ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ルート配送・配達

ルート配送のホワイト企業(優良企業)の特徴や探し方や転職方法がまるわかり

ルート配送とは

ルート配送の仕事内容

ルート配送の仕事内容は配送先を回って荷物を届けることです。配送先は曜日によって固定されていることが多く、毎週同じ場所を同じ時間に訪問していきます。

特に多いのはコンビニやスーパーといった店舗に商品を納品する仕事ですが、それ以外にも工場に部材を届けたり、個人宅に定期宅配の荷物を届けたりなど多種多様な仕事があります。

配送先は近距離から中距離が中心で、ドライバーは基本的にその日のうちに勤務を終えて帰宅することが可能です。勤務時間は荷物の内容によって異なり、日勤のところもあれば夜間や早朝の勤務が求められるところもあります。

ルート配送のメリット

ルート配送のメリットとして、仕事内容が単純なことがあげられます。荷物をトラックに積んでそれぞれの配送先に届けるという分かりやすい仕事であり、運転免許さえ持っていれば未経験者でもすぐにやり方を覚えて一人前の仕事をこなすことができます。

仕事時間の大部分を一人で過ごすのも大きな特徴です。上司や同僚と顔を合わせるのは事務所にいるごくわずかな時間のみであり、深い付き合いは必要とされません。人間関係のトラブルに悩まずに済むのはルート配送の良いところです。

また、残業が少ないのも大きなメリットです。ルート配送の仕事はあらかじめ配送先と訪問時間が決められており、その通りに回ればほとんど残業なく業務を終えることができます。プライベートの時間をしっかり確保したい人に適した仕事です。

ルート配送のデメリット

ルート配送のデメリットは仕事が単調になりやすいことです。毎日同じことを繰り返す仕事であるため、変化を求める人にはつらい仕事と言えるでしょう。季節の移り変わりによる風景の変化など、小さなことに楽しみを見出せる人でなければ苦痛を感じることにもなりかねません。

また、単純な仕事であることから経験を積んでも新たなスキルを身につけることは困難です。そのため勤務年数に伴って年収が増えていくことはあまり期待できません。

そのほか、ルート配送にはブラック企業が少なくないのもデメリットです。うっかりブラック企業に転職してしまうと、低賃金で大量の仕事をこなさなければならずつらい思いをすることになります。勤務先がブラック企業だと気づいたら、できるだけ早いうちに転職を考えましょう。

ルート配送ドライバーへ転職するなら今!

運送業界では現在ドライバーの人手不足が問題となっています。配送する荷物の量は増え続けているのに新規就職者のドライバー数は減少しており、依頼を受けても断らざるを得ない会社が少なくありません。

そのためルート配送ドライバーへの転職者に向けた需要は大きいです。これはホワイト企業と呼ばれる優良企業でも例外ではなく、多くの会社が積極的な採用活動を行っています

未経験者歓迎の会社も少なくないため、ルート配送の仕事に生かせるスキルや経験があれば有利な条件で働ける勤務先を見つけられる可能性が高いです。

ルート配送の仕事の条件は会社によって大きく変わる

ホワイト企業(優良企業)もあれば真っ黒ブラック企業もある

一口にルート配送といっても、仕事の内容や勤務条件は会社によって大きく変わりますホワイト企業と呼ばれる優良企業も多く、そのような会社であれば無理なく働くことができるでしょう。

一方、中にはブラック企業があるのも事実です。そのような会社に就職してしまうと、低い賃金で多くの仕事をこなさなければならず、仕事を苦痛に感じてしまう可能性があります。無理をしてブラック企業で働き続けたために心身にダメージを受ける人も少なくありません。

ルート配送大手の会社だからといってホワイト企業(優良企業)だとは限らない

ルート配送大手の会社はホワイト企業だというイメージを持ちやすいですが、必ずしもそうとは言い切れません業界内では名の知られた会社でもブラックだということはあり得ます。大手だから優良企業のはずだと思い込むのではなく、転職前にその会社の実態をしっかり調べ、自分にとってそこが本当に良い会社かをしっかり検討する必要があります。

ただし、最近はホワイト物流などの取り組みによってルート配送をはじめとして運送業全体がホワイトになってきているという事実もあります。

ルート配送のホワイト企業(優良企業)会社の特徴

顧客が法人専門である

顧客が法人専門で、かつ回る件数が少ない仕事であればホワイト企業の可能性が高いと判断して良いでしょう。

個人宅への配送を行う場合、再配達が発生し残業になることもままあります。これに対し、法人なら再配達はまずありません。特にホテルや飲食店であれば、夕方以降は顧客対応で忙しいため、配送時間は余裕のある日中に限られます。ルート配送ドライバーにとっては残業が少ない優良企業である可能性が高いです。

回る件数が少ない

ホワイト企業の特徴として、ルート配送で回る件数が少ないことがあげられます。

ブラック企業は限られた人数の従業員に大量の仕事をこなさせようとします。そのため配送で回る件数が多く、ドライバーは時間に追われて働かざるを得ません。これに対して、優良企業は従業員1人あたりの業務量が適正であり、1日に回る件数は多くありません。このような企業であれば余裕をもって配送を行うことができるでしょう。

取り扱い商品は備品や消耗品

備品や消耗品のルート配送を取り扱う会社はホワイト企業の可能性が高いです。食品系は鮮度が求められ配送時間の指定が厳しいことが多いですが、備品や消耗品はストックされることがほとんどであり、細かな時間指定はほぼありません。ドライバーが働きやすい優良企業だと言えます。

時間指定が厳しくない

ルート配送で配送時間が厳しく設定されていると、ドライバーは遅延がないよう時間に追われながら仕事をしなければなりません。焦っていると配送ミスや交通事故を引き起こす可能性もあるため、できる限り避けた方が良いでしょう。

ホワイト企業であれば、時間指定が厳しくなくドライバーは余裕を持って働くことができます。優良企業を探すなら時間指定をしっかりチェックすることをおすすめします。

業績が良い

業績が悪い会社は、人件費や経費を少しでも削減するため、ルート配送ドライバーに低賃金で多くの仕事をこなさせようとします

これに対して、業績が良い優良企業は従業員に適正な賃金を支払ったり、コンプライアンス向上に取り組めるだけの余裕があります。結果として、従業員にとって働きやすいホワイト企業になりやすいです。

会社の規模は大きすぎない

ルート配送の大手はホワイト企業だと考えてしまいがちですがそうとは限りません。大規模な会社では、上層部が現場の状況を把握できないまま無理な要求をすることが起こりがちです。規模が大きすぎず、トップの目が全体に行き届く会社の方が優良企業である可能性は高いです。

求人の頻度が高すぎない

ルート配送ドライバーの求人の頻度が高い企業はブラック企業の疑いがあります。何度も求人を出すということは、採用した人がなかなか定着しなかったり、社員が辞めやすい会社であると考えられます。そのためいつまでたっても十分な人手を確保できず、高い頻度で求人を出さなければならないのです。

ホワイト企業であれば社員は辞めようとはせず、定着率が良いはずです。このような会社は人手不足に陥ることが少なく、求人を出す機会はあまりありません。ですから求人の頻度が低い会社ほど優良企業である可能性が高いのです。

ルート配送のホワイト企業(優良企業)の探し方

自分で徹底的に情報を集めて探す

ルート配送のホワイト企業を探すためには情報収集が大切です。企業のホームページで取り扱い商品や保有するトラックのサイズおよび台数をチェックするだけでも、仕事内容がイメージしやすくなります。

インターネットで口コミを確認したり社長や従業員のSNSを見るのも、その会社が優良企業かどうかを判断するための参考になるでしょう。

知人や友人に紹介してもらう

知人や友人の中には、ルート配送の会社やそれらと取引がある会社に勤務している人もいるはずです。仲間内や取引先での雑談を通して、ホワイト企業の情報を知っていることは珍しくありません。このような人に転職を考えていることを打ち明けて、働きやすい優良企業を教えてらうのも一つの方法です。実際にドライバーとして勤務している人を紹介してもらえば具体的な話を聞くこともできるでしょう。

転職エージェントに相談する

自分だけの力でルート配送のホワイト企業を見つけることが難しい場合、転職エージェントに相談するのも良い方法です。エージェントは多くの企業と直接やり取りをして生の情報を得ています。表に出ない情報をつかんでいたり、優良企業の非公開求人を紹介してもらえるかもしれません。

多くの転職エージェントでは無料相談を実施しています。相談するのは手間に感じるかもしれませんが、その分確実な情報を得られることが期待できます。

ルート配送ドライバーとしてより良い条件で働くには

ホワイト企業でルート配送ドライバーとして働くためには、大型や中型の免許を取得しておくことが有効です。普通免許のみで働けるルート配送の仕事もありますが、大型や中型のトラックを運転できれば就職先の幅がより広がります。その分、優良企業に出会える可能性も高くなるでしょう。

また、普通免許で働ける会社であっても、よりサイズの大きなトラックを運転できる人の方が給料は高くなりやすいです。その理由として、大きな車両のほうが一度に多くの荷物を運べて効率が良いことがあげられます。

ルート配送のホワイト企業(優良企業)で働こう

ルート配送にはホワイト企業もブラック企業もありますが、さまざまな手段を利用して徹底的に調べれば優良企業を見つけることは難しくないはずです。

ホワイト企業では社員の定着率が高いとはいえ、定年などやむを得ない事情により退職する人は必ずいます。そのため転職者の需要は十分にあると考えられます。

ルート配送の仕事は未経験者でも挑戦しやすいのが一番のメリットです。仕事は単調であり多くの収入は期待できないかもしれませんが、人間関係や残業で悩む必要はありません。入社後は1,2か月程度で独り立ちすることができ、その後は私生活と両立しながらマイペースで働ける仕事です。働きやすい会社を見つけて、余裕のある働き方を実践してみてはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー