みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー(運転手)の給料と働き方

トラックドライバーの仕事は何歳までできる?定年と雇用について

「少子高齢社会の現在、できれば同じ仕事を高齢になってもずっと続けたい」と思う人は多いでしょう。ですが、普通の職業とは違い、多くの荷物の積み込みや深夜の走行、長距離を走ることもある、トラックドライバー。「体力面や安全面を考えると、一般的な会社と定年は同じになるの?」「そもそも、トラックドライバーに定年なんてあるの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。「全く関係ない仕事をしていたが、今からなれるのだろうか」「高齢や中年になってからでも、トラックドライバーになれるのか」と不安な人もいるかもしれません。

トラックドライバーに定年はあるのか、高齢でもトラックドライバーに転職できるのかなど、おおまかにまとめてみました。

トラックドライバーにも定年退職や定年雇用はあるの?

定年はあるけど退職しないドライバーもいる

大手の会社等、60歳が定年となっているところもあります。しかし、その後も契約社員や嘱託で働き続ける人は多いです。また、定年制度がない別の会社に転職する人もいます。

ドライバーを続けたいが、体力面が不安であれば、日勤にする、走行距離を短くする、出勤数を減らす、大型から中型・小型に乗り換えることを検討してみてはいかがでしょうか。

また、軽作業員になる、フォークリフトを運転できるのであれば、フォークリフトでの作業に切り替えるなども良いでしょう。場合によっては、ドライバーの代わりに軽作業員がトラックに乗ることもあります。トラックドライバー時代の経験や免許を活かすことができます。また、活かせるような仕事に転職するのも良いでしょう。

つまりドライバーはほぼ定年はなく、いつまでも現役でいられる職業の一つでしょう。

定年のない会社もある

また、定年制度がない会社もあります。求人においても、トラックドライバーは年齢制限がない会社も多いので、高齢であっても転職しやすいでしょう。

更に、定年再雇用という方法もあります。昨今ではドライバー不足の状態が続いているので、定年を設けないで、退職する必要のない、つまり何歳まででも体力があるうちはドライバーを続けられる会社もあります。

少子高齢社会で活躍する高齢ドライバー

ドライバー業界自体が高齢化している

若者が少なく、人手不足の運送業界では、ドライバーの平均年齢が高齢化しています。大型と小型・中型貨物自動車で平均年齢は違いますが、どちらも40代後半です。また、40代、50代になってから、ドライバーになる人もいます。それまでに、車を運転する仕事自体未経験という人でも、ドライバーに転職する人もいます。

タクシーだけでなくトラックもドライバーに年齢制限はほぼない

今からトラックドライバーになるのは、遅いのではないかと思っている方もご安心ください。

さらに60代、70代以上の高齢でも、タクシー等も含めドライバー業界では、優良運転者・他社から転職するベテランであれば、雇ってくれることもあります。

タクシーのドライバー同様、高齢でも働くことができ、退職後の選択肢の一つです。

定年後でもドライバーを続ける理由

年金の受給年齢が上がっている

昔よりも年金を受給できる年齢が上がっており、2025年から受給できる年齢が男性は65歳になるようです。

定年が60歳になっていても、60歳では年金を受給できない人もいます。その間、働かなくては無収入になってしまいます。また、年金だけでは足りないこともあります。さらに、子どもが少なく高齢者が多い現在では、高齢の就労者も多くなっています。

高年齢者雇用安定法でさらに高齢者の雇用を支える

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」、通称「高年齢者雇用安定法」。さまざまな取り決めがありますが、特に高齢での雇用について重要と思われることを、一つだけですがご紹介します。

定年が65歳未満である企業に対し、定年の引き上げ・継続雇用制度の導入・定年制度の廃止のいずれかの措置を講じることを義務付けています。

定年が60歳の企業であれば、定年を65歳にする・希望者を継続雇用する・定年そのものを無くすかのいずれかになります。

実質、トラックドライバーに定年はなし!

いつまでも働ける社会になっている

定年が定められているところでも、契約社員や嘱託など、定年になってもドライバーとして働くことができます。

ドライバー業界のみならず、少子高齢社会の現在では、高年齢者雇用安定法など、高齢者でもまだまだ現役でいられる仕組みができています。年金の受給年齢が上がるなど、働き続けることが求められる現代社会においては、ほかの業界も含め、定年が実質的になくなりつつあります。

いつ始めても決して遅くはありません。生涯現役を多くの人が実現できる社会になりつつあるのです。

年齢なんて気にしない!求人条件を妥協せずとも働ける

求人条件においても、未経験でもOKや40代、50代の方でも歓迎、年齢不問など、やる気と免許を持っていれば採用してくれる会社も多いです。また、トラックを運転するための中型・大型免許以外の免許や資格を持っていても、手当が付く場合があります。自分に合う会社を選ぶと良いでしょう。タクシーやバスなども含め、人手不足で高齢化するドライバー業界にとっては、いくつになっても有力な働き手です!

高齢であっても、高給・好条件の会社で働くことができるかもしれません!

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー