みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
大型(10トン)トラック

大型トラックの排気量がまるわかり!

大型トラックの排気量はどれくらい?

排気量とは、エンジンの内部にあるシリンダーがピストン運動を行った際に、ピストンが上下に運動する範囲の体積のことを表す単位のことです。

また、車両の排気量によって車両区分や自動車税の区分が変化するので、注意が必要です。

大型トラックとは、道路交通法の定義によると、車両重量が11t(トン)以上または最大6.5t以上の積載量をもつ自動車(大型自動車の区分)のことを呼び、排気量の目安は9,000cc~30,000ccとなります。

大型・中型・小型のトラック排気量の比較

大型トラックの排気量と中型トラック・小型トラック、一般の自動車の排気量の目安は以下のようになります。

大型トラックの排気量:9,000cc~30,000cc

中型トラックの排気量:7,000cc~8,000cc

小型トラックの排気量:3,000cc未満

標準的な自動車の排気量:1,000cc~2,000cc

最近では、大型トラックでも排気量を中型トラック並みに排気量を抑えたトラックも発売されています。

排気量が違うと何が違うの?

排気量が大きいとエンジンのパワーが上がる

排気量が大きいとエンジンの出力が大きくなり、パワーが大きくなります。

大型トラックは積載量が多く、重量のある車両を動かすにはパワーが必要となるため、大型トラックに搭載されるエンジンは排気量が大きくなります。

また排気量が大きくなり、エンジンにパワーがあると、スピード制御にもパワーが必要となります。そのため、パワーを抑える力のある高性能のブレーキを搭載する必要があります。これによってブレーキ価格が上がり、車両本体価格も上がってしまうというデメリットもあります。

このように、排気量の大きさは、大型トラックのパワーに直結すると同時に、車両購入金額にも影響をしてくるので、大型トラックを選ぶ際に注目するべきポイントといえます。

排気量が大きいと運転がラクになる

排気量が大きいと、エンジンのパワーが大きくなるので、トラックの加速、発進がスムーズになります。10tトラックは積載量によっては、加速しづらいことがありますが、エンジンのパワーが大きければそれがスムーズになります。

また、ドライバーによっては、停車後の発進に時間がかかるため、できるだけ止まらないように徐行運転する人もいるようですが、エンジンの出力が大きければ、その必要もなくなります。ドライバーにとって難しい急な坂道での運転や高速道路の加速合流も円滑に行うことができ、高速道路での長距離運転の際にも速度維持が非常にスムーズにもなります。

一方で、エンジンのパワーが小さい場合は、発進や加速する際にエンジンの回転数を必要以上に増やさなければならなくなるので、車体の振動が大きくなってしまいます。こうした状況だと、特に長距離運転の場合などはドライバーに大きな負担がかかってしまいます。この点、輸送業界で人材不足が深刻化している状況を考慮すると、ドライバーの運転中の身体の負担という点はとても重要といえるでしょう。

排気量が大きいと燃料費がかかる

排気量が大きいと、燃料の使用量も多くなりますなぜなら、重量のある車両を動かすために車両を安定して動かすエネルギーを得る必要があるからです。

排気量は、大型トラックを選ぶ際に燃費を決める重要な要素となるのでしっかりと検討しましょう。

排気量が違うと何が違うの?トラックのエコ化トレンド

環境に配慮したエコエンジン

排気量が増えることで、大型トラックのエンジンのパワーが大きくなり操作しやすくなりますが、一方で、排出ガスの量が増えてしまうというデメリットもあります。

近年では、自動車関連の環境規制が激しくEUや北米などの一部の国では、炭素税が導入されるなど、排出ガスの量を企業に対して厳しく制限する傾向にあります。

日本でトラックの排ガス規制は厳しくなってきており、窒素酸化物の排出量の規制が強化され続けています。特に、ディーゼルエンジンのトラックは排出ガスの量が大きくなるため、排出規制がの厳格化傾向は変わらないでしょう。

そこでトラックメーカーは排出ガスを削減するために、排気量を小さくした大型トラックや、小型化と軽量化を実現したエンジンなど、排気量を抑えて規制や環境に適合した大型トラックが開発されています。

平成28年の排ガス規制の際には、日本のトラックメーカーが大型トラックのフルモデルチェンジを実施して、排ガス規制に対応できるトラックを販売開始しました。将来的には中国や東南アジアでも、排ガス規制の強化が行われることが想定されるため、大型トラックの各メーカーは排気量を抑えたトラックの開発を強化していくでしょう。

少ない排気量でも性能の良いエンジン

最近ではトラックメーカーが環境規制を意識した最新大型トラックの開発を進めていることで、排気量を抑えてかつ運転しやすい大型トラックが増えています。特に、近年の大型トラックのエコ化トレンドでは、排気量を極力抑えつつ、運転しやすさと燃費効率を高める様々な工夫がなされています。

例えば、モーターを複数搭載して、速度や状況に応じて必要最低限だけのモーターを駆動することや、ターボチャージャーと呼ばれる部品を組み込むことで、燃費を効率的にする工夫をしています。このように、ドライバーにとって負担が少なく、排ガス量が少なく環境にも優しい大型トラックが最新トレンドとなっています。

大型トラックのメーカー別排気量 

いすゞの大型トラック「GIGA」の排気量

いすゞ自動車の大型トラック「GIGA」の排気量は、最新モデルで9,839ccです。エアクリーナーを変更し燃焼効率の改善を行い、燃費を向上させているのが特徴です。 

日野の大型トラック「プロフィア」の排気量

日野自動車の大型トラック「プロフィア」の排気量は、最新モデルで9,000ccです。近年は事故防止の安全装置の強化も重視されていて、ドライバーに優しい大型トラックです。

三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレート」の排気量

三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレート」の排気量は、10,700ccです。わき見運転防止や、死角の歩行者の存在を知らせるアラーム機能が搭載されている事故防止機能が豊富に搭載されていてドライバーにとって運転しやすいトラックです。

UDトラックスの大型トラック「クオン」の排気量

UDトラックスの大型トラック「クオン」の排気量は、8,000ccです。排出ガスを分解するNOx後処理装置を搭載することで、排ガスの排出量の抑制に成功しており、環境規制にもいち早く対応した大型トラックです。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー