ドライバー(運転手)の給料と働き方

トラックドライバーの運送中の作業着や服装に決まりはあるの?

どういう服装を作業着と呼ぶの?

作業着とはどのような衣類を指すのでしょうか。辞書では「作業をするときに着用する服」とされていますが、一般的には体が動きやすく、安全に配慮された作業に適した設計の衣服全般を指すようです。

作業着の良い点

以下に作業着の特徴とメリットを紹介します。

動きやすい設計

作業着は通常の衣類よりも、やわらかい生地や伸びの良い生地を使用することで、腕の上げ下げやひざの屈伸などに対して邪魔をしないよう設計されています。

また、通気性の良い生地を使用したり、メッシュを併用することで通気性を向上させ、汗や作業時に濡れた時に張り付きにくくする工夫もされています。

安全に配慮した設計

荷物の積み下ろしや機械に触れるなどの作業時には、一般的な服では装飾品が引っ掛かったり、生地のゆとりの部分が巻き込まれたりする危険があります。

動きやすさを考えればTシャツやジャージでも動きやすいでしょう。しかし、これらは事故の可能性のある作業を行うことを想定している服ではないため、安全性を確保する目的には適していません。

作業着の場合は、ファスナーが少なかったり、ファスナーがついている場合も上から一枚の布をかけるカバーのような構造がついていたりと、装飾品が引っかからない工夫がされています。

また、体形に合う製品やサイズを選べば必要以上のゆとりができないように設計されていて、巻き込みや生地が周囲に引っかかるリスクも低減されます。

さらに先に挙げたように柔らかい生地を使っている場合も多いですが、転倒や衝突があった場合にも体を守れるよう、破れにくく丈夫な生地を使用しています。

ポケットが機能的

作業着にはたくさんのポケットがついており、上下セパレートタイプのものであれば、ジャケットには胸ポケット、腰あたりのポケット、パンツには腰、お尻、腿の部分にポケットがついているものが多いです。

製品によっては袖の部分にペンが入れられるスペースがついているものや、ポケットにファスナーがついているものもあり、メモ帳、携帯電話、筆記用具等が手ぶらで持ち運べます。これらは頻繁に出し入れするものですので、ポケットに入れておくのが実用的でしょう。

もちろん紛失しないよう十分な注意が必要です。

トラックドライバーが作業着を着るメリット

トラックドライバーの場合は、会社から指定されたり支給された作業着を着ることもあるでしょう。

作業着を着ることによって、先に挙げた動きやすさ、安全性の確保に加え、会社の作業着であれば、制服のようにその会社の職員だということが一目でわかりますし、同様に一目で作業中であることがわかります。

作業着の選び方のポイント

会社から支給・貸与を受けた場合

作業着は会社が選定していますから、会社のロゴが入っていたり、トラックの運転を念頭に置いた機能やデザインで選定されていることが多いでしょう。自分で選定する必要はありませんが、会社の指定に従って着用することが大切です。

会社の作業着を着るということは、会社の看板を背負うようなものです。お客さんやすれ違う人の目に触れたときの印象は、ドライバーだけではなく会社の印象になるといっても過言ではありません。

したがって、勝手に作業着をリメイクする、わざとボタンを全て開けっ放して着用するなど、相手に不快感を与えたりだらしない印象を与える着用の仕方は控えましょう。

防寒着は会社から支給されない場合は自ら調達する必要がありますが、あくまでも業務中に着るものですので、黒や紺、ベージュなど、落ち着いた色合いのものを選ぶようにしましょう。

さらに、作業着の「着用」の仕方は会社の指定通りであっても、あまりにくたびれていたり汚れが付いたままであったり、またタバコなどのにおいが染みついていると人に不快感を与えます。正しい着用と同様に、清潔も心掛けることが大切です。

会社から支給・貸与がない場合

会社から作業着の指定がない場合もあるでしょう。

先に挙げたようにあくまでも業務中、作業中に着るものですから、ビジネスカラー(黒、紺、灰色、ベージュなど)が基本のものを選ぶと無難です。

トラックドライバーの場合、運転のほかにも荷物の積み下ろしをしなくてはなりません。汚れる可能性もありますから、汚れが目立ちにくい色を選ぶことも作業着の着易さを高めるポイントです。

また、歩いたり足の曲げ伸ばし、腕の上げ下げなど、作業の邪魔にならず、なおかつ袖やズボンが長すぎないサイズを選ぶことも重要です。動きやすさを考える際には荷物の積み下ろしを想定しがちですが、袖の筒周りが広すぎれば運転の際にもたつきますし、引っ掛かりの原因にもなります。業務全般の快適性と安全性を高めるためにも、体に合ったデザイン、サイズの作業着を選びましょう。

自分で作業着を選ぶ場合はコーディネートを考えるのも楽しみの一つですが、どんなものがいいかわからない場合は、専門店や売り場の店員さんに声をかけたりディスプレイを参考にするとよいでしょう。

ちなみに、女性用の作業着は男性用のものと比べて、ピンクやオレンジなどのカラフルでカジュアルなイメージのものも多く販売されています。

これらを選択することもできますが、着用シーンがビジネスであることを考えると、周りから浮いていることは好印象にはなりにくいものです。周りのドライバーが着用している色味に合わせた選択をすることをお勧めします。

作業着を上手に着こなすためには

ここまでに述べているように、作業着は安全性と作業の快適性が重要な衣服です。

もともとそのような設計がされていますが、よりその性能を発揮させ、快適に作業をするためには、自分に合ったサイズの作業着を選ぶことが大切です。

購入はインターネットでも店舗でも可能です。より自分に合ったサイズの作業着を購入するには店舗に足を運ぶのがおすすめです。サイズ計測をしてもらい、自分に適した商品、サイズを探すことができます。

サイズに関しては、特に女性用の作業着はサイズ展開が限定されており、ウエストが合わない、胸元がきついなど、体に合わないことも多いかもしれません。

男性用のズボンを購入して自分で裾上げする、検討していた作業着のサイズを変更するなど、ジャストサイズの作業着を着用できるよう工夫しましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる