みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
タクシードライバーのリアルな仕事内容

稼げるタクシードライバー⑤:流しと付け待ち営業の使い分け

タクシードライバーの給与形態は「基本給+歩合制」か「完全歩合制」になります。さらに会社によっては賞与や手当が加わります。普通のサラリーマンと違って給与の額を大きく作用する部分は歩合をいかに増やすかでしょう。タクシードライバーの売り上げはいかに多くのお客さんを乗せたかによって左右されます。しかし何年もタクシードライバーをやってきた人ならいざ知らず、経験の浅いドライバーはどうやってお客さんを増やすか悩んでいるのではないでしょうか。そこでお客さんを捕まえるコツを調べてみました。

タクシードライバーの営業方法は3つ

ここでは、タクシーの営業方法をケースごとに見ていきましょう。タクシーの営業方法は、駅や空港にあるタクシー乗り場でお客さんがくるのを待っている【付け待ち営業】と、タクシーを走らせて自らお客様を見つけ出す【流し営業】、最後に【無線配車】の3つに分けられます。

タクシーの「流し」営業

街を歩いていると道路を走っているタクシーを見かけます。これは流し営業をしているタクシーで、タクシー自らお客さんを探しに行っているのです。しかし無暗にタクシーを走らせても自分が走っている道を丁度いいタイミングでお客さんと出会わなければ、お客さんを捕まえることは出来ません。ある程度の経験年数がるドライバーは地理を覚えて、どこを走ればお客さんがいるか分かってくると思います。

タクシーの流し営業とは、街中を走って乗客を見つけることです。交差点や歩道を歩いている人が手を挙げてタクシーを停めるケースがほとんどですので、進行方向の先をいく歩行者に目を配る必要があります。また、反対車線にそういった人がいないとも限りませんので、視野を広くする必要もあります。

市役所やホテルなどでの催事や大きなホールなどでイベントがある際は、それらの施設と駅を繋ぐ道路に注目しましょう。裏道を見つけたり、開催時間や終了時間のすこし前に動き始めるのもいいかもしれません。この走法の特徴は、乗客を下ろしたらすぐに新しい客を乗せられることです。イベントが午前の部と午後の部に分かれている場合などは、往復で乗客を乗せることができるかもしれません。

また、天候の急変も売り上げを伸ばすチャンスです。豪雨になったときや雷が鳴ったときなど、より多くの人がタクシーを必要としているでしょう。

根気よく乗客をこなすことで、中距離や長距離のお客と巡り合うこともできるので、収入アップに繋がります。

タクシーの「付け待ち」

駅やホテルでタクシーが行列になって待機しているのを見たことがありますか。あれが付け待ちです。大きな駅や観光地であれば待っていればお客さんからやってきます。

付け待ちをしている場合、前のタクシーから順番に乗客を乗せていくので、営業運転できることが確定しているといえます。メリットはお客さんを捕まえやすいので流し営業とは異なり無駄に動くことがないという点です。

しかし、乗客が途切れてしまうと待機時間が長くなって回転率が悪くなるというデメリットもあります。付け待ちしているタクシーが他にいれば順番を待たなければいけませんし、時間帯によってはほとんどお客さんが来ないこともあります。

また、目的地が個人宅の場合、帰りの走行で乗客を拾うことが難しい場合もあります。

タクシーの「無線配車」

これは呼び出された場所に配車するサービスです。こちらも乗客が確定しているので、流しが不調のときなどは、この走行によって売り上げゼロを解消できます。学校の講演会や会社での来賓の送迎など、時間にきっちりとした送迎になるのも特徴です。

しかし、夜の飲食店などに呼び出された場合、宴会が長引くなどして待たされるという短所もあります。一方で、配車サービスを利用する顧客はお得意様であることも多いので、乗客と顔見知りになれば、後々の配車の際に指名してもらえるようになるかもしれません。

タクシーの営業方法の基本は流し

タクシーの乗務員が収入を伸ばすためにマスターしなければならないのが、「流し」の営業です。安定的に収入を得るのも、歩合給を伸ばすのもこの走行の良し悪しにかかっているといえるでしょう。売り上げを左右する「流し」について、もっと深く解説しましょう。

流し営業には無限の可能性がある!

タクシードライバーが収入アップを目指すためには、流しを覚える必要があります。流しとは、先ほどお伝えしたとおり街中を走行して道端に立っている乗客を見つけ、次から次へと乗せていく効率のよい運転スタイルです。乗客をたくさん乗せていると、ときには中距離以上の乗客と巡り合うことができるでしょう。そういった機会を多く作ることで、さらに売り上げが伸びていくのです。

付け待ちと無線配車のデメリットを把握しておく

他方で付け待ちや無線配車はそれぞれ、停車してお客様を待っているスタイルと、指令室から仕事を割り振られる営業スタイルでしたね。どちらも一度の乗客は確定していますが、時間がかかるというデメリットがありました。付け待ちしている場合、人の流れが途切れる場合がありますし、無線配車では、迎えに行った先で、ずいぶんと待たされてしまうこともあります。

一方で、流しであれば、チャンスを的確につかみ、効率よく乗客を乗せることができます。この走法をマスターすることで売り上げを積み重ねることができるのです。タクシー乗務員の最大の武器として磨き上げましょう。

タクシードライバーで稼ぎたいなら営業区域とエリアに気を付けて付け待ち&流しで効率を上げよう!

流しの特徴は、街中を走行して乗客を見つけることですが、ライバルがいないからといって、どこで営業をかけても良いというわけではありません。お客を乗せることを禁止されている区域もあるので注意が必要です。それ以外の場所ではマンションなどの私有地での乗り入れが制限されている場合もあるので、近隣の情報収集を怠らないようにしましょう。

流しで乗客を乗せても目的地が短距離ばかりのときがあります。売り上げが伸びずに疲労がたまりますが、ワンメーターのお客を数多く乗せることで、いずれ中・長距離の客に巡り会えるでしょう。

しかし、長い時間、ひとりの乗客も見つけられないときもあります。そういったときには、燃料の消費を抑える意味合いや休憩や気分転換を兼ねて、付け待ちするのも有効です。そうすることで、その後の流し運転で乗客を見つける機会を伺うのです。

収入の多いドライバーは、街や人の動きを見ながら、これらの走法を目まぐるしく切り替えています。収入アップに繋げるには、運転テクニックや最短ルートを把握するほかに、こういった柔軟性も必要です。

ただ単に、走りながらお客様を探していても、なかなか見つかりません。お客様が雨天時など悪天候の時に、どういう動きをしているか観察したことはありますか?

天気が悪い時は、あらかじめタクシーを予約しているお客様もいます。自分のタクシーに予約が入らないときもあるかもしれません。ですが、タクシーを予約していない人もいます。また、徒歩で通勤するなどで傘を忘れた人やゲリラ豪雨になってしまったなど、雨宿りやどうやって帰るべきか悩んでいる人もいるでしょう。そのようなお客様を乗せるためにも、駅で付け待ちするだけでなく、流しをしてみるのもいかがでしょうか。

稼げるタクシードライバーは情報と経験と知識を活用してお客様をみつけています

2つの営業方法を紹介しましたが、どちらか一方だけで行っていると効率が非常に悪い事が分かります。そこで経験年数のあるドライバーはまず付け待ち営業でお客さんを捕まえて目的地まで走ります。そしてお客さんを降ろしたらまた付け待ち営業をする地点までに戻る間に流しのお客さんを捕まえます。こうすれば空き時間を作らず売り上げを上げることができます。

ではどこでお客さんを見つければいいのでしょうか。重要なポイントとして、

タクシードライバーに必要な情報収集を行う

「天気」を調べれて天候の悪い日は駅からタクシーを捕まえて移動するお客さんが増えます。通勤・帰宅時間に合わせて付け待ちをすればお客さんを拾いやすいでしょう。また「イベント」が行われている日であれば駅から会場に向かうお客さんが拾えますし、イベントが終わる時間に会場にいれば帰るお客さんを拾えます。

タクシーがお客様を見つけやすくなるための地理を調べる

 町のどこに繁華街があれば調べれば帰宅時にタクシーを拾いたいお客さんに出会えるでしょう。どこに道の大きな道路があるかや、大きな会社がある場所を調べてその付近を流し営業していればお客さんに会える確率は増えます。

上記では営業方法のコツを書きましたが、実はタクシードライバーの給与に手当がつくことがあります。無事故な優秀なドライバーには無事故手当がつきます。月々の手当は歩合に比べたら微々たるものかもしれません。しかし1年にわたって手当を貰えたらそれなりの額になるでしょう。また賞与があるタクシー会社もあります。だた完全歩合制の会社では賞与がありません。タクシードライバーの給与形態も2種類あるのでどちらの方が自分のスタイルにあっているかよく考えましょう。

稼げるタクシーの運転手は地方よりも東京などの都会を選ぶ

またこれは裏技のようなものですが、タクシードライバの給与は地域によってかなりの違いがあります。タクシードライバーの平均年収はご存知でしょうか?全国平均で約320万円と出ています。しかしこれはあくまで平均なので、これより低い人もいれば高い人もいます。東京の平均を見ると約420万円と平均の値が約100万円も違います。やはり都会の方が人口が多い分、売上もあがります。もし可能であれば地方で仕事をするよりも都会でガッツリと働いた方が稼げるようです。

 

お客さんを見つけてもお客さんをどこまで乗せるかは、その時になってみないと分かりません。もしかしたらすごく近くまでしか行かないかもしれませんし、高速道をを使って長距離走行になるかもしれません。日々情報を集めて自分流の営業スタイルを確立することが上達のコツだと思います。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー