みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
2トントラック

2トントラック維持費(税金/保険など)がまるわかり!

2トントラックの維持費の金額はどれくらい?

2トントラックの維持費はおおむね100万円から200万円弱が年間でかかります。これには車検費用、燃料費、税金、駐車場代、保険料、整備・点検費用などが含まれます。このうち大部分を占めるのが、燃料費、整備点検費用、駐車場代となり、走行距離や車両の状態によって大きく変わります。

2トントラックの維持費の内訳

2トントラックの車検費用

2トントラックの維持費のうち車検に関しては、登録した年から2年後に最初の車検があり、その後は毎年車検を受けなければいけません。

車検には、支払いが義務付けられている法定費用と、点検・整備費用があります。

法定費用には自動車重量税』『自賠責保険料』『申請手数料』があり、申請手数料以外は営業用と自家用によって金額が変わってきます。申請手数料はどこの工場で車検を取っても1,900円となっています。

点検・整備費用は車検を受ける工場によって金額が変わりますが、平均的な整備費用は7万円~10万円です。

自賠責保険料と自動車重量税(12か月分)は下図のようになります。

自動車重量税 自賠責保険料
営業用(緑ナンバー) 5,200円 27,900円
自家用(白ナンバー) 6,600円 23,970円

2トントラックの燃料費

2トントラックの維持費で多くを占めるのが燃料費で、年間約数十万から100万円程度の維持費が掛かります。

国土交通省の平均燃費表によると2トントラックは7.298.02/lとなっており、メーカーによって平均燃費が異なります。

2トントラックの燃費は下図(一般道路と高速道路の平均値)の通り、メーカーによって異なります。

三菱ふそう いすゞ マツダ 日野
平均燃費 7.29km/l 7.4km/l 8.02km/l 7.72km/l

燃料費の算出方法は、一日の走行距離を平均燃費で割り一日の使用リッター数を算出。そして、使用リッター数と軽油の値段を掛けて一日の燃料費を算出し、使用日数を掛けると年間維持費を算出することが出来ます。

2トントラックの駐車場代

2トントラックの維持費では駐車場代も場所によって高額になります。

都内23区では1日あたり1,000円~3,000円程となっており、月額では10,000円~50,000円となっています。中央区が一番値段が高く、そこから離れるほど値段が下がります。

駐車場検索サイトの2019年データにおける全国駐車場代平均は13,138円です。

なお、2トントラックの場合4ナンバーであれば、ほとんどの駐車場に止めることが出来ますが、1ナンバーのロング車になると駐車場が限られてきます。

駐車禁止区域に駐車すると、2トントラックの場合12,000円~25,000円の罰金です。『一般社団法人東京都トラック協会』が東京都駐車対策を発表したこともあって、駐車場監視員が増員し、違反の取り締まりが厳しくなりました。

2トントラックの維持メンテナンス費用

2トントラックには年間の維持メンテナンス費用も維持費に入ってきます。

2トントラックを維持するための点検・整備メンテナンスの主な項目として国土交通省の『道路運送車両法』で定められているのは、大きく分けて制御装置・走行装置・電気装置・原動機があります。その中でも、点検の回数や交換が多いのは走行装置と原動機になります。

走行装置タイヤの空気量や摩耗の点検、季節ごとのタイヤ交換などが挙げられます。

タイヤ交換にはいくつか種類がありますが、整備工場のデータを基に費用算出すると2,000円~4,500円となっています。空気量と摩耗の点検はタイヤ交換時や車検時に、作業員がチェックをしてくれますので、別途料金などは掛かりません。

原動機の点検項目には、エンジンオイルの量・冷却水の量・ファンベルトの緩み劣化などが挙げられます。特に、エンジンオイルは年間の点検・交換回数が多くなります。

エンジンオイルの交換時期は、約1年または走行距離2万キロ毎での交換が推奨されています。エンジンオイルの交換費用は、国土交通省指定の整備場料金を基にすると、リッターあたり1,700円となっており、2トン車の場合使用量が約10lなので、エンジンオイルの交換費用は年間で17,000円程度となります。

さらにオイルエレメントを交換する場合は、2,300円程度、冷却水の継ぎ足し費用は約3,500円、ファンベルトの交換は約2,700円程度となっています。

2トントラックのタイヤ交換費用

2トントラックのタイヤ交換費用にはタイヤ・ホイールの組み替え・脱着バランス調整タイヤローテーションといったメニューがあります。

タイヤ交換で最も安いのはホイールが付いているタイヤで、脱着だけの一般的に行われているタイヤ交換となります。タイヤ脱着平均費用は1,000円~1,500円となっています。

反対に値段が高いのはホイールが付いていないタイヤで、1つのホイールからタイヤを剥がし、季節に合ったタイヤに組み換えてから脱着する作業です。組み換え・脱着の平均費用は3,000円~4,500円となっています。タイヤの組み換えだけを店に頼む場合の平均費用は2,000円~2,500円程となります。

ローテーションに関しては作業員が必ず目減りの確認をし、最適な箇所へタイヤを装着してくれるので、自らローテンション変更を依頼しない限りオプションの作業料金は取られません。

2トントラックの車輌維持にかかる税金

2トントラックの自動車税

2トントラックの維持費の中で毎年納税の義務がある自動車税は、自家用と営業用の2種類があり、金額は自家用で11,500円営業用で9,000円です。

自動車税は毎年4月1日時点で、車種に関係なく自動車を保有する人が毎年4月~5月に必ず納める税金なので、運転していなくても納税の義務が発生します。

自動車税は地域の税務局が管理している地方税なので、扱いは地区毎の税務局又は税務課となります。

自動車税
自家用(白ナンバー) 11,500円
営業用(緑ナンバー) 9,000円

2トントラックの重量税

2トントラックの維持費の中で車検を受けるたびに納税の義務が発生する重量税は、自家用と営業用の2種類があります。

自動車重量税は国土交通省が定めており、納税金額は自家用で6,600円・営業用で5,200円です。

自動車重量税は車検時に納める税金なので、新規登録した2年後の車検時に初めての支払いとなります。その後は毎年車検となるので、車検を受けるたびに納税となります。

自動車が重いほど道路を早く劣化させてしまうため道路の補修が必要となるのですが、その補修金を国は自動車重量税から捻出しているので、扱いは国土交通省となります。

自動車重量税
自家用(白ナンバー) 6,600円
事業用(緑ナンバー) 5,200円

エコカー減税とは?

エコカー減税とは、自動車重量税(地方税+国税)と取得税を免除・減税するシステムの事をいいます。

対象となるのは、国が認めた排気量と燃費性能を持つトラックです。『エコカー減税』では達成した基準により、25%・50%・75%・非課税・免税と5つのランクに分けられています。国が定めた基準を全てクリアしているトラックでは、非課税・免税になるので税金面での維持費が掛かりません。

軽車両(トラック・バス含む)と呼ばれる2.5トン未満の車両では、ガソリン車のみエコカー減税対象となります。トラックでエコカー減税対象となるのは、2.5トン以上のディーゼル車から適用となっています。

2トントラックのディーゼル車ではエコカー減税の対象になりませんが、ガソリン車であれば、自動車重量税と取得税が減税されます。

2トントラックの車輌維持に掛かる保険料

2トントラックの自賠責

2トントラックの維持費には自賠責保険料も含まれます自賠責保険料には自家用と営業用の2種類があり、その年間保険料は、自家用の場合23,970円・営業用の場合27,900円です。

自賠責保険の契約期間は、1カ月から25カ月の間であればご自身で自由に指定でき、期間に応じた保険料を支払う事になります。

任意保険と違い自賠責は加入義務があり、もし加入していないと累積違反点数が6点と罰金50万円となるので必ず加入してください。

自賠責保険は人身事故のみに対応した保険で、自賠責契約期間が1カ月から25カ月のいずれでも、限度額が120万円の補償となります。

自賠責保険料
自家用(白ナンバー) 23,970円
事業用(緑ナンバー) 27,900円

2トントラックの任意保険料

2トントラックの維持費の中で、任意保険は利用する会社によって金額が変わりますが、年間保険料は任意保険会社のデータから算出すると、平均30万円~40万円程となります。

2トントラックの場合、車体が大きく馬力もあるので事故発生時に損害が大きくなるため、乗用車等と比べると金額が高いです。

任意なので、加入するかはご自身で決められますが、加入してない場合の事故では自賠責のみの補償となります。任意保険は対物や対人などの事故に対応しており、自賠責で補えない部分にも対応しているので、加入することをオススメします。

普通車と2tトラックの維持費の比較

普通車では2年毎に車検を受けますが、2トントラックの場合では毎年車検となるので、年間の維持費が大きく異なります。

税金面では5ナンバーの普通車よりも2トントラックの方が安いのですが、メンテナンスの費用や部品代が普通車よりも高いので、2トントラックの方が維持費は高くなります。

税金の比較は下表になります。

自動車税 自動車重量税 自賠責保険
普通車 34,500円 7,500円 25,830円
2tトラック自家用 11,500円 6,600円 24,000円
2tトラック営業用 9,000円 5,200円 35,000円

自家用と事業用で自動車税や自動車重量税は変わる?

自動車税と自動車重量税は、2トントラックの維持費の中で固定費用となり、金額は自家用と事業用によって変わります。なお、自家用か事業用は車両登録時に一緒に登録することになります。

運送業に2トントラックを使う場合は必ず事業用登録となりますが、用途が自身の荷物などを運ぶ、自社の製品を運ぶ場合は自家用で問題ありません。

エコカー減税対象車の場合、自動車重量税が自家用と事業用(営業用)が同じ金額になり、下表のように安くなります。

エコカー本則税率 減税率25% 減税率50% 減税率75%
事業用・自家用 5,000円 3,750円 2,500円 1,250円

4ナンバートラックは維持費が安い

4ナンバートラックになるための条件

4ナンバートラックの種類には、軽貨物車(軽トラック)と小型貨物車(2トントラック)があります。この4ナンバートラックは商用車として運送業に多く普及しています。

この国土交通省における4ナンバーになる条件は、まず貨物車になる条件を満たしたうえで、4ナンバートラックになる条件を満たす必要があります。

貨物車になるための条件

  • 物品の積載設備を1㎡以上保有。(軽の場合0.6㎡以上)
  • 物品積載設備が、運転席後方の乗車スペースよりも大きいこと。
  • 乗車設備に定員まで人が乗る場合、積載し得る貨物の重量が乗車人数よりも大きいこと。
  • 物品積載設備が屋根や壁に覆われている場合、ドアの大きさを縦80㎝以上・横80㎝以上必要。軽の場合は、縦60㎝以上・横80㎝以上が必要。
  • 乗車部と積載部の間に壁・仕切り等を備えたものであること。

上記に加え車両の規格が下の条件を全て満たすと4ナンバーになります。1つでも満たさないと1ナンバーになります。

全長 全幅 全高 排気量
4.7m以下 1.7m以下 2.0m以下 2000cc以下

(ディーゼル車は制限なsし)

4ナンバートラックの維持費

4ナンバートラックは、自動車税、高速道路の料金、保険料などの維持費が安くなります。

4ナンバートラックの自動車税

  • 1t以下:8,000円
  • ~2t:11,500円
  • ~3t:16,000円
  • ~4t:20,500円
  • ~5t:25,500円

4ナンバートラックの自動車重量税

自家用トラック 事業用トラック
~1t 3,300円 2,600円
~2t 6,600円 5,200円
~2.5t 9,900円 7,800円
~3t 12,300円 7,800円
~4t 16,400円 10,400円
~5t 20,500円 13,000円
~6t 27,500円 15,600円
~7t 28,700円 18,200円
~8t 32,800円 20,800円

2トントラックの維持費を安く抑える方法

2トントラックの維持費を安く抑える方法は、4ナンバーを取得する方法、エコカー減税対象のトラックに買い替える方法、の2つが効果的です。

他の方法として、もし今後2トントラックを使わない場合、3月31日までに抹消登録をして処分してしまう方法もあります。4月1日に2トントラックを所有していると、自動車税の納付義務が発生するため、3月31日までに処分しましょう。もし車検が切れても乗らなければ問題ないので、維持費は掛かりません。

最後に、2トントラックのサイズだとご自身でタイヤ交換が簡単に出来るので、ガソリンスタンドやディーラーに持って行かずセルフで交換しましょう。年に2回のタイヤ交換ですが、トラックのタイヤ交換ですと金額が高いので、自身で交換することにより年間維持費を数万円安くすることが出来ます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー