トラック・建設機械(建機)の種類と資格

パッカー車(ゴミ収集車・塵芥車)の種類、価格と取扱い方法

パッカー車とはごみ収集などで集めたごみを、機械で荷台に押し込むための装置の付いた車を指します。日常的によく見る、「ゴミ収集車」がそのもっとも典型的なものですね。
ここでは、トラックとは異なるパッカー車の特徴、構造などについて説明していきます。

パッカー車の分類と特徴

私たちの生活に密着し、毎日のように目にするパッカー車ですが、その種類などについては意外と知らないもの。実は法律上は「塵芥車」という呼び名で、他にもメーカーなどによっては清掃車、ゴミ収集車、塵芥収集車などと呼ばれることもあります。

ここでは私たちが最も目にしやすいごみ収集車を前提にお話ししていきましょう。

ゴミ収集車は、一度になるべく多くのゴミを効率的に積み込み、処理場で排出するための仕組みが備えられています。ゴミの圧縮・荷箱への収納方法の違い、処理場での排出方法の違いにより、タイプが分かれます。

ゴミの圧縮方法によるパッカー車の分類と特徴

ゴミの圧縮方法によって、パッカー車は3つに分類されます。

プレス式(圧縮板式)


もっともゴミの圧縮力が高いのがプレス式(圧縮板式)です。

ゴミは2種類のプレートで2回に分けて圧縮され、荷箱におくられます。

家具や、冷蔵庫などの大型家電、自転車なども砕くことができるので、一般的な家庭ゴミのほか粗大ゴミなどの運搬に適しています。

回転板式


ゴミの積み込み口底部にある回転板がゴミをかき上げ、上部にある押込板によって荷箱に送るタイプです。

圧縮力はプレス式に比べると弱めですが、その分飛び散りが少ないため、ビンや缶、生ゴミ、木くずなどの回収に適しています。

ロータリー式(荷箱回転式)


中にらせん状のスクリューが備えられた円柱型のドラムを回転させながらゴミを巻き込んでいくタイプです。コンクリートミキサーのドラムを想像していただければわかりやすいと思います。

投入口が広いためゴミを入れやすい、回転板式と同様飛び散りが少ないが、板がないため人の巻き込みの危険性が少ないなどのメリットがありましたが、圧縮力・運搬効率の低さから最近ではシェアを下げています。

ゴミの排出方法による分類

積んできた大量のゴミは、処理場でゴミ収集車から降ろされます。

排出方法には、排出板が荷箱の奥から外側までスライドし、ところてんのようにゴミを押し出す「押出式」と、ダンプカーのように荷箱を傾けてゴミを落とす「ダンプ式」の2タイプがあります。

なお、圧縮方法と排出方法について、「圧縮はプレス式、排出はダンプ式」などの組み合わせがあります。

荷箱回転式は仕組み上他の方式との組み合わせはありません。ドラムを逆回転させて排出します。

ゴミ収集車ならではの特徴

他に、パッカー車の中でもごみ収集車には生ゴミなどを圧縮した際に出てくる水分を一時的にためておく汚水タンクが備え付けられていたり、作業員のゴミ投入作業時の巻き込み事故対策として、緊急停止ボタンがついていたりするのも特徴です。

パッカー車の購入価格・費用はいくら?

以上で見てきたように、ごみ収集の目的に特化した様々な機能を備えたゴミ収集車。次に、気になる価格を見ていきましょう。

まずゴミ収集車の価格は、サイズによって異なります。

一般的な家庭ゴミ収集用として最も多く使われているのは小型または中型。最大積載量はいずれも2トン程度です。価格は、小型の新車で400万〜600万円、中古だと150万〜500万円が相場です。

最大積載量が4トンを超す大型ゴミ収集車もあります。産廃収集などに主に使用されますが、生産量が少なく、価格も中古でも800万円前後と高額です。

もちろんこれらは目安であり、年式や走行距離などにより差があります。

中古でゴミ収集車を購入する場合は、主機能であるゴミの積み込み・排出に関わるプレートの状態などを考慮の上、使用目的にあったものを選びましょう。

ゴミ収集車の運用で注意すべきこと

一般市民のクリーンな生活に欠かせないゴミ収集車。ですが、非常に事故や故障が多い車でもあります。主なものは以下です。

  • ゴミ収集作業時の作業員の巻き込み
  • 収集したゴミの内容物による火災
  • ゴミが引っかかったことによるプレートの破損

車体の故障ももちろん避けたいところですが、人的な被害が発生した場合、そのパワーゆえに最悪死亡事故につながるケースも発生しています。

他にも、万一汚水タンクが破損してしまったりしたら…綺麗に保つための車のはずが、生活環境を悪化させてしまった、なんてことも。

通常のトラック等と同様、車としての点検のほか、ゴミ収集車としての機能を熟知し、特殊なパーツのメンテナンスはとても重要です。

加えて、作業時の事故を防ぐためにも、安全に関する意識・体制の醸成は必須です。

また、ここまで読んで、ゴミ収集車を事業に使いたいとお考えの方もいるかもしれませんが、一般廃棄物を家庭などから引き取り、費用を受け取る業務の場合は許可および市町村の委託が必要ですのでご注意ください!

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる