ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手のトイレ事情と長距離トラックドライバーの緊急時対策がまるわかり

トラックの運転中にトイレで困るパターン

大型トラックなどを運転していて駐車場所がないとき

大型トラックは普通車と比べて駐車する場所が少なく、トラック運転手はトイレで困ることが多いです。

普通車の場合はトイレをしたい時には、駐車スペースを気にせずに近くのコンビニに駐車することができますが、トラックドライバーは大型トラックなどの車体が大きい車を運転しているため、広い駐車スペースが必要になるため、コンビニを見つけても駐車できない可能性があります。

このようにトラック運転手がトイレに行きたいときに、駐車スペースは問題になりやすいです。

高速道路で渋滞に巻き込まれたとき

トラックドライバーは、トラックを運転することが仕事なので高速道路で渋滞に巻き込まれる可能性が高く、トイレで困るパターンが非常に多いです。

このような理由から、トラック運転手は多少の尿意があれば積極的にトイレを利用したり、簡易トイレを常に携帯したりといった工夫が必要です。

トラック運転手のためのトイレ対策

基本は運転前にしっかりトイレに行くこと

ほとんどのトラック運転手の方には、運転前にトイレに行く習慣があります

なぜなら先ほども述べたように、トラックドライバーはトイレで困るパターンが一般ドライバーに比べて多いため、運転前にトイレに行くことで対策をしておく必要があるからです。

このように、運転前にしっかりトイレに行くことで運転中に行きたくなる回数を減らせる事ができます。

トイレが近くにあるうちに済ましておく

トラック運転手はトイレが近くにある場合は、済ましておきましょう

また、トイレが近くにあっても「今はトイレに行かなくてもいいかな」と思っていてもできるだけトイレに寄ることをおすすめします。

なぜなら、トラックドライバーが近くにトイレがあると思っていても、駐車場スペースが無くトイレに行くことができないという可能性もあるからです。

カフェインは利尿作用があるので注意

全日本コーヒー協会の説明によると、コーヒー・コーラ・お茶などの飲み物にはカフェインが多く含まれているため利尿作用があり、ドライバーにとってトイレに行く回数が増えてしまいます。

利尿作用とは、体に取りいれた水分が体に溜まっている時間が短く、余分に尿として排出される現象のことを言います。

このようにトラック運転手にとってカフェインが含まれている飲み物には注意が必要で、おすすめの飲み物は、スポーツドリンク・ノンカフェインのお茶・レモン水などです。

コンビニのトイレが定番

トラック運転手がトイレに行きたいときにコンビニのトイレを利用することは定番となっています。

コンビニは、場所によってはトラックやトレーラーなどの大型車は、駐車が出来ないこともありますが、トラックドライバーにとってコンビニは店舗数が多く見つけやすいため、非常に便利な場所な場所となっています。

ただし、トイレだけ利用するお客さんはコンビニ店員からしたら迷惑になる可能性があるため、何も買わずにトイレだけを使用する事は避けましょう

給油のついてでにガソリンスタンドでトイレに寄ろう

トラック運転手は、ガソリンスタンドを利用する頻度が多いため、給油の際にトイレに寄ることで、運転中にトイレで困る回数を減らすことができます

もし給油の際にトイレに寄らなかった場合、さっきガソリンスタンドでトラックを止めたのに、またコンビニなどでトイレに寄るために駐車を繰り返すのは二度手間です。

このような理由から、トラックドライバーはガソリンスタンドを利用する際は、必ずトイレを利用するように習慣化しましょう

大型駐車場付きのスーパーにもトイレあり

トラックドライバーがコンビニで駐車スペースが無くトイレに寄れない場合などは、大型駐車場付きのスーパーのトイレに寄ることもおすすめです。

大型駐車場付きのスーパーの特徴としては、トイレが複数設置されている場合が多いです。

コンビニのトイレは基本的に1つしかなく、混み合っていて待つことがよくありますが、先ほども述べたように大型駐車場付きのスーパーはトイレが複数設置されている場合が多いため、トラックドライバーがトイレを待つことが少ないメリットがあります。

道の駅のトイレは駐車場が充実

道の駅という道路施設は、基本的にサービスエリアとほとんど同じ場所と考えて良いです。

道の駅はサービスエリア同様にトラックやトレーラーなどの大型車が駐車しやすい駐車スペースがあり、トイレ設備が充実している特徴があります。

そのほかにも道の駅は、高速走路と一般道路のどちらにもあり、夜間でもトイレや自動販売機を開放している場所が多くあるため、長距離で運転をしているトラックドライバーが休憩や仮眠をする場所に適しています。

大型物流施設ならトイレもトラック駐車場が充実

トラックドライバーがコンビニやスーパーに駐車スペースが無く、どうしてもトイレに寄りたくて困っている場合は、大型物流施設のトイレがおすすめです。

しかし、大型物流施設は基本的に施設内での仕事がないトラックは入れないため、利用する際には許可をもらってから入れてもらいましょう。

このように、トラック運転手がトイレで困っている緊急時には大型物流施設を利用することも1つの方法として覚えておきましょう。

女性ドライバーが困るのがトイレと着替え

昔からトラックドライバーは、男性の仕事という印象が残っており、他の業界よりも運送業界は女性専用の設備が少ないため女性にとって不利なのが現状です。

なぜなら、会社によっては男女共用のトイレしかなく、着替え室も同様に女性専用の着替え室がない運送会社が多いからです。

このように、まだまだ女性ドライバーの環境が整っていない問題点が多くありますが、最近では積極的に女性ドライバーを採用し、女性専用の着替え室やトイレを設置している運送会社が少しずつではありますが、増えてきています

さらに、トラガール推進プロジェクトによると、国土交通省が女性ドライバーを増やすために、トラックとガールを組み合わせたトラガールという造語を作りPR活動もしています。

緊急時のドライバーのトイレ対策

腹痛のときは下痢止めを飲んでおく

トラック運転手は下痢止め薬を携帯している方が多いです。

なぜなら、運転中に急に便意が来ても、下痢止め薬を使用することで便意を抑えることが出来るため、運転中に排便してしまう最悪の事態を避けることができるからです。

ただし、下痢止め薬は一時的な便意を抑える効果なので、できるだけ早めにトイレに寄るようにしましょう

立ち小便は迷惑にならないようにする

トラックドライバーが立ち小便をする際は、他の人に迷惑にならないように注意しましょう。もちろん、なるべく立小便の必要がないようにトイレをつかうべきなのは言うまでもありません。

なぜなら、立ち小便をしている姿を見て、不快な思いをした人が会社に直接連絡してきたり、最悪の場合だと軽犯罪や会社のイメージダウンにつながる大きな悪影響になることがあるからです。

トラック運転手が立ち小便をする際は、周りに人がいないことを確認して必ず周囲の迷惑にならない場所に限定しましょう

空のペットボトルよりも簡易トイレを購入する

トラック運転手が車内で排尿をする際は、空のペットボトルよりも簡易トイレを使用しましょう

なぜ空のペットボトルより、簡易トイレの方が良いかといいますと、トラックドライバーが空のペットボトルに排尿をして道端に捨てる事が大きな社会問題になっていることや、ペットボトルに排尿をすると飲み口が小さいため尿が車内に漏れる可能性があるからです。

簡易トイレにはさまざまな種類があり、女性用の尿瓶や凝固剤が入っていて匂いが出にくい商品などさまざまな種類の商品があるので、どれが自分にとって使いやすい商品か調べてから購入しましょう。

トイレを我慢するとどんな問題が起こるのか

膀胱炎に関するサイトによると、トラックドライバーが運転中にトイレを我慢すると膀胱炎になる可能性があり、健康に悪影響を及ぼします

なぜなら排尿を我慢していると膀胱に尿を溜めている状態が続いて菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、膀胱炎になりやすくなるからです。

膀胱炎の症状は、排尿時に痛みがあったり、残尿感、さらに症状が悪化すると腎盂腎炎などの病気を引き起こし高熱が出て、背中や腰に強い痛みが発生するといった症状がでます。

トラック運転手ができる予防方法としては、先ほども述べたように運転中にトイレを我慢しない事はもちろん、過労やストレスを溜めないことでも膀胱炎を予防する事ができます

トラック運転手の黄色いペットボトルが問題化

最近のニュースによると、尿が入っているペットボトルが道路脇に大量に放棄されている問題があります。

そのほとんどが原因がトラック運転手とされており、トラックドライバーはモラルが低下していると批判されていて大きな社会問題になっています。

このような問題を起こさないようにするには、ペットボトルに排尿をしないことが一番良いですが、もしペットボトルに排尿をした場合は、しっかりと尿をトイレに流してからペットボトルをゴミ箱に捨てるようにしましょう。

携帯用トイレ「ポトレット」

男性トラック運転手におすすめの携帯用トイレがポトレットです。

商品説明によると、運転中の座っている姿勢でも楽に排尿することができ、心地よい通気設計がされている商品です。福祉用具ではありますが、非常に便利な商品なので、トラックドライバーの方は試してみてはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー