みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ルート配送・配達

ルート配送の仕事が楽しい/楽だという評判の理由や楽な会社の特徴がまるわかり

ルート配送ドライバーの仕事とは

ルート配送の仕事は小型トラックや中型車トラックに乗務し、毎日決められたコースに荷物を配達する仕事です。配達先は個人宅、会社、店舗など仕事内容により様々で、運ぶ荷物もルート配送を行う会社の業務内容により変わってきます

ルート配送ドライバーの仕事は走るルートや運ぶ荷物が固定されている事が多く、始業、就業時間もきっちりしている為、トラックドライバーの未経験者や初心者でも安心してお勧めできる仕事です。

また、一般的なサラリーマンと違って、配達に出てしまえば一人でドライブ気分で仕事ができる為に、ルート配送の仕事って最高!仕事が楽しい!楽!といった評判や口コミが多くの転職サイトなどで紹介されています。

ルート配送の仕事の配達件数は?

ルート配送の仕事の求人を見てみると多くは配達件数が10件前後という会社が目立ちますが、一方でコンビニのルート配送の仕事等では配達件数が20〜30件というところもあります。ルート配送の仕事の配達件数は取引先や入社する会社の業務内容によって変わって来るからです。

配達件数が多ければ、配達先までの道順や配達先の荷降ろし手順など覚える事が増える反面、配送の件数が多くなれば一件あたりの荷降ろしの量は少なくなる為、体力的負担は少なくなるといった事もあります。

ルート配送の仕事が楽しい/楽だという評判の理由

しっかり安定して稼げる

ルート配送の仕事が楽しいと言われる理由はしっかり安定して稼げるからといった理由もある様です。ルート配送の仕事は物の流通に関わるインフラの仕事になります。ルート配送ドライバーはその物流インフラの最前線にいる職種で仕事が無くなる事はまずありません。

近年では来るべき不況により、収入の減少やリストラの増加が懸念されていますが、ルート配送ドライバーの仕事ではどこ吹く風、その仕事量、年収は安定しています。そういった安心感がルート配送の仕事が楽しいといった評判に繋がっている様です。

滅多なことではクビにはならない

近年ではトラックドライバーの高年齢化や新免許制度の新設、若年層の車離れの影響もあり、ルート配送のドライバー不足は深刻になっています。

運送会社はドライバーが喉から手が出るほど欲しい状況が続いていますので滅多なことで会社をクビになる事ありません。そんなドライバー優位の環境がルート配送の仕事が楽しい、楽だという評判に繋がっている様です。

1日の労働時間が決まっている

ルート配送の仕事は、労働時間が短めでプライベートも充実させる事ができるため、楽しい、楽だと言われています。実際に長距離トラックの運転手や、某宅配大手のセールスドライバーなどでは労働時間が長時間になる事が多く、長距離ドライバーに至っては家に帰れない事は当たり前でかなり過酷な労働環境にあると言えます。

その点、ルート配送の仕事では毎日の仕事が固定されているために、労働時間が比較的短く、プライベートの予定などが立てやすい点で誰にでもお勧めできる職種になっています。

休暇が年間120日もある

ルート配送の仕事は取引先が固定されていて、運送会社も安定した運行計画を立てやすいために、休暇が取りやすく休日も多いので楽しい、楽だと言われる理由になっています。

ルート配送の仕事の求人を見てみると、年間休日120日以上の会社が多くある事がお分かり頂けると思います。また完全週休2日でローテーション制で休日をとっている会社も多くあり、ルート配送の仕事の魅力の一つになっています。

ノルマに苦しめられない

ルート配送ドライバーは一度仕事の流れを覚えてしまえば毎日のルーティンが同じで気楽な面があります。ルート配送ドライバーの仕事では、例えばセールスドライバーの仕事にある様な売り上げのノルマといったものが存在しません。

毎日会社から与えられた仕事をしっかりこなし、安全運転を心がけていれば、誰からも文句を言われる事はありません。そういった精神的な気楽さがルート配送ドライバーの仕事が楽しい、楽と言われる理由になっています。

運転好きにとっては最高!

ルート配送の仕事は慣れるまでは多少の苦労はあるかもしれませんが、比較的単純な作業の繰り返しになります。ノルマ等、余計なことを気にしなくて良い分、運転に集中できる環境にあるといえ、運転好きにとっては楽しくて最高の仕事と言えるでしょう。

道順を覚える手間が少ない

配達先や配達コースが固定され、決まっている道を走行するルート配送ドライバーは、道順を覚える手間が少なく、運送業未経験者や初心者の方でも安心して働く事ができます。

慣れてくれば自由に休憩をとる事も可能ですし、早く仕事を終わらせる事もできます。慣れれば慣れるほど仕事も楽になっていく事がルート配送ドライバーの魅力の一つになっています。

業務内容が単純であまり難しくない

ルート配送ドライバーの仕事は社会のインフラを担うやりがいのある仕事ですが、その一方で仕事内容は同じ事の繰り返しになり決して難しい仕事ではありません。

仕事を覚えるまでの新人の間は苦労する事もありますが、要領さえ覚えてしまえばこっちのもの、その仕事内容は単純明快でそんなシンプルさがルート配送の仕事の楽さ、楽しさにつながっています。

人間関係に悩まずに済む

ルート配送の仕事は荷物を積み込んで配達に出てしまえば、一人での運転、作業が中心になりますので煩わしい人間関係はありません。精神的に気楽で楽しい仕事であると言えます。

そういった事もあり、ルート配送ドライバーに転職を希望する人はサラリーマンの人間関係に嫌気がさした人や、元々人と接する事が好きではない方など様々な人がその仕事に就いています。

高いコミュニケーション能力を必要としない

ルート配送のドライバーは積み込み先や荷降ろし先で人とのやりとりが多少は発生しますが、深い人間関係は基本的にないといって良い仕事ですので、高いコミュニュケーション能力を必要としません。

例えば似た様な仕事であるセールスドライバーの仕事では売り上げのノルマ等があるため、ある程度の営業能力も必要になってきますが、そういった難しいコミュニケーションの必要がないルート配送の仕事は楽で楽しい仕事だと言われています。

解放感を持って働ける

ルート配送ドライバーは一旦会社の外を出てしまえば、基本一人であり、マイペースで楽に仕事をする事ができます。ルート配送ドライバーの仕事は基本自由であり、配達コースに出てしまえば、途中でコンビニによってコーヒーを買って飲んでも良いですし、眠くなれば仮眠をとる事も自由です。

もちろん納期、着時間はしっかり守らなければなりませんが、ルート配送の仕事は自由で開放感がある事が魅力で楽しいと言われる理由になっています。

仕事のやりがいを感じる

ルート配送の仕事はルーティンワークと言われています。しかしだからといってルート配送の仕事がやり甲斐の無い仕事かといえば決してそんな事はありません。効率の良いルートの回り方を探究して、手際良く仕事をこなす事はやりがいがあり楽しいことであると同時に、ルート配送のドライバーの腕の見せどころと言えるでしょう。

ルート配送の仕事のデメリット

仕事が短調

ルート配送の仕事は伝票のとおりに荷物を積み込み、様々な店や会社の配達ルールに従いながら何件もの顧客の荷物の配達行う仕事です。決して単純な仕事ではありませんが、一度仕事を覚えてしまえば単調なルーティンワークになってしまうといったデメリットがあり、モチベーションの維持が難しい職種と言われています。

繁忙期が大変

ルート配送の仕事では年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休前が繁忙期となる場合が多く、配達件数が増えたり荷物の量が増えたりする点には注意が必要です。基本的には拘束時間がきっちりしているルート配送の仕事ですが、繁忙期は残業が増えて拘束時間が伸びるデメリットがあります。

給与・年収がやや低い

配達コースが固定されていて、出勤時間や終業時間もきっちり決まっているルート配送の仕事は、働きやすい労働環境が魅力でメリットの多い仕事です。その反面、他のトラック運転手の職種に比べて残業が少なく、乗務する車両が小型トラックや中型トラックになるために給料、年収がやや低いといったデメリットがあります。

ルート配送ドライバーの仕事の実際の評判/口コミ

40代主婦のAさんの評判/口コミ

私は主婦で夜間のコンビニのルート配送の仕事をしています。この仕事の良いところは時間がきっちりしていて決まった時間に家に帰宅できる事です。

我が家は子供がまだまだ手がかかり、世話がかかる年代なので子供達が就寝して、起床する間に仕事を終わらせて帰宅できる事は大変ありがたいのです。仕事と家庭の両立がしやすい事がこの仕事の大きなメリットと感じています。

配達するルートも決まっているために道に詳しく無い女性の方でも楽に仕事をする事ができます。ノルマや厳しいルールがあるわけでも無いので、毎日楽しく仕事をさせてもらっています。

※40代女性のルート配送の評判・口コミ

20代男性のBさんの評判/口コミ

運送業未経験で車の部品を運ぶルート配送の仕事を行う運送会社に入社しました。配達先や配達のルート、積込み手順や、荷降ろしルールなど覚える事が多く最初は大変でしたが、一度仕事を覚えてしまえば、仕事のペースがつかみやすく、今では楽に仕事ができる様になりました。

この仕事は配達先の納品時間がきっちり決められているため、納品時間を守らなければならない責任がありますが、そのぶん決まった時間に仕事を終えられるため、プライベートを充実させる事ができます。

トラックに乗って仕事をするのは初めてで不安だらけでしたが、現在では楽しい時間を過ごす事ができる様になりました。

※20代男性のルート配送の評判・口コミ

50代男性のCさんの評判/口コミ

前職では長距離トラックの運転手をしており、長時間労働と不規則な勤務時間に年齢的なキツさを感じて、現在の食品のルート配送の会社に転職しました。この仕事は拘束時間が短くてきっちりしている点が前職との大きな違いです。

また荷物はあらかじめカゴ台車に積まれていて、カゴ台車ごとトラックに積み込んでそのまま台車ごとスーパー等に納品する事になるため、体力的な負担が少なく、楽なので年配の方でも安心して仕事ができる事が大きなメリットと感じています。

体力的負担が少ないぶん配達件数は多いのですが、それはやり甲斐と考え、前向きに捉えています。前職では辛いと感じていたトラックの仕事ですが、現在のルート配送の仕事は楽しいと感じる事が多くなり毎日が充実しています。

※50代男性のルート配送の評判・口コミ

楽しい/楽なルート配送の会社の特徴

儲かっている配送会社

ルート配送の仕事は運送業にありがちなブラックな労働環境というのは少ない職種ですが、もちろん例外もあります。中には儲かっていない会社で運転手を酷使して利益をあげようと考えている経営者もいますので注意しましょう。

儲かっていて業績の良い企業は余裕があるので、仕事内容も楽で楽しいと感じる事が多く、福利厚生や待遇が充実しているものです。

求人の頻度が高すぎない運送会社

ルート配送の仕事の求人が頻繁に出ている会社は注意が必要です。ホワイトな会社は運転手の定着率が安定しているために、滅多なことで求人を出す事はありません。頻繁に求人を出すという事は仕事内容や待遇に問題があり、頻繁に人が入社したり辞めたりして定着率が低い事が考えられます。

求人の頻度が高い会社は楽で楽しい仕事ができないブラック企業の可能性があり、そういった会社に応募する場合は事前に情報を仕入れるなどして注意する様にしましょう。

法人ルート配送で回る件数が少ない配送会社

ルート配送の仕事は運送会社によって多種多様な荷物を扱っています。配達先も企業向けの法人ルートの配送を行う会社もあれば、通販や宅配弁当など個人向けのルート配送を行う会社もあります。

個人向けのルート配送では回る件数が40〜50件、それ以上の件数を回る場合があります。回る件数が多ければドライバーの負担が増える事になりますので、配達件数が少ないに越した事はありません。

そういった意味では配達件数が少なく、クレームも少ない法人ルートをメインとしたルート配送を選んだ方が楽で楽しい仕事ができるのかもしれません。

ルート配送ドライバーに向いている人

運転が好きな人

ルート配送の仕事はノルマや厳しいルールがある仕事ではありません。仕事内容がシンプルで運転する事が主な仕事になるルート配送ドライバーの仕事は運転好きにはもってこいの仕事と言えるでしょう。実際にルート配送の仕事を選択する人は運転好きが多く、トラックの内装をカスタマイズしたりして、運転を楽しむために様々な工夫をしています。

一人で働くのが好きな人

ルート配送の仕事は会社を出て配達に向かってしまえば、ほとんどが一人作業になるために、人間関係の煩わしさがなく、高いコミュニケーション能力を必要としません。

この事は人と関わる事が好きな人にとっては苦痛になりますが、一人で働くのが好きな人にとってこれ以上の好環境な仕事はありません余計な人間関係がなく、シンプルに運転を楽しめる事がルート配送ドライバーの仕事のメリットになります。

楽で楽しい仕事がしたい人

ルート配送の仕事は配達のコースや道順も決まっているために、難しい事を考える必要がありません。ひと昔前までは労働時間が長い上に、手降ろし作業が多く、体力的な負担が大きかった業務内容も、働き方改革や、ホワイト物流推進運動の影響もあり改善され、パレット降ろしやカゴ台車での納品が増えてきています。

労働時間がきっちりしているルート配送の仕事ならプライベートも充実させる事ができます。楽で楽しい仕事がしたいと思っている方なら、是非ルート配送ドライバーの仕事を検討してみて下さい。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー