ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ルート配送・配達

ルート配送ドライバーの志望動機の書き方と例文、自己PRのコツがまるわかり

Contents

ルート配送とは

ルート配送の仕事は、初めてドライバーの仕事に就く人や、経験の浅い人などにも馴染みやすいトラックの仕事です。最も身近な例をあげるとコンビニの配送などがありますが、ルート配送では決められた店舗に向けて計画時間の通りに配送して回ります。

自分で地図を広げて配達ルートを組み立てなくても、的確なコース設計がされているのが特徴で、土地勘が無くても問題ありません。毎日同じ場所を回るので、ドライバー初心者でも比較的早く仕事に慣れることができます。

運送会社内で配送店舗ごとに、注意事項などををまとめた表などが用意されていることが多く、ドライバーが交替した場合でも、同じサービスを求められるのが特徴の仕事です。

企業が志望動機、職務経歴を聞いてくる目的とは

ルート配送の面接では、企業はドライバーに志望動機を必ず確認します。志望動機は履歴書にも記入する欄がありますので、事前に必ず考えておきましょう。志望動機を強く持つドライバーは、その仕事に就いた後の向上心があると受け取られ、好印象です。

職務経歴も細かく聞かれますので、履歴書に細かく記入したり、職務経歴書を添付したりすると良いです。採用後にどのような業務につかせると、能力を発揮できるかを見極める参考にするのが目的です。

自己PRで求められているものとは

ルート配送のドライバー面接では、自己PRを求められる場合があります。長所や短所はもとより、今までの職務経歴の中で特に印象に残っている出来事などを、簡潔にまとめて伝えましょう。

面接官は自己PRをみて、人柄や、前職での実績から、就職後に他の従業員と馴染めるか、スキルアップが見込まれるか、などを確認します。企業としては、会社の方針や目的を理解したうえで、会社の目標に向かって頑張ることが出来る人材を好みます。

面接の時間には限りがありますので、伝えたいことは前もって履歴書に記載しておくと良いです。

ルート配送ドライバーに求められる資質とは?

誠実で勤勉

ドライバーとして企業が求める人材はまず誠実であることです。私利私欲のために行動せず、嘘をついたりしない正直さのことです。失敗を隠す体質では企業として安心して仕事を任せることができません。そして勤勉であることも大切です。ルート配送の仕事に慣れた後でも、目標を持ち、新しいことを積極的に学んでスキルアップしましょう。

安全第一の意識を持っている

安全第一の意識はドライバーにとって欠かすことのできない重要な資質です。どんなことがあっても安全第一の対応をしなければいけません。ルート配送の仕事では、店舗配送などをすることも多く、一般のお客様がいる場での仕事となります。人が大勢いる場では、ドライバー自身が安全第一の意識を強く持たないと、不慮の事故が起こりかねません。

コミュニケーション能力や接客スキルがある

ルート配送の仕事では、毎日同じ会社の担当者と顔を合わせますので、ドライバーが会社の顔となります。ドライバーの印象がそのまま会社の印象へと直結しますので、言葉遣いや態度などにも、充分配慮しなければいけません。仕事に慣れてお客様と対話ができるようになっても、一線を引き、なれあいにならないよう接客スキルを磨きましょう。

運転免許を持っている

ルート配送のドライバーは、乗務車種に対応する運転免許が必須です。企業に確認の上、必要な免許を保有しておかなければいけません。たとえば、フォークリフト技能や玉掛け技能など、特殊な免許に関しては、会社からの斡旋で技能講習を受けさせてもらうこともできます。保有していない場合は、資格取得支援制度があるか否かについても確認しておくと良いでしょう。

ルート配送ドライバーの履歴書/職務経歴書の書き方の例

職務経歴

ルート配送のドライバー面接では履歴書を正確に書きましょう。職務経歴の入社と退社は何年何月と記載し、その際に会社名だけでなく所属営業所や部署などまで記載すると良いです。同じ企業の部署内での移動も書くと印象が良くなります。

職務内容

面接で提出する履歴書には、以前の職務経歴での内容を簡潔に書きましょう。ドライバーの経験がある方はどのような車に乗って、どのような貨物を扱っていたのかを書くと、とても効果的です。ルート配送の経験があれば記入すると、さらに強みになります。

自己PR

ドライバーの面接時には自己PRの時間がありますので、付け足して当日PRできます履歴書ではなるべく簡潔にまとめましょう。自分の長所と短所のほか、経歴の職務で体験して学んだこと、経験したルート配送の内容などを織り交ぜて書くと良いです。

志望動機

志望動機を履歴書に書く際、必ず面接を受ける会社の職務について展望を書きましょう。どのようなルート配送に魅力を感じるか、自分が採用されたら、どういうドライバーを目指すかなどです。前向きな言葉で伝えましょう。

ルート配送ドライバーの履歴書/職務経歴書を書く際のポイント

文字は大きく読みやすく書く

履歴書はとても重要な書類です。第一印象に大きな影響を与えますので、大きな文字で、丁寧に書きましょう。インクが消えるボールペンや鉛筆は使用してはいけません。誤字脱字を回避するため、見直しをしたり、下書きをするのも良いでしょう。ルート配送ドライバーの仕事では、書く仕事は少ないですので、なおさら文字の第一印象が大切です。

清潔感のある証明写真を使う

ルート配送ドライバーの面接で必要な履歴書には、3ヶ月以内に撮影した証明写真を貼付します。身支度を整え、面接用の証明写真として撮影すると良いでしょう。運転免許証に使用する写真のように、無帽で服装を整えた、胸から上の写真です。スナップショットを切り取る場合には、背景に何もないもの、清潔感のあるものを選びましょう。

ルート配送ドライバーの志望動機を書く際のコツ

ネガティブな内容は避ける

志望動機を書くには、あらかじめ自分の中で、理想のドライバー像をしっかり作っておきます。どのようなドライバーになりたいのかという気持ちを、できるだけ前向きな表現でまとめましょう。面接を受ける会社を事前に調査し、求人内容や従業員のコメント、企業のホームページなどから、やってみたいルート配送の仕事などをまとめるのがコツです。

会社が求める人物像を参考にする

企業の求人ページから、できるだけ多くの情報を読み取ると、志望動機を書くためのヒントがたくさんあります。企業が求める人物像は、必ずしも全てが完璧である必要はありません。しかし、企業が求める免許を保有していない場合などは、入社してもその職に就けない場合がありますので、面接の受付時に確認することをお勧めします。そのほか、ルート配送やドライバーの経験者を求める場合など、職務経験を詳しく記入したりするのも効果的です。

自分の強みをアピールする

ルート配送の経験があればその職務内容が強みにもなりますし、無くても強く興味を持っていることが志望動機につながります。ドライバー未経験者でも自己PR次第で、強みにすることができます。企業の求める人物像に沿ったアピールポイントがない場合は、その人物像に近づくための向上心などを、前向きな表現で伝えると良いでしょう。

入社後の目標やビジョンを述べる

求人情報サイトには、企業に在職中の先輩ドライバーからのコメントや、人事担当者からのコメントなどが記載されていることが多いです。その内容をしっかり受け止め、志望動機に反映させましょう。ルート配送ドライバーとして入社した後、どのようなことに力を注いでいきたいか、目標を掲げると好印象を与えることができます。

ルート配送ドライバーの志望動機に書くべき内容

会社を選んだ理由について

ルート配送の仕事の面接では、必ず会社を選んだ理由について質問されます。自宅から近く通勤に便利なことや、きれいに整備清掃されたトラックが走っているのを見かけたこと、きさくなドライバーと交流する機会があったりなど、会社を選ぶ理由は人それぞれです。この会社が良いと思った率直な印象を、志望動機として前向きな言葉で伝えると、面接官の印象に残りやすいでしょう。家族や周囲から得た良い意見を織り交ぜることも、とても効果的で良いです。

ルート配送ドライバーをやりたい理由について

ルート配送の仕事を希望する理由は、求人情報サイトなどの仕事内容などを参考に考えると良いです。取扱貨物の情報や、出入りする企業や店舗の情報などを確認しましょう。

ルート配送と言っても、食品を扱う企業や、工業製品などを扱う企業もあり、特徴は企業により様々です。チルド品や冷凍品を扱う企業などでは、ドライバーが冷蔵や冷凍などの特別な装備が備わった車を扱うこともあります。目指す企業に合わせた志望動機を、きちんと考えることが大切です。

自分の資格や経験について

保有している資格や経験は、志望動機として大きな強みとなります。特に経験者を求めている企業であればなおのこと、是非その経験を当社で活かしてもらいたいと思うはずです。

面接時にも質問される項目となりますので、簡潔に説明できるよう、まとめましょう。ルート配送の仕事ではドライバーとして必須な資格があります。免許を履歴書に記入する際には、資格者証を確認の上、必ず正しい名称で記入することが大切です。通称で記入してはいけません。

自己PRついて

志望動機に書く自己PRは、面接官に良い印象をもってもらう為の、とても重要な項目のひとつです。

ルート配送の仕事では、自分が経験した仕事の中での体験談を一部書くのも良いです。ドライバーとして活躍してきた事柄や、逆に失敗談なども、自分の人柄を伝えやすくする要素になります。エピソードに触れて、自分がどのような対応をして、結果どうだったのかを書きます。その経験が自分のドライバー人生にどのように影響した、などとまとめると良いです。

入社後のビジョンについて

入社後に企業でどのような活躍をしたいか、何を頑張っていきたいか、を志望動機に書くことも好印象を与えることができて良いでしょう。企業情報から得たルート配送の情報を、取り組みたい仕事として書いたり、理想のドライバー像を、目指す姿として書いたりするのも効果的です。質問される項目ですので事前にまとめておき、順序良く話せるようにしましょう。

ルート配送ドライバーの志望動機を書く際の手順

結論から書き出す

志望動機は一目ですぐ理解してもらえるように、短い文章でまとめるのがコツです。書き出しは、結論から始めるのが、相手に率直に伝わりやすくて良いです。

ルート配送の仕事では、履歴書の志望動機の欄に、文学的な書き方や表現力は求められていません。記入スペースがあり、文字数にも制限がありますので、一番伝えたいことに絞ります。なぜ、入社を希望するのか、ドライバーをやりたい旨、ルート配送の仕事をやりたい旨、トラックに乗りたいなどその理由を書きましょう。

文章の構成を確認する

結論から書き始めた文章は、次に根拠となることを書きます。志望動機に至った理由です。なぜドライバーになりたいのか、なぜルート配送の仕事をしたいのか、なぜトラックに乗りたいか、という部分です。最後はその会社の一員となることが自分にとってどれほど重要なことなのかを書きます。他の同業他社では叶えられない唯一の目的を書きましょう。

読み直してもう一度チェックする

書き終わったら、最初から一通り読み返してみることが、一番良いチェック方法です。履歴書を受け取って読む面接官の立場に立って、読んでみましょう。読んでみて、なぜルート配送のドライバーになりたいのか、伝わりづらかったら目的が達成されません。長すぎる文章は、より簡潔に短い文章に直すと、伝わりやすい志望動機になります。

ルート配送ドライバーの志望動機の例文

配送業未経験者の志望動機の例文

志望動機例文

未経験者の志望動機には、憧れや目標、イメージなどを主に記述し、即戦力になれるように努力する意欲を感じ取ってもらいましょう。次のような例文を織り交ぜると良い文になります。

まず、結論から、「ドライバーとして社会の役に立ちたいです」「ルート配送の仕事から始め、いろいろな業務を経験してみたいです」

その根拠として、「コンビニで度々見かける配送ドライバーが、いきいきと仕事をしていることに、楽しそうだなと感じました。自分も楽しい仕事がしてみたい、お客様に安全で新鮮な品物を届ける仕事に携わりたいと思い、中型免許を取得しました。新たな世界ですので、まずは安全を第一に考えつつ、早く技術を身につけられるよう努力していきます」「父がトラックドライバーの仕事に従事しており、幼いころから大きなトラックに乗る父に憧れていました。私は、安心安全な物流が社会を支えると思い、ドライバーが消費者までの最後のランナーと考えています。未経験ですが、できるだけ早くコツをつかめるよう、先輩方の姿から学びます。」

例文のポイント解説

未経験での癖のなさをアピールすることで、企業に採用された後の教育のしやすさを感じとってもらうと良いでしょう。学ぶ意欲と仕事に対する目標を全面に出せると良い志望動機になります。

例文のように、身近な人への憧れなど盛り込んでも良いです。ルート配送は比較的ドライバー未経験者でも、接する機会が多いドライバー職ですので、率直な思いを目標に掲げると効果的です。

配送業経験者の志望動機の例文

志望動機例文

業務経歴、保有資格などがあり、即戦力をアピールするときは、次のような例文を志望動機に盛り込むと良い文になります。

まず、結論から、「ルート配送で御社の役に立ちたいです。」「ドライバーとして御社で活躍したいです。」

その根拠として、「前職ではコンビニのルート配送の仕事に5年間携わっており、様々な品物をスピーディに納品し、お客様の買い物の妨げにならないよう配慮していました。大きなトラブルがなかったのは、元気良く、明るい対応を心がけており、店舗情報などの情報収集力に長けていたからと自負しています。」「中型免許とフォークリフトの免許を保有していますので、資格を有効活用したいからです。以前工場内作業で、フォークリフト操作の手本としていた先輩がいまして、その隙のない操作、てきぱきと積み込みを進めていく姿に憧れ、免許取得後は技術向上のため進んで作業を行い技術を磨いてきました。どんなベテランドライバーより、適確に荷積みできます。」

例文のポイント解説

ルート配送の業経歴を盛り込むことで、新しい仕事をスムーズに覚えることができるというアピールになります。会社としてはドライバーの基礎教育の時間が大幅に短縮することができますので、採用に意欲的になります。

また、志望動機の例文にあるように、保有資格から仕事への情熱を盛り込むことで向上心のアピールをすることができますので、こちらも大変有効です。

職種別ルート配送の志望動機の例文

コンビニ・スーパーのルート配送

最もお客様との近い場所で配送をするコンビニやスーパーなどの食品ルート配送では、食品のルート配送に興味や経験があることをアピールします。

「入荷を心待ちにしているお客様の笑顔を見るのが好きです。コンビニの棚が品薄になっている様子を見ると、お届けに達成感を感じます。」「スーパーでの買い物で、棚に整然と並べられている品物に見覚えのある時、自分が配送したものだと思うとわくわくが止まりません。家族にこれは自分が配送したものだと自慢したくなります。」

クリーニングのルート配送

お客様と接することが少ない配送の仕事ですので、接客が苦手な方でも大いに自己アピールすることができる仕事です。汚れものを回収して清潔なものをお届けするので、衛生面に注意を払えることをアピールとしても良いです。

「宿泊施設へ洗いあがったリネンをお届けするときには、お客様が心から楽しむことができるよう、自分自身も清潔な作業着で配達することを心がけます。」「ワイシャツやスーツをお届けする時には、影ながら活躍を応援します。お届けする衣類に季節を感じることができ、学生服や礼服などには私も背筋が伸びる思いです。」

ルート配送の自己PRの例文

未経験からルート配送ドライバーになる場合

ドライバー未経験の方がルート配送の仕事をする際、自己PRでは体力や乗用車での事故歴などをテーマにすると伝わりやすいです。

「小学生のころに始めた少年野球がきっかけで、今でも仲間と野球を楽しんでいます。体を動かすことが大好きで、暇さえあればランニングをしたり、健康づくりや体力づくりの基礎トレーニングは欠かせません。」「乗用車では事故や違反の履歴はありません。狭い場所や人通りの多い場所では特に事故を予測した運転を心がけており、特に歩行者や自転車の動向は意識して確認します。」

経験者がルート配送ドライバーになる場合

経験したことがあるルート配送の特徴を述べたり、保有資格と経験を強みとして自己PRを組み立てます。

「以前、ルート配送の仕事に携わっていたことがあり、時間配分を考え効率的なルートを考えたり、作業にかかる時間を短縮させる工夫をしていましたので、ドライバーとして即戦力になることができます。」「フォークリフトの免許を保有しておりまして、納品先の多種多様なタイプを使用してきましたので、フォークリフトを使用することに問題はありません。」

ルート配送の面接で自己PRを求められたら?

使えそうなスキルや経験を積極アピールする

フォークリフトや中型車運転免許などは必須条件の資格ですが、それ以外にも転職に役立つスキルや経験はいろいろあります。例えば、ルート配送に使用するトラックはパワーゲートという、自動昇降機が装備されている車両が多いですが、使用にはコツが必要ですので、経験があればアピールすると良いです。

面接で自己PRがあるか聞かれる場合には、履歴書に書かれたこと以外のスキルや経験があることを、面接官に伝えることができる絶好のチャンスですので、事前に答えを用意しておきましょう。

長く安定して働く姿勢をアピールする

会社としては、数ヶ月で転々とするドライバーより、腰を据えて長く勤務できるドライバーを求めています。ルート配送の面接では長期勤務を望むこと、じっくり取り組みたいことなどをアピールすると好印象です。

季節の変動や負荷の波を理解し、長い目で見た心構えで仕事に望むと良いでしょう。自己PRの時間をもらったら、履歴書の志望動機欄に書いたこと以上のことを足した言葉で伝えます。面接の限られた時間の中でより印象強く自分のことを知ってもらうためです。

ルート配送ドライバーの志望動機でよくある質問Q&A

未経験の場合は何を書けばよいのか

ドライバー未経験者の方は志望動機に、やる気や体力のアピールを書くと良いです。ルート配送の経験は日々の仕事で積み重ねることでカバーすることができるからです。

学生時代からのスポーツの経験などを書くのはとても有効的で、特に団体競技のチームワークなどは、入社後の仲間との関わり方をアピールする良い方法になります。

志望動機書は手書きとパソコンどちらが良いのか

志望動機書は必ずしもパソコンで作成する必要はありませんが、手書きで作成の場合は丁寧に読みやすい字で記入することや、誤字脱字をしないことが大切です。

ルート配送のドライバーの仕事では、書き仕事はメインではありませんので、丁寧な字は不要と思われがちですが、字から性格を読み取ることができますので、気を付けたい事項の一つです。

本音はどこまで書いていいのか

志望動機に本音を書くことは悪いことではありません。ですが、伝え方を間違えると印象を悪くする可能性がありますので、表現には気を付けたいところです。

かつてのルート配送の仕事が酷くきつかった、ドライバーの人間関係が悪かったなどと悪口を書き連ねれば、良い印象にはなりません。できるだけポジティブな表現に変換して、将来へ目を向ける書き方にすると良いです。

ルート配送ドライバーの志望動機の避けるべきNG例

ネガティブな内容を書いてしまう

ルート配送の仕事をするにあたり、ネガティブな表現で志望動機を書くのはNGです。「接客が苦手なので、接客がないドライバーの仕事を探していました」や「残業をせず、所定時間で勤務時間を終えたいので、時間の決められたルート配送を希望します」などはよい印象に捉えられませんので、ポジティブな言い方に変えて書くと良いです。

志望動機があいまい

志望動機はやる気を感じ取ることができる表現で書きます。自宅から近い勤務地というのは立派な志望動機ではありますが、それだけでは面接官はやる気があふれる人物とは感じてくれませんのでNGです。

ルート配送の仕事をやりたい、ドライバーになりたい、なぜこの会社でやりたいのか、という気持ちを志望動機に表現しなければ、採用につながる評価はされません。

利己的な印象を与える内容を書いてしまう

福利厚生が整っているから、残業がないとうたわれてるから、希望の資格が取れるからなど、自分にとって都合のよい条件ばかりを志望動機として連ねるのもNGです。

福利厚生や待遇は企業の魅力でもありますので、動機として間違いではないですが、それだけで終えてはいけません。ルート配送のドライバーを目指す思いの片隅に書くにとどめたり、控えめにすると良いでしょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー