ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手の日焼け対策とトラックドライバーの紫外線予防がまるわかり

紫外線とは?

気象庁の紫外線に関する説明を参考にすると、紫外線は太陽光の種類の一つとされています。

太陽光の種類は、波長の長い順に赤外線、可視光線、紫外線という3種類に分類されています。そして、太陽光から一番波長が短いとされる紫外線にも波長によって3種類のUV-C、UV-B、UV-Aに分けられます

紫外線3種類 特徴
UV-C 大気による吸収をあまり受けずに地表に到着します。生物に与える影響はUV-Bに比較すると小さいものです。太陽光の占める割合はほんの数%程度です。
UV-B 大気により大部分が吸収され、残りが地表に到着します。生物にとって有害な紫外線とされています。
UV-A 大気上空のオゾン層によってすべて吸収されて、地表には到達しません。

日焼けとは?

医療情報サイトによると、日焼けとは太陽光を浴びることで生じる皮膚反応のことです。

日焼けをすると軽い火傷を起こしている状態肌が赤く変化し、痛みを伴います。また、肌のシミやシワ、皮膚がんなどが誘発される危険性があります。

日焼けの原因は、先ほど述べたUV-B、UV-Aの紫外線を浴びることだとされています。

  • UV‐BはUV‐Aと比較すると皮膚の細胞に対する影響力がより強いため、さまざまな皮膚病の要因といわれています。
  • 一方UV‐AはUV‐Bほど皮膚細胞に対して有害ではないとされていますが、長時間浴びた場合はUV‐Bと同様の健康被害のとなります。さらにUV‐Aは窓ガラスや雲を通過してすることができ、皮膚の奥深くまで到達しやすいという特徴があり、皮膚の老化の原因になります。

また、日本皮膚科学会によると、日焼けには「サンバーン」「サンタン」といわれている2種類があります

  • サンバーンとは、海水浴などで強い紫外線を浴びた直後に肌が赤くなり、水ぶくれができる日焼けのことをいいます。2日間ほどヒリヒリとした痛みを伴い、3日後に皮がむけることがあります。
  • サンタンとは、いわゆる一般的にいわれる日焼けにあたります。皮膚にメラニン色素が生成され、色素沈着を起こすことで、肌の色が黒っぽく変化するとされています。紫外線を浴びた数日後に色変化が現れ、数か月の間が皮膚の色変化が続きます。

トラック運転手が日焼けしやすい原因

野外で作業をしていることもある

トラック運転手は運転だけしていれば良いというわけではなく、野外で作業をしていることもあります。トラックに載せた荷物を積み込んだり、降ろしたりする作業がセットになっています。具体的な作業内容は、積載する荷物の種類によって、手積み・手降ろし作業とフォークリフト作業に分けて行うのが一般的なトラック運転手の作業です。

荷積み・荷下ろしの作業は室内で行う場合もあれば、野外で作業をするときもあるため、トラック運転手が日焼けしやすい原因の1つです。

車内でも顔や体の半分は太陽光を浴びている

実はトラック運転手は常に運転中に太陽光を浴びています。しかし運転中はエアコンなどで車内の温度調整をしているので日焼けしている実感は少なく感じます。紫外線は車のガラスを通して車内に入ってくるため、日焼け対策をしないと思わぬ事態になりかねません。

トラック運転手は常に運転席に座っており、同じ方向から太陽光を浴びるため顔や体の半分右側が日焼けすることが大きな特徴です。もちろんその理由は、日本の車が右側ハンドルだからです。

しかし、トラック運転手の左側は日焼けはしません。左側は、助手席で影になっており、太陽光を浴びることが右側とくらべて少ないからです。

トラック運転手は、独特の日焼けをしやすいため、休日に左側だけ日焼けをするなど工夫をしている方もいます。

日焼けは肌へのダメージや老化の原因となる

人間の肌の老化は加齢が原因だと思っている方が多いかと思いますが、皮膚の健康研究機構によると肌の老化は太陽光による光老化の影響がほとんどです。

光老化とは、太陽光を長時間肌が浴び続けることで、肌にシミ、シワ、たるみなどが現れる老化現象のことです。

  • 肌のシワは年齢を重ねることで進みますが、太陽光を浴びることでシワが起こりやすくなります例えば、お年寄りの顔や手など太陽光が当たっている体の箇所はシミやシワが多いですが、太陽光が当たらないお尻や内ももなどはシミやシワはほとんどありません。
  • 肌のシミは、紫外線を浴びて肌に炎症が起こると、肌が今後の紫外線ダメージに備えてメラニンという色素を作り出しますが、このメラニンによって黒く日焼けした肌色になります。紫外線を長時間浴びることによって、肌の奥のメラニンを作り出すメラサイトが刺激され、メラニンを過剰に作り出してしまうことによってシミができるのです。

加齢による肌の影響は2割程度残りの8割が光老化によるものといわれます。このように日焼けは肌へのダメージや老化の原因となることがわかります。

海外の28年間トラックドライバーをした人の日焼けに関する研究結果

米国で28年間トラックドライバーをした人の日焼けに関する研究結果によると、トラックドライバーは日焼けによって顔の左右で老化に大きな差が出ることが分かりました。

実験対象の人物は、68歳のアメリカ人男性で、28年間トラック運転手として働いていました。アメリカの車は日本と違いハンドルで、長年左側だけ太陽光を浴びることによって驚きの結果が出ました。なんと顔の左側だけが著しく老化が進んでしまったのです。しっかりとした日焼け対策がされていれば、この男性の左だけ著しく老化することを防げたのかもしれません。

この研究結果から、紫外線は肌に与える影響が大きく、肌のシミ、たるみなどの原因となることが正式に発表されました。

日焼けは最悪の場合皮膚ガンの原因にも

日焼けが及ぼす大きな影響の1つは、がんの発生要因になりうる点です。

紫外線は皮膚の免疫力を著しく低下させるので、皮膚がんが発生しても抑えられないのです。

具体的に皮膚に発生するガンには、基底細胞がん・有極細胞がん・黒色表面がんの3種類があり、最も発症が多いのは基底細胞がんです。次に多いのは有棘細胞がんとされています。

皮膚がんが多い患者さんのほとんどは高齢者で、皮膚がんの発生には生涯浴びる紫外線量が大きく関わっています

トラック運転手の日焼け対策

長袖の作業着

トラックドライバーの日焼け対策として長袖の作業着を着ることをおすすめします。冬は長袖でも問題はありませんが、夏に長袖を着ることには抵抗があるかと思われますが、夏だからこそ長袖の作業着を着てトラックを運転すべきです。

最近では、ユニクロで出しているエアリズムや扇風機付きの作業着など、夏場に着ても暑さを感じにくくする工夫がされている服がたくさんあります。このように自分で工夫をして日焼け対策をすることが重要になります。

手袋

手の日焼け対策として手袋もトラック運転手にとって大切な日焼け予防グッズとなります。

トラック運転手は野外で作業をしている時には荷物が持ちやすくなるということもありまして、大半の方は手袋を使用していますが、一方で運転中はほとんどのトラック運転手は手袋をしておらず、車内に入る太陽光の入り方によってハンドルの持ち手を変えながら日光を防いでいます。

遮光用の日除けネット・UVカットフィルム・カーテン

大半のトラック運転手は、遮光用の日焼けネット・UVカットフィルム・カーテンの3つの内に必ず1つは日焼け対策として車内に付けています

運転中はもちろん車内で休憩する際にも必要なものになっています。3種類によって使用用途が少し違いますので紹介します。

  • 日焼けネットとカーテンは、停車中の休憩中に使用する目的で設置することが多いです。なお、車全般に言えることですが、走行中、運転席と助手席においてネットやカーテンを閉じたりすることは禁止されています。
  • UVカットフィルムは走行中でも使用できるため走行時の紫外線対策として使用できます。

このように使用目的ごとに日焼け対策用品がありますので、自分に合う日焼け対策をしてみて下さい。

サンバイザー

サンバイザーもトラック運転手にとって日焼け対策になるアイテムです。

トラックはフロントガラスの面積が大きく太陽光が多く車内に入ってしまうため、運転席に付けることで、正面からの太陽光を避けることができます。また、助手席にもサンバイザーを付けることをおすすめします。なぜなら、助手席から運転席にくる太陽光を防ぐことができるので、付けておくだけでも日焼け対策として非常に有効だからです。

目はサングラスで対策

目も肌と同じく紫外線の影響を受けますトラック運転手は常に紫外線を目に受けているため、目はサングラスで対策をするべきです。

サングラスをすることによって、長時間紫外線を目に受けることによる目の障害を防ぐことができ、紫外線による目の負担が軽減されて疲労防止にもなります。さらには反射光を減らすことができるため、対向車や人、道路標識が見えやすくなる効果があります。

サングラスを選ぶポイントとして、遮光機能があることはもちろんのことですが、出来るだけ目とサングラスとの隙間がすくないものがおすすめです。隙間が少ないことで紫外線が目に入ることを防ぐことができます。

トラガールの日焼け対策

日焼け止め・日焼け止めスプレー

トラガールにとって日焼け止め・日焼けスプレーは必需品です。女性にとって肌は非常に重要ですし、日焼け対策をせずにシミやシワができてからだと手遅れになってしまいます。

日焼け止め・日焼け止めスプレーの商品についてですが、新しい商品がどんどん増えていき昔にくらべると種類がとても豊富になってきております。

その中でトラガールの日焼け対策としておすすめする日焼け止めは、汗をかいても日焼け止めが落ちにくくなるウォータープルーフの機能が付いている日焼け止めです。なぜなら、トラック運転手は汗がかくことが多いため、いつの間にか日焼け止めが落ちているということを防ぐためです。

ボディーパウダー

ボディーパウダーを使うことによって身体の日焼けを防ぐことができますボディーパウダーは汗による嫌なベタつきを押さえてる効果もあります。

さらにはさまざま種類のボディーパウダーがあり、肌をきれいに見せてくれたり、香水のように良い香りを楽しめたりなど女性にとってうれしい機能を備えているものが多いです。

ボディーパウダーを選ぶ時のポイントとしては、日焼け止め同様にウォータープルーフ機能が付いているボディーパウダーがおすすめです。さらに自分の肌質をしっかりと把握して、ボディーパウダーで肌に余分な刺激を与えないようにしましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー