ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手がクズや底辺というウソとドライバーの真実がまるわかり

Contents

トラック運転手がクズだとネットに書かれる時の理由

トラックから路上にゴミを投げ捨てるときにクズといわれる

広めの中央分離帯や、車の通りが少なめな道路脇などに大量のゴミが捨てられているのを目にするとゲンナリする事があります。こういった物を見るにつけ、トラック運転手はクズだのゴミだのネットで叩かれます。

確かにトラック運転手によるゴミのポイ捨ては後を立ちません。彼らに言わせればゴミを捨てに行く余裕がないとか、ゴミを捨てれる場所にトラックを駐車する事ができないなど言い分はあるでしょうが、そういった、ほんの一部のマナーの悪いトラックドライバーのおかげで、トラック運転手がクズだのゴミだのと言われてしまう状況は、たまったものではありませんね。

停止線を越えてしまうトラック運転手がいる

交差点の停止線で止まる事ができずに、横断歩道をまたいで停車してしまうトラックを見かけることがあります。歩行者からすれば、当然青信号になった時に歩道を塞がれてしますので迷惑千万です。実際にネットでは、そういった理由でトラック運転手はクズだと批判されたりもします。もちろん歩道を越えてしまうのは危険ですし、NGですよね。

ただトラック運転手は大きな車体を運転しており、状況によってはやむ終えず、停止線を越えてしまう事もあります。そういった時に、このトラック運転手はクズだな!どと思わず、温かい目で見て頂ければと思います。

ドラレコと制限速度のせいで遅いトラックがある

最近では事故防止や万が一、事故が起きた場合に備えて、トラックにドラレコを装備させたり、安全のためトラック運転手に厳しい制限速度を課している運送会社が多くなりました。

また、大型トラックには90キロで作動するスピードリミッターが装備されているため、そういったトラックが高速道路等で前を走っていると、その後ろが列を成していたり、渋滞気味になっていたりします。

そういった事が一般のドライバーの一部から、トラック運転手はクズだとネットに書かれる理由の一つになっています。安全第一で走行する事は、本来は褒められてしかるべきものですが、一部でトラックドライバーをクズ呼ばわりする声があるのは悲しい限りです。

危険運転やあおり運転をするトラック運転手がクズといわれる

実際にネット界隈ではあおり運転、危険運転をするトラック運転手はクズだという書き込みを見掛けます。もちろんあおり運転手は許されるものではありませんし、そういったトラック運転手は批判されてしかるべきですが、一部のドライバーを除いてトラック運転手の大半は大人しい運転をしています。

最近ではネットなどの情報通信手段が発達しているため、会社の看板を背負っているトラック運転手があおり運転や危険運転をするとすぐに一般ドライバーからクレームが入るためです。また運送会社もトラック運転手の教育に力をいれるようになっているため、そういったトラック運転手は少なくなっているのです。

やたらとキレたり怒るガラの悪いトラック運転手がクズといわれる

トラック運転手はやたらとキレたり、怒ったりしてガラが悪いという昔のトラック運転手のイメージは根深く、そういった先入観からトラック運転はクズだとネットで叩かれたりします。確かに今でもごく一部のトラック運転手にはそういった方もいて、それがトラック運転手がクズで底辺だと言われる要因にもなっています。

またトラック運転手の仕事は渋滞のイライラや、積み込み、荷降ろし先での待機時間など、ストレスが溜まる事が多くあり、そのイライラが態度に出てしまうといった事もあります。

運転マナーが悪いトラック運転手がクズだといわれる

例えば、トラック運転手の中には高速道路走行中にダッシュボードに足を挙げて運転しているとんでもないドライバーや、必要以上に前車との車間距離をつめて走行するなど、運転マナーが悪いトラック運転手がいて、そういった少数のトラック運転手の影響でネット上でクズだ底辺だと言われたりします。

トラック運転手の仕事は長時間運転する事が多く、楽な姿勢で運転したい気持ちもわからないではないですし、着時間の関係で焦って車間距離をつめてしまう事等、あるとは思いますが、そういった行動がトラック運転手がクズ、底辺だと言われる原因になっている事を自覚して欲しいと思います。

トラック運転手が底辺だとネットに書かれるときの理由

中卒・高卒や低学歴を指して底辺という人がいる

トラック運転手は中卒や高卒の人が多く、低学歴だから底辺だという人がいます。確かに運送業界には様々な職歴、学歴を持っている方が活躍しています。

だからといって底辺だというのは正確ではありません。逆に言えばトラック運転手の仕事は学歴があったからといって活躍できる世界ではありません。

トラック運転手は仕事のセンスややる気、資格などが重視され、学歴の有無に関係なく活躍する事ができる実力重視の世界だからです。

身だしなみや見た目の清潔感がないトラック運転手が底辺といわれる

確かにだらしないズボンの履き方をした、不精ヒゲやピアスをしているトラック運転手を見かけると底辺?と思う方がいるかもしれません。ただ、長距離のトラック運転手では何日も家に帰れず、そのうえお風呂にも入れない、着替えもできない日もあります

そういった場合、どうしても、髪型を整えたりヒゲを剃ったりできない時があります。ただ最近はそういった労働環境を改善し、また身だしなみや服装についても、指導しているところが増えており、清潔感のあるトラック運転手は大変多くなってきています。

給料が安いからトラック運転手が底辺とされるのはウソ

ネットやテレビなどで紹介されるトラック運転手は低収入で長時間働かされ会社に搾取されている、といった構成が多く、トラック運転手は底辺といったイメージが先行してしまっています。ですがそれは一部のブラックな運送会社を引き合いに出しているためです。

トラック運転手の平均給料は大型トラック運転手で月収35万円、普通・小型のトラック運転手で31万円トラック協会の賃金構造基本統計調査)といわれており、大型トラックの長距離やトレーラー運転手にステップアップすればさらに高い給料を得る事も可能です。

給料が安いからトラック運転手は底辺という事がウソだという事がお分かり頂けると思います。

過酷な3K職場とされるドライバーの職場環境は変わってきている

トラック運転手の仕事はよく3K(危険・きつい・汚い)職場といわれます。実際にトラック運転手の現場では悪天候下の運行や道路の渋滞、荷物の手積みや手降ろし、さらには荷待ち時間の問題など、過酷な労働環境が長年野放しになっていた業界でした。そういった事がトラック運転手の仕事は底辺、3Kだのといわれる原因になっていたのです。

ですが近年では、パレット輸送の普及、トラックの安全装備、快適装備の充実で、そういった3kと呼ばれたかつての運送企業の労働環境も改善されてきています。

また物流業界もトラック運転手不足に危機感を抱いており、トラック運転手の人材が入ってきやすい環境の整備を業界を挙げて進めてきました。そういった物流業界の働き方改革ホワイト物流推進運動の成果も出つつあり、トラック運転手の長時間労働も改善されてきています。

トラック運転手に関するツイート

その他の運転手がクズや底辺と言われてしまうケース

タクシー運転手がクズや底辺と言われてしまうケース

タクシー運転手がクズや底辺だといわれるのは、一部のタクシー運転手がお客さんに横柄な態度で接してしまったり(距離の短いお客さんを乗せてムッとしたり)わざと遠回りして料金を余分に請求したりといった事があるようです。

またタクシー運転手は、世間からは誰でもなれると思われているフシがあり、そういった誤解がタクシー運転手がクズ、底辺と言われてしまう要因になっているようです。

実際のタクシー運転手は2種免許がなければ乗務する事ができない技術職ですし、大半のタクシー運転手のマナーもしっかりしたものです。

バス運転手がクズや底辺と言われてしまうケース

バス運転手がクズや底辺といわれてしまうのは、近年、過重労働が原因で格安ツアーのバスが大きな事故を起こしてしまい、多くの犠牲者をだしてしまった悲しい事案が影響しているものと思われます。また、一部のバス運転手のお客さんに対する態度が横柄だったと言う事もあるようです。

元来バス運転手と言うのは多くの人を乗せて輸送すると言う大変責任の重い仕事であり、断じて底辺の仕事ではありません。バス運転手の仕事はもっと世間からも評価されてもいい仕事なのです。

トラックドライバーは底辺でもクズでもないという真実

トラックドライバーのイメージが悪くなってしまう理由

トラック運転手がクズ、底辺だのと言われてイメージが悪いのは、トラックが大きく、なおかつ威圧的な感じがあり、交通社会の中でとても目立つ存在だからではないでしょうか。

また乗務している人も、コワモテのいかつい人が多く(実際には優しい人が多い)一般の人からすると、怖い存在、と言った誤解もあるようです。

それに加え長時間労働や3Kのイメージが重なり、クズ、底辺、などとネットなどで叩かれやすい存在となっているようです。

そこで最近ではトラック協会が中心になりトラック運転手のイメージアップのため、さまざまな施策が行われています。

普通のトラックドライバーは底辺でもクズでもない

トラック運転手の中には少数ではありますが、マナーが悪くレベルの低いトラック運転手も存在します。ですがそれは一般のドライバーにも言える事であり、大半の普通のトラック運転手はマナーもしっかりしており、底辺でもクズでもありません。皆さんも乗用車を運転中にトラック運転手に道を譲ってもらったりした経験があると思います。

一見怖そうに見えるトラック運転手も実は優しかったりで、クズや底辺とは程遠い存在です。また収入的にも他業種に引けを取らない給与もらっているトラック運転手がほとんどですので、クズ、底辺と言う言葉はトラック運転手には当てはまりません。

世の中の物流を支えているのはトラックドライバー

物流は国の血液とも言われており、その物流の中心にあるのがトラック運転手になります。トラック運転手の多くはトラックに乗りたくてこの職種を選んでおり、それは人々のインフラを支えるトラック運転手と言う職業に誇りを持っているからに他なりません。

それだけトラック運転手という仕事には人を引きつける魅力や、やり甲斐があるという事ではないでしょうか?そんな仕事がどうしてクズだの底辺だのと言えるのでしょう。

トラックドライバーは高度な技術職

乗用車に比べ、とても大きな車体を動かすトラック運転手の仕事は、高度な技術を要する技術職と言っても良い職業です。確かにトラック運転手は資格や免許があれば誰でも挑戦する事はできますが、一人前になるにはそれなりの時間がかかります。

ましてや大型トラックやトレーラーの運転手ともなれば育成に大変時間がかかり、大型免許、牽引免許といった国家資格を取得しなければ運転する事もできません。そう言った仕事がクズや底辺などという訳がありません。

トラックドライバーの性格

トラック運転手のイメージは短気でキレやすいなどと言われ、お世辞にもイメージが良いとはいえません。そんな事からネットなどで底辺、クズなどと言われていますが、決してそんな事はありません。なぜならトラック運転手は交通渋滞や荷待ち、また宅配でいう不在など、大変なストレスにさらされています。

そんなストレスと戦って、我慢し、歯を食いしばって仕事をしているトラック運転手が底辺、クズである訳がありません。大半のトラック運転手はおおらかで、優しく、気さくで面倒見のいい人ばかりです。気は優しくて力持ち、そんなイメージがぴったりなのがトラック運転手の性格になります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー