ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手は中卒でも成功できる理由がまるわかり

トラック運転手は中卒でもなれるのか?

一般の仕事は中卒だと就職・転職が難しい

実感があるかどうかは別として現在は戦後最長の好景気などといわれています。また少子高齢化の影響もあり、就職市場は完全に売り手市場になっています。

とはいえ一般の仕事の求人をみてみると大卒以上、もしくは高卒以上の募集が多く、やはり中卒ですと就職や転職が厳しいといった現実があります。

そこでおすすめなのがトラック運転手の仕事になります。

トラック運転手の仕事は学歴不問の求人が多い

トラック運転手の仕事は一部の大手運送会社を除き、学歴不問の求人が多くあります。トラック運転手の求人情報をみてもらえば、運送会社のほとんどが学歴よりも経験や資格、やる気を重視しており、中卒でも全く不利にならない事がお分かり頂けると思います。

これは何もトラック運転手の仕事が勉強や知識がなくてもできる仕事だから、といった後ろ向きな理由ではありません。トラック運転手の仕事は完全な実力主義の世界です。重視されるのはトラックを運転する技術や、積み込み、荷降ろしなどの荷役作業の技術です。仮に学歴があっても免許や資格がなければトラックドライバーにはなれません。トラック運転手に必要なものは学歴ではなく運転免許や資格、体力とやる気です。

トラック運転手には中卒でもなれる

一般の仕事では、いくら本人にやる気や能力があっても学歴が中卒だと面接さえ受けさせてもらえない事も多々あります。しかしトラック運転手の仕事ではそんなことはありません。

もともとトラック運転手の仕事は学歴で採用の可否を決める事はあまりない業種ですが、近年の荷量の増大や少子高齢化に伴う人手不足の影響で学歴不問の傾向がより強くなっています。

トラック運転手は低学歴で底辺というネットの評判は無視

ネット界隈ではトラック運転手は低学歴だの底辺職だのいわれていますが、それは正確な情報ではありません。確かにトラック運転手の仕事は幅の広い職歴や学歴を持った方が活躍しておられますが、多くの方がトラック運転手という職種に誇りを持って仕事をしています。

また収入に関しても他業種と比べて決して低いというわけではなく、決して底辺の職種ではないのです。

そしてトラック運転手の仕事は中卒でも十分活躍する事ができる場がある仕事であるといえるでしょう。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事はその職種により、扱う荷物や乗務するトラックが違ってきますし、給料、出勤時間、休日などの待遇面も変わってきますが仕事内容の一例を紹介します。

まず短距離・地場ドライバーされるルート配送や宅配の仕事は主に小型トラックで、決められたルートや顧客の元に荷物を配達する仕事になり、短距離を走行する事が多い職種です。

長距離トラック運転手の仕事は、大型トラックやトレーラー、中型トラックで顧客となる工場や倉庫に荷物を積み込みにいき、県外の取引先の元に荷物を運ぶ仕事です。長距離を走行するため時間が不規則で、休みが少ないといったデメリットがありますが、その分ルート配送などの短距離の仕事に比べ給料が高いといったメリットがあります。

トラック運転手の仕事に必要な免許

トラック運転手になるためには最低でも普通免許は必須になりますが、免許制度はこれまでに複数回にわたって改正されており、取得時期によって普通免許で乗れるトラックは変わります

最新の免許制度では普通免許で車両総重量3.5トン未満のトラックに、平成29年法改正前に取得された方は車両総重量5トン未満のトラック、平成19年法改正前に取得された方は車両総重量8トン未満のトラックを運転する事ができます。

最新の普通免許でもトラック運転手の仕事をすることは可能ですが乗れるトラックと仕事が限定されてしまいます。そこで仕事の幅を広げるために更に上の免許にチャレンジすると良いでしょう。

運転免許には普通免許の他に準中型免許や中型免許、大型トラックに乗務するために必要な大型免許があり、更にはトラック運転手の最高峰といわれる、トレーラーを運転するために必要なけん引免許があります。

運送会社が中卒のトラック運転手を採用する事情

運送業界のトラックドライバー不足は深刻

ドライバー不足については、少子化や業界のブラック・底辺・低所得といったマイナスなイメージでドライバーを目指す若者が減ってきている事や、免許制度の改正の影響などが、業界全体としてトラック運転手の人手不足を発生させている要因になっていると思われます。

2018年1月時点のトラック運転手の有効求人倍率は2.76倍とそのデータからも運送業界のドライバー不足の深刻さがお分かり頂けると思います。

しかしこうしたトラックドライバー不足の状況は、中卒者にとってみれば運送業界が充分に活躍する場があるという事を意味しています。

トラック運転手の高齢化が進んでいる

運送業界が中卒のトラック運転手を積極的に採用している理由として、現役トラック運転手の高齢化が進んでいる事が挙げられます。トラック業界で働く人のボリュームゾーンは40代〜50代が中心で、第二次ベビーブームの出生率の高かった世代が運送業界を支えていました。

その世代の高齢化が進んだのと同時に、若者のトラック運転手のなり手が不足しているため、若い世代のトラック運転手が極端に不足しているといった事情が中卒者の積極採用につながっているのです。

中卒は素直で辞めにくいという評判もあり

トラック運転手の求人で中卒の積極採用が多い理由として中卒のトラック運転手は素直で変なプライドがなく、辞めずに仕事を続けてくれるという事が挙げられます。トラック運転手の仕事で必要なのは学歴やプライドではなく運転技術や資格、また体力や、やる気だからです

確かに中卒の方は大卒や高卒の方に比べ職業の選択肢は少ないかもしれませんが、それが強みになる事もあります。この業界で頑張るしかない!といった気持ちが運送業界という世界で頑張っていく力になるものです。

トラック運転手は免許があれば誰でもなれる

トラック運転手という仕事は免許があれば誰でもなる事ができます。運送会社の大半が学歴不問で求人を出しています。なぜかといえばトラック運転手で必要なものはトラックを運転する技術であり安全に対する意識だからです。

またトラック運転手は中卒でも免許さえあればなれる仕事ですが、その仕事自体はどんな人でもできるといった単純な仕事ではなく、逆に大卒や高卒でも日頃の努力、研鑽に励まなければ生き残って行く事は難しい厳しい一面もあります。

大手運送会社が大卒以上・高卒以上とする理由

多くの運送会社が学歴不問で求人を出しているのに対して、大手運送会社は大卒以上・高卒以上とするところがあります。

これは基礎的な学力を図るためという意味合いが強いようです。また会社というものは大きくなるほど建前や見栄を気にするものなのです。

その一方でこれだけトラック運転手が不足している中、そういった採用の仕方を見直す大手運送会社も出てきており、中卒者でも真面目で、やる気があれば大手を狙える環境になってきています。

トラック運転手なら資格や免許があると有利

トラック運転手の仕事は免許や資格があると、できる仕事の幅がかなり広がります。

例えばフォークリフトの資格があれば運送業界では大変重宝されますし、リフトマンに転向もできます。また中型免許大型免許を取得する事で、より大きなトラックに乗務する事ができるようになり、収入のアップも狙えるからです。

これらの資格は中卒でも年齢条件等さえ満たせば取得する事ができる上に、トラック運転手の世界では大卒や高卒の学歴より役に立つものです。

中卒のトラック運転手でも成功できる理由

トラック運転手の仕事は学歴は関係ない

トラック運転手の仕事に学歴は関係ありません。端的に言ってしまえばやる気と体力があれば誰でもチャレンジする事ができる業種です。

しかしその仕事内容は朝が早く、渋滞や手待ち時間が発生して時間が不規則だったり、手積み手降ろしで体の負担が大きかったりと大変な一面もあります。

その一方で中卒でも努力すれば、トラック運転手として高収入も狙え、また配車係の転向して、営業所の課長や所長を目指す事も可能な夢のある業種なのです。

トラック運転手の仕事は体力とやる気と運転技術が大事

トラックはその大きな車体ゆえに一般の自動車に比べて高い運転技術が求められます。トラックの運転は車体が大きくればなるほど難しくなり、一人前のトラック運転手になるには本人の努力とやる気が大事になってきます。

また近年ではリフトによるパレット輸送が主流になってきている物流業界ですが、そうはいってもまだまだ手積みや手降ろしも多くあり、体力的な負担が大きい業種でもあります。

こうした業界で仕事を続けていく上で大切なポイントは学歴ではなく体力であり、本人のやる気になります。大卒だの中卒だのということを論ずるのはトラック運転手の世界では意味がない事といえます。

トラック運転手は安全意識や運転技術の向上に努める気持ちと、長く務めるための体力の維持、メンテナンスが大事な業種だといえます。

トラック運転手の給料は高い

一般的な企業では入社当初の給料は低く、年数を重ねる事で給料が上がっていく年功序列型のシステムをとっていますが、トラック運転手の仕事は年功的なシステムではなく、多くが実力主義的な給料体系をとっていますので、比較的速い段階でそれなりの給料を稼ぐ事ができます。

ネットなどではトラックドライバーは底辺職などといわれ、給料も安いといわれていますが、決してそんなことはなく、会社にもよりますが、年収で400万〜500万、稼いでる人は600万以上稼いでいるトラックドライバーもいます。

トラック運転手に向いているタイプ

トラック運転手の仕事は会社を出れば一人の時間が多いため、気楽な面もあります。その一方でトラック運転手は運転する時間がとても長い上に、体力的な負担も大きく、また安全や荷物、着時間に対して大きな責任を負っています。

そんなトラック運転手の仕事ですので、運転が好きで責任感があり、体力に自信のある人がトラック運転手に向いている人という事がいえるのではないでしょうか。

中卒の人にトラック運転手がおすすめな理由

トラック運転手の仕事に学歴は必要なく、さまざまなバックボーンを持った人が働いています。その中には大卒の方で人間関係に疲れてトラック運転手になっている方もいれば、高卒の人でトラックが好きだからといった理由でトラック運転手の世界に足を踏み入れた人もいます。

そんな多様なトラック運転手の世界ですので、中卒の人にも是非この業界をお勧めしたいですトラック運転手の仕事はマイペースで仕事をする事ができますし、一般の会社であるような煩わしい人間関係とも無関係です。また給料面でも決して他の業種に劣っているわけではなく、頑張り次第で高い給料を得る事ができます。

中卒の方でこれから転職を考えているのであれば、その一つの候補としてトラック運転手を検討してみてはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー