みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー(運転手)の給料と働き方

ドライバーの女性事情!モテるの?出会い、結婚、離婚のホンネ

物流業界は24時間休むことなく活動し続けます。私達が普段何気なく行っているネットショッピングで、翌日には商品が届くのも、トラックドライバーが日夜問わず働いているからです。そのため、一般的なサラリーマンと比べるとトラックドライバーの生活リズムは大きく異なって来るのは想像しやすいでしょう。

トラックドライバーという仕事で働いて行く事を考えた際、仕事と恋愛や結婚の両立について上手くやっていけるのかと二の足を踏んでしまう方もいると思います。そんな方に向けて、恋愛に関する疑問や結婚事情について以下にまとめました。独身でトラックドライバーを目指している方には特に読んで欲しいです。

トラックの運転手は女性にモテる?

恋愛や結婚をするにあたって、多くの女性が気にする点として挙げられる事が、男性がどんな仕事に就いているかという点でしょう。働いている職業によって異性からモテる仕事とそうでない仕事が存在するのは当然のことです。では、トラックドライバーはどうなのでしょうか?

実は、トラックドライバーはモテる職種です。以下に詳しくモテる理由をまとめてみました。

女性にドライバーがモテる理由①:稼ぎがいい

モテる条件の一つとして、金銭的に安定しているという事が重要な点なのは周知の事実でしょう。トラック運転手は比較的稼げる職業です。配送業は、歩合制を採用しているところも多いです。歩合制の場合、働いた分だけ稼げるので、入社後、早い段階で稼げる様になる若手も多いです。特に大型免許を取得して大型のトラックに乗れるようになれば、同世代よりも高い年収が期待できます。

女性にドライバーがモテる理由②:仕事が安定している

トラック運転手という職種は比較的安定している職業です。なぜなら人が生活していく上で物流業界がなくなる事は無いからです。むしろ、ネット通販が浸透するにつれ、トラック運転手の需要は増していく一方です。トラック運転手が不景気のためリストラという事はあまり無いでしょう。さらにドライバー業務は年配になっても続ける事ができる仕事です。大型のトラックを運転する事は減ってきますが、体力が続く限りは働くことができます。

女性にドライバーがモテる理由③:男らしさを感じる

トラック運転手と聞いて思い浮かべるイメージは筋肉質で男らしいイメージでは無いでしょうか?こういったイメージをプラスに捉える女性は多く、トラックドライバーがモテる要因の一つとして挙げられます。さらに大きなトラックを自由自在に操る姿は女性のみならず、同じ男性からもかっこよく映るものです。

 

いかがでしょうか?同年代よりも早い段階で稼げて、男らしさに溢れるトラック運転手がモテるのは至極当然の事と言えるでしょう。

トラック運転手はどこで女性と出会っているの?

トラック運転手でよく挙がるネタは「出会い」の少なさです。車の中で運転してるときは出会いがない点、物流業界は女性が少ない点、より職場恋愛は多いとはいえないようです。

しかし、最近は婚活サービスが盛んになっており、街コンや婚活パーティー、結婚相談所など、出会いの場も増えています。合コンや、友人に紹介して貰うのも効果的です。

トラックドライバーの出会いで意外と多いパターンは荷物の運搬先の女性とお付き合いから結婚に至るケースです。トラックの荷降ろしの際、伝票と運搬してきた物が合ってるか運搬先の人に確認してもらうことが多々あります。これは女性の事務員さんがする事が多く、定期的に同じ運搬先に出向く場合、自然と会話する機会も増えていきます。こういった形で男性が多い職場ではありますが、出会いが全くないわけではありません。

一般的なサラリーマンと比べると、出会い自体は少ないですが、自ら積極的に機会を作っていけば、素敵な出会いが訪れるでしょう。

注意しなければならない点として、仕事に追われて、恋愛や結婚に興味が無くなってくると一気に結婚が遠のきます。トラックドライバーは仕事中一人の時間が多いため、仕事に慣れるにつれ、自分の世界に閉じこもる傾向の人も増えてきます。そうなってくると婚期が遠のく一方です。なるべく早く、積極的に婚活を行うことが最も重要になってきます。

多い?少ない?トラックドライバーの離婚事情は?

トラックドライバーは一般的なサラリーマンと比べると生活リズムが不規則な事が多いです。また、長距離の輸送業務の際は、長期間家を空けることになります。

そのため、家族とすれ違ってしまったり、まとまった家族サービスの時間が取りづらい事は間違いないでしょう。長期間家に帰れなかったり、各地を転々とすることが離婚率が高いいイメージに繋がっているようです。

しかし実際のところ、厚生労働省が発表している「平成27年度・人口動態職業・産業別統計の概況」によると、離婚数全体のうちトラック運転手が該当する「輸送・機械運転職」は10%以下(男性がドライバーのケース)です。

余談ですが、割合が高いものは「専門・技術職」で、全体の15%程度も占めています。

統計データではトラック運転手の離婚はそこまで多くないという事が判ります。

パートナーとの家庭関係を構築していく上でトラックドライバーが気にすべきこととは?

まずはトラック運転手の業務内容や環境をパートナーにしっかり説明しておく事が重要です。オフィスワーカーと違って、数日間にわたって物理的な距離ができてしまったり、勤務時間の都合上、すれ違いが発生しやすい事もパートナーに理解して貰う必要があるでしょう。

その上で、SNSや電話でパートナーを安心させる事が重要になってきます。事故やトラブルからもこまめな連絡はパートナーにとって大きな安心に繋がるでしょう。

例えば、生鮮卸業のトラック運転手は朝が早いですが、その分、午前中には仕事が終わります。さらに日曜日は市場が休みの事が大半ですので、お子様が小さい家庭のお父さんドライバーの方には人気があります。

上手く仕事を選べば、同じトラックドライバーでも日中にパートナーと過ごす時間や、家族サービスに使う時間を作りやすいのです。人生のステップに応じてトラック運転手という仕事の中で転職を繰り返すのも一つの選択です。トラックドライバーは就業する会社によって勤務時間や待遇などが幅広いため、ドライバー・運転手の求人に特化した求人サイトを使うことをオススメしま

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー