ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
長距離トラック

長距離トラックの車中泊を快適にするコツがまるわかり

長距離トラックドライバーが車中泊する理由

長距離トラックドライバーは一度の運行が1000キロを超える長旅になる事もあり、2、3日家に帰って来れない事は日常茶飯事、長ければ1週間以上家に帰れない事もある特殊な職業です。

そういった労働環境でも宿泊施設等でゆっくりする事ができれば良いのですが、実際には会社からそんなお金が出る訳はありません。また配達の都合によっては長時間の休息が取れない場合もあります。

その様な理由から長距離トラックのドライバーはトラックの中で車中泊をする事になるのです。その車中泊を少しでも快適にするために運転手はさまざまな工夫をしてトラックの車内をカスタマイズしています。

長距離トラックドライバーの運転時間と休息時間のルール

長距離トラックドライバーの仕事は道路の渋滞や悪天候、取引先での荷待ち時間などで労働時間が長くなってしまい過重労働になりがちな職業です。そこで厚生労働省では事故防止のために長距離トラックのドライバーがしっかり休憩や休息が取れるように、法律で運転時間や休息時間などにルールを設けています

長距離トラックの運転手は国の定めたルールの中でトラックの運転や休息(車中泊)を取っており、その法律は改善基準告示と呼ばれます。

この改善基準では、トラック運転手の連続運転時間は4時間までとされており、4時間以内、もしくは4時間経過後に30分以上の休憩を取らなければならないとされています。(分割して取る場合は一回の休憩は10分以上)

また休息時間は原則8時間以上空けなければならないとされており、長距離トラックのドライバーが車中泊等でもしっかり身体を休める事ができるような配慮がされています。

長距離トラックドライバーが車中泊する場所

長距離トラックドライバーはトラックの車内で何日も車中泊をする事になります。その車内は仕事の疲れを癒すための自分専用の部屋である事はもちろん、自分の勤める会社からの指示や電話点呼など、また天候や配達先の情報を収集するオフィス的な役割も担っています。

そんな大型トラックの車内ですが運転席の後ろには充分な広さのある寝台スペースが用意されており、大人一人が脚を伸ばしてくつろげる程の余裕のあるスペースが確保されています。

また最近ではマキシルーフといってトラックの天井部分に寝台スペースを確保している大型トラックも多くリリースされており、長距離トラックのドライバーがゆっくり休息を取る事ができる様に配慮した設計がなされています。

長距離トラックドライバーが車中泊で駐車する場所

長距離トラックドライバーが車中泊をするための場所は主に高速道路のSA道の駅トラックステーションになり、こういった施設で休息を取る事は長距離のトラック運転手にとって大きな楽しみの一つになっています。

ただその一方で、こういった施設は駐車スペースに限りがあり、また夜は混雑していて場所の取り合いになってしまっています。

そういった事情もあり、やむにやまれずコンビニの駐車場や一般道にある数少ない駐車スペース、最悪の場合は駐車禁止の場所で車中泊をせざる負えない長距離トラックのドライバーがいる状況もあり、そういった環境の改善が求められている現状があります。

長距離トラックのキャビンはどうなっているか

大型トラックのキャビンは長距離の運行を想定しているため、中型・小型トラックに比べてかなり快適な作りになっています。

その居住スペースはとても広く作られており、長距離の仕事にも対応できる様、小物入れや収納スペースがとても豊富な作りになっています。また運転席の後ろにある寝台スペースもしっかり休息が取れる様に充分な広さが確保されています

さらに最近の大型トラックには、天井のスペースを広くとって、立って着替えができるほどの居住スペースを確保したハイルーフ仕様のトラックも多くなってきており、長距離トラックのドライバーが快適に過ごせるような配慮がなされています。

長距離トラックで車中泊を快適にするコツ

アイドリングストップを守る

大型トラックのエンジンは排気量が大きいため走行中のエンジン音がとても大きいです。それはアイドリング中でも同じ事が言え、キャビンの中にエンジン音が侵入してきて長距離トラックドライバーの睡眠の妨げになってしまいます。

快適な睡眠を確保するためにもできるだけ車中泊時はアイドリングストップを心がけるようにした方が良いでしょう。

換気をよくする

トラックの車内はホコリや塵がはいってきやすいですし、長時間窓を締め切っていると、どうしても室内の空気が悪くなってしまいます長距離トラックの車中泊を快適にするためには定期的に窓を開けて換気を行う事をお勧めします。

足をしっかり伸ばして寝る

長距離トラックのドライバーが車中泊で快適に休息を取るためにはしっかり足を伸ばしてくつろげる事が大事になります。極力、トラックの寝台スペースには物を置かないようにして、睡眠スペースをしっかり確保する事が大事になります。

長距離トラックの車中泊を快適にする必需品

寝袋・マットレス

長距離トラックの寝台スペースに車中泊用の布団を入れているドライバーは多いですが、それに加えて寝袋やマットレスも入れておくと良いでしょう。寝袋は場所を取らないうえに折りたたんで枕代わりにする事もできますし、マットレスは腰痛予防にとても効果があります。

遮光カーテン

長距離トラックドライバーの車中泊には必需品といって良いものが遮光カーテンになります。日光を完全に遮断してくれる遮光カーテンは睡眠には欠かせないものですし、直射日光を防いでくれるため、夏場の暑さ対策にも役立ちます。

インバーター

長距離トラックの車内で12Vの一般家電を使う事が可能になるインバーターは車中泊には必須のアイテムになります。現在ではさまざまなタイプのインバーターが販売されており、トラック用品店やインターネット通販で購入する事ができます。

長距離トラックで車中泊する時の注意

一酸化炭素中毒

長距離トラックのドライバーは車中泊をする際、アイドリング状態で過ごす事が多いです。これはエアコンや蓄熱マットなどの電装品を使用したいためなのですが、冬場には注意が必要です。

冬場はマフラーの排気口が凍結や雪でふさがれてしまう事があり、その場合は排ガスがトラックの車内に入り込んで一酸化炭素中毒を引き起こし命に関わる事になるかもしれない危険性があります。

エコノミークラス症候群

長距離トラック運転手は車中泊の際、車内の限られたスペースで長時間過ごす事になります。そうなると運動不足になりがちになってしまいますし、同じ姿勢を続ける事で血流が悪くなりエコノミークラス症候群になる可能性もあります。

そうならないためにもこまめに外に出て体を動かすようにし、血流をよくする様に心がける事が大事になります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー