ドライバー(運転手)の給料と働き方

バスの運転手(運転士)の仕事の平均的な年収・給料

仕事にはやりがいも大切、とは言いますが、やっぱり一番気になる・重要なことはお給料ではないでしょうか。今回はドライバー業界の代表的な職業、バス乗務員について、年収や賞与、昇給について紹介します。

バスの運転手(運転士)の平均的な給料

路線バスの運転手の給料は固定給が多い

バスの乗務員は先にあげた他のドライバー業以上に、決められた路線を決められた料金で運行するため歩合制よりも固定給であることが多いです。従って、収入は安定しており一般のサラリーマンのイメージに近い給与形態です。

自治体から委託を受けた第三セクター的な会社での勤務の場合、給与もある程度決められているため極端に低いということはなく、年功序列式に勤務年数に応じて年収は上がっていきます。

バスの運転手の平均的な給料と賞与

一方、完全に民間の企業であれば、給与や給与形態を縛るのは労働基準法だけですから、会社によっては年収200万円台で、昇給も殆どしないもいうこともあるようです。その反対に、会社の方針で、より高額な給与が得られる場合も考えられ、事前のリサーチが不可欠です。

ボーナスは中小企業で75~100万円程度で一般的なサラリーマン程度のボーナスがもらえているようです。

福利厚生については他の業界と同様に、寮や社宅を提供している会社が多いです。従って、居住費を節約しながら働くことができます。

バス運転手の給料の裏側

循環バス、高速バス、スクールバスは給料が固定的

人を輸送する道路上の運転手にもいくつか種類があります。そのうちのひとつが路線バスです。路線バスは市内の循環バスや、高速バスなどの公的性質を持ったもののほかに、幼稚園や高校・大学などのスクールバスもあります。いずれも決められた停留所や安全な停車場所で人を乗降させていく仕事ですので、営業といった性質が薄いのが特徴です。そのため、給与体系も他業種の一般的な会社のサラリーマンと同じように固定給の支払いがほとんどです。

長距離バスや夜間バスは平均的な給料が高くなる

これらの中でも比較的高給なのは長距離運転や夜間勤務の伴うものです。

観光バスは300キロ以上離れた遠隔地に行く場合もありますし、高速バスは夜間走行のシフトが入る場合もあるので、スクールバスの送迎などと比べて給与が高いと言えるでしょう。

市バスは公務員のような安定したイメージ

また、市によってバスの運営が行われているところもあります。そういったところでは、バスの運転手であっても公務員となります。市役所ではなく、傘下の交通局が主体となっているため、給与体系は異なりますが、ドライバーを目指す人にとって、安定した職種のひとつと言えるのではないでしょうか。市バス運転手の場合、運転試験はもちろんですが、採用試験に教養試験などもあります。また、普通自動車免許しか持っていなくても、取得を前提として嘱託職員として採用してくれるケースもあります。採用案内などを詳しく調べてみましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる