ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手は高卒でも活躍できる理由とドライバーになる方法がまるわかり

トラック運転手は高卒でもなれるのか

トラック運転手の仕事に就職、転職を考えていらっしゃる方で、自分は高卒なんだけどトラック運転手になる事は可能だろうか?と考えている方は多いのではないでしょうか。

例えばの話ですが、高校を卒業して新卒からトラック運転手を目指そうと思うと、ちょうど18歳で準中型免許を取得する事が可能です。準中型免許があれば、ほとんどの2tトラックに乗務可能となりますので、運送会社はそんな人材を喉から手が出るほど欲しいはずです。

高卒可のトラック運転手の求人はあるのか

結論からいいますと、トラック運転手の仕事は高卒の方でもなる事ができます。高卒の方にこそトラック運転手の仕事はお勧めといえるかもしれません。以下は高卒可の求人の一例になります。

仕事内容 医療検査物の固定ルート集配
場所 茨城県牛久町
給料 月給18万円
条件 高卒以上 未経験者歓迎 要普通免許

 

仕事内容 安定企業の男女トラック運転手
場所 愛知県知多郡東浦町
給料 月給26万円以上
条件 高卒以上 要普通免許 法改正後に取得した方は要準中型免許

高卒でもトラック運転手になれる理由

運送・物流業界はドライバー不足

運送業界の人手不足については、実際の現場でもトラック運転手の人手不足を感じる事が多々あります。町を走っているトラック運転手を少し観察してもらえばわかりますが、乗務している人の大半が40代〜50代で、30代のトラック運転手も見かけはしますが、20代のトラック運転手に至ってはほとんど見る事がないといった状況です。

こういった中でネット通販の拡大による荷量の増加等が重なり、今物流の現場では人手不足が深刻で、そういった事が現在、高卒の人材を積極的に採用する理由にもなっています。

トラック運転手は学歴よりも運転歴が大事

一般的な会社、例えば営業職や事務系の仕事などでは、基礎的な知識をはかる意味で学歴は重要視されます。ですがトラック運転手の仕事で重要視されるのは運転歴や、免許、資格などです。

トラック運転手に求められるのは一種の現場力のようなもので、運送会社が求める人物像は、即戦力になる人材や、たとえ未経験であってもやる気、体力のある人という事になります。トラック運転手の仕事は高卒の方でやる気や体力に自信のある方であれば充分に活躍する場がある業界です。

中型免許・大型免許や資格を持っていれば重宝される

トラック運転手の仕事は免許や資格があれば仕事の幅が広がりますし、持っていれば会社で重宝される事は間違いありません。中型免許大型免許は運送会社の強い需要がありますし、フォークリフトの資格はトラック運転手には必要不可欠といってもよい資格になります。

例えば採用面接で複数の志望者が重なった場合で、最終学歴が同じ高卒で、緒条件が重なっているのなら、免許や資格を持っている人の方が当然やる気があるように見えますし、採用担当者にも良い印象を与える事になるでしょう。

やる気と体力があれば高卒でも良いと考える採用担当者は多い

トラック運転手の仕事は物流センターや工場で積み込んだ荷物を顧客の元へ届ける仕事です。いったん配達に出てしまえばきつかったり楽だったりはあれど、一人作業となり気楽でマイペースに仕事ができるといったメリットがあります。

その一方でトラック運転手の仕事は、手積み手降ろしなどで体力的にキツい仕事があったり、拘束時間も長くなりがちです。そんな厳しい面もある仕事ですので、やる気と体力があれば高卒でも大歓迎と考える採用担当者は多いです。

高齢化が進んでいるので若いドライバーは貴重

近年ではトラックドライバーの働き手不足が顕在化して、現役世代の高齢化や運転手の人手不足といった問題が表面化してきています。特にトラック運転手は若い世代に人気のない業種といった事もあり、特に20代のトラック運転手が圧倒的に不足している状態となっています。

実際に、30代、20代の運送会社志望者はとても貴重で宝石のような存在になりますので、高卒で若い世代のトラック運転手志望者という事なら、運送会社の採用担当者は目を輝かせるに違いありません。

高卒のドライバーの方が素直で謙虚な場合がある

運送会社のトラック運転手はさまざまな職歴、学歴を持った人たちが集まっています。一昔前のトラック業界では中卒の方が多く働いていた印象でしたが、近年では高卒の方はもちろん、大卒の方でもトラック運転手として働いている人がでてきています。

そんな中、高卒のトラック運転手は素直で謙虚だというのが通説になっています。気さくで常識もあって謙虚、というのが高卒のトラック運転手のイメージとなっています。

高卒は選択肢が少ない分、長く続けてくれる可能性が高い

高卒者は大卒者に比べれば、職業を選択する幅が狭くなる事は事実かもしれません。ですがその事は必ずしも悪い事ではありません。

大卒者のように選択肢が多いと嫌な事や辛い事があった場合、すぐに転職を考えてしまいがちですが、高卒者の場合、選択肢が狭まる代わりに覚悟を持って仕事に取り組む事ができるでしょう。先述しましたがトラック運転手に必要なものは学歴ではありません。仕事に対する真剣な姿勢や、やる気なのです。

高卒でもなれるトラック運転手の仕事内容

軽貨物配送ドライバー(普通免許で運転可)

インターネット通販の急激な拡大で需要が伸びているのが、軽貨物配送ドライバーになります。

軽貨物配送ドライバーの仕事内容は軽貨物トラックを使用して個人宅や企業に小荷物を集荷、配達するトラック運転手の仕事の一種です。普通免許で乗務する事ができるため資格取得のハードルが低く、体力的負担が少ない仕事になります。

乗務するトラックも軽規格のサイズで気軽に運転ができる事から、トラック運転手初心者の方や、高卒の若い世代にもおすすめです。

宅配ドライバー(普通免許でおおむね運転可)

宅配ドライバーの仕事内容は主に小型トラック(2トン〜3トン)を使用して個人宅に荷物を宅配するトラック運転手の仕事になります。

乗務するトラックはおおむね普通免許で運転する事ができるため、トラック運転手初心者や高卒出の若い世代にぜひチャレンジしてもらいたい職種です。

大手の宅配会社では資格要件に学歴を高卒以上としているところが多く、そういった事からも高卒のトラック運転手志望者にはぴったりの仕事ではないでしょうか。

小型ドライバー(一部運転に準中型免許が必要)

主に食品のルート配送や企業間に小荷物を配達するトラック運転手の業務が、小型ドライバーの仕事になります。

一部のトラックの運転に準中型免許が必要ですが、小型ドライバーの仕事は時間がキッチリしていて休みもしっかり取れる会社が多く、その仕事内容はトラック運転手未経験者や高卒の若い世代にもおすすめです。

小型ドライバーの求人の多くは学歴不問としている事が多いため高卒者だけでなく、トラック運転手を目指そうという幅広い世代、職歴、学歴の方におすすめです。

引越しドライバー(一部運転に準中型・中型免許が必要)

引越しのトラック運転手の仕事は主に個人宅の引っ越しの荷物の積み込み、荷降ろし、運転が主な仕事内容です。

引越しドライバーの仕事は荷物の量や引っ越し先の道路の広さ、立地条件などで小型・中型トラックを使い分けます

そういった事から普通免許でも入社する事は可能ですが、準中型・中型免許があれば、なお良いでしょう。引っ越しのトラック運転手の仕事は重い荷物を扱う体力勝負の仕事ですので、若い高卒のトラック運転手にはもってこいの仕事といえるでしょう。

先導者・誘導車ドライバー

トラック運転手の仕事とはいえないかもしれないですが、珍しいところで先導車・誘導車ドライバーの仕事も高卒の方におすすめです。

先導車・誘導車の仕事内容は巨大な特殊車両を回転灯をともしながら先導・誘導し無事に目的地に送り届ける仕事です。乗務する車両は主に乗用車で、荷物があるときは軽トラックを使用する場合もあります。

高卒トラック運転手の給料(年収・月収の平均)

一般的な高卒の給料

一般的な高卒者の平均年収は290万7千円、月収で24万2千円となっています(賃金構造基本統計調査)給与年齢のピークは50歳〜54歳となり、一般的な高卒の給料は年齢に応じて給料が上がる仕組みとなっています。

一方トラック運転手の場合ですと、中型、大型トラックにステップアップするなどして早い若い年齢でも比較的高い収入を得る事も可能です。

高卒のトラック運転手の給料

トラック運転手の仕事は大手の運送会社を除き高卒、大卒で給料に違いはありません。

ちなみに年齢が20代のトラック運転手の給料の平均を見てみますと普通運転者(小型・中型トラック)で月収28万4千円となり、年収ベースでは341万7千円(賞与含む)となっています。

ただこれは各トラックの平均値なので、免許を取得して大型やけん引ドライバーにステップアップする事で年収も変わってきます。

運転免許別の受験資格と年齢

トラック運転手になるために必要な運転免許の種別は以下のようになります。

                 免許種類    年齢
仮免許 普通 準中型 18歳以上
中型 20歳以上
大型 21歳以上
一種免許 原付 小型特殊 普通二輪 16歳以上
普通、準中型、大型特殊、けん引、大型二輪 18歳以上
中型 20歳以上
大型 21歳以上
二種免許 普通 中型 大型 大型特殊、けん引 21歳以上

中型免許取得には普通、準中型、大特を取得して2年以上大型免許取得には普免、準中型、中型、大特を取得して通算して3年以上運転経歴が必要です。

高卒でトラックドライバーになるメリットとデメリット

トラック運転手の仕事というと低所得、底辺職でブラックな労働環といった負のイメージがつきまといます。確かに一部にはそういった環境の運送会社がある事は事実ですが、近年のコンプライアンス遵守の流れの中でブラックな運送会社は少なくなっています。

トラック運転手の仕事は事故リスクや労働時間が長めといったデメリットがある一方、人間関係の煩わしさがなく気楽な面があり、中型や大型の免許・資格を取得する事で高卒のドライバーがステップアップしていく可能性が存在するというメリットがあります。

高卒可のトラック運転手の求人を探す方法

現在、トラック運転手の求人はさまざまな方法で探す事ができます。そういった中一番オススメなのは求人サイトから求人を探す方法人材紹介会社を使って求人を探してもらう方法です。

求人サイトではさまざまな条件で求人を探す事ができ、高卒の方でしたら必ずあなたの希望にあった運送会社を探す事ができるでしょう。

また転職サービスや人材紹介会社を使って求人を探すといった方法もあります。転職サービス、人材紹介会社の担当者が親身になって希望者の条件にあった会社を紹介してくれます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー