みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
タンクローリー

タンクローリー運転手の志望動機はどう書くべきなの?例文や書き方がまるわかり!

なぜ会社は志望動機を聞いて来るのか

タンクローリーの運転手は特殊用途車両と呼ばれるトラックに乗務してガソリンや重油、高圧ガスなどを運ぶトラックドライバーの仕事です。タンクローリーの運転手は、高度な運転技術や、積載物の知識が必要になるため、誰もが簡単になれる仕事ではありません。

そう言ったプロフェッショナルで責任のある仕事ですから、タンクローリーの運転手の採用面接を受けるのなら、志望動機をしっかり作成しておきましょう。なぜなら、会社はタンクローリーの運転手としての適性や、やる気を志望動機から判断するからです。

タンクローリー運転手に会社が求める資質とは

安全意識の高さ

運送会社がタンクローリーの運転手に求める資質で、一番に重要視するのが安全に対する意識の高さです。タンクローリーの運転手の仕事は、扱う荷物がガソリンや化学物質、高圧ガスなど、その取り扱いに慎重さや丁寧さが求められるものが多くあるからです。

さらには、積み下ろしの際に高所作業などの危険がつきまとう仕事もあるため、ルールやマニュアルなども厳しく決められています。

タンクローリー運転手の仕事は安全に対してとても厳しい面があるので、志望動機にはご自分の安全意識の高さをアピールすると良いでしょう。

運転の能力

タンクローリーの運転手は一度事故を起こしてしまえば、大惨事になりかねない責任のある仕事です。当然、会社は安全意識の高さと共に、運転の技術が高い人を求める傾向にあります。

タンクローリーの採用面接に望むのであれば、自らの運転能力の高さを志望動機に積極的に書くようにしましょう。

ドライバーとしての経験

現在のトラック業界は人手不足が続いており、タンクローリーを営む運送会社も未経験者を採用するようになってきました。

ですが、高い運転技術が求められるタンクローリー運転手の仕事は、やはりトラック運転手としての経験が重視されます。ご自分のドライバーとしての経験を志望動機でアピールする事で、採用担当者に好印象を与える事ができるでしょう。

様々な資格

タンクローリー運転手の仕事は運ぶ荷物によって資格が必要な場合があります。例えばガソリンや重油、化学物質を運ぶ、危険物タンクローリーの仕事は危険物取扱者の資格が必要になりますし、高圧ガスを運ぶ、高圧ガスタンクローリーの仕事をするのであれば、高圧ガス移動管理者の資格が必要になります。

近年はこういった資格を持っている人材が少なくなっており、運送会社も資格を持っている人を強く求める傾向になっています。志望動機に持っている資格をアピールする事は必ずプラスになる事でしょう。

誠実さ、勤勉さ

タンクローリー運転手の仕事は、運転の技術はもちろんですが、積載物の知識なども求められる仕事です。また、荷物の積み下ろしは機械を使った作業になり、高所作業などの危険も伴う仕事である事から作業ルールが細かくきめられています。

そういった理由からタンクローリーの仕事は、日々研鑽の毎日になります。志望動機にはご自分の誠実さ、勤勉さをアピールする事が採用担当者から好印象を得るポイントとなります。

やる気、熱意

タンクローリーの運転手に限った事ではありませんが、会社はやる気や熱意のある前向きな人を求めています。採用面接の志望動機に、ご自分の仕事に対しての意気込みや熱意をしっかり入れる事で、採用担当者の気を引く事ができ、他の面接希望者より頭ひとつ抜きんでる事ができるでしょう。

健康な身体と体力

タンクローリーの運転手の仕事は朝が早く時間が不規則な上に、繁忙期には拘束時間が長くなり体力的にもきつい事がある仕事です。そういった仕事ですので会社は健康な身体と体力のある人を求めています。志望動機には心身ともに健康で体力にも自信がある事をアピールすると良いでしょう。

タンクローリー運転手の志望動機にいれるべき内容

会社を選んだ理由

運送会社の採用担当者は、なぜ数多くある運送会社の中から我が社を選んだのか、という事を気にするものです。それは会社を選んだ理由から、仕事に対する姿勢や適性、また会社との相性などが判断できるからです。

それがタンクローリーの運転手という特殊な仕事であれば尚更です。志望動機には必ずその会社を選んだ理由を書くようにしましょう。

タンクローリー運転手をやりたい理由

タンクローリーの運転手という仕事は液体や気体、粉流体を運搬する仕事であり、他のトラック運転手の職種に比べて特殊な仕事です。

採用担当者はなぜタンクローリーという特殊な仕事を希望するのか興味を持っていますし。その理由から本人の適性や、やる気を図る判断材料にしたいとも思っています。ですので、志望動機にはなぜタンクローリー運転手をやりたいのかの理由も入れるようにすると良いでしょう。

自分が持っている資格や経験

自分の持っている資格や経験を志望動機に入れる事は、最大の武器になるといっても良いのではないでしょう。仮にタンクローリーの運転手の仕事に直接関係のない資格であったとしても、志望動機に入れるようにするべきです。

会社にとっては、仕事に対するやる気や意識の高さを図るバロメーターになりますし、ご自分のスキルを会社にアピールする絶好の手段とも言えます。

自分のアピールポイント

タンクローリーの運転手の仕事に応募するのであれば、自分のアピールできる長所は積極的にアピールしましょう。

志望動機にご自分の仕事に対するやる気やスキルをアピールする事は、自分の価値を会社に理解してもらう事と同じで、採用面接にはとても重要な事になります。もしアピールする事がなければ、体力には自信があるといった事でも構いません。志望動機には自分のアピールポイントを必ず書くようにしましょう。

タンクローリー運転手の志望動機を書くときの手順

結論から書き出す

タンクローリー運転手の志望動機を書くときは、まず結論から書き出すようにしましょう。

なぜ御社を志望するのか、という問いに対する答えを最初に書く事で、相手に簡潔に思いを伝える事ができ、以降の文面もまとまりのある文章で構成しやすくなります。最初にインパクトのある『結論』から書く事で採用担当者の記憶に残る志望動機を書く事ができるのです。

文章の構成を確認する

タンクローリー運転手の志望動機を作成する場合は文章の構成をしっかり確認するようにしましょう。志望動機の作り方の基本は、まず『結論』から書き出して、次にその結論に対しての『理由』を書きます。最後に『必然性』を書く事で、結論と理由に説得力を持たせる事ができます。

ポイント
結論 御社を志望する理由は◯◯だからである。
理由 なぜなら◯◯だからである。
必然性 御社でなければならない理由を書き出す。

読み直してもういちど確認する

タンクローリー運転手の志望動機を作成したら、作ってそれで良し!ではなく、読み直してしっかり確認するようにしましょう。

最初は案外、誤字脱字や意味がわかりにくい文面になっている場合が多いものです。読み直しする事で、そういった誤りに気づく事があります。できれば1日くらい時間をおいて、頭を真っ白な状態にしてから読み直すと文面の誤りに気づきやすくなります。

タンクローリー運転手の志望動機の例文

タンクローリー運転手の志望動機の例文になります。『結論』『理由』『必然性』の順番を意識して志望動機を書くように心がけましょう。

『結論』

私は長年セールスドライバーの仕事をしていて、その経験を生かせるタンクローリー運転手の仕事を探していました。今回、御社の募集を拝見して、是非採用して頂きたく、応募させて頂きました。

『理由』

タンクローリーの仕事は人々の生活を支えるインフラの仕事であり、そういった仕事に以前から魅力を感じていました。また、私は家庭もあり、子供が小さいので労働時間がきっちりしている御社の業務内容にも魅力を感じた次第です。

『必然性』

御社は危険物タンクローリーのパイオニアとして大手石油会社の石油製品の配送を一手に行っており、安全第一で業務を行っている印象があります。私は前職のルート配送の仕事では運転マナーや礼儀を大切に考えており、長年安全にも気を配ってきました。そういった経験が御社の危険物タンクローリーの仕事でも必ず役に立つと自負しています。

タンクローリー運転手の志望動機の絶対やってはいけないNG例

ネガティブな内容を入れてしまう

タンクローリー運転手の志望動機を書く際は、ネガティブな内容は書かないように気をつけましょう。

例えば、今の仕事に不満があるとか、人間関係が苦手であるといった内容はNGです。会社の採用担当者は後ろ向きな言葉を嫌うものです。志望動機にはネガティブではなく、ポジティブな内容を入れるように心がけましょう。

利己的な印象を強く与える内容を入れてしまう

タンクローリー運転手の志望動機に利己的な印象を与える内容を入れてしまうのも考えものです。例えば給料はいくら貰えるのか?といった事や、残業はどれくらいあるのか?といった事を志望動機に入れてしまうと、採用担当者は、この人はうちの会社でほんとにやる気があるのか?と勘ぐってしまいます。

そういった事は面接の時にさり気なく聞くようにして、志望動機には入れないように気をつけた方が良いでしょう。

タンクローリー運転手の面接に呼ばれたら良い印象を与えるように振る舞おう

タンクローリー運転手の仕事は責任の大きな仕事であり、社会のインフラといっても良い、やりがいのある仕事です。志望動機には仕事の重要性を意識した内容を入れるようにすると良いでしょう。

またタンクローリー運転手の仕事は危険がつきまとう仕事である為、服装や作業ルールが細かく決められており、ルールやマナーをしっかり守れる人が会社から重宝される業界でもあります。そういった事から、タンクローリー運転手の面接に呼ばれたら、マナーや服装、話し方に気をつけて、会社の採用担当者に良い印象を与えるように振る舞うよう心がけましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー