みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
レッカー車・積載車・キャリアカー

積載車の維持費はどれくらい?積載車にかかる維持費がまるわかり!

積載車とは

積載車はキャリアカーとも呼ばれており、車や重機など車両を運搬する事に特化したトラックです。積載車は自動車メーカー専属の運送会社や中古車業者、レッカー会社などで使われており、その車体の大きさによって一度に運べる車両の台数が変わってきます。

積載車は『ローダー』『単車』『トレーラー』と大きく分けて3種類のタイプに分かれており、車体の大きさ、排気量もタイプによって違ってきます

車両にかかる維持費(メンテナンス費用や税金等)も排気量や最大積載量によっても変わってきますので、車検証などでしっかり確認しておきましょう。

積載車の魅力

積載車の魅力は、自動車や重機をトラックに積載して運搬するという、ダイナミックさにあるのではないでしょうか。

実際、大手自動車メーカーの新車を運ぶトレーラータイプの積載車などは、トラック運転手の仕事の中でも花形と言われ、トラック運転手の憧れの存在となっており、かっこいい!と評判の人気職種になっています。

積載車の種類

ローダー

積載台数が一台と決まっている積載車をローダーといい、別名トランポとも呼ばれています。使われている車両は、小型、中型のトラックで、普通免許や準中型、中型免許等で運転する事ができます。主に自動車修理工場や、レッカー業者で使われる事も多いローダーは事業用緑ナンバーだけでなく、自家用の白ナンバーのトラックも多く活躍しています。

単車

単車とは、一度に運搬できる積載台数が2〜5台になっている積載車のことをいいます。使用されるトラックも大きくなる為、単車を運転するには大型免許が必要になります。

この単車の荷台は2段式になっており、車両を上下に積載する事で、より多くの車両の運搬を可能にしています。この2段式の荷台は上段を外し一段式とする事で、自動車だけでなく重機や工事車両など、幅広い車両の運搬に対応する事ができます。

トレーラー

トレーラタイプの積載車の積載台数は最大で6台までとなっています。トレーラータイプの積載車の全長は19mととても長く、また運転するには大型免許に加えて牽引免許が必要になってきます。

トレーラータイプの積載車は、自動車メーカーの新車の輸送に多く使用されており、単車と同様に2段式の荷台になっており、車両を上下に積載する事で、6台もの車両の運搬を可能にしています。

積載車にかかる維持費とは

積載車にかかる税金/車検費用

積載車の維持費でかかる主な部分として、自動車税と自動車重量税、また車検費用がかかってきます。

自動車税は毎年4月1日時点の自動車の所有者、または使用者に対して課税されるもので、毎年5月31日が納付期限になります。

重量税は車検時に自賠責保険と一緒に徴収(法定費用)され、車両の総重量に応じて納付する金額が変わってきます。以下は積載車にかかる自動車税自動車重量税の一覧になります。

自動税の金額

トラック(最大積載量) 自家用 営業用
1トン以下 8,000円 6,500円
1トン超2トン以下 11,500円 9,000円
2トン超3トン以下 16,000円 12,000円
3トン超4トン以下 20,500円 15,000円
4トン超5トン以下 25,500円 18,500円
5トン超6トン以下 30,000円 22,000円
6トン超7トン以下 35,000円 25,500円
7トン超8トン以下 40,500円 29,500円
8トン超 以降、40,500円に8トンを超えるごとに6,300円を加算して金額 以降、29,500円に8トンを超えるごとに4,700円を加算して金額

自動車重量税 1年事業用

 車両   総重量 1年事業用
エコカー減税適用 エコカー減税適用なし
免税 75%減 50%減 25%減 エコカー
本則税率
エコカー減税なし
(右以外)
13年経過 18年経過
〜4トン 0円 2,500円 5,000円 7,500円 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
〜5トン 0円 3,100円 6,200円 9,300円 12,500円 20,500円 28,500円 31,500円
〜6トン 0円 3,700円 7,500円 11,200円 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
〜7トン 0円 4,300円 8,700円 13,100円 17,500円 28,700円 39,900円 44,100円
〜8トン 0円 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
〜9トン 0円 5,600円 11,200円 16,800円 22,500円 36,900円 51,300円 56,700円
〜10トン 0円 6,200円 12,500円 18,700円 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
〜11トン 0円 6,800円 13,700円 20,600円 27,500円 45,100円 62,700円 69,300円
〜12トン 0円 7,500円 15,000円 22,500円 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円
〜13トン 0円 8,100円 16,200円 24,300円 32,500円 53,300円 74,100円 81,900円

積載車にかかる車検費用

法定費用(自賠責保険料+自動車重量税) 点検・整備費用 車検費用
4万円〜8万円前後 13万〜15万前後 17万〜23万前後

積載車にかかる任意保険

積載車にかかる維持費として、任意保険料も見過ごせません。例えば大型トラックの任意保険料は補償の範囲にもよりますが、年間で『35万〜40万円』程度と言われています。

このようにトラックの任意保険は大変高額であるため、積載車を多く抱えている大手の運送会社などでは、あえて任意保険には加入せず、万が一の事故の際は、自社の積立資金で事故費を賄う自家保険をといった方法を採用している会社も多くあります。

積載車の燃料費

積載車にかかる維持費のうち、ガソリン代や軽油代といった燃料費は大きな割合を占めるものになります。積載車にかかる燃料費は使用するトラックの大きさや運ぶ積載する車両の重量、また、輸送する距離でも違ってきます。

また積載車で使用されるトラックの一般的な燃費は、小型トラックで10〜11km/L、中型トラックで7〜8km/L、大形トラックでは4〜5km/L程度となっており、これらの燃費は定期的なメンテナンスや運転方法によって変わってくる事から、ドライバーや事業者の車両管理の仕方によっても燃料費は変動する事になります。

積載車の駐車場代

積載車の維持費で忘れてはならないものとして、トラックを保管しておくための駐車スペースが挙げられます。小型の積載車で一台だけであれば、会社や工場の空きスペースに置いておく事も可能ですが、大型の積載車を多く所有する運送会社などでは、別途駐車場を確保する必要があります。

積載車を駐車する駐車場代は毎月の固定費として重くのしかかってきますので、積載車にかかる維持費としてしっかり考慮しておかなければいけません。

積載車のメンテナンスにかかる費用

積載車にかかる維持費は、税金や燃料費などの固定費の他に、タイヤやオイルなどメンテナンスにかかる費用も考えておく必要があります。積載車は、重たい重機や、多くの自動車を運搬するトラックであるため、車両自体ににかかる負担は相当なものになります。

オイルのこまめな交換はもちろんの事、磨耗したタイヤやブレーキパッドなどの消耗品の交換費用なども考えておく必要があります。

積載車にかかる維持費には、これらメンテナンス費用も予算の中に組み込んでおかなければなりません。

積載車の維持費をなるべく抑えるには燃費を向上させよう

スピードを出しすぎない

積載車の維持費をなるべく抑えるためには燃料費を削減する事はとても効果的です。そのためには燃費の向上が欠かせません。スピードを抑える事は燃料の消費量を抑える事ができる上、空気抵抗も抑える事ができるため燃費の向上にとても有効です。

また下り坂などで、エンジンブレーキを積極的に使うようにする事も燃費に好影響を及ぼします。エンジンブレーキが効いている間は燃料がカットされるため、上手に使う事で大幅な燃費向上が期待できるからです。

なるべく一定の速度で運転する

一定の速度をキープして走行する事で、積載車の燃費を向上させ、積載車の維持費を抑制する事が可能になります。頻繁な速度の変化(波状運転)はエンジンに大きな負担がかかる上に、燃料の消費量が増えて燃費に悪影響を及ぼすからです。

加速、減速は緩やかに行い、一定の速度で走行するように心掛ければ、燃料の消費が抑えられて燃費が向上する事はもちろん、車間距離を確保する事もでき、事故の防止に寄与する事にもつながります。

アイドリングの時間は減らす

積載車のアイドリング時間を減らす事で、燃料の消費を抑えて燃費を向上させる事ができます。休憩中や待機中についついしてしまいがちなアイドリングですが、案外、燃料を消費してしまっています。

日頃からアイドリングストップを心がけて、継続する事ができれば、年間の燃料消費量に大きな差が出てきます。これは積載車の維持費を抑えるうえでも見過ごせない事なのではないでしょうか。

エアコンは使いすぎない

エアコンの使いすぎは、積載車の燃費を悪くしてしまう要因になってしまいます。積載車の仕事では、待機時間や車内での休憩時間の際に、ついついエアコンをつけてしまいがちですが、エアコン使用時の燃費は1割以上悪化すると言われています。

もちろん炎天下で熱中症の恐れがあるのに、無理をしてエアコンを使わないようにする必要はありませんが、少し意識してエアコンの使用を控える事で、燃費が向上し積載車の維持費を削減する事ができます。

こまめにメンテナンスをする

積載車は重量のある重機や自動車などを運搬する車両であるため、使用環境が過酷である場合が多く、メンテナンスを怠って長く使用していると、予期せぬ故障やトラブルの原因になる事があります。突然の故障で多額の修理代がかかってしまうといったトラブルを未然に防ぐためにも、こまめなメンテナンスは欠かせません。

目先の事だけ考えれば、こまめなメンテナンスはコストアップになってしまうと思われがちですが、長期的にみれば、大きなトラブルや故障を未然に防ぐ事で修理費用を大幅に削減する事ができ、積載車の維持費の削減に繋がっていく事でしょう。

また、タイヤの空気圧やエンジンオイルをしっかりチェックする事は、車両トラブルの防止に繋がる事はもちろん、燃費の向上も期待でき、積載車の維持費の削減につながる事は間違いありません。

借りた方が安く済む場合が多い

積載車は特殊用途車両であり、そのの導入費用は決して安くはありません。また、その車体の複雑な構造から、こまめなメンテナンスは必須であり、維持費もそれなりに高額になってきます。

もし積載車の使用頻度が、それほど高くないという状況であれば、レンタカーやリースを検討して見ても良いのではないでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー