ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ルート配送・配達

クリーニングのルート配送の仕事って楽?仕事内容/年収/必要な資格まるわかり

クリーニングのルート配送の仕事内容

クリーニングのルート配送の主な仕事内容

クリーニングのルート配送は主にクリーニングのチェーン店で必要とされるドライバーの仕事です。チェーンのクリーニング店の場合、クリーニング作業はそれぞれの店舗ではなく自社工場で行われます。

クリーニングのルート配送の仕事は、店舗で顧客から預かった衣類などを受け取って工場へ届け、また工場でクリーニングされた品物を店舗へと配達することです。ドライバーはバンや小型トラックを運転し、1日6~15店舗を巡回して配達・集荷をこなします。配送ルートは固定で荷物もそれほど重くないため、比較的楽な仕事と言えます。

そのほか、例えばクリーニング大手のホワイト急便では店舗と工場とのコミュニケーションが重要とされており、そこではドライバーには橋渡し役としての役割も求められます。ドライバーが店舗および顧客からの要望や感謝の言葉を受け取って工場に伝えることで、工場のやり方を改善したりスタッフにやりがいを感じてもらうことにつながります。

クリーニングのルート配送の仕事の1日の流れ

クリーニングのルート配送の仕事では午前と午後にそれぞれ配達・集荷を行います。

出社時間は朝の7~9時であることが多いです。工場に出社し、前日にクリーニングが仕上がった品物を車に積み込んだら最初の配送に出発します。店舗に到着したら品物を渡し、同時に新規のクリーニング品を回収していきます。なお一人あたりの担当店舗数は6~15店舗程度です。

一通り回り終えたら工場へ戻り、回収したクリーニング品を洗い場へ届けます。この時、集荷情報の登録など簡単な事務作業が必要な会社もあります。

その後昼休みをとり、午後の配送に出発します。配送ルートや仕事内容は午前と同じです。16~18時には配送を終え勤務終了となります。

クリーニングのルート配送の仕事の楽なところ

道を覚える手間が少ない

クリーニングのルート配送は毎日同じルートを通るため、あちこちの道を覚える必要はありません。担当する店舗と工場を行き来する道だけ把握していれば十分に仕事が可能です。

同じ配送の仕事でも宅配などは毎日訪問先が異なり、しっかり道を覚えなければ効率よく仕事をこなせません。クリーニングのルート配送はそのような心配がなく楽だと言えます。

業務内容があまり難しくない

クリーニングのルート配送は、顧客から預かった品物を店舗から工場へ、またクリーニングが仕上がった品物を工場から店舗へ届けるというシンプルな仕事です。さらに毎日同じ仕事の繰り返しであり、その場に応じたイレギュラーな対応を求められることはほとんどありません。未経験者でも楽にやり方を覚えて活躍することができるでしょう。

安定して働ける

クリーニングのルート配送はクリーニング店を維持するために不可欠の仕事です。クリーニング店がなくならない限りずっと必要とされ続けでしょう。

そのためクリーニングのルート配送ドライバーはよほどの問題を起こしでもしなければクビになる可能性は低く、一度就職すれば長期にわたって安定して働けるものと考えられます。失業する不安なく目の前の業務に集中できるのはこの仕事の楽なところです。

人間関係上のストレスが少ない

クリーニングのルート配送は大部分の時間を一人で運転して過ごします。店舗や工場のスタッフと話す機会はあるものの同じ相手とずっと一緒に過ごすわけではないため、人間関係のストレスを抱えることは少ないです。

職場の人間関係に悩む人は多いものです。クリーニングのルート配送はその心配がいらない分、楽な仕事だと言えます。

高いコミュニケーション能力を必要とされない

クリーニングのルート配送は基本的に社内のスタッフとしか接しないため、高いコミュニケーション能力は必要とされません。店舗訪問時に顧客がいれば挨拶は必要ですが、それ以上の話をする機会はまずないでしょう。口下手でも十分に務まるのはこの仕事の楽なところです。

早く帰ることができる

クリーニングのルート配送の仕事はおおむね夕方の16~18時に終わります。出社時間は朝7時~9時と早めですが、その分一日の仕事が終わりさえすれば早い時間に帰ることができます。3~5月の繁忙期以外は残業もほとんどありません。夕方以降の時間を自由に過ごすことができるのはクリーニングのルート配送の楽なところです。

クリーニングのルート配送の仕事のきついところ

毎日の仕事が単調

クリーニングのルート配送は毎日同じ仕事の繰り返しです。楽な反面、変化のない日々が何か月も何年も続けばきついと感じる人もいるでしょう。仕事に刺激を求める人にクリーニングのルート配送は適しません。地味で単調な一日を繰り返すことを嫌がらず、前向きに取り組める人でなければこの仕事を長く続けることは難しいです。

新たなスキルが身につかない

クリーニングのルート配送の仕事は店舗と工場とを往復して品物を届けるというシンプルなものです。簡単に仕事を覚えて一人前になれる反面、この仕事を続けたとしても新たなスキルを身につけることは難しいでしょう。スキルが身につかない分、経験を積んでも仕事に有利とはなりにくく、昇給もそれほど期待できません。

繁忙期は忙しい

3~5月の衣替えの時期はクリーニング店の繁忙期にあたり、ルート配送ドライバーは大量のクリーニング品の配達・集荷に追われることになります。普段はクリーニングのルート配送に残業はほとんどありませんが、この時期だけは1~2時間程度の残業を覚悟しておいた方が良いでしょう。季節によって忙しさが変動するのはこの仕事のきつい部分です。

一人の時間が多い

クリーニングのルート配送の仕事は基本的に一人で行動します。店舗や工場のスタッフとコミュニケーションをとる機会もあるとはいえ、それは勤務時間の中の一部に過ぎません。店舗と工場とを行き来したり、クリーニング品を運ぶときは一人きりで作業する必要があります。常に話し相手が欲しい人にとってはきつい仕事だと言えるでしょう。

朝は早い

多くのクリーニング店では、朝預けた衣類を夕方に受け取れる当日仕上げというサービスを実施しています。これを実現するためには顧客から預かった品物を早く工場へ届けなければならず、ルート配送ドライバーには朝早くから店舗を訪問して品物を回収することが求められます。そのためクリーニングのルート配送の仕事は出社時間が朝7~9時と比較的早いです。

クリーニングルート配送の職場の雰囲気

服装やメイクは基本的に自由

クリーニングのルート配送の仕事では、服装やメイクは基本的に自由とされています。会社によっては私服の上に制服のTシャツを着用して勤務するところもあります。楽で働きやすい環境だと言えます。

ただし、ネイルや指輪には注意が必要です。顧客から預かった品物を持ち運ぶときに傷をつけてしまうことのないよう、長い爪や引っかかりやすいデザインの指輪は避けた方が良いでしょう。

様々な年齢や学歴の人がいる

クリーニングのルート配送の仕事は特別な知識や経験が必要とされず、比較的楽にできる仕事です。そのため様々な年齢や学歴の人がドライバーとして働いています。中にはシニアを歓迎する会社も少なからずあります。

このような職場なので、自分だけがまわりから浮いてしまうという心配は不要です。年齢や学歴を気にせず挑戦できる仕事です。

クリーニングのルート配送ドライバーの年収/給料

東京都で正社員や契約社員としてクリーニングのルート配送ドライバーの仕事をする場合、給料の相場は20~28万円程度です。

これを年収に換算すると240~336万円程度となります。給与所得者の平均年収が441万円なので、クリーニングのルート配送はあまり稼げない仕事だと言えます。

また、この仕事はパートやアルバイトの求人も多いです。その場合は時給1,000~1,300円程度が一般的です。これは平均的な時給であり、パートやアルバイトとしては悪くない給料が期待できます。

クリーニングのルート配送の仕事の労働時間・残業

クリーニングのルート配送の労働時間は1日8時間が基本です、朝は7~9時と比較的早い時間に勤務を開始します。その分、勤務終了も早く16~18時程度です。

普段はほとんど残業することはありませんが、繁忙期は1日2時間程度の残業が発生することがあります。クリーニング店の繁忙期は3~5月の衣替えの季節で、この時期は顧客から預かる品物の数が普段の3倍近くになることも珍しくありません。

クリーニングのルート配送ドライバーの休暇

クリーニング店の定休日は水曜や木曜など平日に設定されていることが多く、それに合わせてルート配送も休みとなります。定休日が設定されていない会社の場合はシフト制の勤務となったり、工場の定休日に合わせて日曜・祝日休みとなったりします。

またお盆の時期や年末年始は工場が稼働しません。そのためルート配送ドライバーも長期休暇を取得することができます。

クリーニングのルート配送の仕事に必要な資格

クリーニングのルート配送では車を運転するため運転免許が必要です。多くの場合、配達にはバンや小型トラックを利用します。平成29年3月12日以降に普通免許を取得した場合は準中型自動車免許を別途取得しなければならないこともありますが、それ以前に普通免許を取得していれば普通免許だけで運転可能です。

なお、この仕事をするためにクリーニングに関する免許や資格は必要ありません。運転免許さえあればできる仕事です。

クリーニングのルート配送ドライバーに向いている人

運転が好きな人

クリーニングのルート配送の仕事は店舗を巡回しクリーニング品の配送・集荷を行うことです。車の運転が業務に占める割合は大きく、ドライバーには安全運転を厳守しながらスケジュール通りの時間に店舗を訪問することが求められます。運転が好きな人であれば、楽しみながらこの仕事に取り組むことができるでしょう。

体力に自信がある人

クリーニングのルート配送は大量の荷物を毎日持ち運ぶ必要があります。荷物の多くは衣類なので一つひとつはそれほど重くないとはいえ、数が多くさらに一日に何度も運ばなければならないため、それなりの体力が必要とされます。そして、一日運転し続けるのも体力を消耗するものです。力に自信がある人に適した仕事であると言えます。

ルーティーンワークが得意な人

クリーニングのルート配送は毎日同じ仕事を繰り返します。ルーティーンワークが得意な人にとってはやりやすい仕事だと言えます。

仕事内容が一定であるとはいえ、日々の仕事の中で店舗や工場のスタッフと適切なコミュニケーションをするよう努めれば徐々に信頼関係が構築されていきます。将来的には店舗と工場との橋渡し役として頼られる存在になることでしょう。

クリーニングのルート配送の仕事は楽なのか

クリーニングのルート配送は、毎日同じ仕事をするのが苦でない人にとっては比較的楽な仕事だと言えます。

業務内容は店舗で顧客から預かった品物を回収し、クリーニングが仕上がったら再び店舗へ配達するというシンプルなものです。

朝早くに出社しなければならないとはいえ、夜は早い時間に帰ることができ、繁忙期以外は残業もほとんどありません

さらに、運転免許さえ持っていれば特別な知識や経験がなくても仕事を始めることができます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー