4トントラック

4トントラックのスーパーロング(超ロング)・お化け4tがまるわかり

お化け4tとは?

お化け4tの特徴

お化け4tとは、4トントラックでありながら荷台が大型トラックの荷台に匹敵する大きさのトラックです。

その大きさは道交法の寸法の限度近くまで大きくされていますが、車体総重量は8トン未満に抑えられています。

道路交通法の車両寸法限度
全長 12,000mmまで
全幅 2,500mmまで
全高 3,800mmまで

お化け4tに必要な免許

お化け4tは大型免許だけではなく中型免許、そして8トン限定中型免許でも運転出来ます。

お化け4tは車両法で定められた普通貨物自動車の最大全長12mにもなるトラックです。その荷台の大きさは大型トラックと変わりませんが、それでも車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車両設計となっています。

免許の規定がある道路交通法では、免許の運転区分は車両総重量と最大積載量で定められています車両の大きさは上記の寸法限度以内であれば良くて、免許の区分には関係ありません。

以上の理由から、車両総重量8トン未満のお化け4tは8トン限定中型免許でも運転可能です。なお、現在の免許区分だと8トン限定中型免許は取得できないので、運転するなら中型免許を取得する事になります。準中型免許では運転出来ません。

なぜお化け4トンと言われるのか?

お化け4tは【お化けじみた4トントラック】という所からきた通称です。お化けの通称を付けられる物は、お化けかぼちゃのようにその物としては規格外という意味で良く使われる単語です。

お化け4tのどこがお化けじみているかというと下記の2点が挙がります。

  1. 内寸9.6mにもなる荷台のサイズ
  2. その寸法のトラックが8トン限定中型免許で運転可能

特にお化け扱いされた理由は2の方の理由です。1の方は大型車両であれば普通の事ですが、2の方はお化け4トン独特かつ最大の特徴でもあります。

お化け4トンの別の呼び方

お化け4tの別の呼び方はいくつかあります。

クンロク:お化け4tの荷台長は9.6m、から付けられた通称です。

バケヨン:お化け4tの略称です。

4トンジャンボ:大型サイズの4トントラック→ジャンボサイズの4トントラックの略称です。

4tLL: 4トンロングボディより大きい→4トンLボディより大きい→4tLLと略されました。特に紙に書く際には単語が短いので用いられる呼び方です。

超々ロング:荷台長8.2mの4tスーパーロングボディは超ロングと言われていました。お化け4tは荷台長9.6mで超ロングの上のサイズです。そのため超々ロングの通称です。

ただし、お化け4tを超ロングという人もいるので、この名称の扱いは注意が必要です。相手の意味する超ロングとはお化け4tとスーパーロングボディ、どっちの事を言っているのか?を注意して下さい。

お化け4tのメリットとデメリット?

お化け4tのメリット

お化け4tのメリットは下記の3点があります。

  • 荷台が大きいため、紙など軽く嵩張る物を多く運送できる。
  • 大型免許は要らず、8トン中型免許で運転できる。
  • 車両維持費が大型車両より安い

紙など軽く嵩張る物を多く輸送出来る

荷台が広く大きいため、体積の大きい物を一度に数多く積み輸送できます。具体的にはトイレットペーパーやティッシュなどの紙類、スナック袋菓子、空の発泡スチロールがなどが代表的です。

大型免許は要らず、中型免許で運転出来る

特徴や免許の所で書いたように、お化け4tは中型車両扱いです。車両総重量も8t未満に抑えられているので、限定8トン免許で運転できます。

車両維持費が大型車両より安い

税金と車検の部分で差が大きいです。事業用お化け4tの自動車税は約15000円【積載量3t計算】、重量税は約10400円です。対して事業用10tトラックは自動車税は約38900円、重量税は約26000円となっています。

次に車検ですが、整備料金は4t車両は5~6万円、10tトラックは12~13万円です。これに上記した重量税、自賠責保険が13か月分約5万円追加されます。最終的には4トンは約13万円+交換部品代、10トンは23万円+交換部品代となります。トラックの車検は2回目以降は毎年車検なので、10年で100万円近く車検費用に差が出る事になります。

お化け4tのデメリット

お化け4tのデメリットは下記の2点があります。

  • 最大積載量は5トン未満なので、重量物を沢山積めない。
  • その車体の大きさにより運転難易度が高い。

車両総重量が8トン未満なので、重量物を多く積めない

お化け4tは車両総重量8トン未満の車両です。荷台の大きさにより車両重量は重くなり、実際の積載量は4トン未満となります。大型トラック並みの大きい荷台でも、通常の荷物輸送だと3トン前後の荷物しか運べません。

運転難易度が高い

この車両は荷台の大きさから、非常に風の影響を受けます。同じ大きさの大型トラックは自重がありますが、このお化け4tは車両総重量8t未満の規格なので車両の大きさに対して自重が軽く、風に煽られるとすぐにふらつきがでてしまいます。

さらに車両のふらつきを助長させる物として、車両構造とタイヤの違いがあります。まず車両構造ですが、大きな荷台に対してホイールベース【車両の前輪と後輪の距離】が短すぎです。ホイールベースは長いと安定性が増し、短いと小回りが利くようになります。4トントラックの荷台にあわせて作られたホイールベースにお化け4tの荷台を乗せると、安定性が足らずふらつきやすくなります。

そしてタイヤですが、車両の大きさを支えるには接地面がギリギリです。大型トラックのタイヤは大きく、その分十分な接地面積を確保しています。しかし、お化け4tのタイヤは4トントラックの流用のため小さく、大型のタイヤに比べ接地面積が小さいです。これもふらつきを大きくする原因となっています。

また運転難易度をあげているのはもう1点あり、これは後輪から後ろに突き出ているリアオーバーハング部分です。まるで尻尾のように突き出たその部分は、右左折時に対向車線や歩道にはみ出やすいです。はみ出さないよう運転するコツは

  • 右折時はハンドルを大きく回して曲がる事は極力避け、交差点中央より手前で徐々にハンドル回して車体向きを変える
  • 左折時は車体を左に寄せ、多少右に振れても対向車線に出ないようにする
  • 右左折時には内側の巻き込みだけではなく、外ミラーではみ出し無いか、何かにぶつからないか確認

という点があります。

4トントラックのスーパーロング(超ロング)とは?

4トントラックのスーパーロングとはお化け4tほどではないが、荷台長を長くして荷物を多く積めるようにした車両のことです。

これも中型車両ですので中型免許で運転出来ます。8トン限定中型免許の場合は、車両総重量が8トン未満であることを車検証で確かめてください。お化け4tは8t限定免許でも運転可能な設計ですが、スーパーロングはそうした設計になっているとは限りません。

スーパーロングは超ロングとも言われます。スーパー=超ですし、4トントラックの通称も小さい方からショート、ノーマル、ロング、超ロング、と違和感ない通称です。

ただし、超々ロングと言われるお化け4tを超ロングと通称している人が居るようです。ですので、相手の超ロングお化け4tなのか、スーパーロングなのか?を注意しなければいけません。

4トントラックのスーパーロング(超ロング)の特徴とは?

スーパーロング(超ロング)の寸法とその特徴

お化け4tほどではありませんが、全長10m近くあり中型車両としては大きな車両です。中型免許で乗れる車両のほか、8トン限定で乗れるスーパーロングが存在しています。

その特徴的な大きさはやはり荷台の大きさから来ています。スーパーロングの荷台長は8m台とお化け4tの9.6mほどではありませんが、十分大きな荷台設計となっています。

スーパーロング(超ロング)の車両寸法

全長 9,600mm
全幅 2,200mm
全高 2,680mm

スーパーロング(超ロング)の荷台寸法

長さ 8,200mm
2,130mm
あおりの高さ 400mm

なお、車両により数値は上下します。

スーパーロング(超ロング)の重量の特徴

スーパーロング(超ロング)は中型車両なので、車両総重量11トン未満となります。

しかしお化け4t同様に車両総重量8トン未満の車両が存在しています。日野自動車の「日野・レンジャー FD(平ボディ)」ならば、8トン限定中型免許で運転できますが、この車両のサイズで総重量8トン未満というのは、もはやお化け4tに近い車両設計となります。

なぜ総重量8トン未満の車両が存在するかというと、2007年以前の普通免許では車両総重量8トン未満の車両を運転できたからです。当時は普通免許と大型免許の二種類しか自動車運転免許はありません。そして大型免許は運転経験2年以上無いと取得できませんでした。なので普通免許だけで運転可能な車両総重量8トン未満の車両がスーパーロングでも作られ、今でも存在しています。

スーパーロング(超ロング)の積載量の特徴

スーパーロング(超ロング)は最大積載量は6.5tで中型車両の分類です。

積載重量に関しても最大積載量5トン未満の車両が存在しています。これも8トン限定中型免許で運転出来るようにこの最大積載量が設計されています。こちらも運転する前に車検証にて数値確認が必要になります。

荷台が大型になり車両重量が増える分、4トントラック通常ボディより積載重量は減ります。特に荷台が箱型かつ最大積載量5トン未満の場合、実際の積載重量は2t台になる事もあります。そのため重量ある荷物を扱う場合、車両の大きさの割に量を積む事はできません。

スーパーロング(超ロング)の運転は難しいのか?

スーパーロング(超ロング)の運転は通常の4トントラックに比べると難しいです。運転を難しくしているのはお化け4tとも共通している下記の2点です。

  • その荷台の大きさによるリアオーバーハングの存在
  • その車両重量の軽さ由来のふらつきやすさ

リアオーバーハングに関してはお化け4tの所で書いた対策で対向車や壁に接触させないようドライバーは気をつけてください。お化け4tよりは小さいですが、リアオーバーハング部が存在するのは変わらないので、十分な安全確認と車両運転をお願いします。

また車両の軽さですが、主に総重量8トン未満の車両で問題となります。大きな荷台を持つスーパーロングは車両が風に煽られた際に非常にふらつきやすいので注意が必要です。

4トントラックのスーパーロング(超ロング)の用途とは?

スーパーロング(超ロング)はその荷台の長さから長い物を運ぶ仕事に適しています。荷台長が8mにもなるので、その長さまでの角材や塩ビパイプなどをそのまま荷台に積み輸送できます。特に平ボディタイプは屋根がなく積み降ろしが楽に出来るので、この用途に好まれています。

またお化け4tと同様、軽量で嵩張る物を運ぶ仕事にも適しています。通常の4トンでは嵩張り入りきらない物も、スーパーロングを使用するとその大きな荷台に収めきる事が出来ます。軽い荷物は平ボディでは風に飛んでしまう可能性があるため、この用途には箱型や覆いのあつ荷台が主に使われます。そして箱や覆いの高さを少し高くする事でさらに詰め込める構造となっています。輸送する物ですが、代表的なのは紙、スナック袋菓子ですが、カイワレやウレタンマットの輸送にも適しています。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。