ドライバー/運転手関連の仕事一覧

食品配送のルートドライバーの仕事内容と業務の特徴

運転免許さえあれば活躍の場があるルート配送ドライバー。決められたルートを通り配送業務を行うので、未経験者でも即戦力になり得ます。ドライバー業界は深刻な人手不足に陥っているので、キャリアを積むことによって働き手として重宝されるでしょう。

ほぼ単純作業なので、慣れてくると業務時間も短縮出来ると思います。今回注目するのは、配送業の中でも食料品の配送ドライバーです。その際に注意する点と業務内容を詳しく紹介していきたいと思います。

食品配送のルートドライバーの仕事内容

食品配送ドライバーの仕事の流れ

食料品のルート配送は主に工場→ターミナル→店舗という流れで日に幾度も配送します。

食料品を扱うルート配送ドライバーの一日の始まりは、早朝に荷物をトラックに積み込むことから始まります。

業務開始はドライバーの基本であるアルコール検査から始まります。飲酒したのが前日だったとしても、基準値をオーバーしていたらもちろん運転できません。最近では、飛行機のパイロットのアルコール検査で基準値を超える数値が確認できるニュースが立て続けにメディアへ出てしまいました。決してあってはならない事実です。ドライバー業界でも、厳しく取り締まりを強化しています。

アルコール検査をパスしたら次はトラックと積荷の確認、配送先とルートに間違いがないかチェックします。食料品ということで品質管理や、期限切れの商品が紛れ込んでいないか点検しながらトラックへ積み込んでいきます。慣れないうちはダブルチェックしておくと安心できるでしょう。

そして、いよいよ配送業務開始です。トラックの運転には細心の注意を払い、無事故無違反を常に意識して走行します。仕事の合間に休憩を取ることも義務付けられています。忙しいからと無休憩で仕事をすると、疲労が蓄積され、交通事故や商品を間違えるなど、思わぬトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。侮らず、定期的に休憩します。

無事にルートを回り順調に仕事が出来ると残業はほぼありません。配送業務完了後は、引き継ぎ作業、報告書記入をして完了です。

食品配送ドライバーの仕事の特徴

トラブルも無く順調に仕事が進むと時間通りに業務終了出来るので、残業もなしです。基本的にルート配送は長距離は走りません。未経験でも十分に業務を果たせるでしょう。

食品配送の仕事のコツ

決められたルートを決められた時間通りに決められた場所へ間違いなく配送していきます。

この時、決められた時間通りに荷物を届けるためにルートをいくつか確保しておく必要があります。もし渋滞していたとき、事故で迂回しなければならないとき、そんなトラブルへ即対応出来るように準備しておくに越したことはないのです。

また、仕事中はほぼ一人で仕事をする食品配送ドライバーですが、始めに荷物を乗せるセンターで、配送先の営業所や店舗ではコミュニケーションを取らなければならないことがあります。毎日の挨拶や業務報告など人との関わりが絶対必要になってきます。

初めは苦手な方でも、毎日関わっていくうちに慣れていくでしょう。一定期間働いてみると知らないうちにコミュニケーションに慣れているはずです。

食品配送のルートドライバーに必要な免許と仕事で使う車の種類

まず、必要な資格は普通自動車免許を取得していることです。その他にも、大型免許や特殊免許を所持していると重宝され、仕事の幅も広がることでしょう。

2017年3月中旬に道路交通法が改正されました。これ以前に運転免許を取得した方であれば、中型免許と同等の資格となり、車両総重量が5t未満のトラックを運転することができます。
基準内なら大きめのトラックを運転するという経験をする機会があるかもしれません。

食品配送ドライバーとして働くメリット

食品配送ドライバーとして働く事により、時間管理が徹底され、勤務時間への意識変化に気づくことが出来るでしょう。

決まったルート、そして決まった時間通りに配送しなければなりません。裏を返せば、時間通りに出社して時間通りに退社できるという事です。残業のイメージがあまりないことも食品配送ドライバーの特徴と言えるでしょう。

そして、トラックの運転も毎日行うので運転技術の向上にも期待できるでしょう。今では、働きながら資格を取得させてくれる企業もありますので、それを機に大型免許や特殊免許を取得することも考えてもいいかもしれません。

あらかじめルートや時間が 決まっていて、荷物を届ける場所、店舗も決まっているルート配送ドライバーは、他のトラックドライバーと比べると大変働きやすい労働条件のもと仕事をすることが出来ます。決められた通りに業務をこなすのは慣れてくると楽にこなせる様になるでしょう。

食品配送ドライバーとして働く前に読んでおこう

まずは運転免許と安全運転が求められます。過去に自分の過失で交通違反してる方は注意が必要です。もし、仕事中に交通事故や人身事故を起こしてしまうと、企業側への損害賠償の問題が発生する恐れがあります。ドライバー個人だけでは無く、企業全体へ風評被害などの迷惑になってしまうので注意が必要です。

また、普通免許以外にも大型免許や特殊免許を必要とされる場合が出てくるでしょう。あらかじめ普通免許以外の資格を取得しておくのもオススメします。

あとは、コミュニケーション力も最低限求められます。挨拶や報告の時に相手に不快な思いをさせないようにマナーを身につけておく必要があります。

残業がほとんどないので、アフターワークも充実させることが出来ます。趣味や習い事、家族とゆっくり過ごすことも十分に可能だと思います。しかし、気を緩めすぎてアルコールを摂取しすぎると次の日の仕事に差し支えるので、飲酒はほどほどに、なるべく休日前だけにしておきましょう。

注意することは少なくありませんがどうでしょう?気をつける事は一般的なことで、それほど大変ではないと思います。ドライバー業に興味を持たれた方はこれを機に働いてみてはいかがでしょうか。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる