ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

トラック運転手の必需品と仕事に役立つアイテムを一挙公開!

トラックドライバーは長距離移動が多いため、業務時間のほとんどをトラックの車内で過ごすことになります。運転席という狭い空間での長時間運転は、ストレスや緊張との戦いであり、肉体的にも精神的にも疲れが溜まってしまいます。そこで、今回は車内に置いておくと便利な道具をご紹介いたします。安全運転と身体の健康を保つために、必要だと思った道具を置くようにしましょう。

仕事の効率化!安全運転の必需品

トラックドライバーとして働く上で必要となる道具です。

カーナビ、地図

初めて行く地域では道が分からないため、予定時刻より遅れてしまう可能性があります。到着場所への遅刻や残業を避けるためにも、いつでも道を調べられるようにしておきましょう。また、カーナビは普通車用の道路を案内してしまうことがあるので、紙面で確認できる地図も用意しておくと安心です。

携帯イヤホンマイク、ハンズフリー

電話をしていても両手が空くので、運転しながら通話をすることができます。しかし、地域によっては条例違反となるので注意が必要です。また、周りの音が聞こえるように、片耳イヤホンにするようにしましょう。

安全靴とサンダル

ホームで作業を行うときは安全靴を履いて、しっかりと足元を守りましょう。場所によっては安全靴でないと入れないところもあります。反対に車内では靴を脱ぎ、サンダルやスリッパなど楽な格好をすることで、足元をリラックスさせると共に、臭い対策にもなります。

運転を快適に!仕事のストレス対策アイテム

長時間車内で快適に過ごすために役立つ道具です。

メディアプレイヤー

コンポやオーディオなど音響設備を整え、好きな音楽やラジオなどを聴きながら運転することで、リフレッシュができます。休憩中はポータブルDVDプレイヤーで映画などを観るのも良いでしょう。

温冷庫、クーラーボックス

エコノミー症候群を予防するためにも、水分補給は大切です。季節に合わせて温かい飲み物、冷たい飲み物を用意しておくと、心身共にリフレッシュできます。また、クーラーボックスに入れる保冷材は、ケガをしたときのアイシングや、タオルで包んで目に当てることで、目の疲れを取るのにも役立ちます。

電気ポット

食事は外食が多くなるので、カップラーメンなどを食べるときに役立ちます。また、コーヒーなど温かい飲み物を作って飲むのもリラックスできるのでオススメです。

DC/ACインバーター

家庭用のコンセントを車で使用するための道具です。上記に挙げたオーディオやポットなどを稼働させるために必要になります。

ハンドルカバー

ハンドルカバーを付けるとハンドルが太くなるので、疲れにくくなります。

目薬、栄養ドリンクなど

疲れや症状に合わせて用意しておくと良いでしょう。

長距離ドライバーなら欲しい!生活必需品

トラック運転手は気軽に休憩を取ることが難しいため、車内で寝泊まりできる準備をしておくと安心です。

入浴グッズ

長距離移動で自宅に帰れない場合、外出先で入浴をする場合があります。サービスエリアのシャワールームはトラックを安全に停めることができますが、温泉や銭湯とは違い、タオルやシャンプーなどは用意されていません。入浴できる場所を見つけたらすぐに入れるように、入浴グッズを用意しておきましょう。また、シャワーにも入れない時のために、ボディーシートもあると便利です。

布団、寝袋

次の日の安全運転のためにも、車中泊の場合は快適な睡眠空間を作ることが大切です。車中泊の回数が多い場合は寝袋ではなく、しっかりとマットレスと掛布団を用意した方が良いでしょう。また、日中に睡眠をとる可能性もある場合は、遮光カーテンを設置するのもオススメです。

目覚まし時計

携帯電話は充電切れになる可能性があるので、目覚まし時計もセットして、寝坊を避けましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる