、仕事量さえこなせば、若いうちから高収入を得ることができます。特に、大型トラックを運転している長距離ドライバーは平均年収が480万を超えています。

高収入の男性は、女性に気前よくごちそうしたり、ファッションにお金をかけたりする余裕があります。女性からみても、デートのときに相手の財布を心配する必要がないのは魅力的に映ります。

筋肉があって男らしいからモテる

トラック運転手は、男らしいイメージを持たれている場合が多いです。

長時間、トラックを1人で運転するし職業なので、体力がないと務まりません。そういった男性に対して、女性はタフで頼りがいある男性だという印象を持ちます。

また、引っ越しドライバーは、大きな荷物の運搬など力仕事も多くあるので、筋肉質でガッチリとした体型をした男性が多いです。そういった体型の男性は、女性に健康的でたくましい印象を与えます。そのため、男らしい男性を好きな女性にモテる場合が多いです。

仕事が安定していて長く働けるからモテる

昨今では、勤め先が倒産してしまうリスクは小さくなく、大手企業でも大規模なリストラが行われることが珍しくありません。ですが、トラック運転手は、失業のリスクが小さく安定していて長く働ける職業です。

ネットショッピングなどで、宅配便の件数は大幅に増えており、トラック業界は慢性的に人手不足です。そのため、今の職場を辞めたとしても転職先を見つけることは難しくありません。

多くの女性は将来的な安定を求めています。そのため、仕事先に困ることがなく、安定している男性はモテるのです。

出会いの少ないトラック運転手が結婚する方法

トラックドライバーの仕事を理解してもらう

女性との出会いの機会があったとしても、相手がトラック運転手に対してマイナスイメージを持っている場合があります。

そういった相手と結婚するためには、自身の仕事を相手に理解してもらうことが重要です。毎日どこにどんな仕事で向かっているのかを細かく報告するようにしましょう。こうすることで、不規則な拘束時間のせいでなかなか会えないと不安がっている女性に理解してもらいやすくなります。

また、ちょっとした空き時間に、相手に電話をしたり、感謝の気持ちを伝えたりすることも大切です。軽くラインやメールなどでコミュニケーションを取るだけでも大丈夫です。少しでも相手の不安や不満を改善できるように努力することが重要になります。

飲み会などの出会いの場に行く

結婚する相手を見つけるためには、まず出会いの場を探す必要があります。しかし、トラック運転手は、男性が多い職場で、かつ、不規則な仕事ということもあり出会いの機会が少ないです。そのため、結婚したい人は自分から出会いの場を探す必要があります。

例えば、友人から誘われた飲み会などには積極的に参加するようにしましょう。また、休日には業界外のコミュニティに参加することで、女性と知り合う機会が増えていきます。仕事中の出会いの機会が少ない分、行動力が必要になることを意識しておきましょう

浮気や不倫をしない責任感がある自分であることを知ってもらう

トラック運転手は、仕事内容から浮気や不倫をしやすいと疑わやすく、結婚後も、トラブルになるケースが少なくありません

そのため、女性に責任感がある人間であるということを知ってもらう必要があります。こまめに自分の居場所を報告し、そういったことをしていないと日頃から証明することが大切です。

また、出会いが少ないとはいえ、女性と知り合う機会がないわけではないので、そういった場合には、相手への挨拶だけは欠かさず、あとは、ほどほどの距離感を保つことが重要です。

拘束時間や休日の安定した待遇の良いホワイト企業に転職する

トラック運転手が、出会いの場を確保し結婚するためには、会社選びが重要になります。

不規則な拘束時間だと出会いのためのスケジュールを確保するのが難しいですし、休日出勤が多い職場だと、女性と出会う機会を逃してしまいます。こういった企業に勤めている人は、拘束時間や休日が安定しているホワイト企業に転職するのがおすすめです。

トラック運送会社は数多くあり、求人も多くありますが、その中でいい条件の会社を選ぶにはしっかり調査することが大事です。求人サイトなどでできるだけ多くの会社を比較し、条件のいい会社に転職することを目指しましょう。

トラック運転手は不倫しやすいという噂

トラック運転手はなぜ不倫しやすいといわれるのか

トラック運転手は女性から不倫しやすいと思われがちです。

その理由として、基本的に仕事の時間が不規則な点が挙げられます。自身のスケジュールが取引先相手のスケジュールや交通状況によって大きく左右されるので、ドライバー本人でもどの時間にどこに居るのかを把握することは難しいです。そのため、奥さんに自分のスケジュールを把握されず、不倫をしていたとしても簡単にごまかすことが可能です。

仕事中の不倫は、タイムカードや給料に反映されないので、奥さんがそれを知ることはほぼ不可能です。

こういった理由があり、女性にトラック運転手は不倫しやすいと言われやすくなっています。

長距離トラック運転手は特に不倫しやすいのか

長距離トラックには、仮眠を取るためにベッドや寝具が備え付けられている場合が多いです。そのため、ホテルなどを利用せずに、トラック内で事を済ませられます。

自宅から遠く離れた場所なので家族に露見する心配もなく、結果として不倫しやすい環境になっています

また、長距離トラック運転手は、長期間、家に帰ることができず、家族と過ごす時間が短くなってしまいます。そのため、ふと寂しくなり、魔が差したように不倫をしてしまうケースが少なくありません。そのため、長距離トラック運転手は特に不倫しやすいと言われています。

トラック運転手の離婚率はどれくらいか

離婚率とは、人口1,000人あたりの年間離婚件数を指します。厚生労働省の調べによると、平成27年度の離婚総数は22万で15歳以上の日本人男性人口は5,294万人です。そのため、離婚率は4.2になります。

これに対し、トラック運転手を含む輸送・機械運転職の離婚件数は1.4万人で、15歳以上の男性人口が193万です。計算すると離婚率は7.1になります。

比較すると、トラック運転手の離婚率は一般的な職業と比較して高いと言えるでしょう。

トラック運転手の出会いでのポイント

真面目で誠実な印象を持たれるようにすること

トラック運転手が出会いの場を確保するためには、自分から積極的に女性にアプローチする必要があります。しかし、女性から見ると、仕事中に不真面目な言動を行っているように見られる可能性があり、場合によっては会社に苦情を入れられる恐れがあります。

相手が嫌そうな反応をしていたり乗り気で無かった場合は無理にアプローチはせず、真面目で誠実な印象を持たれる範囲で、女性と話すようにしましょう。

一晩だけの関係にならないようにすること

トラック運転手が出会いを探す場合、荷受け先の事務員やサービスエリアのスタッフと関係を持つ場合が多いです。しかし、荷受け先が変わったり、担当する地域やルートが変わることで、仲良くなった女性と疎遠になってしまい、結果として一晩だけの関係になりかねません。

また、相手のことをくわしく知らないうちに関係を持った結果、既婚者と知らず不倫になってしまう危険性もあります。こういったことを避けるために、仕事関係以外でも出会える場を作ることが大切です。

身だしなみを整えて怖いイメージを持たれないようにすること

トラック運転手は、1人で長時間車中にいるので、身だしなみがルーズになりがちです。そのため、女性から怖いというイメージを持たれてしまったり、不潔でだらしのない印象を与えてしまいます

髪型やひげを伸ばしっぱなしにしないように気をつけたり、制汗スプレーを常備するようにするといった努力をかかさないようにしましょう。日頃から清潔にすることを心がけることで、女性にさわやかな印象を与えられ、いい出会いにつながります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー