トラック・建設機械(建機)の種類と資格

増トン・増トン車・増トントラックの種類と運転に必要な資格・免許

トラックには多くの種類がありますが、基本的には免許の種類と要件で区分することができます。平成29年に準中型という免許の種類が加えられましたが、もともとは小、中、大の3種類でした。それぞれの種類に対して、オーソドックスでポピュラーな積載量がありますが、これ以外にも、増トンという方法でそのトラックが持つポテンシャルを広げて有効活用されることもあるのです。

増トン・増トン車・増トントラックとは?

積載量をデフォルトより上乗せする

増トントラックとは、その文字のとおり「トンを増加させる」という意味であり、元々備わっている積載量を、車体の改良によって上乗せしたものを指します。

中型トラックの定義は、車両の総重量が5,000kg以上または最大積載量が3,000kg以上であり、車両の総重量が11,000kg未満かつ最大積載量が6,500kg未満です。中でもオーソドックスなのは4トン(4,000kg)車ですが、決して4トンが上限ではなく、車軸やフレームを改良することで、4トン以上の積載量を持つことができるのです。

ちなみに、別のものを搭載したい場合に、減トンという方法で、あえて総重量を減らして利用する減トントラックも存在しますが、今回は割愛します。

増トンしたトラックの種類と購入方法

増トンできるのはごく一般的な平ボディの中型トラックに限るというわけではありません。荷台を斜めに上げて土砂などを降ろせる増トンダンプカーや、何台もの車両を運ぶセルフローダー車、荷物や重たいものを釣り上げるクレーン車である増トンユニック車、箱車と呼ばれるパネルバンやアルミバンや、その側面を開くことができるウイング車まで、多種多様です。

また、すでに購入済のトラックに改良を加えて増トンすることは稀であり、あらかじめメーカーで増トン改良が済んだトラックを購入するのが一般的です。実際に、もし購入済のトラックを増トン改良する場合にはシャーシから足回り、荷台までほとんどを交換しなければならないため、かえって費用がかさむことになるからです。

 

増トン・増トン車・増トントラックの長所・短所は?

初期投資額を抑えることで起業に利点

あえて中型トラックを、増トン車する利点は、何と言っても初期投資のコストカットにつながることです。11,000kg以上の大型トラックは、車体だけで1,000万以上かかりますが、増トン車で車載量を補う形にすると、約2~3割ほど安くなります。起業間もない会社にとっては、数百万円単位の節約になるため、非常に助かる対策なのです。

さらには駐車スペースや運送路などを配慮した場合に、積むことができる荷物が多いにも関わらず車体が大きくないことが、駐車スペースの確保に対するコストカットや、狭い路地でも多くの荷物を運べるという効率部分での長所となります。

維持費がトン数に比例することは短所

車検などの車両維持費が必然的に増えてしまうことは、増トン車の短所と言えるでしょう。車検には法定費用としての検査手数料と自賠責保険料、自動車重量税がありますが、その中でも自動車重量税については、車両総重量に準じて費用が高くなる仕組みです。

例えば、業務用のトラックは一般用のトラックと費用が異なり、4トンまでは約10,000円ですが、6トン以下で約15,000円、8トン以下で約20,000円となります。

また、トラックの車検期間についても一般的な自家用車と異なり、8トン未満のトラックであれば新規登録の場合2年で2回目以降は1年ごと、8トン以上のトラックであれば、新規登録の場合は1年で2回目以降は1年ごとに車検が必要となるため、車検でかかる費用もかさみやすいといえるのです。

増トン・増トン車・増トントラックの特徴や寸法・サイズは?

増トントラックは各所に補強がされている

増トンしたトラックは、車軸の強化、サイドバンパーの増設、サイドミラーにアンダーミラーが追加されている、タイヤの種類の変更などが挙げられますが、すべて安全面の補強という意味合いを盛ります。

例えば、タイヤを車軸に締めるナットについても、中型トラックは6つの穴が開いているものがメインですが、増トンしたトラックは8つのものや10つのものになっており、強力にタイヤを締めることができるようになっています。

タイヤを付ける車軸についても、一般的な車は2軸で4つのタイヤですが、3軸や4軸でタイヤの数を増やすこともあります。単純に3軸で6つのタイヤ、4軸で8つのタイヤを備えることになります。

車体はそのままで積載量を増やす

 

なお、車体の寸法やサイズについては、その車種や改良内容によって各々異なりますが、例として三菱ふそうのファイターのサイズをピックアップします。オーソドックスなタイプとして、最大積載量が4トン、荷台長5.75mクラスでは、車両寸法が全長7,685mm、全幅2,240mm、全高2,470mmであり、荷台長5,750mm、荷台幅2,120mm、荷台高さ400mmです。

6トンに増トンされたファイターの一例では車両寸法が全長7,685mm、全幅2,350mm、全高2,470mmであり、荷台長5,750mm、荷台幅2,350mm、荷台高さ400mm、8トンに増トンされた一例では、車両寸法が全長7,685mm、全幅2,290mm、全高2,565mmとなっており、その車体の大きさにはそれぞれほとんど差が無いですが、積載量は多いということがおわかりいただけると思います。

 

どんな仕事に増トントラックが使われるの?

用途は様々だが既存の用途に準ずる

増トンしたトラックとはいえども、用途については特段の変更があるわけではありません。主にトラックや建設機械等を輸送する車載積載車であるセルフローダーとクレーン(ユニック)が合体したセルフクレーン(ユニック)などにも増トンユニック車があります。

 

また、荷台が稼働式で持ち上げることができ、積んだ土砂などを自動的に落とすことできるダンプカーを増トンした増トンダンプ、箱型の荷台が付いているタイプのトラックの中で、箱型の荷台の横側が開閉できるウイング車などもあります。

道幅が狭い場所に有効活用ができる

路地や山道などで、道幅が狭い場所においては、走行できる車体の大きさには限界があります。そんな時に、増トントラックで荷物を多く積んで走行することが、作業効率を上げることになるのです。

長所にも挙げたとおり、増トンをしても車体の大きさはほとんど変わらないため、4トン車で往復するよりも6トン車や8トン車で往復したほうが効率良く運搬作業ができるのです。また、迂回できない場所などを走行する場合にも、小回りを利かせられることは重要です。

増トントラックを運転するにはどんな免許や資格がいるの?

免許の要件は車体の大きさではない

増トン車の運転に対して、増トン車専用の免許というものは存在しません。増トンしたトラックが、どれだけの最大積載量かによって、運転に必要な免許証が変わることになります。そして、荷物を積んだ後の車両の総重量に対しても、各種類の免許証によって上限が定めてられていることになります。

 

最大積載量でいえば、2,000kgまでは普通免許、4,500kgまでは準中型免許、6,500kgまでは中型免許、それ以上は大型免許が必要です。荷物を積んだ後の車両の重量でいえば、3,500kgまでは普通免許、7,500kgまでは準中型免許、11,000kgまでは中型免許、それ以上は大型免許が必要です。これを超えている場合は処罰対象となります。

 

新設された準中型免許の要件

 

なお、準中型免許については平成29年に新設された免許です。平成19年6月2日以降、平成29年3月11日までに普通免許を取得された方は、指定自動車教習所にて技能教習を4時限受ける、もしくは運転免許試験場で限定解除審査に合格することで取得可能です。

 

また、平成29年3月11日以降に準中型免許を取得する場合には、技能教習を41時限と学科教習を27時限受けた後に運転免許試験場で学科試験および適正試験に合格をすれば取得できます。

 

準中型免許を段階的に取得する場合には、普通免許を取得した上、指定自動車教習所にて技能教習を13時限と学科教習を1時限受けた後に、運転免許試験場で適正試験に合格しなければなりません。

 

増トントラックは、初期費用の安さだけではなく、免許の要件を最大に活かし、車体の大きさ以上のポテンシャルを秘めた改良車と言えます。道幅が狭い場所や駐車スペースが少ない場所でも、小型トラックは中型トラックの効率で、中型トラックは大型トラックの効率で作業を進めることを可能とするのです。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる