トラック・建設機械(建機)の種類と資格

普通免許で運転できるトラックは何トンまで?

トラックを運転するなら少し前の普通免許や準中型免許でも可能です。同じような車でも仕様や形状により乗ることができるもの、できないものがあります。また、その基準もいろいろと細かく、知らぬ間に違反してしまっているかも。今一度自分の免許を確認してみませんか。

普通免許で運転できないトラックを運転すると無免許運転になる

免許の種類や内容は意外と頻繁に変わっています。特に、家族の車、会社で乗用車以外に乗るとなった時、親や上司は運転できても自分もできるとは限りません。自身の免許を確認してからにしましょう。強要されても、最大積載量・車両総重量・定員のどれか一つでもオーバーしていた場合、無免許になってしまうのでしっかり断ることが大事!条件違反にも気をつけましょう。もちろん、安全のためにもです。

普通免許で運転できるトラックとは

普通免許のルールが更新されるたびに、運転可能な車が小さくなってきているのが現状です。それくらい、安全に厳しくなってきているとも言えます。

車両(総)重量と最大積載量とは

これから話をするにあたってさまざまな用語が出てきますが、その前にどういうものかご説明します。

  • 最大積載量=車に積める貨物の最大量

貨物自動車によく用いられます。

  • 車両重量=燃料が満タンの時の車体本体の重量+バッテリー+規定量のエンジンオイル+規定量の冷却水

貨物、乗員は含みません。

  • 車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量です。

貨物自動車によく用いられます。

旧型普通免許

最も古いタイプのものは8t限定免許で、限定解除で中型免許と同様になる免許です。

この8tは車両総重量です。8tトラックの8tは最大積載量です。間違えて運転してしまうと捕まります。2007年6月1日以前の場合、最大積載量5t未満、車両総重量8t未満です。乗車定員は10人までですが、これに関してはどの時期も変わりません。4tトラック(最大積載量5t未満、車両総重量8t未満)、中型トラックとも呼ばれるものも運転可能であり、いわゆる「旧型普通免許」です。

2017年3月までの普通免許

それ以降の2017年3月11日までは、最大積載量3t未満、車両総重量5t未満となっており、一気に縮小。小型トラックと呼ばれる2tトラック(最大積載量2t~2.9t、車両総重量5t未満)までしか乗ることができなくなります。

大きいサイズの車の事故が多かったことから、このように改正されました。私も取ってすぐにトラックを運転するのは怖いです。内輪差もあるので、歩行者を巻き込みそうです。トラックの後ろにいると前がよく見えないのに加えて、ウインカーやブレーキが遅いため、急ブレーキ等の危険運転をされたら、回避が難しいです。

2017年3月以降の普通免許

準中型免許が出来たことで、最大積載量2t未満、車両総重量3.5t未満とさらに縮小。小型トラックすらも乗れなくなりました。

正確には、小型トラックすら範囲外があります。範囲内であれば、運転できます。当然ながら、軽自動車の扱いである軽トラックは普通免許があれば大丈夫です。

普通免許の限定解除について

教習所で技能講習を受けるか試験場で試験を受け合格(一発試験、飛び込み)すれば解除できます。

技能講習の場合、最低5時限、AT限定は最低9時限受けます。金額は高くなります。

試験の場合、金額は安く済むものの合格率は低いです。また、試験自体があまり開催されておらず、受け直しとなった時に次の試験まで予想以上に延びる時もあります。

普通免許のルールが一番ややこしい!?

取得時期により、中型か小型が運転可能、そのどちらも不可能という複雑さ。車種を問わず免許が必要となる仕事はこの違いが重要になってきます。

運送会社のような貨物自動車がメインの会社以外でも、中型・小型トラックを利用する会社は多いです。例えば、現場に材料や道具を運ぶ、取引先に納品に行く時などです。そのため、求人情報等に書いてなくても、中型免許は持っておくとよいでしょう。相手は運転できると思い、自分の免許ではできないものを任せるかもしれません。そうなった時に、はっきりと伝えることが大事です。誰もが持っていながら、その内容にはジェネレーションギャップがあります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。